FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

やっぱりピアノが好き

kazさん(ピアノのある生活、ピアノと歩む人生)の記事は大体読んだ気になっていましたが、なにしろかなり膨大な記事量なので内容を忘れていたり、もちろん読んでないものもあったり、最近になってまた受け止め方が変わったりして。
ようやく自分の気持ちも少し落ち着いてきたのでまた記事を読み返したりしています。

ただ、どうしても
ピアノのある生活、ピアノと歩む人生
というブログ名を見ると、本当にその通り、題名そのままのピアノへの強い想いを感じてしまいます。
読むのが苦しくなる時があり…

でも少しずつ読み返しています!

まず読んでいて感じる事は、恐らくピアノ関係のブログにとどまらず様々なジャンルのブログを読まれていたんだろうなって事と、
ピアノ関係のブログはかなり幅広く読まれていたのだという事です。

ピアニストに関しても今活躍中の有名なピアニストでは無く、日本ではほとんど知られていないような昔のしかもマイナーなピアニストの事を中心に書かれていましたよね。
いつだかの記事でなぜそんなにマイナーなピアニストの事を知っているのか?という事を聞かれて、
お気に入りのピアニストが誰に師事していたのか?とか弟子は誰なのか?という風に辿って行くと仰ってましたね。

私なんかは例えばホロヴィッツが好きとしたら、そこで完結(満足?)してしまう人なので、kazさんの知識欲というのか旺盛な好奇心・飽くなき探求心というのか…すごいなと思います。
暇で暇で…という人ならともかくも、普通にお仕事をされている中でYouTubeを聴いたりブログを読んだり沢山の記事を書いたりリサイタルを開くほどのピアノ……ただただ感嘆です。

そんなkazさんと私の接点というのはピアノのブログだったわけですが、実際にお会いしたのはブログを見始めた頃からずっと後の事になりました。
育ってきた環境も今の状況も、ピアノに向かう真剣さも何もかもが自分とは全く違っていて、でも、何故か記事の内容には共感するものが感じられ
音楽を聴いて感動する気持ちにピアノのレベルは関係無いとか
「趣味だから楽しく」だけでいいのか?とか
毎回なるほどなぁ~と頷きながら読ませていただいてました。

でもこれって私だけじゃないと思うのですよね。
多分ピアノを弾いてる方はみんな多かれ少なかれ「わかるわかる!!」と思いながら読まれていただろうし
察するにkazさんもかなり多くのピアノブログを読まれていたと思うので、ピアノを習う側がどんな悩みを持っているのかという事や本当はこういう風にピアノ弾きたいと思ってる…とかをよくご存じだったと思うので。
ピアノを弾く人の心の中の何かとても大きいもの…
表現したい気持ちやその原動力とか動機とか…
そういうものを代弁してくださっていたんですよね。
そこに皆が共感されるんだと思うんです。

机上の空論では無く、様々な事を実際に経験された中での考えであり主張だったからこそ読み手が納得出来るんですよね。

今日読んでいて印象に残った記事です。

復帰

このような状況でもピアノを弾かずにはいられない…
改めてkazさんにとってのピアノは人生そのものだったのだなと感じます。

だからあんなピアノが弾けたんですね…

スポンサーサイト

レッスン196回目~休符も音楽

休符も音楽ですよね。

わかってるんです。頭の中では理解してるつもり。
だけどどうも実際に弾き始めると音符を機械的に追っている自分がいます…

レッスンでしたが予定が重なり振替えの振替えなどお願いしているうちに自分のレッスン時間を間違えてしまいました(;'∀')
いつもの時間より30分早いスタートだったのに、いつもの時間だと思い込んでいて、先生からメールが…(ご近所だからこういう時は便利です・・・・(^^;)

きゃー!!大変!!(>_<)
なんてこったです(^^;(^^;
慌てて家を飛び出す私

自分のレッスン時間が10分ほど短くなってしまいましたが仕方ありません…(完全に自分のミス!!(´;ω;`)ウゥゥ)

息を切らせながら先生のお宅へ(アラフィフに自転車猛ダッシュはきついわ・・・)

「すっ、すみませんでしたーー!!レッスン時間を勘違いしてて」←開口一番謝る
先生「あら、大丈夫よ~、暑かったでしょ~」
「いえいえ、もう本当にすみませんでした!!」←とにかくひたすら謝る
先生「いいんですよ~(#^.^#)」(まっ、遅れても自分のレッスン時間が減るだけだしねっ!!)

というわけで何のオチも無くレッスン開始です。(^^;
猛ダッシュしたのでレッスン開始前から汗だく~~~~(;´Д`A ```

ハノン 半音階 反進行 特別な指使い
反進行の方は一通りゆっくり弾いて(*`д´)b オッケー
特別な指使いの方は頭が混乱状態でちゃんと練習しないとダメっぽかった…←ちゃんと練習しなさいっ
次回は特別な指使いの半音階と、アルペジオやります。
アルペジオはキチンtと弾けると綺麗ですよね~(キチンとひけないけど~)

ショパン スケルツォ1番
練習はあまりできてなかったけど、前回のあまりのボロボロさ加減からは少し脱出してる気がする…。
譜読み期は本当に楽しい♪
家で練習してる時は何もかも忘れて没頭できる…
…んだけど…
いざレッスンでは、思いもよらぬところを指摘されました(;'∀')

先生「ん~~?休符をきちんと休めていないですね?」
私「え?!あっ、そうでしたか??」(^^;(^^;

この曲、急に速度を落とす所や、徐々に落とす所や、逆に急ぐような所が入り乱れ?ていてテンポを保つの(戻す?)が難しい(>_<)
全体的にはプレストなので速いんだけど、速度が入り乱れていてその表現が…
ショパンだからいい加減でいいというわけではもちろん無いんだけどメトロノームで練習してるわけではないのでどうもきちんと拍を数えられてないみたい(^^;
しかも自覚が無いっていうのが我ながら驚きでした…
後は頻繁に出てくるアクセント。
前回指摘されていたのに気付かずにスルーしていて、今回初めて気が付いた部分があり…
私の目はフシアナだという事が今回も実証されてしまったわ~~~( ノД`)シクシク…

あんなに
「楽譜をきちんと読む」
と、教えてもらったのに…。

というわけでもう1度きちんと楽譜を読んでみます!



関連記事

レッスン193~195回目~気持ちを切り替えて

発表会前のレッスン(193、194回目)はハノンはほとんどせずにブラームス間奏曲とバラード1番をやりました。
私としてはここまで来たら何かを急に変える事は出来ないと思っていたので、とにかく目ウロコレッスンで教えていただいた事を忠実に思い起こして取り入れられることは取り入れる…そんな事をずっと考えていました。
つまり、右手と左手の役割の違い、歌う事、いきなり弾かない…
たくさんの目からウロコな「演奏の基本」を教えていただきました。
でも実はその時一番私にとって大きかったことは
「発表会ですぐに出来なくても良い、出来る所だけでも良い」
と言われたことでしょうか。
ともすれば、「教えてもらったんだからすぐに出来なくちゃ!!出来ないのは自分の能力や努力が足りないのね」
となってしまいがちなところを、あえてプレッシャーを感じさせないように気を遣っていただいて。
なのでプレッシャーを感じる事無く、実践出来る所は実践してみようと思えました。

そんな事を土台にしながらの教室のレッスンでしたが、直前になると先生もそんなにあれこれと細かいアドバイスをされるわけではないので
「後はもう思い切って弾いてね~」という感じでした。

発表会後のレッスン195回目

ハノン復活です…(そりゃそうだ(^^;)
ハノン 半音階 ユニゾン反進行 短3反進行 長3反進行 特別な指づかい
一通りゆっくり弾く。
長3反進行だけ左右の指使いが同じなのですぐに弾けたけど、後のは悩みながら弾く感じ。(^^;(^^;
こーいうの、とても苦手かも…慣れるためにはある程度弾かなくては…←でもあまりヤル気が起きない…
きっと次のレッスンまで何もやらないような気がする…

バラード1番とブラームス間奏曲op.117-2は終了です。

次に何を…

と、考えた時、もちろん憧れ曲たちをやっていくのはやっていくのですが、憧れ曲たくさんあるんですよね。

再開してから練習会とかYouTubeとか聞いて弾いてみたいなって思った曲はたくさんあるんです。

でも、まずは元々弾きたい!と思っていた曲をやって行こうと。(つまりは私のピアノ再開の原動力?)

そして私の元々の憧れ曲はやっぱりショパンなんです。

その中ではバラードを弾いたばかりなので、全然性格の違う曲?を弾いてみようと。

私の中の超憧れ曲はソナタ3番なんですけど、もちろんこれも弾きたい。
(でも、難し過ぎる("^ω^)・・・)
諦めてはいないので、これはレッスン曲と並行で自主練習していこうかなと思っています。

レッスン曲として次に取り組むのは「スケルツォ1番」にしました。(前置きが長すぎね~~(^^;)

スケルツォの中では一番のお気に入りで…

バラードとは違って曲の構成がすごくハッキリしています。
そして・・・速いです・・・
曲にはゆっくり弾いてもサマ?になる曲と、ゆっくり弾いたら成立しない?曲とがあるような気がしますけど
この曲は成立しない系の曲のような気がします。
久々に速い曲に取り組みます。(無謀感・・・)

レッスンで既にボロボロでしたが弾いてきました(#^.^#)
所々に出てくるアクセントを意識してまずゆっくり弾くようにと言われました。
10度11度跳ぶ所があってとても弾きにくい箇所があります。
毎度の事ですが、始めたばかりなのでとても集中して練習しています。(最初はね、最初は特にね(^^;)
中間部がとても美しくホッとするような旋律があるんですが、そこもすごく好きです。
いきなり最初から暗くて激しい出だしなんですが、それも今の自分の心情に合っているような気がしています。
途中、不安で揺れ動くような微妙な音が連なる部分があるのですが、その音の連なりがすごく切ない気持ちになるんですよね。
強制終了にならないように自分の納得できる所まで持って行きたいなと思っています。




関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン 半音階・アルペジオ
ショパン スケルツォ1番

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示