05
1
2
6
7
8
10
11
12
13
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

いつだって「私に弾けるかな?」と考える

ピアノ再開前の頃と再開後の今、ピアノ曲(演奏)に対していろいろ考えが変わってきました。

昔は今ほど情報が発達していなかったから、ピアノの曲を知る手段が少なかったです。
ラジオかテレビかレコードかコンサート…くらいでしょうか。

ラジオやテレビで演奏を聴くという事は時間にも限りがあったし、エアチェックというのかな?わざわざ新聞等で放送時間を調べて視聴するとか、偶然流れてくるとか、とにかくそうそう頻繁に聴けませんでした。
コンサートなんて当然コンサートが開けるくらい有名な方じゃないと一般人には情報すら入らないし、当然有名な方だとチケット代は高額です。
親がクラシックピアノに興味があるとかでコンサートに行くのが当たり前な環境でない限り、思いつきもしないでしょう。
レコード、これも当時1枚2500円とか3000円する代物でした。
そんな高額な物をこの曲素敵~~~だけで子供が毎回買うわけにもいきません。
それにピアニストをよく知らないで買うってかなり冒険というのか、自分の気に入る演奏かどうか聴いてみるまで分からないなんてことがあります。

私のピアノは何回かブランクがありますが、子供の頃は2年やって何年か休んで…みたいな感じでした。
その頃はもちろんショパンのいろいろな曲を聴いて「すごいなぁ!綺麗な曲だな~カッコいいな~!」なんて思いましたが、その曲が自分で弾けるか弾けないかはあまり考えなかった気がします。

大人で再開後ですね、良いなぁと思ったらまず
「自分で弾けそう?弾け無さそう?」
ってすぐに考えてしまいます。
聞いただけでは弾けそうでも楽譜を見たら「うっ("^ω^)・・・無理」ってなるのもあるし、
逆に複雑そうでも意外に弾けそうなものもあったり、聞くだけではわからないものですよね。

とにかく今は
「自分で奏でる事が出来るのか否か」
という目線?で曲を捉える事が多くなった気がします。

そして現代ならではのYouTube活用法。
モチロン普通に好きな曲のいろんな人バージョンを聞き比べするっていうのもあるけど、
「この曲ってどんな譜面なの?」
っていう時も結構役立ちます。
音源と共に親切に譜面が載ってる動画もあるんですよね。有名な曲ならほぼあるし、私は耳から入るタイプではないのでまず譜面を確認したいのです。

いやあ、便利な時代だわ~。



スポンサーサイト

なんでピアノが好きなんだろう?

ふと思う事があります。

なんでピアノなんだろう?

ギターだってバイオリンだってフルートだってチェロだってオルガンだって他にも楽器はあるのに。

音楽だってそう、Popsだってへヴィメタルだってイージーリスニングとかクラシックだったらオーケストラだってあるじゃない。

現にPopsやへヴィメタにはまっていたこともあるし、交響曲とか普通に聴いた事もあるし(レコードとかでだけど)でもなぜかやっぱり今ピアノが好き。

でもPopsにはまっていたころは、その歌が好きというのもあったけど、一番の目的はカラオケだったかもしれない(^^;
つまり自分が歌う事が目的て聞いていたかも。
へヴィメタにハマったころはもちろん音楽性も好きだったけど、それ以上にそのアーティストが好きだったのかもしれない。
洋楽Popsなんかも音楽性ももちろんだけど、アーティストの魅力ってものが大きかったような気がします。

音楽って慣れがあるのかな?

よく聴いていたものが好きになるのか?それとも好きだから聴いていたのかな?

小さい頃(4、5才の頃)家でよく聴いていたのは父親の持ってた映画音楽のレコードで、
(禁じられた遊びとかいそしぎとかマルセリーノの歌とかね)
思えばその頃から短調な曲が大好きで。『日曜日はダメよ』とか明るい系の曲はあまり聞かなかったような気がします。

そういう音楽(オーケストラで演奏されるものが多かった)を聴いていたのになぜかピアノ。

ピアノの音が好きなんでしょうか。

でも、何でピアノなんだろう??

思うに好きな曲を自分の手で再現したいという気持ちがすごく強くて、でもオーケストラとかpopsのバンドとかは一人では再現できないじゃないですか。
例えば小学校のころ持ってたリコーダーや鍵盤ハーモニカやなんかでメロディーを再現したくてもレコードで聴いたようなオーケストラやバンドの厚みある音は出せません。
そこでピアノやオルガンなら伴奏もメロディーも奏でられる、よりオーケストラやバンドで聴いた演奏に近い再現が出来る…

幼いながらにそう思ったのでしょうか?

もちろんその頃の『どこの家でもピアノ』みたいな風潮も後押ししてくれたと思います。
ご近所さんは前の家もお隣もピアノがありましたし、練習する音がちょくちょく聞こえてましたし、レコードではない実際の音を耳にする機会はとても多かったですからね。

ピアノを習いたい、ピアノが欲しい、ピアノを弾きたい、小学校5年生の私はピアノに対する憧れがとても強かったです。

なんでピアノなのかなぁ。

気づけば聞く音楽はピアノ曲ばかり。
しかもほとんどソロのピアノです。

今はすごく好きなプロピアニストさんがいるわけではありません。

なのでこの人のファンだからピアノを聞くというようなものではないんですよね。

そういう意味で以前はもっとこのピアニストのファンだっていうのがあったんですけど、なぜか今はそういうのがほとんど無いです。

ピアニストの演奏を高いお金を払って聴きに行きたいというよりも、身近なピアノ友達の演奏を間近で聞く方が感動するしたくさんの刺激を頂ける気がするんです。
(こういう聞き方をあまり良くないと遠回しに言われたこともありますが…)

遠い遠いステージのピアノを豆粒みたいに見えるピアニストさんが奏でる完璧な演奏、よりも時間無いのに一生懸命練習して弾いてる友達の演奏の方が完璧じゃなくても私には胸に迫るんですよね。
いろんなフィルターがかかってるのはあるんでしょうけれど。

なんでピアノなのかな…

聴くだけなら何だっていいはずなのに。

でもやっぱり今日もピアノ曲聴くんですよね。

お仕事の呟き~その後

先月のお仕事の呟きのその後の報告です。

店長、異動になりました!
正直ビックリです!!
今回はもう無理だろうと諦めていたら!!

実はあれから要望書をまとめて本社に出したんです。
それがきっかけとなったかどうかはわからないんですけど、とにかく異動しました。

新たな店長はまだ全然どういう仕事ぶりの方なのかわかりません。
ただ、着任早々に面談をしていただきました。
私は以前の店長とのやり取りは大まかに説明はしました。
今自分が思っている事はほぼ伝えられたかなと思います。

大袈裟だけど後は自分なりにその時のベストを尽くすしかないですね。
そしてより良い人間関係を維持していくこと…でしょうか。

というわけで、以上、仕事の呟きのその後でした(#^.^#)

お仕事の呟き

昨日は職場のパートさん達との飲み会でした。
今の仕事を初めて5年ですが、周りのパートさん達が皆さん本当に良い人ばかりで、いじわるを言ったりする方は誰も居ません。
それが当たり前かと思っていたのですが、他のところはそうでもないというのを聞いたことがありまして、
パートさん同士で妬みややっかみ、いじわるをする、なんて事もあるらしいです。
(実際そういう事が原因でこの職場に来た人もいます)

昨日のメンバーとはちょこちょこ飲んだり食事したりするんですが、昨日のは急に決まって呼ばれたんですね。
集まったパートさん達、店長にすごく不満がありまして。

実は今の店長、かなりパートさん達からの評判も、社員さんからも、お客さんからの評判も悪く…
でもすごいゴマスリが上手いらしく、上層部からはお気に入りらしいんです。
自分より立場の上の人には端で見てビックリするくらいヘコヘコしてるのに笑
私達パートや立場の低い社員には態度や口調もぞんざいなんです。
それでも例えば率先してお客さんとのコミュニケーションを取ったり、現場を見て私たちや社員の仕事を見て回ったりしてくれるならいいのですが、
こちらが齷齪走り回ってる時に、自分はタバコ吸って休憩所で座ってる。
現場にほとんど顔を見せない、お客さんとはほとんど面識無し、事務所で何やってるかっていうとずーっとパソコン見てるだけ。
前の店長や歴代店長(パート歴20年のパートさん曰く)はこんな事は無かったし、ちゃんと現場を見て回って各部署の働きぶりを確認していたし、お客様とのコミュニケーションを取っていた(ある意味、これが店長の大事な仕事)自分の仕事を部下に押し付けて自分はパソコン見てるかタバコ休憩してるだけなんていう人は居なかった。
私も今まで店長は二人見てきたけどこんなに仕事しない人は初めて。
それにパートさんからの意見を吸い上げるという努力もしてくれない。
コストカットだの人件費削減だのでろくな説明も無くどんどん私たちの時間数を減らしています。

すると当たり前ですが、ここにいても稼げない訳ですからパートさんやアルバイトさんが辞めていきます。
残された方はどんどん仕事量が増えます。でも、パートには残業はさせられないので、負担は全部社員さんに。
パートが辞めた分は社員のサービス残業で賄う。
でも足りないので結局新たにパートの求人をするのですが、3kのお仕事にはそうそう応募は無いんですね。
応募が無いから今度は時給を釣り上げる。
100円UP200円UP…となっていき、今までの仕事が出きるパートより、新しく入る何も出来ないパートさんの方が時給が高くなるというワケわからない事が起きます。
当然、低い賃金でそれなりに頑張っていたパートさんたちが納得出来るわけもなく…

どうにもこうにももう、我慢がならないという結論に達しました。

それでパートの有志で店長と上層部の人に改善の要望書を提出することになりました。

私自身は直属の上司にこのままではここで働き続けることは出来ない旨を何度か伝えたのですが、
この上司、まだ赴任してきたばかりで力が弱いんですよ。
埒があかないので、先日店長に直で話をしました。
何の説明も無く時間数を削られていて納得がいかないことと、この状況はいつ改善されるのかということ、
後から入ったアルバイトさんの時給の方が高い(同じ仕事内容)事の意味がわからない事、などです。

それは飲み会の前だったし、私は我慢の限界だったので、同じ仕事内容のパートさんと二人で店長と掛け合った結果、全て改善するという回答を得たのですが、
他のパートさんたちも同じように待遇や店長に対して非常に不満を持っていたというのは昨日の飲み会で初めて知りました。

うちの職場は10年20年選手のベテランパートさんが多くくて、なんでみんなそんなに長く勤めているかというと、パートさん同士の人間関係がとても良いのと、今までの店長や社員さんたちもいい人が多くて人間関係に恵まれていたんですね。
だから、こんな酷い店長は初めてなんだ、というのがベテランパートさんから聞いて、なるほど、と。
私自身は店長と直で話して一定の成果らしきものは得たかなと思ってたんですが、ベテランパートさんたちの意見はごもっともで、要望書の提出には賛成しました。
 
同じ仕事をするなら、少しでも気持ちよくしたいものです。
要望書提出には実はリスクも伴います。
店長からすれば反乱分子とみなされ、更に時間数減や更新の時に問題が起こることはあるでしょうし。
ただ、この問題をパートだけで愚痴っていたら何も改善されないでしょう。
上は見るけど下は見ない、お客さんも見ていない、上層部のご機嫌だけ取っている店長。
どう考えてもこのままで良いとは思えません。
要望書提出で少しでも状況が良い方に変わることを願っています。

長々とお読み頂きましてありがとうございます。

マンドリンコンサート

先日たまたま出先のショッピングセンターで、ある大学のマンドリンクラブのリハーサル風景に出くわしました。

あっ、マンドリン、懐かしいなぁ・・・

高校の時マンドリン部に所属していた私。
でもパートはギターとコントラバス掛け持ちでした。
高校に入るまでマンドリンなんて見た事も無かった私。
当然、マンドリン弾いてみたさに入ったのですが、弱小マンドリン部だったため?全員が希望のパートに着けるわけも無く
なぜかギターに。
そのうちコントラバスの先輩が留学する事になり、背の高い私(笑)がコントラバスをすることになりました。
なのでマンドリン部にいながらもマンドリンにはほとんど縁の無い部活動生活(笑)

弱小部で人数が少なく、1~3年合わせても十数人ほどだったかな。
その中でマンドリン(1st、2nd)、マンドラ、ギター、コントラバス、フルート、指揮という編成だったのでパート毎に練習となると本当に少ない。
でも、みんなすごく仲が良くて結束が固くて先輩は優しくて素敵な部活でした。

人数が少なくて何年も定期演奏会をしていなかったんですが、私達の代で誰かが(私じゃないのは確か(笑))
「せっかく練習してるんだから定期演奏会を開きたい!!」
と言い出し、実現させました。
場所を予約してユニフォームを頼んでチケットやポスターを作って配って。
合宿も初めてすることにしました。
熱心な部活の仲間が他の学校の演奏会に行って
「この曲を自分たちの定期演奏会でも弾きたい!」と言って弾く事になったのが
「パストラルファンタジー」という曲。
この曲は本当に忘れられません。
壮大な構成のとにかくスケールの大きな曲なのですが、弱小マンドリン部でこの曲を弾きたい・・・
今思えば無謀なチャレンジだったかもしれません。
でも、弾きました。
人数が少なくて迫力出なかったかもしれないけど
素晴らしい想い出です。
今でもこの曲を聴くと涙腺が緩みます…。



もちろんこんなに壮大には弾けなかったけど…




記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示