07
1
3
4
5
7
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

曲と上手く向き合えなくて

なんて言うのか発表会近くなると不安定になりますね…

弾けてなくても良いや…と開き直ってみたり。

いや、でもまだなんとかなるはずと思ってみたり。

ノーミスで弾きたいとかはさすがに無理なので考えませんけど、(練習の時でさえノーミスは無理だし)でも出来ればミス少なく弾ければと思ったり。

こんな余計な事考えている間に練習すれば良いのに…

浮かんでくるのは雑念ばかりで嫌になってしまう~~~~(^^;

と、ここまで書いていて結局は自分の心の問題だな、って思いました。

上手く向き合う必要はないですね。




スポンサーサイト

教えられたことを消化したい

この前ブロともさんに教えていただいた事、私なりに少しでも消化してピアノに活かしたいと思っています。

もちろん、バラードもそうなのですが、もっと基本的な事をいろいろ教えていただきました。
バラードでは一部活かせるかなと思う部分もありますが、全てを活かすのには私にとって難しい曲すぎるかも。

というわけで、もちろん毎回弾く時には意識はしていますが、弾いてる時に自分の音を聞く余裕があまり無いので(^^;
録音しつつ、後で聞いて修正?していくような、そんな感じでやっています。
どうしても、
「この苦手な部分、ちゃんと弾けるかな?」
っていう視点で考えちゃってる自分がいるんですよね(^^;
そうすると、ほんとうならもっと大切な事がすっぽり抜け落ちたような演奏になっちゃうわけです。

「すぐにその弾き方が出来なくてもいいんですよ。それに発表会でそれが出来なくてもいいんです。自分で試行錯誤することも大事」
と言ってくださったので、すぐには変わって行かなくても徐々にでも良い方向へ向かっていければいいなと思っています。
今まで「なんでだろう・・・、何をどうすればいいのかな?」
と、原因もわからず悩んでいたのが、その原因の1つを気付かせていただいた事は大きいです。

ブラームスの間奏曲Оp.117-2は、主なメロディはわかりやすい方だし、音自体の数もすごく多いわけじゃないし、4ページほどの曲
だけど、いつまで経っても覚えられない。
臨時記号が~とか♭♭が~とかそう言うのもあったけど、
それは何とかクリアしたのに、そこから先、全然スムーズに弾けるようにならない。
何回弾いても覚えられない(ま、今に始まったことでは無いけど(^^;)
元々記憶力は弱いけど、それにしてもただなんとなく弾いてるだけじゃ何回弾いてもダメなんだな。

そしてどうやら曲を演奏するための、基本のキ、これが私には定着していないようだ…という事をまたしても気づかされました。
(もちろん、指摘を受けたからこそ、ようやく気付いたわけですが)
それはハノンやってないとかツェルニーが何番かという事とはあまり関係が無い事なんですよね。
普段の練習から演奏するための基本をどれだけ意識して練習できるか?・・・
という事のようなのですね。
(つまりは鍵盤へのタッチの仕方だとか、フレーズの基本的な弾き方だとか、左右の役割の違いとか…)

そういう事が演奏の基本なのであって、その基本を私は身に付けてこなかった…
もしくは、教えていただいてたにもかかわらず、スルーしてしまった、忘れてしまった…

そんな事を考えて自分の録音を聴いてみると、いろんな事が見えてきた気がしました。

どうも何か、自分の思い描いてる演奏が出来てない。
「こうじゃない」感が強いんですよね。
もっと違う、でも何がどう違うのか?
そこでその演奏の基本を考えると、出来てない。

そっか…

ミスタッチ以前にタッチが雑だしフレーズの終わりが強くなっちゃったり、途中が飛び出したような流れの無い演奏。

だから、変なんだ…。

直していくのは大変だけど、でも、原因もわからずやみくもに練習を繰り返す・・・
という虚無感みたいなものはありません。
これは私にとって大きな事。

勘の鋭い方や要領の良い方は自分ですぐに気付けるだろうけど、私には中々難しかったから。




ホール練習反省

録音したものを聴いていますが・・・・

反省・・・・たくさんありますけど・・・・

1か月前に練習室で録音した音源の方が良いような気がするのがとても残念。

でもやっぱり慣れた場所で弾くのと、今回みたいに滅多に行かないホールでの練習では気持ちが違うし、どう考えてもこういういつもと違う状況で演奏したものが私の実力だろうなと思います。

では一体何が良くなかったのか・・・?
1か月前より後退した訳は何?

焦りなのかな?

気負い過ぎ?

落ち着こう、ただ黙々と・・・

埋もれた歌を引き出せるように。

何か新しいモノを掴めますように。

スケールを速く弾くためには?

迷いはありますがもちろん今はバラード1番の練習をしています。

私の先生の言う「大丈夫」は決して完璧に弾けますよ、って事ではありません。
毎年発表会を見てきて思いますが、完成度が高い人もいれば「完成度」というより自分の弾きたい曲はこれだ、っていうのがわかる演奏だったりします。
よくコンクールに出る事を推奨されるようなお教室もあるようですが、私の所はそういうのは無いです。
だから先生も「ね~みさんの出来る所まで頑張っていれば大丈夫ですよ」っていう意味で仰ってくださってるのだと思います。

準備不足、練習不足なのは否めないけれど、この曲にもっともっと向き合おう、と思っています。

気持ちを新たに頑張ろう(#^.^#)

ご助言、ご心配下さった方々ありがとうございます!
弾きこなせなくていい、でも前向きに考えています。
もう少し見守っていてくださいね(^^)/

さて、いろんな部分が行き詰ってるバラード(^^;
まずは1か所でもいいから上達感が欲しい所です。(やっぱりこれが無いとモチベーションが上がらないです…)
今迄のように、ザックリと流した練習はもう通用しないって事が4か月弾いてきてわかったこと。←遅いけど…

あっちこっちある「上手く弾けない所」。
私的に特に気になるところはどこかと考えた時、やっぱり最後の2つのスケール、これが一番上手く弾けなくてガックリするところなんですよね。
そしていつまで経っても速度が上がりません。
基礎をきちんとやってこなかったんだから当たり前でしょう、と言われればそれまでなんですが、じゃあもう私なんかには弾けないのね?って諦めるのは悲しい(´;ω;`)ウゥゥ
プロのように弾けないのはわかってるけど、せめて自分が納得できるように弾きたい。

スケールを綺麗に速く弾くコツなるものをネットで検索してみました。

まず手の余分な力を抜く。
弾く時極力余分な力を入れないために、鍵盤を底まで押す必要はない。
弾いた後、指を上げるのも最小限で良い。(つまり極力余分な動きをしないという事)
鍵盤を這うように弾く・・・

つまり当たり前だけど極力省エネな動きをするって事ですね。
いちいち鍵盤の底までガツンと弾いてたら力が必要だし、力を入れれば動きは遅くなる。
そっか、なるほど…
私が弾いてて速度が出ない理由は多分これ。
力を入れすぎてる。
力を入れずに弾く。
頭でわかっていても、じゃあどうしたら??

ピアノの前で試行錯誤するしかない(#^.^#)

・・・弾いてみるしかないですね!

臨時記号・♭♭に翻弄される。

ブラームス間奏曲OP.117-2、とにかくやたらと♭♭が多い。てんこ盛り、(;´Д`A ```
そして私はこういう系には弱い(;´Д`)弱すぎる("^ω^)・・・
『♭♭ラ』が出てきても、それがすぐにいわゆる白鍵の『ソ』の事だとわからないのです…。
いや、理屈ではわかっています・・・が、楽譜を見てすぐに『ピン』と来ないのです(;'∀')
いちいち頭の中で、
「え~っと、♭♭ラという事は、ね、ソ!!」
と、変換しなくてはならないのです…。
普通の音?!ならば楽譜を見てすぐに鍵盤上の位置がわかるのですが、♯♯(ⅹ)、♭♭はいちいち↑の変換を行わなくてはいけません(>_<)
必ず変換というワンクッションが入るわけです。
これが初めてのダブル記号ならば中々回路が繋がらないのはむしろ当たり前と思えるんですが、

これが初めてじゃないよね?!私!(;'∀')

もう何回も何回も出てきてるよね?!・・・はーー、その通り("^ω^)・・・

こんだけ何回も出てきてるのに一向に覚えないって、我ながらかなりなものです。



よく考えたら、若い頃(30年前)にピアノやってた時、臨時記号にはあまり接して無かったと思います。
弾いた曲も調号の少ない曲ばかりだった記憶。
譜面見て難しそう。と感じたら最初から弾こうと思わなかったし、調号の少ない曲ならダブル系の臨時記号も当然少ない事が多いですよね。

若い頃にやってこなかった事を、この歳でやろうとするとやっぱり覚えが良くないのかな(^^;
そりゃ若い頃に比べれば覚えるのは遅くなるわけだけど…

まあ習うより慣れろ??って言いますから、ひたすらこういう系の曲に慣れるって事が必要かもしれません。

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示