05
1
2
6
7
8
10
11
12
13
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スケールを速く弾くためには?

迷いはありますがもちろん今はバラード1番の練習をしています。

私の先生の言う「大丈夫」は決して完璧に弾けますよ、って事ではありません。
毎年発表会を見てきて思いますが、完成度が高い人もいれば「完成度」というより自分の弾きたい曲はこれだ、っていうのがわかる演奏だったりします。
よくコンクールに出る事を推奨されるようなお教室もあるようですが、私の所はそういうのは無いです。
だから先生も「ね~みさんの出来る所まで頑張っていれば大丈夫ですよ」っていう意味で仰ってくださってるのだと思います。

準備不足、練習不足なのは否めないけれど、この曲にもっともっと向き合おう、と思っています。

気持ちを新たに頑張ろう(#^.^#)

ご助言、ご心配下さった方々ありがとうございます!
弾きこなせなくていい、でも前向きに考えています。
もう少し見守っていてくださいね(^^)/

さて、いろんな部分が行き詰ってるバラード(^^;
まずは1か所でもいいから上達感が欲しい所です。(やっぱりこれが無いとモチベーションが上がらないです…)
今迄のように、ザックリと流した練習はもう通用しないって事が4か月弾いてきてわかったこと。←遅いけど…

あっちこっちある「上手く弾けない所」。
私的に特に気になるところはどこかと考えた時、やっぱり最後の2つのスケール、これが一番上手く弾けなくてガックリするところなんですよね。
そしていつまで経っても速度が上がりません。
基礎をきちんとやってこなかったんだから当たり前でしょう、と言われればそれまでなんですが、じゃあもう私なんかには弾けないのね?って諦めるのは悲しい(´;ω;`)ウゥゥ
プロのように弾けないのはわかってるけど、せめて自分が納得できるように弾きたい。

スケールを綺麗に速く弾くコツなるものをネットで検索してみました。

まず手の余分な力を抜く。
弾く時極力余分な力を入れないために、鍵盤を底まで押す必要はない。
弾いた後、指を上げるのも最小限で良い。(つまり極力余分な動きをしないという事)
鍵盤を這うように弾く・・・

つまり当たり前だけど極力省エネな動きをするって事ですね。
いちいち鍵盤の底までガツンと弾いてたら力が必要だし、力を入れれば動きは遅くなる。
そっか、なるほど…
私が弾いてて速度が出ない理由は多分これ。
力を入れすぎてる。
力を入れずに弾く。
頭でわかっていても、じゃあどうしたら??

ピアノの前で試行錯誤するしかない(#^.^#)

・・・弾いてみるしかないですね!
スポンサーサイト

臨時記号・♭♭に翻弄される。

ブラームス間奏曲OP.117-2、とにかくやたらと♭♭が多い。てんこ盛り、(;´Д`A ```
そして私はこういう系には弱い(;´Д`)弱すぎる("^ω^)・・・
『♭♭ラ』が出てきても、それがすぐにいわゆる白鍵の『ソ』の事だとわからないのです…。
いや、理屈ではわかっています・・・が、楽譜を見てすぐに『ピン』と来ないのです(;'∀')
いちいち頭の中で、
「え~っと、♭♭ラという事は、ね、ソ!!」
と、変換しなくてはならないのです…。
普通の音?!ならば楽譜を見てすぐに鍵盤上の位置がわかるのですが、♯♯(ⅹ)、♭♭はいちいち↑の変換を行わなくてはいけません(>_<)
必ず変換というワンクッションが入るわけです。
これが初めてのダブル記号ならば中々回路が繋がらないのはむしろ当たり前と思えるんですが、

これが初めてじゃないよね?!私!(;'∀')

もう何回も何回も出てきてるよね?!・・・はーー、その通り("^ω^)・・・

こんだけ何回も出てきてるのに一向に覚えないって、我ながらかなりなものです。



よく考えたら、若い頃(30年前)にピアノやってた時、臨時記号にはあまり接して無かったと思います。
弾いた曲も調号の少ない曲ばかりだった記憶。
譜面見て難しそう。と感じたら最初から弾こうと思わなかったし、調号の少ない曲ならダブル系の臨時記号も当然少ない事が多いですよね。

若い頃にやってこなかった事を、この歳でやろうとするとやっぱり覚えが良くないのかな(^^;
そりゃ若い頃に比べれば覚えるのは遅くなるわけだけど…

まあ習うより慣れろ??って言いますから、ひたすらこういう系の曲に慣れるって事が必要かもしれません。

完成度の低さに心が折れ折れ・・・

結局フーガト短調はまともに弾けないまま頓挫してしまった感がありますが(大洋も(^^;)
とにかく完成度が低すぎるのが悩み。
1から譜読み時期は楽しくて楽しくて時間も忘れて弾きまくるのですが、ざっと譜読み出来たあたりから怪しい気配。
譜読み出来たつもりになってすっかり安心しちゃうんですかねー?(^^;
間違いながらも最後までなんとなく通せた時点でなんとなく弾けた気になってしまう。
それが大きな大きな間違いなんですよね~~~(^^;(^^;

それがなんとなくわかってきたのが練習会とかボチボチ参加するようになってきてから。
みんな私みたいにいい加減状態の完全に譜読みな人なんて居ないじゃん~~~(>_<)

とにかく自分の完成度は人に比べて低い事はわかったのです。
原因は基礎的な技術が無いのに加えてとにかく飽きっぽい事でしょうね(^^;

なんとなく弾けました、っていう時点でもちろんたくさん上手く弾けない所があるんだけど
その部分が技術的にクリア出来なかったり、クリアするまで練習しようという気力が急に無くなってしまったり。
弾けるようになりたい!!という強い気持ちが持続しなかったり…

そうやって放り出す曲の多いこと…(;'∀')
決して褒められたことでは無いですね。
完成度が上がらないって事はやっぱり実力に見合わない曲を弾いてるって事だと思うんです。
でも、弾きたい曲がみんなそんな感じだから仕方ないですよね…。

小曲を綺麗に仕上げられないのに大曲を仕上げられるはずもないしなぁ…って思ってはいるんですけどね。

さ、ごちょごちょ言っていても始まらない、とにかく練習しないとね。

バラード1番の練習とあれこれ

今持ってる楽譜はパデレフスキ版というやつです。
最近はショパンはエキエル版というのが通説だと思いますが、私の聞き慣れてるショパンはどうやらパデレフスキ版みたいなので、パデ購入しました。
2ヶ月間パデ版で練習してきましたが、先日練習に行き詰まってしまい、何かヒントが欲しくてコルトー版を買ってしまいました。
20180301145917d7d.jpg

バラードの元になったミツキェヴィッチの詩について、1番の解釈をコルトー版で見てみたけど、なんか私が想像したより悲劇的な内容(^^;のようで、まぁ、あの終わり方だからハッピーエンドじゃないだろうけど、やっぱりそうか、みたいな?
でも更に調べてみると、必ずしもその詩を元に作曲したとも言えない(作曲のインスピレーションは得てるようだけど標題音楽では無い)ようで、結局はあまり関係無いのかな?
という自分の中では結論になりました。

まだコルトー版をさらっと見た程度なので、これからじっくり見てみようかな?と思ってます。
コルトー版の方は解説や練習法を参考に見るという事で、実際使うのはパデ版なんですけどね。

ところで今の時期、私生活の方がいろいろとバタバタしてて、ピアノに向き合う時間が取れにくいんですよね。
でも取り敢えず1つの気がかりが良い方へ解決しましたので、少し気が軽くなりました。
後は役員の仕事がそろそろ大詰めに…
こちらはまだしばらく解放されませんが、後少し。 

あー、ゆっくりとピアノに向かいたい!!
練習会とかも本当ならもっと参加したい!!
もやもやな心配事項からも早く解放されたい!!


当たり前かもしれないけど知らなかったこと。

今の先生に習うまで、ピアノの弾き方について知らない事がたくさんありました。

初めてのレッスンはショパンのワルツ7番。
音符を正確に、楽譜通りに押さえていく事=ピアノを弾くという事だと思っていた私。(それもある意味間違いではないと思うけど)
一番の関心はいかに間違わずに鍵盤を押さえられるのか??っていう事。
ペダルの踏み方もおかしかった(今も良くわかってないけど)

ズンチャッチャ♪ズンチャッチャ♪

ワルツの7番(op.64-2)といえば、ワルツの中でも何とも言えない憂いのある大人な曲。
それをまあとにかくカサカサに乾いた味気無いワルツにしてたのですね。
ペダルの踏み方が短すぎてこの曲には似合わない、たぶん楽譜も見てるようで見てなかった。
ペダルをもう少し長めに踏みましょうと。
ワルツを何曲かやって、ノクターンのop.9-1を。
その時に初めてショパンは音符の長さをきっちり弾かなくてもいいんですよ、と。
私の中で子供の時からピアノの時は完全に止まっていたので、バイエルとかソナチネとかの音符は指示通りの長さを守る…という弾き方しか知りませんでした。
音符の長さが違うってどういうこと?(?_?)
先生はそこで私にもわかりやすく「歌う」ということを教えてくださったんでしょうね。
なるほど…ショパンは特別なのか…目からウロコが落ちました。
ある時は編曲ものだったかな、G線上のアリアだったか。この曲は繰り返しがあるんだけど、1回目と2回目は同じように弾かない方がいいんですよ、と。
繰り返しは全く同じように弾くものだと思っていた私。
え??違っても良いの??そうなの?これも目からウロコ。
先生はどちらかというと1回目はさらっと、2回目はためて弾く方がいいと教えてくれました。
へぇー、あっそうなんだ?!そういうものなのかな?
とにかく1回目と2回目は違う印象を持たせること。
音の強さ大きさも変えましょうとか。
あと、クレッシェンドの仕方。
例えば
f<ff
というような部分があったとして、私は楽譜通り
fからそのままffに強くしていこうと思っていました。というか、そういうものでしょう?と思ってました。
でもその弾き方だと、録音で聴いても正直fからffになってるなー、という感じはあまりしないんですよね。
ずーっとfだねー、と言う感じ。
そういう部分を先生は
fからあえてPくらいに一瞬弱めたところから、徐々にクレッシェンドしてffまで持っていくようにします。
すると、とてもクレッシェンドしてる、迫力を感じる効果があるんですよね。
そういうやり方も、自分では全然考えられなかったし、自分で録音を聞き返してもとても納得できるクレッシェンドになるんですよね。
まさに私にとっては目からウロコ…
自分で頑張って強く弾いてみても、聞いてる人に迫力が伝わらなかったらクレッシェンドじゃないんですよね。

以上、私が先生から教わった、(もしかして当たり前だけど、)知らなかったことです。
他にもあると思うけど、思い出したらまた書いていこう。

まだまだこれからいろんな目からウロコ体験をしていきたいですね!

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示