02
2
3
5
7
9
11
12
14
15
16
18
20
21
24
25
26
27
28
   

マンドリンコンサート

先日たまたま出先のショッピングセンターで、ある大学のマンドリンクラブのリハーサル風景に出くわしました。

あっ、マンドリン、懐かしいなぁ・・・

高校の時マンドリン部に所属していた私。
でもパートはギターとコントラバス掛け持ちでした。
高校に入るまでマンドリンなんて見た事も無かった私。
当然、マンドリン弾いてみたさに入ったのですが、弱小マンドリン部だったため?全員が希望のパートに着けるわけも無く
なぜかギターに。
そのうちコントラバスの先輩が留学する事になり、背の高い私(笑)がコントラバスをすることになりました。
なのでマンドリン部にいながらもマンドリンにはほとんど縁の無い部活動生活(笑)

弱小部で人数が少なく、1~3年合わせても十数人ほどだったかな。
その中でマンドリン(1st、2nd)、マンドラ、ギター、コントラバス、フルート、指揮という編成だったのでパート毎に練習となると本当に少ない。
でも、みんなすごく仲が良くて結束が固くて先輩は優しくて素敵な部活でした。

人数が少なくて何年も定期演奏会をしていなかったんですが、私達の代で誰かが(私じゃないのは確か(笑))
「せっかく練習してるんだから定期演奏会を開きたい!!」
と言い出し、実現させました。
場所を予約してユニフォームを頼んでチケットやポスターを作って配って。
合宿も初めてすることにしました。
熱心な部活の仲間が他の学校の演奏会に行って
「この曲を自分たちの定期演奏会でも弾きたい!」と言って弾く事になったのが
「パストラルファンタジー」という曲。
この曲は本当に忘れられません。
壮大な構成のとにかくスケールの大きな曲なのですが、弱小マンドリン部でこの曲を弾きたい・・・
今思えば無謀なチャレンジだったかもしれません。
でも、弾きました。
人数が少なくて迫力出なかったかもしれないけど
素晴らしい想い出です。
今でもこの曲を聴くと涙腺が緩みます…。



もちろんこんなに壮大には弾けなかったけど…




スポンサーサイト

部分練習のハードルを乗り越える!

なんだか弱気な記事を書いてしまいました(;'∀')

よく考えればある曲を弾く時、0の状態から始めたとして、最初の何日か何週間かはどんどん弾けるようになりますよね。
0からの出発だから上達が目に見えてわかりやすい。
何も弾けなかった状態から少しずつ弾けるようになるんですもん。
問題はその後。
急激に弾けるようになる(ような気がする)その後。
苦手な部分、弾けない部分、そういう部分が取り残されます。
そこをスムーズに弾けるようにならない限り、ずっと苦手部分はそのまま。
日にちが経っても練習しなけりゃ弾けないところは弾けないまま、当たり前。
宿題は手をつけなくちゃいつまで経っても出来上がらないのも当たり前。

だから半月前から弾けないところはそのままなんですが、当たり前ですね(^^;

小学校の頃こんな宿題がありました。
新しい漢字を20回ずつ書くとかいうの。

漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字漢字

なんか部分練習ってそれを思い出します。
音楽じゃなくて作業というのかな。
それまでは例えまともに弾けなくても音楽を奏でてるという感じで楽しかったのに、急に作業みたいな事をしなくちゃいけなくなるの。

でも、0から100(理想)に近づけていく過程では必ずその作業的な地道な練習は必要だって…
頭ではわかってるんですよね。

そこは大人だから、目的意識がハッキリしてるから、面白くないかもしれない練習も乗り越えられる…
と。
思ってます!

いや、乗り越えよう!

…明日から…ね!!

ベートーヴェンとモーツァルトにニガテ感

今のピアノの練習にはあまり関係ないけどひとり言。

モーツァルトは可愛らしい曲が多くて子供の頃やってたソナチネに入ってるような曲は結構スキだった記憶があります。
k545とか楽しんで弾いていたような…。
多分スケールとかそんなに厳密に(きちんと弾かなきゃとか)考えないで無意識に弾いていたような…。
先生もそんなに厳しくなかったし、自分も何も考えていなかったから。
とにかく大体譜面通りに弾けていればいいでしょう~
というような感覚で弾いていたと思います。
ベートーヴェンもソナチネに入っていた曲はやったと思うけど、
特に好きでも嫌いでもなくて、ただ先生にこれ弾いてと言われたから弾いたという感じでした。
ただ、曲を弾けるようになるのは単純にどんな曲でも嬉しい、という気持ちはあったと思います。
(私は自分からピアノを弾きたいと思って習わせてもらっていたので、ピアノを弾く事自体は喜びでした)
深く考えずに弾いていた子供時代。

そして今、大人になったから(笑)いろいろ考える。

両手スケールは揃ってないと綺麗じゃない、
片手でもムラがあるとスッキリしない、
和音はガッツリ間違えずに掴まないと綺麗に聞こえない、
音も一つ一つが綺麗に響かないと嬉しくない、
間違えたくない、
ペダルで誤魔化したい笑
トリルが上手く入らない…etc.etc.…

もーキリがないくらいいろいろ考えます(笑)

ベートーヴェン、悲愴3楽章で悲惨。ソナタ1番4楽章でメッタメタ…(^^;
モーツァルト、k310で心折れる…。

基礎基礎基礎…
基礎がしっかりしてないと全然弾ける気がしない(^^;

そしてすっかりニガテ感。

いつかちゃんと弾けるかな~?

バラード1番目処がついたらまたトライしてみたいけど、なかなか。

憧れ曲の合間にふと、心をかすめる思い。

以上、ひとり言でした。



何か1曲・・・

気付いたらもう1月も下旬ですね(^^;
時が経つのが速すぎる~~~(^^;(^^;

まともに弾けもしないバラードに夢中になっている間、
大洋もフーガト短調も更に退化してしまったのはご存じの通りですが
「ヤバい、来月の初めにある練習会に持って行ける曲が無い…(-_-;)」
っていう事に気づきました。(今更だけど~~(^^;)

しかも過去最高に何も弾ける曲が無いかも。
昨日あたりから真剣に短期間に弾けそうな曲や過去に弾いて解凍できそうな曲を探してるんですが…。

大洋→著しく劣化
フーガト短調→激しく劣化
ため息→とんでもなく劣化、っていうか弾けない
バッハの小曲→最近全く弾いてない
バラード→痛々し過ぎて…しかもこればかり弾くわけにもいかないし

うちにあるPops系の楽譜に一通り目を通す。
大人の為のやさしいPops・・・みたいな楽譜があるのでそれの中に何か弾ける曲無いかな?
と思って音を出してみたけど

・あまりにも音が少なすぎて逆にこれをどうやったら綺麗に弾けるのか?!(左も右も単音・・とか)
・符点のリズムが多すぎて、難しいよっ!!
・原曲を知ってるだけに、原曲との乖離が激しすぎる~~~(^^;
・原曲を知らないと全然弾けない・・・

・原曲に忠実だと難しい、簡単すぎると原曲からはかけ離れたアレンジ、の両極端。

結局その楽譜からは弾けそうな曲は見つからず。(って言うかなんでそんな楽譜を持ってるんだって・・・)
やっぱりpopsって難しい。
クラシックしかないな・・・
過去曲の解凍…
う~~~~ん…

悩む…




弾かないとすぐに弾けなくなる(^^;

全然笑い事じゃないんですが、あんなに頑張って練習した曲も、弾かない日が続くとすぐに弾けなくなっちゃいます。

なので新しい曲に夢中になって弾かなくなるとあっという間に弾けなくなって…

ため息もせっかくあんなに練習したのに、勿体無いし維持したいなぁと思って久しぶりに弾いてみたのですが、ものの見事に忘れてました。

1年近く練習してほぼ暗譜までやったのに、忘れるのが早すぎる(^^;

楽譜をみれば何とか行けるかな?と思って楽譜みながら弾いたんですが、難しい部分、ことごとく弾けなくなってました(;´Д`)
練習してた時も苦戦してた所ですよ。

あんなにしつこく練習したのになぁ…( ̄▽ ̄;)

その他にも最近ほとんど弾いてない大洋もフーガト短調も、劣化ぶりがすごいことになってます。

↑の曲は元々練習途中だっていうのもあると思うけど、更に全然弾けなくなってる(´TωT`)

あーーー、ガックリです。

少しずつでも復活させていかなくちゃ。

…と、気持ちを新たにしたところです。

あらためて最近弾いてない曲でも、どんどん弾けちゃう方ってすごい…

脳の作りが違うのよね、きっと。

凡人は毎日コツコツ練習していくしか方法は無さそうです。

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
バッハ フーガト短調
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示