FC2ブログ
   
12
1
3
6
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

kazさんの残してくれたもの③

こうして振り返ってみると、kazさんとは本当に片手でも余るくらいしかお会いしてないんですね。
それにお会いしたと言ってもほとんどが演奏会で演奏を聴かせていただいたという場面ですので、対面でじっくりお話させていただいたのは更に少ないんです…(というか、ほとんど無いんですよね・・・)

でもやはり常日頃はブログでピアノや人生の考え方や行動などを読ませていただいていたので…
いつもその記事の内容にとても共感させていただいてましたから。
あれだけの経験をされてその上であのような演奏が出来る…
それは私の想像をはるかに超えた・・・何かものすごいエネルギーをkazさんの演奏からは感じましたし。
ピアノってこんな風に弾けるんだ?こんな風に鳴らせるんだ?

そんな中、kazさん主催のサークルピアチェーレさんの演奏会にも聴きに行きました。
kazさんはもとより、メンバーの方々の情熱的な演奏もとても素敵でした。
kazさんのバラードにまたまた感激していたのですが、後程ブログを拝見したら、どうやらその時大きな心配事を抱えていらしていたようでした。

その頃まだ私は来年の発表会の事もあまり真剣に考えておらず・・・
憧れだったショパンエチュード「大洋」と「フーガト短調」をレッスンしてもらっていましたが、例によって例のごとく長く弾いていてダレて来るというのか・・・
練習の仕方が悪いのだろうけど、弾けないまま徐々に飽きてくるという、そして弾かないから余計に弾けなくなるという悪循環に陥っていました。
そして満足に弾けないまま、これ以上やっても気持ちも技術もにっちもさっちも・・・というわけで強制終了。
次にトライする曲を何にしよう?

「あの曲もいいなぁこの曲も良いなぁ・・でも実は憧れのバラード弾いてみたいなぁ、無理だろうけど・・・」

というような事をグダグダと書いていました。

そんなグダグダのひとり言のような記事にkazさんからコメントを頂きました。

「弾きこなすんじゃないんです。飛び込んでみるんです。憧れに飛び込んでみる。」

私にとっては超憧れのピアニスト、kazさんからの直々のコメント!!

「憧れに飛び込んでみたらいいんじゃないですか?」
でもなく
「憧れに飛び込んでみませんか?」
でもなく、

「憧れに飛び込んでみる」

なんですよ。

なんだか不思議と、

「そっか、飛び込めば良いんだ」

と、素直に思えました。(単純なのだろうか・・・)

関連記事
スポンサーサイト

ややこしくてわかりづらい自転車にまつわる話

自転車を毎日使う我が家では自転車にまつわる話は(特にパンク系)いくつかあるのですが

(過去の自転車修理にまつわる話は以下ご参考までに)

自転車修理にまつわる話①
自転車修理にまつわる話②
自転車修理にまつわる話③

先日不可思議な事がありました。

まず、その日、私は自転車でピアノの練習室に行きました。
練習が終わり、一旦自転車で帰宅。(楽譜を置いて行きたかったので)
この時たまたまですが、自転車の鍵をかけ、その鍵を持ったまま運動不足解消の為、歩いて駅前に買い物に行きました。
買い物を済ませ、歩きで帰宅。
夕飯の用意をしていたら、ダンナが帰宅するなり私に

ダ「あれ?いつもの所に自転車無かったけどどうしたの?」
私「え?普通にいつもの場所に置いたけど・・・?」
ダ「あれー?じゃあ見間違いかな?」

私(え?いつもの場所に自転車無いって事?そんなはずは無いんだけど・・・いつもしない事したから置く場所間違ったのかな?)

ダンナの言葉が気になりつつも、夕飯の支度中だしちゃんと置いてるはずだし、鍵だって持ってるし…
すぐに手が離せなかったので、モヤモヤと考える。
駐輪場の隣に自分の自転車とすごく良く似た自転車が置いてあるから、間違えて持って行ってしまったとか?
いやいや、鍵があるんだから持って行けないし。とか。
まさか・・・自転車に乗って練習室から帰ったつもりが、勘違いで実は歩いて帰ってきてしまった・・・とか??(練習室に自転車置きっぱなし??)

鍵が手元にあるわけだから、誰かが間違って乗って行くはずもないし、間違って違う所に置いたというのも今迄に1度も無いので無いはず。

・・・いや、待てよ?!

もしかしてもしかして、私、練習室から歩いて帰ってきちゃって置きっぱなしになってるのか??!

ヤバい、記憶が・・・

いや、絶対に自転車で帰ってきたはずだよ、間違い無い・・・?いや、私の記憶が違ってるかも・・・??!(^^;(^^;(^^;←でも最近記憶力にはかなり自信が無くなってきた私

とにかく「自転車が無かった」というダンナの言葉がすごく気になってしまい、かと言って万が一練習室に置き去りにしていたとしたら、かなり自分の記憶がマズイという証明になってしまう、というわけで・・・
確認したい、でも夕飯の支度中にちょっと自転車あるか確認したい、とも言い出せず(^^;

私「ごみ出しに行ってくるわ~(^^;(^^;(^^;」

とかなんとか苦しい言い訳をして駐輪場へ。
必死に自転車を探すも・・・・無い、無い!いつもの場所には無い!!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)((((;´・ω・`)))

もしかして、やっぱり慌てて違う場所に置いた?・・・・((´・ω・`;))

間違えて置きそうな場所を一通り探す・・・(;´Д`)

もう日も落ちた駐輪場で自転車を物色する怪しいオバサン探す女性一人("^ω^)・・・

・・・だが、無い!探しても見つからない!!(>_<)

うそーーーーん( ;∀;)

確かに置いた・・・・と思ったけど、完全に記憶違い????まさか、置き去り???

でも、練習室に確認しに行く・・・には、今は夕飯の支度中だし、無理だ・・・

でも、確かに、ここには無い!!
とにかく一旦家に戻らなくちゃ・・・それで・・・ダンナに事の顛末を説明して練習室に自転車取りに行かなくちゃ・・・?

そして足取りも重く家に帰って自転車を(多分、練習室に置いてきちゃったってこと)取りに戻るのをいつ切り出そうかと悶々としながら夕飯の用意・・・

あーーーー、いろいろ言われるんだろうなぁ・・・(ちなみにうちのダンナはものすごーーーーく煩いヒト・・・)

あーーーーー、どうしよ、どうしよ・・・それにしても自分の記憶もかなりまずいな・・・

相当マズいな・・・

最早私の心配は、自転車が無い!という事よりも、自分の記憶がおかしくなっている・・・?という方向になっていました。

そして、それをどうダンナ(私の最大の宿敵?)に切り出そうか・・・。

どちみち夕飯食べてから・・・言うしかない・・・

とか考えながら支度をしていたら・・・・

下の子が帰宅するなり、

「ねぇ!お母さんの自転車、鍵の所がすごく固かったけど、いつもあんなに鍵固いの?めちゃ大変だったんだけど?」
「え??」
何の事??一瞬意味が分からず聞き返す私。

「いや、だからさー、お母さんの自転車の鍵の所、めっちゃ固くて鍵が中々入らなかったから大変だったんだけど?」

え??私の自転車??(回転の鈍い頭がフル回転・・・・(^^;)

つまり・・・

事の顛末は

朝、子供がいつも使っている自転車(子供自身の自転車もあるのですが、サイズが小さくなりいつもはダンナの自転車を使っている)をその日たまたまダンナが使ってしまった(基本的にバイク通勤)

お昼、私は自分の自転車を駐輪場へ。もちろん鍵をかけ、鍵はたまたま自分が持って歩きで駅前へ。(いつもは鍵をかけたら家の所定の場所に置いておく)

午後、学校から帰宅した子供が出かけようとしたらいつも使ってる自転車(ダンナが使ってしまっていた)が無かった

子供は仕方なく、私の自転車で出かけようとした。

本来なら鍵がかかっているため乗れないはずなのだが、なぜか子供が本来持っていた自分の自転車の鍵を私の自転車に使ったら(スペアでも意図的でも無く、たまたま子供の勘違いで)、かなり固かったが、なんとか差し込む事ができ、しかも鍵が開いてしまった!!

私の自転車で子供外出

夜、帰宅したダンナが自転車が無いのに気づく

パニック状態(私だけ笑)


という事が起こったのです・・・嘘でしょ??と思うような本当の話です・・・。
全て偶然・・・な出来事が重なって私だけパニック状態に(^^;

なんだかややこしくてわかりづらい話ですよね。

違う自転車の鍵でロックが解除されたのも驚きでした。(かなり固かったようですが・・・)






関連記事

音の少ない曲も上手く弾けないな

最近感じる事があります。

いわゆる音の少ない曲、これが簡単かと思いきや、そうでもないなと思うんですよね。

いやー、そんなのみんなとっくに知ってますよ!と言われるかもしれないけど、再開した最初の頃はわからなかったです。

音が取りやすいなら簡単でしょ、と思っていたけど、決してそうではない…

音が多くてペダル踏みまくる曲も簡単では無いけど、音が少なくてゆっくりな曲も簡単ではない。

更にペダルが無い曲はもっと簡単ではない(^^;

となると、本当に今まで簡単と思ってた曲は全て難しいという事になります。

あー、頭がこんがらがってきました。 

気分転換に少し音の少な目の曲を弾いてみようとしましたが、なんだかまともに弾けそうにありません。

やっぱりどんな曲も片手間ではまともに弾けないんだ…

つくづくそう思います。


関連記事

新曲渇望症

ああ、新しい曲の譜読みがしたい!

譜面から音が立ち上ってくる瞬間の喜び、新鮮な感動、そんな気持ちを味わいたい!

いや、現実逃避というわけではないんですよ、多分。

でもね、昨日のレッスンで、どうやら先生はスケルツォを発表会にと考えているんだなぁということがわかったのです。

その時にわたしは

「やったー!」

じゃなくて、 

「えっ!どうしよう?」

でもなくて、

「えっ?この曲あと7ヶ月も弾くんだ…」

と、思ってしまったのです… 

(決してこの曲がちゃんと弾けてる訳ではありません。)

と、いうことは、ほぼ1年かけてずっと弾いていくということになります。 

他にどうしても弾きたい曲がある!という訳では無いんですよね。

でもいいのか、この曲で?←自問自答

あと、7ヶ月…

(-_-;)…

まぁでも歳と共に時の流れも速くなってきたので、7ヶ月なんてあっという間かもしれませんが…

この1年もあっという間だったし…(^^;






関連記事

へなへなスケルツォ(^^;(^^;(^^;

今日は関東地方暖かかったですね~~そんな中振替のレッスンに行ってきました~

なんといっても今レッスンの中心はスケルツォ1番なのですが・・・

これがもう、どうにもこうにもにっちもさっちもいかんせん?まともに弾けないんですね~~~

特に最初のffの部分、印象的な和音・・・

譜面自体は決して複雑では無いんです・・・

ええ、ええ・・・むしろ・・・簡単な方?に分類される部分ですよね・・・

だけど私、どうしてもここで(ノ)ェ(ヾ)テレてしまうという不可思議現象に襲われるんです・・・

文字で表せば

「ちゃーん!!、ちゃーん!!」

なんですよ・・・

こうして書いていると虚しくなる・・・

でもその二つの和音を鳴らすことに何故か「照れ」が入ってしまう・・・

「あれ?なんか・・・こんなんでいいのかな??」みたいな・・・

そして今日のレッスンでも先生に指摘をされました。

先「なんか最初の和音の部分ってどうしていいかわからない感じですか?」

私「あっ、わかります・・・か?わかりますよね・・・(^^;」

先「ええ、多分私にしかわからないと思うけど(笑)」

私「笑笑・・・そうなんですね~、やっぱりわかっちゃいますよね」

先「そうね、どうしてそうなるかわかりますか?」

私「えっ?!いやー、なんでそうなのか自分でもわからないんですよね~」

先「・・・うーん、多分ですけど・・・この部分って、和音を押さえた後に目に見える動きが無いですよね?きっとそれが何か焦りのような気持ちになってしまうんじゃないでしょうかね?目に見えるような動きが無い分、心の中で123.123、ってカウントしてるでしょう?3拍だけどここは大きく1拍で数えてみたらいいんじゃない?」

私「はい、そうですね・・・確かに細かく数えてるかもしれません・・・」

先「それと最初の和音を押さえた後は、次の和音にすぐに移る準備ですね。だから一見動きが無いように感じるけど止まってるわけじゃないんですよ。」

私「あっ、そうか・・・なんだか私のは完全に止まってる感じでしたよね・・・」

先「この最初の部分、ここはすごくカッコ良い所ですよね。だからもっとガツーンと思い切って弾いていいと思うんですよ、ね~み♪さんの弾き方だと、あら、なんかカワイイ、みたいな感じに聴こえますよ」

私「はい。どうしてもここ、自信が無いし・・・これでいいのかな~とか迷いながら弾いてるんです・・・」

冒頭の部分でかなり自分的には迷いがあってどうしても自信持って弾けなかったんですね。
その自信の無さが当然のごとく音にも出ていて、ぼやーんとした音になってるんです。

あ~~~、そうっか、そうだよね!

その時はそう思うしなんとなくわかった気になるんだけど、次のレッスンまでにちゃんと自分のモノに出来るか・・・(っていうかそれ以前の問題な気もするし(^^;)

そう、それが問題!



関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン アルペジオ
ショパン スケルツォ1番
ソナタ3番1楽章

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中
ショパン プレリュードop.45

♪密かに練習♪
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる