10
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

バッハにハマったきっかけ

私がバッハにハマったきっかけ、

それは遡ること2年前。

それまでバッハは聴き専門で、自分で弾くなんて思ってもいなかった!

インベンション?シンフォニア??

多声音楽???

なんじゃそれ??

とりあえずそれって練習曲の類だよねぇ?

練習曲はツェルニーやってるしこれ以上練習曲が増えるのは勘弁だなぁ。

私が弾きたいのはショパンなんだから。

そう思ってました。

ただ、その肝心のショパンは自分の演奏会の前に必ずバッハを弾いていたとか・・・

そして「ショパンを弾くならバッハは必須」というような事をどこかで見ました。

聴くのはいいんだ、ブランデンブルグ協奏曲やチェロの組曲、荘厳なオルガン曲、2つのバイオリンのための協奏曲、G線上のアリア・・・

どの曲も美しい。

でも音質的にあまり受け入れられなかったのがチェンバロの音。

で、インベンションのCDも持っていたけど全部チェンバロでの演奏で、ほとんど聞いていなかったかな。

その頃鍵盤曲でとても気に入っていたのが「フーガト短調」

これはオルガン曲だけどピアノ用に編曲した楽譜があるんですね。

早速見つけて手に入れて弾いてみたけど、その頃は今より更に何もわからなかったので

適当にざっくり弾いて「あーこんな感じね」と・・・

YouTubeでピアノの編曲版を聴いたりするとどうやら自分の持ってる楽譜とは演奏が違うみたい。

よくよく調べると編曲者が違うのでした。

とりあえず手持ちの楽譜で良いからちゃんと弾いてみようかな?

そう思ってあるレッスンの時、思い切って先生に聞いてみたのでした。

「先生、私バッハのフーガト短調、弾いてみたいんですよね」と。

すると先生は

「バッハの?うーーん・・・あれは何声の曲かしら・・・今迄バッハ弾いたことないのにいきなりはちょっと難しいかも・・・」と仰った。

その時「インベンション」という練習曲が頭に浮かんだかな。

ブロトモさんがインベンション弾いていて、

その録音を聞いて初めて「この曲なら弾いてもいいや!」

ってなって

まずはインベンションをレッスンへ。

そこからシンフォニアや平均律、フランス組曲、パルティータ・・・と、好きな曲をつまみ食い(^^)/して今に至るわけですが

つまり?

当初の目的って、「フーガト短調」を弾きたいと思った事なんですよね!



あっちこっち寄り道ばかりで結局まだ弾いてないじゃん!(*゚Q゚*)


あれから楽譜も探して。

そろそろ私にもあの曲弾けるかな?

2年前にトライできなかった…





スポンサーサイト

とりとめのないピアノ近況報告

レッスンが休みだとだらけがちですが、ツェルニーも平均律もなんとかしなくては・・・・
という気持ちはあるわけです。
なんとか1日1回だけでも弾かなくては・・・って趣味なのに義務のようになってきました(^^;これ

ツェルニーはあと少しだし頑張らなくっちゃ、という気持ちでなんとかふんばってるわけですが(←大袈裟)
平均律に至っては、自分で選んでるんですよね(^^;

だったら今までそうしてきたように、やめればいいじゃない、とも思ったんです。
だって譜読みが苦痛になりつつあったりして。
どうしても間違うんですよ(;´Д`)
ずーっと片手で練習してましたが、
これ一体いつになったら両手で合わせられるんだろう??
余計な時間があるのも災いして
この曲がダメなら平均律で他に弾きたい曲は1巻の4番かな・・・
とか思って4番の方のフーガを弾いてみたりして。
こっちは譜読みが(2巻8番に比べれば)まだ簡単に感じました。どんだけ♯6個苦手なんだろう。
片手で練習。だが間違う
無理やり両手合わせてゆーっくり練習。だがもっと間違う・・・やはり合わせるの早すぎたか。

ツェルニー40番~39番
数日ぶりに弾いてみる。
音を覚えてえない(曲を完全に覚えてない)ので「えっと・次は・・・・?」
とかフレーズの区切り毎に楽譜を見て鍵盤を見て・・・
という状況。
強弱も少し考えつつ弾いてはいるけど、いまだにつっかえつっかえなのでまず曲として流れていない状態(;´Д`)

これはもう嫌でもなんでも毎日強制的にやって自然に覚えるまで待つしかないのかな。
結構辛いわ。

大洋の方は練習楽しい~~(#^.^#)
ついついこの曲にウエイト置いちゃうわ。
部分的には曲調が少しづつ変わっていくところがなかなか覚えられなくて難しいというのと
最初から最後までの盛り上げ方が難しい。
あと速度を速めると途端にミスタッチの嵐になる。
ゆっくり確実に・・・しかないのかな。

ラフマニノフの「エレジー」を買ったはずみで
「パガニーニの主題による狂詩曲第18変奏」と「ヴォカリーズ」をピースで購入しちゃいました。
パガニーニの方は前からすごく綺麗な曲でいつか弾きたいと思っていたのと
「ヴォカリーズ」は最初中々ピンと来なかったんだけど、聴き慣れてくるとこれもまたしみじみといい曲だなぁと思って。

で、その3曲の中で何弾いてるの?というわけだけど
結局一番弾いてるのが(時間的にです)「ヴォカリーズ」だという・・・。
「エレジー」結構難しいんだもん・・・。

というわけで非常にとりとめのないピアノトークでした(;'∀')

最近の進捗状況

足の事だけじゃなんなのでピアノ関係を。

ツェルニー40番~39番、
曲が萌えない・・・・(;´Д`A ```
弾きにくい。
アルペジオが黒鍵だらけで滑りまくり("^ω^)・・・
曲の最後に私にとって意味不明な繰り返しがある・・・(;´д`)<萎ェェェ↓
(ここ、最高に弾くのが嫌でたまらない。どうしてこんなのを弾くんだろう?ここは一体何のために弾かなきゃならないんだろう?

とかすごく余計な事を考えてしまいます(>_<)
何回かやるともう気持ち的に無理で…。
うんざりします…。
けどあと少しなので頑張るしかない・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

平均律2巻8番フーガ
譜読み地獄からまだ抜け出せません。
そんなこんなでピアノ練習あまりできておらず
何日か弾かなかったら譜読みが1から状態にすっかり後退・・・(;д;)
♯6個に大苦戦しています←全く学習できないヒト。
当然声部を考えるどころじゃなくて・・・・
また片手からやり直し・・・
心が折れそうです・・・・。
もうやめよっかな・・・・。
まだ始めたばかりだから頑張ろうか・・・・←心が弱っている。

あーーー、基礎がなっていないのを痛感する(>_<)
のでした。

お休み中の曲たち

今迄のレッスンできっちり終わっていない曲達。

ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」
どうしても
2014103118280001.jpg

の右手が弾けなかったな~~(^^;
「なんでここだけオクターブになるのよ」って思った(笑)

ベートーベン「ソナタ1番4楽章」
カッコよくって大好きだったしもっと頑張りたかった。
でも先生から強制終了のお達しが出た(^^;(^^;
「まだ頑張りたいんですけど」
って食い下がったけど
「う~ん、でもこの曲はもっと速く弾くのよ。」
「発表会にはどうかと思うけど("^ω^)・・・」と、通告され、違う曲にしましょう的な事を言われたんだった(^^;
録音もしたけど、改めて自分の演奏聞くとかなりアレな感じはする。
いつかもっとカッコよく弾けたらな~(#^.^#)

リスト「愛の夢第3番」
華やかで知名度も高い名曲ですよね。
発表会の数か月前に始めて、発表会の曲の傍らで練習していた曲。
発表会直前にはちょっと掛け持ちはきついなと思って一旦(*゚ー゚*)ノシ))おやすみ♪
発表会後も(*゚ー゚*)ノシ))おやすみ♪中(笑)(立ち消え?)

モーツァルト ソナタk310 1楽章
最初にこの曲をやりたいって言いだしたのは私ですが(^^;
モーツァルト特有の「譜読みが簡単なのに騙されて手を付けたらエライ事に」
っていうパターン。
まるで一見ノリが良くって誰にでも優しいみんなのアイドルみたいな素敵な人に
「もしかしたら私(普通の女の子っていう設定ね、設定(^^;)でも付き合えちゃったりするのかしら??よし、思い切って告白してみよう~っと(#^.^#)」
と、気軽に思いを打ち明けたらめっちゃこっぴどくフラれてしまったわ~~~~(´;ω;`)みたいな(なんというたとえ)
なぜか先生の「教えたいスイッチ」が入ってしまい、最初の1音から厳しく指導された。
「このフォルテはそういう音じゃなくて、こういう音なんですよね」
って、先生にしては珍しい(^^;
その音が出るまで何度も何度も「そうじゃなくて、もっとこう!さ、やってみて」
と。
それが何とかクリアすると、次から次へと出てくる課題(^^;
左手のトリルもすごく難しかった・・・・。
とにかくロマン派と違って古典は一切の誤魔化しが効かない。←誤魔化すのが好き?(^^;
自分の基礎の無さを嫌というほど思い知らされた曲でもあります。
先生はこの曲を発表会にと思っていたようで
この曲のレッスンを休みたいと言った時に
「じゃあこの曲は発表会では弾かないのね?」
と、念を押されました(^^;
モーツァルトの中ではかなり好きな曲だったんだけど、本当に難しかったー(>_<)

大きなところではこんなところかな?
いつか振り返って弾いてみた時、
「あれ?いつの間にか以前よりちゃんと弾けるようになった?!」
って思えると良いなあ(#^.^#)


たった1音の衝撃(『ピアニストの脳を科学する』より)

ばんちゃん会前日がレッスンだったんだけど、先生に
「明日仲間内?の発表会があるんですよ~、もう今からドキドキなんですよ~」
と、泣きつき
「あらそうなの?頑張ってね!来週どうだったか報告してね!」(^_-)-☆
なんてやりとりがあったんですよね。

以前の練習会の時、ため息が本当にボロボロで、頭は真っ白、手は(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブルで自分でもコントロールが出来ない状態に陥りました。
ここまでコントロールできなかったのは正直ピアノ再開して初めてで自分でもショックだったんですね。
でも冷静に考えたら緊張の中、元々この曲が実力以上の曲であり、いまだに弾けてない箇所が何か所もあること、
暗譜が完全にものになってない事などあって不安だったこと、しかも楽譜が長い、など正直初めての事が多く
理由はちゃんとあるんですね。

ばんちゃんお父さんも仰ってましたが、「最終的にはどんな曲も人前に出す前に弾きこまなくちゃだめ」と…。
弾きこんでいても人前ではやっぱり緊張があるし焦ってしまってコントロールできなくなるかもしれないですが
今回あちこちつっかえたり違う音をたくさん鳴らしたし、もちろんいまだに弾けてない所もあったけど
最後に以前のメタメタ状況を知ってる周りの方から「前より良くなったよ」とお声を掛けていただき、
少しずつではありますが進歩があったのだなぁと。

先日大人のピアノの緊張について、何人かの方とお話しできましたね。
やはり人前で弾く間隔があくと緊張感が増す・・・と仰った方や
プライドとか見栄もあるんだろうね~、理屈でわかっていてもどうしてもそう思っちゃうね、とか。
でもそれが全く無かったら向上心も無くなってしまうわけで、私自身は適度なプライドや見栄も必要だと思います。

最近また「ピアニストの脳を科学する」という本を読み返しているんですけど
そこに私のずっと知りたかった事が書いてありました。
一部抜粋させていただきます。

たった1音の衝撃

~略~
ピアニストは演奏中、1つ1つの音ではなく、メロディのフレーズをイメージしながら弾いている。
しかし、イメージしてるメロディの音の一部が思いがけないタイミングで聞こえてくると、
「あれ、今どこを弾いているんだろう?」
と記憶が乱れて弾けなくなってしまう。
~略~
記憶が乱されやすいミスというものがあるということです。
演奏中、ミスによって崩れてしまう場合と、ミスをしても気にせず弾き続けられる場合があるのは、恐らくこのためでしょう。
~略~
更に私が行った研究でも、演奏中にたった1音意図しない音が聞こえただけで、
実験に参加したピアニスト6名のうち4名までもがその直後にミスをするという現象が観察されました。
しかしテンポが速い曲では、意図しない音が聞こえてきてもほとんどミスしませんでした。
どうやら、テンポがゆっくりの曲を演奏する時の方が、たった1音のミスでも演奏中の記憶が乱されやすいようです。


この部分を読んでなるほどそうなんだ~
と長年の疑問が晴れた気がしました。

今迄発表会ではずっと楽譜は置いていたけど
でも所々は暗譜みたいな事になってました。
少なくとも発表会に向けて数か月は弾くわけで、暗譜が全然出来ないと思っていたけど
結果的に部分部分は手の動きを覚えていたりするわけです。

そして指回りというか指さばきというか、そういうのに自信が無いため
選ぶ曲も割とゆったり目の曲が多くなります。
ゆったりとした曲でもミスタッチが無いなら問題ないけど、もちろん私はそんなわけにはいきません(^^;

そうかー、だからかー(;^_^A
記憶が乱されるんだ…
弾いてるときのふっと頭が白くなる現象、それはこう言うことだったのかもね。

…で、対処法は??



…対処法…



に、ついての記載は見る限り特に…




…ないみたい?!




…結局弾き込んで自信をつけるしか無いのかな??



どなたか対処法ご存じの方がいらっしゃれば教えてくださいっ!m(_ _)m

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示