05
2
3
4
6
7
8
10
11
13
15
16
17
18
22
23
24
27
28
29
30
31
   

自分に合った選曲?弾き方?

結構前の事なんですが
とある練習会である方が私のピアノを聞いて
「あなたは主演女優なの?助演女優なの?」
と、言ってこられた方がいました。

その時私は質問の意味がわからず
頭の中が疑問符だらけだったんですが
要は
「あなたは舞台で主役が張れるんですか?それとも脇役なんですか?」
って事が言いたいのかな?って思って
(そりゃあ、腕にも見た目にも自信は無いですし
主役なんて張れるわけがないでしょう?)

「え~~と、??助演…ですかね?」

と、弱弱しく(笑)答えたのですが、
その方に
「そうでしょう?ならそういうピアノ弾きなさいよ」

と言われたこと、あれは結構強烈でした(笑)

その時私は結構メロディアスな曲を感傷たっぷりに弾いた(つもり)だったんですが
それが私の雰囲気とか音?その他諸々にそぐわない…というように感じられたのかもしれません。
要は似合わない?とかそういう事だったのかもしれません。

その時は面と向かってその方に「なぜ?どうして??主役じゃなくて脇役っぽく弾けって事?」とも聞けずに
(他にもたくさん人がいたので)
まあいまだに頭の中が??のままなんですが

その方は結局私に何が言いたかったのかな・・・?

そんなに演奏が似合ってなかったって事なのか


なんかね、話は飛びますが、
私竹内まりやさんの歌、結構好きなんですが
「あ・かる~いだけ~が、と・り・え~でも~」
って歌を思い出すわ(;´∀`)

別に主役になろうなんて思わないけどさ、あーた、
他人様から宣言されると結構キツイわよっ!!

って、話は脱線しちゃったけど、微妙に脱線じゃないのだー。

つまりですよ?
平々凡々な私のような一般ピーポーは人生では中々主役は張れないです。
特別な才能があるわけでなし
特別な美しさを持ってるわけでなし
お金持ちでもなく
頭が良いわけでもない。

そんなごくごく平凡なアラフィフ主婦の私。
本当に、どこにでもいるよね。こんな地味な主婦。
その私が一人で観客のいる舞台に立つんですよ!

まあ、お金を払って参加するわけですけどね…(;´∀`))

つまりはその舞台では主役を張るんですよ!!

よく考えたら、すげーーー。(←自分で書いて自分で驚く笑)

ま、お金の力ですけどね・・・・( ̄ー ̄)ニヤリ


だからさ、やっぱり自分の信じる道を行こう!


平々凡々な主婦、

1年に1度は主役になっても良いんじゃない?

曲が似合ってるとか似合ってないとか、

私にはよくわからないし、

身の程知らず…とか、まあいろんな事を言う人もいるよ。

でも自分が好きで選んだ曲なのだし

好きだから、弾く。

それでいいじゃあないの。









スポンサーサイト

怖いけど、録音して現状を把握する

先日ブロともさんとピアノ話してて
練習に行き詰まってる事とか聞いてもらいました。

録音は現状認識が恐ろしくて昨年1回やっただけ(;´∀`)どんだけビビり

いやー、だって弾けてないのは日々わかってるつもりだしねー。

そしたらブロともさんが

「そろそろ録音して確認すればいいんじゃないの?」

と("^ω^)・・・

そっかあ~、そう言えば最近全然録音してないな…って事に今更気づきました(;´Д`)

弾いててわかってるつもりでも弾くのに一生懸命すぎちゃって客観的に聴けてないっていうのはあるのよね。

重ーい(重すぎる(;´Д`))腰をどっこらしょと上げて

やるしか…

やるしかない・・・・!!

近くのグランドのある練習室で…とも思ったけど

防音ほぼ0で隣の部屋(間仕切りのみ)の音も筒抜け(たいてい卓球ですがたまに踊りの稽古という時も)

当然こちらの音はもっと筒抜けという環境なので録音はタイミングが合わないと難しい(>_<)

じゃあ、うちで・・・

と思うけど子供がずっといる時期なのでそれもタイミング合わないとねーうだうだ・・・

そしたら数日前ほんの何時間かだけど子供が学校の用事で出かけた時間があったんですよ。

今だっ!!(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

慌てて録音(;´▽`A``・・・・それにしても前置き長いわね(^^;

集中力が持たないので録音は2回のみ。



そして恐る恐る録音を聞き返す…

・・・・・(;・∀・)・・・・


・・・・・(;´∀`)


・・・・・(;´Д`)


・・・・・



音は外すわ、鳴らないわ、スケールはぐちゃぐちゃだわ、アルペジオはガタガタだわ。




・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。ひ~~~~~ん



現状を知るって大事だね!!



さ、ダメな所わかったんだから落ち込んでるヒマは無い、練習練習!!





再開3周年!どうしても弾きたい曲がある

一昨日よく考えました。

そしたらどうしても弾きたい曲があった事思い出しました。

この曲との出会いはピアノを再開する前、
ふと立ち寄った無料コンサートで聞いた歌です。
過去記事
音楽って

この時女性歌手が歌ったカッチーニ(と、言われる)の「アヴェマリア」
あまりに美しいそのメロディーに一瞬で魅了され、帰宅してからいろんな方が歌うアヴェマリアを片っ端から聞きました。
ソプラノの、テノールの、バリトンの、カウンターテナーの。

私は歌は全然わかりませんが、アヴェマリアはとにかく大好きで。

その時に特に気に入ったのはヘイリーウィステンラの歌だったかな。
まさに「何も足さない何も引かない」というピュアで美しい伸びやかな声で歌い方で。
あ~、こんな美しい声を持っていたらさぞや気持ちのいい事だろうな~と思いました。

時は経ち、ピアノを再開して楽譜も手に入れたんですよね。
家で練習したりもしていました。
でもなぜかレッスンで見てもらおうとか思わなかったなぁ…なんでだろう?
タイミングとか。
再開してから常に、前へ進みたい、そんな気持ちが強かったんですよね。
きっとやっぱり「上達」という事を1番に考えたかったし
そもそも自分が弾きたい曲っていうのが難しい曲ばかりだったというのもあります。
なんだかんだ言ってピアノは技術が無ければ弾けない曲ってたくさんあります。
精神論だけじゃ弾けませんもんれね。

憧れのあんな曲こんな曲を弾いてみたい!
そう思って始めたレッスン。
まだまだ技術足りない根性足りないのナイナイ尽くしではありますが
継続は力なりという言葉があるように、継続していきたいなと思っています。

そうそう、もちろんため息は練習を続けます。
CDのように優雅に…とはいきませんけどね!

そしてカッチーニの「アヴェマリア」をレッスンで見てもらう事にしました。

参考までにヘイリーウィステンラのアヴェマリア



2017年、今年もよろしくお願いします♪

gashi_akemashite.png
eto_remake_tori.png

昨年はこちらのブログお読みいただいたりコメントをいただいたり
練習会やその他お付き合いいただきましてありがとうございます(#^.^#)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

簡単に、昨年のピアノのまとめ

といっても具体的に目標があったわけではないですが

・発表会にショパンエチュードのop.10-3を先生に勧められて弾きました。
毎日中間部の練習でかなり煮詰まってしまったり、最後までちゃんと弾けた感が無かったですが
なんとか舞台に乗せて最後まで弾き切りました。
曲の終わりの方で集中力が途切れてしまったのは残念でしたが
発表会の後、見知らぬ中学生の生徒さんから声を掛けていただいたのがとても嬉しかったです。

・レッスンではバッハ 平均律1巻にチャレンジ。
平均律っていうととても難しいイメージしかなかったんですが
きちんと弾き分けができているかどうかはともかく(^^;
少しずつですが弾き分けも意識しながら弾くことに楽しみを見いだせるようになってきました。
課題は山ほど残ってますしプレリュードがなかなか弾けなくて苦しみました。
でもほとんどのバッハは飽きずに練習できました!

ツェルニー40番は苦しかったです(笑)
特に20番台前半はかなり精神的にきつかった。
「やめたい」「無駄かも」「もうこの曲いや」「でも先生が…」
という堂々巡りの考えに支配された年でした。
今は情報が氾濫しているので、
ツェルニーについても賛否両論というかいろいろな意見があって
悩みました。
大人の趣味ピアノにツェルニーが必要なのか?
現在私の中では「必ずしも必要とはいえないけれどとりあえず頑張ろう」というところです。

・途中、ルクーペの「ピアノの練習abc」を「簡単な曲を楽譜通りきっちり弾く」というコンセプトの下途中までやりましたが曲数とレッスン時間と秤にかけ、(*゚ー゚*)ノシ))おやすみ♪にしました。

・短く区切っての練習、ブロトモさんに聞いて始めました。
私には効果があると思います。まだまだ甘いんですけどね(^^;

・心に響く曲にたくさん出会いましたね。
バッハ「主よ、我汝を呼ぶ」「パルティータ6番」
ブラームス「間奏曲op.117,118」

すごく派手で聞き映えする曲というより、しみじみと心に残る佳曲というか。

・レッスン時間を週1回30分→45分にしていただきました。

・ブログ関係のオフ会練習会発表会などは9回ありましたね。
楽しくて時間の経つのがあっという間でした(#^.^#)
本当はコンスタントに月1回くらいあれば理想的かも~。

今年の目標は…

・まずは前半のメインイベント教室発表会に向けてリストのため息を頑張る。
練習の効率を考える。

・レッスンの構成的には今の
基礎練習+バッハ+曲
というスタイルがベストかなと思っています。

・発表会後は無謀でもいいから憧れの大曲にチャレンジしていこうかなと思います。
「この曲は無理だからやめよう」じゃなくて「大好きなこの曲を絶対弾いてやる!」くらいの気持ちでやってみよう。
無難な…安全パイ…
そういう理由での選曲は悔いが残るかもしれません。
好きな曲なら頑張れるはず。

・今年も練習会やオフ会などに積極的に参加したいです。
やはり生で近くで聞く音楽にはいろいろな事に気づかされます。
PCの音源とは全然違うんですよね。
その人の思いなんかも感じますしね。
もちろんお喋りやピアノ談義も楽しい(#^.^#)ふふふ…!

・基礎練習はツェルニー40番終了までは頑張ろうと思っています。
これを終えたらの話ですが、音階とアルペジオはいろいろな曲の基礎の基礎だと思うので
自主的にやるかレッスンに取り入れるか…したいなと思います。

・曲の完成度にこだわりたい。
なかなかこれは難しいんですが。でもあれもこれもに手を出すより1曲の完成度を考えていきたい。
練習もダラッと通すだけじゃなく、表現をしっかり考えながら弾きたい。音もこだわって弾いていきたい。

こんな感じでしょうか!

今年まだピアノに触ってないけど~~!!(^^;

私の先生

私は教えてくださってるピアノの先生が本当に好きです!

模範演奏してくださるとかその辺は他の先生ももちろんそういう方もいらっしゃるでしょう。

ただ、私が子供の頃習った先生と大人になって習った大手音楽教室の先生は模範演奏は無かったですが…

なので目の前でサラ~っと弾いていただけるというだけで本当にいつも尊敬の眼差しで見てしまいます。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

先生は別に超絶技巧的な曲を弾く訳ではないのですが、(例えばポピュラーだったり、シンフォニアだったり・・・)
抑揚のつけ方がいつも素晴らしくて。
「今、先生の弾いたのと私の弾いたのって同じ曲ですか??」とよく思います(´∀`;A

そして人柄。

幸い、子供の頃の先生も、特に嫌な思い出というのは無いんです。
大手教室の先生も、とっても素敵な先生で、楽しく習い続ける事が出来ました。
なので、先生について「この先生はいや」とか思った事は無いので恵まれているのかもしれません。

今の先生も本当に有難い事ですが、いつも(本当にいつも!)必ずニコニコ満面の笑みで迎えてくださって
もうじき先生に習って丸2年になりますが、
1度たりとも「イラ」っとしたり「ムス」っとしたりそういう負の感情的なものを垣間見た事が無いです。

1週間に1度だから?

それは教えるプロだから、当たり前なのか?

私がもし先生だったとして、こんな風に生徒に接する事が出来るだろうか・・・?

だって、実際にたまたま見たんですけど、連絡も無く15分とか遅れてくる生徒さんや、
うちの子だってそうだけど、正直全然練習してこない生徒さん、ヤル気無しの生徒さん、
急に今日は休みます、ってレッスン時間始まってから連絡来たり、
40人いればまあ当然いろいろな生徒さんがいるわけですよ。

もちろん、30分という単位があって、15分遅れてきたから15分延ばしましょうと言う訳ではないし、
15分遅れたのは生徒の方の都合だから、残り15分をレッスンするというだけであって、
全然練習はしなくてもとりあえず教室ではピアノを触る訳だし、月謝が支払われないという訳ではないし
先生的には別にその事で何か損をするとかそういうわけでは無いのですが・・・・

それでももし私が先生の立場だったらそういう生徒さんに対して気持ちよく接する事ができるだろうか・・・

それが仕事だから、その時間に対しての対価(月謝)を貰ってるんだから
それはそれでそうやって割り切ってるのかな?って考える事もあるけど。

私、例えばよく「全然練習できなくて・・・」とか言い訳しちゃったりするんですけど(^^;)
「練習できなくて」って本当に?ヤル気あったらどんな時間だって何が何でも練習するでしょ?(デジピだってあるんだし)
って自分で自分に突っ込みたくなる時もあるんですよね。
そんな時も先生は「そうよね~わかるわよ~!いろいろ忙しいですもんね~」って。なんとなく罪悪感(笑)
先生も「あらあら言い訳ね~」、ってわかっていても、それはそれで割り切ってるのかな?(^^;)

練習全然しない生徒さんなんて(含むうちの子・・・もうやめたけど(;´Д`A ```)
「練習しなくちゃ弾けるようになるわけないよね~~?!」って、私だったら思っちゃうし、
言葉には出さなくてもなんか態度ににじみ出そうな気がするんですよね(;´Д`A ```
練習しろオーラが。
「ま、出来ても出来なくてもお月謝はきちんと頂きますから、それはそれで別に良いんですけどね!」
とか、腹黒く心の中で考えちゃいそうで。
(あ、大人は別ですよ!大人はそれこそ仕事や家事育児などをこなしながらの趣味なわけですから。それにドタキャンも通常はありえないですしね。上の例はお子さんの場合です)

人間だから体調が悪い時だってもちろんあるでしょうし、悩みだって気持ちが乗らない時だってあるでしょう。
先生ご自身だってまだ未成年のお子さんもいらっしゃるし、ご自分の演奏の事だってあるし、本当にお忙しいわけで。

なのにいつも変わらず接してくださるそのお気持ちが本当にありがたいです。

ピアノの腕前も、素敵なお人柄も、とても手が届かない憧れの対象ですが、
少しでも見習って自分の内面も磨いていきたいな~と・・・思ってます(なぜか字が小さく・・・笑)


記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-36番
バッハ 平均律2巻 3番プレリュード
リスト ため息


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・1番 プレリューディウム・インベンション2番
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示