FC2ブログ
   
11
5
8
9
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

タイミング

何事にもタイミングというものがあると思っています。

私がピアノを再開した時もタイミングが合っていたというか…。

何か自分の好きな事をやりたいという気持ちがあって、するなら絵画かピアノを習いたいな~と思っていたんです。

でもよく考えたら音楽は聴いていたけど絵は高校以来全く描いてなかったですね。

それなのにまずは絵画の方から当たってみようと思いました。多分、とりあえずは初期費用がかからないのが絵画だったからだと思います。←なんて単純(;'∀')
あと、電子ピアノ(ピアノ)はそれなりに場所を取るのでダンナに反対されたという事もあります。

その時点で続くかどうかわからない趣味にあまりお金をかけたくなかったというのがあって、最初に調べてみたのは地域の絵画サークルのような所でした。
何か所か問い合わせしてみましたが、どれも条件(時間やその他)が合わずにダメでした。

結局サークルでは無く、カルチャーセンターみたいなところの絵画教室を見つけそこに体験レッスン?を受けに行きました。

が、先生が変わった方で(^^;1時間みっちり先生の自慢話と絵画でお金儲けをする方法を講習され(;'∀')逃げ帰ってきたんですが(笑)

そんなワケで私の絵画教室捜しは完全に暗礁に乗り上げた形になりました。

さすがに私も考えましたね。
う~ん、これだけ行動しても自分に合った所が見つからないという事は・・・
私、今は絵画を習うなって事なのかな?
と・・・
そもそも絵って習うものなのか?
本当に絵が好きならそれこそ「習う」必要も無い事なのかもしれないし、習わなくても描くだろう。
自分は本当は何が好きなんだろう?と考えた時、絵は描いてなかったし見てもいなかったけど、音楽は形を変えても聞き続けてきたな…と。

というわけで今ピアノを習ってます(笑)

これは偶然なんかじゃない、必然的だったんだろうなと思います。



スポンサーサイト

本番直前どうしてますか?

本番直前の、と言っても、練習をどうするかではなくて、本当の本番直前舞台袖での過ごし方です。

緊張・・・しますよねぇ・・・(-"-;A ...アセアセ

私自身は数回しか発表という場には立っていませんのであまり参考にはならないですが・・・

教室発表会の舞台袖には椅子が用意されていますがほとんど座ったことが無いです。

ウロウロしてますかね~。想像するに我が子の誕生を待つ父の心境ってこんな感じなのでしょうか?

居ても立っても居られないんですよね。

深呼吸してみたりストレッチしてみたりしますが、劇的に何か心が軽くなるとかドキドキが収まるわけでもなく。

そう言えば袖で楽譜は見ないです。(暗譜じゃないのもあるかもしれません)

頭の中はとにかく緊張に耐える事だけで精一杯で、これから演奏する曲の事はどこかに行ってしまっています。

お行儀は悪いけど出番までガムを噛みます。私にとっては少し効果があるような気がしますね。

なので舞台袖では、ガムを噛みながらウロウロ歩き回り合間に深呼吸したりストレッチしたりする(笑)という、非常に落ち着かないストレスMaxの動物園の熊ですか?的な状況になっています(^^;

その場に話が出来る人が居れば話をしていますかね~。

先生はその場に居るのですが、弾いてる人がいたら話はそんなに出来ないですね…

というわけでこれが私の発表会の舞台袖での行動でしょうか。

とにかく動いて気を紛らわせたいです。

なので、そこにじっと座って前の方の演奏を聴いていなくてはならない…という状況は結構辛いですね。

いずれにしろ舞台に向けて集中力を高める、というより不安感や緊張感を紛らわせる、というような方向に向きがちなんですよね(^^;

ゆくゆくは舞台袖で「表現したい事や伝えたい事を考えられる」ようになりたいものです…。
現状はそれどろこじゃない、ですけどね(^^;(^^;

舞台袖での過ごし方、きっと皆さん人それぞれなのでしょうね~(#^.^#)

ピアノにおけるこだわり

こだわる人っていうのはいますよね、いろんなジャンルで。
実生活での「こだわり」って言う響きはあまり良い意味で使われない事が多いような気がしますが、趣味でのこだわりっていうのはほとんどが良い意味で使われる気がしますね。

ピアノだったら何だろう?

・綺麗な音を出す

これは良いこだわりでしょうね。

ピアノの演奏を聞いていて、癒されるな~もっと聞いていたいな~と思うのはやっぱり音が綺麗だったりする演奏が多いですよね。

・音楽的な演奏をする

これもピアノ弾くなら目指したいこだわりですよね。

・演奏技術を高める

これは音楽的な演奏をするのに高い方が有利?(というか目的に近づく事が出来る)でしょうからね。

・ミスタッチを極力しない

これも一種の演奏技術なのでしょうか。
ミスタッチを連発すると、聴き苦しい(私だ!!)ので少ないに越したことは無いでしょうね(^^;
これはあまりそればかりに拘りすぎるといろいろ他に支障も出てくるかもしれませんが。

今思いつくのがこんな感じですが、書いてて「ピアノってこだわりが必要な趣味だな~」と思いました。

だってこだわらなければ綺麗な音は出せないし、音楽的に弾けないし、ミスタッチも頻発するし("^ω^)・・・

「ここはこう弾きたい、こんな音色で弾きたい、もっとこんな風に表現したい」

っていうのは、ただ何となく漫然と弾いていたら出来ない。
こだわらなければ出来ない事ですもんね。

ピアノにおける「こだわり」ってきっととても大事な事かもしれませんね。

と、書いていて、自分じゃ中々そんな事を考える余裕が無いな~~~~(;´Д`A ```って思いました。
音を拾うのに精いっぱい・・・(;'∀')

趣味なのに苦しい・趣味だから楽しい

ピアノというのは面白いですよね~。
趣味って言うのはみな、「楽しい」ばかりだと思っていましたが、決して楽しいばかりじゃないですよね。
これはピアノに限らず、どんな趣味もそうかもしれませんね、
特に勝負系の趣味は「勝った!負けた!」と一喜一憂する場面があったり、それが集団のものとなると、誰がミスしたとか、チームワークがどうのとかいろいろ大変そうです。(そう思っているのは私だけで、実際やってる方はそれがあるから楽しいとかかもしれませんが)
ピアノはチームプレーの趣味では無いですから、(連弾や伴奏などは除いて)間違っても止まっても誰に迷惑をかけるわけでは無いので、その辺も気楽に楽しむことができますよね(#^.^#)
そんなお気楽な反面、ちょっぴり深入りすると結構苦しい趣味でもありますね。

そんなワケで、私の思う(私の場合の)ピアノの楽しい面と苦しい面、挙げてみようと思います。

(^^♪楽しい面(^^♪

・鍵盤を押せば誰でも(犬でもネコでも赤ちゃんでも)すぐに音が出せる(^^)
・基本的には一人で練習するので、練習時間を人と合わせたりしなくていい(^^)
・一生かかっても弾きつくせないほどの曲数があるのでず~っと楽しめる(^^)
・好きな曲の譜読み段階はとってもワクワクを感じる(^^)
・時間のある時に、あの曲この曲といろいろちょっとずつ弾くのも楽しめる(^^)
・前に弾けなくて諦めた曲を何年か経って弾けるようになるとすごく上達を感じる(^^)
・発表会などで充実感や達成感を得る事が出来る(^^)

(T_T)苦しい面(T_T)

・習って少し経つと、ただ押しただけの音ではダメだと気付く(>_<)
・一人で練習してるので誰とも話せず面白くない時がある(>_<)
・弾きたい曲を一生かかっても全部弾く事は出来ない事に気づいて唖然とする(>_<)
・譜読み段階から抜け、曲を詰める段階に入ると途端に行き詰まり感を感じる(>_<)
・時間のある時にいろんな曲を弾いてみるが、どれもまともに弾けそうにないな…とガックリする(>_<)
・前に弾けなくて諦めた曲をまた弾いてみるも、やっぱり弾けないじゃん、と落ち込む(>_<)
・発表会などに出ると、「どうして出るって言っちゃったんだろう…帰りたい」と思って顔面蒼白になる。そして演奏中に大間違いなどすると、「くそっ!(あらはしたない)次の発表会こそもっと頑張ろう!!」と思うのに、3日くらい経つとその悔しさも忘れてしまう(>_<)

と、まあ、思いつくままに挙げてみましたが、皆さんはどうでしょうか??

ピアノってやっぱり、楽しい(苦しい)ですよねぇ・・・(;'∀')

手の甲に力を入れ過ぎると動きは鈍くなり音も固くなる・・・

今更ですがそう実感したので書いておこうと思いました。

小学校低学年のお子さんがスケルツォ1番を弾いてる動画があって、補助ペダルを使ってるんですが、補助ペダルを使うくらいだから当然手も小さいはずですよね。
ですが、私(9度が上から掴めます)でさえ届かないパッセージが何度も出てくるんですが、その部分も何の苦も無く楽に弾いてるように見えるんですよね。

こんな小さな子が楽に弾いてる・・・

方や私、必死(>_<)(笑)

まあそりゃピアニストの卵さんとこんな素人オバサンじゃ何もかも違うのは当たり前だけど、それにしてもこんな小さなお子さんが楽に弾きすぎじゃない??!

でも前回のレッスンで先生にも

「ここの部分(移動が大きい部分)ちょっと力が入り過ぎていて、聴いていて必死感が伝わってきますね、手首が上がっているし」

って言われた所で、それは自分でもそう思っていて・・・

「離れた音を弾かなきゃならないから仕方ないけど、そこで少しテンポが遅くなってしまいますね」

と、指摘されてそれも自分でわかっていて。

広い音域をカバーしようと手をめいいっぱい広げて対応しようとしている。

当然手の甲(掌?)に力が入る

力が入ると動きが遅くなる

速く動かすためにますます力が入る

力が入るとますます動きが遅くなる

もしや・・・↑という悪循環になってるんじゃないの??私・・・(;^ω^)
力を入れないでは弾けないかもしれないけど、かと言って変な所(力を入れるべき所じゃない所)に力を入れると素早く動かせない。
そういえば以前、kazさんに基本の弾き方を教えていただいた時に、手、というより指先に力を入れる?みたいな事を言っておられたんですよね。
その時に手の甲には余分な力は入っていなかった…。
「指先でボールを掴むように」
と、指先への力の入れ加減を記事でも書いておられたし、実際にそう言っておられたわけですが、頭で理解は出来ていても、実際に自分がそのように弾けるかと言うと、全然弾けてなかったんですね。
指先に力を入れようとすると手全体に力が入ってしまって、しまいには前腕まで力が入ってしまったり…
すぐには弾けるはずもないのはわかっていたし、試行錯誤して自分で体感しない事には自分の力にはならないし。

それが何か、急に昨日、わかったというかコツみたいなものを掴みかけた気がしたんです。

345指が転んでしまう部分も、345指をしっかり!!と思い過ぎて逆に力が入り過ぎてぎこちなくなっていたり、意識を345指に持って行けばいくほど自分の思っているような弾き方が出来なかったり(^^;

基礎が無い、と一口に言っても、もしかすると手の力加減というか上手い使い方の基礎が無いんじゃ・・・

当たり前だけど、ピアニストの動画を見ると、どんな難しい曲でもいとも簡単そうにさらさら~っと弾いてますよね。

余分な動きも余分な力も入ってないように見えます。(意図的にしてる場合を除いて)

スゴイ省エネ奏法なんでしょうね。




記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン アルペジオ
ショパン スケルツォ1番
ソナタ3番1楽章

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中
ショパン プレリュードop.45

♪密かに練習♪
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる