04
3
4
6
7
9
10
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スケールを速く弾くためには?

迷いはありますがもちろん今はバラード1番の練習をしています。

私の先生の言う「大丈夫」は決して完璧に弾けますよ、って事ではありません。
毎年発表会を見てきて思いますが、完成度が高い人もいれば「完成度」というより自分の弾きたい曲はこれだ、っていうのがわかる演奏だったりします。
よくコンクールに出る事を推奨されるようなお教室もあるようですが、私の所はそういうのは無いです。
だから先生も「ね~みさんの出来る所まで頑張っていれば大丈夫ですよ」っていう意味で仰ってくださってるのだと思います。

準備不足、練習不足なのは否めないけれど、この曲にもっともっと向き合おう、と思っています。

気持ちを新たに頑張ろう(#^.^#)

ご助言、ご心配下さった方々ありがとうございます!
弾きこなせなくていい、でも前向きに考えています。
もう少し見守っていてくださいね(^^)/

さて、いろんな部分が行き詰ってるバラード(^^;
まずは1か所でもいいから上達感が欲しい所です。(やっぱりこれが無いとモチベーションが上がらないです…)
今迄のように、ザックリと流した練習はもう通用しないって事が4か月弾いてきてわかったこと。←遅いけど…

あっちこっちある「上手く弾けない所」。
私的に特に気になるところはどこかと考えた時、やっぱり最後の2つのスケール、これが一番上手く弾けなくてガックリするところなんですよね。
そしていつまで経っても速度が上がりません。
基礎をきちんとやってこなかったんだから当たり前でしょう、と言われればそれまでなんですが、じゃあもう私なんかには弾けないのね?って諦めるのは悲しい(´;ω;`)ウゥゥ
プロのように弾けないのはわかってるけど、せめて自分が納得できるように弾きたい。

スケールを綺麗に速く弾くコツなるものをネットで検索してみました。

まず手の余分な力を抜く。
弾く時極力余分な力を入れないために、鍵盤を底まで押す必要はない。
弾いた後、指を上げるのも最小限で良い。(つまり極力余分な動きをしないという事)
鍵盤を這うように弾く・・・

つまり当たり前だけど極力省エネな動きをするって事ですね。
いちいち鍵盤の底までガツンと弾いてたら力が必要だし、力を入れれば動きは遅くなる。
そっか、なるほど…
私が弾いてて速度が出ない理由は多分これ。
力を入れすぎてる。
力を入れずに弾く。
頭でわかっていても、じゃあどうしたら??

ピアノの前で試行錯誤するしかない(#^.^#)

・・・弾いてみるしかないですね!
関連記事
スポンサーサイト

レッスン181回目~迷い

このところピアノの練習で閉塞感があって、気分を変えようと他の新曲をやり始めたりしていました。
その効果はあったようで少しずつバラードも頑張ろうという気持ちになっています。

ただ、練習というのが練習では無く、一通り弾いて引っかかるところを何回か練習、っていうあまり実の無い練習になっていて、本当の意味での練習というものでは無いような気もしますが…。

で、ちょっとやそっと練習したからってすぐにその部分がバッチリ弾けるようになるわけでもなく、
「ま、いいか・・・」
って終わってしまうのも良くないワケです(^^;
詰めの甘さが演奏にも出ちゃうんですねぇ…

というわけでレッスンだったのですが、その日は全く練習する時間が取れず、ノー練のまま行くことに。
指ならししないまま行くと最初は先生のお宅のピアノになかなか馴染めない感じになる事が多いのですが、仕方ない(;´Д`A ```

ハノン スケール ホ長調、嬰ハ短調
当日は練習出来なかったけど前日はこれを何回かやっていたのでゆっくりだけど弾けました。
どんどん次に進みます。

ブラームス 間奏曲Op、117-2
ゆっくり一通り弾く。まだ♭♭だらけの譜面に慣れていないので(特に後半)1音1音確認しながら譜読み状態(^^;
先生にお手本演奏を弾いてもらう。
抑揚の付け方やメロディーラインの出し方が素敵だな。
私のは自信無いからすごく消極的な演奏、先生のはハッキリとした積極的な演奏。
目の前で弾いてもらうと参考になるわ~。
楽しいので練習は苦にならない。

ショパン バラード1番
一通り弾く。練習が思うように進んでないしこの調子であと3か月ほどでちゃんと弾けるようになるのか心配。
譜読み段階からほとんど前進ないように感じる。
「どこが心配なの?」
と先生に聞かれて
「ここと、ここと、ここも、それとここも弾けないし、暗譜も無理そうです…(-_-;)」
と、答えると
「私は大丈夫だと思うけど、そんなに心配ならもしこの曲じゃなければ何を弾きたいの?」
と聞かれて、
「そうですね、『大洋』ですかね…」と言うと
「『大洋』だとすぐに終わっちゃうから勿体ないですよ、『大洋』にするならもう1曲あった方がいいですよ」
と、言われ、何も考えていません。
まずはバラードをどうするのかが最大の問題です。
正直結構迷っています。

関連記事

いつだって「私に弾けるかな?」と考える

ピアノ再開前の頃と再開後の今、ピアノ曲(演奏)に対していろいろ考えが変わってきました。

昔は今ほど情報が発達していなかったから、ピアノの曲を知る手段が少なかったです。
ラジオかテレビかレコードかコンサート…くらいでしょうか。

ラジオやテレビで演奏を聴くという事は時間にも限りがあったし、エアチェックというのかな?わざわざ新聞等で放送時間を調べて視聴するとか、偶然流れてくるとか、とにかくそうそう頻繁に聴けませんでした。
コンサートなんて当然コンサートが開けるくらい有名な方じゃないと一般人には情報すら入らないし、当然有名な方だとチケット代は高額です。
親がクラシックピアノに興味があるとかでコンサートに行くのが当たり前な環境でない限り、思いつきもしないでしょう。
レコード、これも当時1枚2500円とか3000円する代物でした。
そんな高額な物をこの曲素敵~~~だけで子供が毎回買うわけにもいきません。
それにピアニストをよく知らないで買うってかなり冒険というのか、自分の気に入る演奏かどうか聴いてみるまで分からないなんてことがあります。

私のピアノは何回かブランクがありますが、子供の頃は2年やって何年か休んで…みたいな感じでした。
その頃はもちろんショパンのいろいろな曲を聴いて「すごいなぁ!綺麗な曲だな~カッコいいな~!」なんて思いましたが、その曲が自分で弾けるか弾けないかはあまり考えなかった気がします。

大人で再開後ですね、良いなぁと思ったらまず
「自分で弾けそう?弾け無さそう?」
ってすぐに考えてしまいます。
聞いただけでは弾けそうでも楽譜を見たら「うっ("^ω^)・・・無理」ってなるのもあるし、
逆に複雑そうでも意外に弾けそうなものもあったり、聞くだけではわからないものですよね。

とにかく今は
「自分で奏でる事が出来るのか否か」
という目線?で曲を捉える事が多くなった気がします。

そして現代ならではのYouTube活用法。
モチロン普通に好きな曲のいろんな人バージョンを聞き比べするっていうのもあるけど、
「この曲ってどんな譜面なの?」
っていう時も結構役立ちます。
音源と共に親切に譜面が載ってる動画もあるんですよね。有名な曲ならほぼあるし、私は耳から入るタイプではないのでまず譜面を確認したいのです。

いやあ、便利な時代だわ~。



関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示