08
1
2
4
6
11
12
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

2017年発表会、反省点

発表会から少し経って恐る恐る録音を聞くことが出来ました(;・∀・)

今回の反省点

リハーサルは自分でもまあまあに流れて弾けてたのですが、本番はやっぱり緊張からか間違いだらけでした(◎_◎;)

練習で弾けていなかったところは漏れなく弾けなかったし
練習では弾けていても本番で大きく間違った箇所が何か所もありました。

焦りからか全体的に速度が速くなっていて、勢いで弾いてるので思った表現がほとんど出来ていませんでした。

「ここはダイナミックに盛り上げたい、ここは段々と落ち着いてくる冷静な感じ。。。」

とか自分で考えていた事はほとんど出来ておらず、最初から最後までガチャガチャとmf~fの間で弾いていた感じ(-_-;)

9か月取り組んできましたが、やっぱり私には難しい曲でした。

こういう機会があるたび痛感するのが、「基礎力の無さ」。

スケールやアルペジオといった基本をマスター出来てない事。

部分的な練習の不足。

特に最後の2週間ほどはじっくり基本をやるべきだったかなと思いました。(順序が逆かもしれないけど)

反省ばかりじゃ何なので、
今回チャレンジして良かった点を(#^.^#)

楽譜は置いたけど、結局見ませんでした。
「暗譜出来ない出来ない」と思い込んでいたけど、やればできるじゃんと思う事が出来ました。

最初この曲で発表会は無理だろう、と思っていましたが、出来はともかく舞台に出せた事は単純に嬉しかった。

こんなに1曲を長く練習するのは初めてでしたが、好きな曲だったので飽きずに弾く事が出来ました。


こんなところでしょうか。

これからの改善点

ツェルニーが終わったらスケールとアルペジオをレッスンで見てもらう。

譜読みの段階で速度を上げない(ミスタッチがあるうちは速度を上げない。ミスタッチをしない練習)

レッスンはスケールアルペジオ・バッハ・その他曲という構成でいく。

人前演奏の経験は緊張対策には有効
(今回いっぱいミスったけど、直前の練習会などの成果で異常な緊張は無かった。練習会が無かったらもっと酷かったかも)

今思いつく技術的な改善点はこんな感じでしょうか。

さっ!気持ちを新たにまたピアノに向かいたいと思います(#^.^#)




続きを読む

スポンサーサイト

最後はやっぱり泣くんだ、教室発表会。

今年の教室発表会、終了しました!

遡って前日の夜くらいから緊張感(^^;(^^;(^^;
落ち着かず、集中力ナシ。
ああ、練習しなくちゃ、明日なんだし…と思いながら数回弾いてみたけど続ける気力無く。
(もう今更どう足掻いても劇的に何か変わるわけでもないし・・・)
なんてちょっと無力感でした。
本当はギリギリまで諦めずに根気強く練習すれば良いんでしょうけどね。

部分部分でちゃんと弾けない所が数か所あって
その問題が解消されないままの本番を迎える事に(-_-;)

当日は当たり前だけど胃のあたりの何とも言えない違和感というのかな~
子供たちのお弁当作りがあったので(上の子はトレッキング、下の子は練習試合)早起きして
9時にはリハーサルの為会場に。

リハは先生しかいなかったので緊張はほとんどせずに終了。
10分間のみなので1回通して後は部分練習をする。
リハはそれほど破たんも無く普段通り弾けたかな。
ま、これが本番になると勝手が違うって言うかね~(^^;

出番まではまだ3時間~4時間ほどあるんだけど、Sさんと話したり練習室で練習したりしながら時間を潰すことに。
練習室は他の出演する人たちももちろん練習したいので、1曲弾いたら待ってる人を確認して譲り合う形です。
1度開演時間に客席に戻ってみたんですが、人の演奏を聴いていると余計に緊張してきてしまって。
多分出てる方を見ると、どうしても自分があの舞台に立つのを考えてしまうし
どんどん不安になってくるからかと。
というわけで順番を確認するために客席に戻ったり練習室に行ったりとしているうちに
聴きに来てくれた高校時代の友人たちと会う事が出来ました(^^)
嬉しくて少し喋っていたら・・・
そんな事をしてるうちにあっという間にそろそろ舞台袖に待機する時間に。

うう・・・・いよいよか・・・
今回先生の計らいがあって出番をAさん、Sさん、私の順にして下さったので、袖で待っている間も二人と話すことが出来て
少しだけ緊張がほぐれたかな。
やっぱり一人で黙って待っているとかなりの緊張感なのでその点は嬉しかったです(^^)
だがしかし(笑)そうは言ってもAさんが終わり、Sさんが舞台に行ってしまうと先生とアナウンス役のお嬢さんとお手伝いの先生だけに。
最高に落ち着きが無くなってしまい、ドラマとかの「出産を待ちわびて病院の廊下をウロウロするお父さん」状態に(笑)
いや、私は待ちわびてないんですけど(^^;
居てもたってもいられず、ウロウロと歩き回り手や腕のストレッチやなんかを試みる。
(でも傍から見たらストレスの溜まった動物園のゴリラにしか見えないと思う。)

舞台と舞台袖は完全に防音の扉で隔てられているので演奏の音はモニター越しにしか聞こえないんだけど
Sさんの演奏が終わり胃のあたりの不快感と緊張感が最高潮になった所で、いよいよ(@_@)

自信が無くても自信あるようないかにも余裕のあるような堂々とした感じで挨拶してみる。
来てくれた友人たちの方を確認してみる。

椅子の高さを確認。
1度座ってみたらまあこんな感じでok。
椅子の位置確認。
ペダルと足と鍵盤の位置関係確認。
楽譜は開く場所を決めてあるのでそこを間違えないように確認。
出だしの鍵盤の位置を目で確認。
201707170835432c7.jpg


リハに比べたらたくさん間違えました。
ありえない音も出しました。
つっかえたりもしました。
当たり前ですが練習で弾けてない所は弾けませんでした。
両手のスケールは合わない、結局最後まで合いませんでした。
最後、アルペジオで綺麗に弾きたいところ、音外しました。


でも、これが今の実力だと思うし、チャレンジして良かった(#^.^#)

他のみんなも本当に頑張りました。
Aさん、チャレンジ曲だったけど最後まで弾けました。
Aさんのお子さんも素晴らしい連弾でした。
Bさんのお子さんたちも。
Sさん、相変わらずの綺麗な音でした。
去年私に声を掛けてくれた女の子、とても表現豊かになったなぁ。優しい音だった。
うちの子と同級生の女の子、ジャズアレンジのすごく難しそうな曲、暗譜で2曲も弾いてたわ。
みんな、すごい。

自分の演奏は決して満足する出来では無かったけど、
皆が頑張ってる経過を見られて、先生の〆の言葉に感動して泣いて
練習会で聞いてくれた方々がいて、友達が応援に来てくれて、ブロともさんが応援してくれて嬉しかった。
(最初行かないと言ってたダンナも趣味を切り上げ、私の出番を見てくれた。)

と、某SNSで呟いたら、
「結果、良かったなあと思えるのがいいです。」
と返してくださった方が居て、本当にそうだよなあ・・・って。

先生の〆のお言葉

「みなさんそれぞれ、弾けないと悩んだり、いろいろな困難がありました。
でもその困難を乗り越えて今日があります。
私は今日来てくださった全員に心からの拍手を送りたいです。」


ああ、参加出来て良かった!!
感動の発表会。
みんなに支えられてピアノが出来てるなぁ。
ありがとう、みんな!

20170717084509071.jpg




2016発表会、反省点

最近は落ち込んでもだいぶ立ち直りが早くなってきた私です。

今日は意を決して録音を聞いてみました。

昨年はレコーダーの電池切れで録音できず

今年もダンナが居ないので下の子に録音を頼んだのですが

案の定途中からの録音、しかも最初の方雑音だらけという・・・(^^;)

慣れてないのでこれでもまあまあに録音できた方かな?

ところで今回の曲に関してはいろいろ反省点はあります。

あんなにゆっくり練習が大事とわかっていながら、あまりゆっくりの練習をしませんでした。

練習にも集中力が無く、脱線ばかり。

特に最後の2ヶ月くらいはこれ以上の向上が望めないような気がして
部分練習を怠った事は大きいと思います。

先生もだいぶヤキモキされていただろうと思います。

いろんな曲と平行しながらですが、
それでも半年前から取り組み始めたのは私のような飽きっぽい人にはちょっと早すぎたのかも。

もちろん曲にもよりますし、本来ならかなり背伸び曲であるので、じっくり取り組むべき曲でしょう。

でも、私はなかなか集中力が持たないという・・・
難しいですね~(^^;)

今後、憧れの曲にチャレンジしていくためにはその事は大きな課題になりますね。

幸い、一緒に練習していただける、ピアノ大好きな方々がいらっしゃるので
その方々との練習会やら発表会を目標にモチベーションを保って行きたいです。

後は日頃の練習方法ですね・・・。

効率が悪いというか、脱線が多すぎるので。
そこは自分の意思次第なのですが、そのコントロールが難しい。

そしてレッスンの組み立て方。

ABC・ツェルニー・平均律・曲

欲張りすぎかなぁ・・・

でもどれも大事な気がするんですよね。

ただ、これを30分って時間的に厳しいですよね。

これは先生と要相談ですね。






恥ずかしいですが、発表会の時の音源を上げます。

雑音がかなり入っています。お聞き苦しく申しわけありません。

中間部からかなり・・・な部分が出てきますが、本人はもちろん大真面目に弾いています。











これだからやめられない~発表会の魔力

今日はこちらの教室にお世話になって3回目の発表会でした。

上の子の部活の登山と日程が重なり、5時起きでお弁当。
(毎日お弁当を作っているお母さん方、尊敬です!)

昨夜は早く寝なくちゃ!と思っていたけどなかなか寝付けず(^^;)
コンディションを整えるって難しいですね~。

一旦ダンナと子供を送り出した後、少し時間があったので30分でいいから寝たい!
と思って30分ほど仮眠。

起きたらもう出かける時間に~Σ(´Д`;) 

気にしていたお天気も(雨女のわりには?)まあまあで、ラッキー☆

着くなり会場の練習室へgo!

とにかく不安(^^;)だって全然弾けてない・・・(と今更言ってもどうしようもないけど)
実はこの数日練習のとき頭を駆け巡っていたのは
「このままでいいの?半年の練習が中途半端に終わっていいの??」
という言葉だったのですが
昨日も何回か練習はしたけど、やっぱり不安解消にはならず
さりとて「もういいや!」と開き直ってノー練習というほどの度胸もない超小心者の私・・・(^^;)
とりあえず少しでも不安解消のため、泥縄練習。
なんていうか付け焼刃?よりひどいものですね。
とりあえず開場までは練習室の周りをウロウロしていて(練習したい人が待っていたらお互いに譲る仕組みなので)
開演から1時間くらいは出番が来ないのでその間も練習室に行ったり、練習仲間の出番の時は見たいので戻ったり
バタバタしていました。
高校時代の友人が見に来てくれてすごく心強く嬉しかったのですが
余裕が無くあまり話も出来ず・・・(^^;)
 
20160718043024bea.jpg

あっという間に楽屋に待機の時になり・・・
舞台袖に行くと私の前のAさんがおり「緊張するよね~~!!」とか言いながら話が出来て少しリラックスできました。
そしてAさん出、次は私・・・
という時に衣装の着替えを済ませた先生がちょうど袖に戻ってこられて(その日、初先生の顔を見た!)
「衣装素敵ですね~~」とか今日の先生の曲の話とかたくさん話せてだいぶ緊張も和らぎました(^^)

意外に緊張しないじゃん!

と、この時までは思っていたのですが・・・

そしていざ、弾き始めたときも心臓バクバクでもなくて手も震えなくてイイ感じと思ったけど
例の中間部でやっぱり思い切り音を外して、
でもとにかくどんなに間違っても突き進むんだ~~
と、頑張って突き進んだのですが、
中間部が終わって元の主題に(非常に苦しく間違いながらもなんとか)戻ったんですけど・・・
その後の主題部分で気が抜けたみたいで・・・

「あれ?私今どこ弾いてるんだっけ???」ヾ(@~▽~@)ノほへぇ?


と、一番まずいパターンに陥ってしまいました(>_<)

あれほど練習の時に「絶対最後まで気を抜かないようにしないと!!」って心に誓ったのに!!
間違いはもう置いといて、このどこ弾いてるかわからなくなるっていうのをすごく心配してて。
要は曲を覚えきってなかった、歌を歌ってなかった・・・という証拠なのかな?

練習のときは1回も間違えたりした事が無かったところで飛んでしまいました~( ;∀;)

なので音楽が止まっちゃった。

緊張MAXって訳でもなかったのになあ・・・

とにかく繋げなきゃ!!と適当な所から無理やり繋げ

後はもう、とにかく最後まで集中して弾こう!!

特に最後は絶対に綺麗に弾こう!!

そう思って弾きました。


そして演奏が終わって舞台袖に戻って第一声が
『失敗しちゃった~~~』
でしたヾ(・_・;)チョット‥
まさかっていうところで~~~あああ・・・ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン

Aさんが袖で待っていてくれて先生も慰めてくれたけど・・・(^^;)
ちとショック大きかった・・・

席に戻ったらなんか放心状態で(笑)

間違うのは構わないけど、あんな所で止まっちゃうって何??!

とか、ああ~~~もう、本当に情けないっ!!

とかちょっと悶々とε=(。・д・。)フーしておりました。

一緒に練習したAさんやお子さん達の演奏はとても落ち着いて堂々と、どの演奏もとても素敵でした。

そしてみんな、去年からの成長は著しく、演奏にはやっぱり人柄が出るんだなって思いました(^^)

いつもトリを務められる方の演奏も、温かくて明るくて素敵な演奏だったな~。

全ての演奏を終えて、先生が最後に挨拶されたんですけど

感極まっていらっしゃって、

「ここにいる生徒皆さんのいろいろな思いを抱きながらお一人お一人の演奏を聞かせていただきました。
今日ここに来るまでは決して平坦な道のりではなく、辛かったり練習が苦しかったりもたくさんあったと思います。
それを乗り越えて今日があります。
これからも是非音楽を楽しんで行って欲しいと思っています」

というお言葉があって私も涙涙になってしまいました。+゚(うω`)゚+

ああ、良かったな。

私の演奏が失敗とかなんとかはもうどうでもいいや。

この気持ちにさせてくれた、この機会を与えられた、
この先生でこの仲間でこのご縁があって、
もうそれだけですごい事じゃないか。

ダンナと上の子はここに来られなかったけど
下の子が今日1日私に付き沿ってくれました。
そして私の代わりに教室の仲間に花束を渡してくれました。
私の演奏後も
「お母さん上手だったよ!あ、でも少し間違ったのわかったけどね!」って言ってくれました。

先生の挨拶が終わって教室仲間に挨拶してさあ、帰ろう、としていたら
いきなり見ず知らずの中学生の女の子が私に向かって

「あの!『別れの曲』、綺麗でした!!」

って言ってくれたのです!
思いがけない言葉でした。

だって・・・あんなに思いっきり間違えたし止まったし・・・

でも、きっとその子に『何か』が伝わったのかな?

『何か』が『何』かはわからないけど・・・・

もしかしたら練習していた半年分の想いかもしれないなって。


失敗にこだわっていた演奏直後、よもやこんな風に気持ちが救われるとは思いませんでした。
その子はpopsをとても上手に演奏していた子なので、
「とても上手に弾いていらしたね!素敵だったよ(^^)来年も発表会出る?」
と聞くと
「はい!!出ます!」と、嬉しい答えが返ってきました!
「そうか!じゃあ、私も出るから一緒に頑張ろうね!」
って会話を交わしてお別れしましたが、本当に嬉しかったです。


こんな私の演奏を耳に留めてくれた人がいたんだ、
それはありがたいことで嬉しい事で
思いがけず声までかけてくれて来年の約束までしちゃって(笑)

みんなの演奏に感動して先生の言葉に感激して、
私にとって年に1度の大切な舞台。

直前になると「なんで出るって言っちゃったんだろう・・」
って胃が痛くなるけど
そしてたくさん恥もかくんだけど

やっぱり私は来年も発表会に出るんだろう。

発表会前、応援してくださった皆様、ありがとうございました(^^)v
そしてこの長い記事を読んでくださった方々、ありがとうございました!

201607180427588d5.jpg

毎度発表会の曲決めです。

よく考えたら今度の発表会で3度目です。
毎回毎回(というほど経験が無いけど)うだうだ悩むんですよね~。
迷いすぎて決められなくて結局時間だけが過ぎていって、練習時間も無くなってきて…(;´Д`A ```

それが嫌というか、そんなのに時間かけるの勿体無いっていうか
なんかそんな風に感じちゃって(ま~、私の時間の使い方が下手なんですけど・・・(´∀`;A)

それでいままでは2曲ってなんとなく毎回そうしてきましたが
今回はもう1曲に決めちゃおうかなとか思って先週先生に
「愛の夢1曲宣言」をしたんですが・・・・。

家に帰って楽譜引っ張り出して見たら、そういやこの曲6ページあるんじゃん・・・。
はなっから暗譜する気0の私なので楽譜を置くんだけど
6ページだと発表会用に作ったとしてもどこかで絶対に譜めくりしなくちゃいけない。
楽譜を普通に置いたら2回譜めくりしなくちゃいけない。
譜めくりしやすいところで切れてはいるのでなんとかなるとは思うけど・・・
ただ、リスクはなるべく少ない方がいいなあ~とか(弾くのだけで精一杯になる予感だし)

しばし悩んで、先生からの提案曲(「別れの曲」)の方も見て見ました。
こちらは4ページ。
めくるにしてもめくれそうな所で切れている。コピーで作るにしても4枚なら譜面立てには普通に乗るサイズ。
例の臨時記号満載目が拒否反応部分以外は譜読みしたことはある。
臨時記号満載目が拒否反応部分をじっくり見てみました。
かなり目が拒否はしていたけれど、よ~~~く見てみたらこれって規則性があるんですね!
右手と左手って同じ音を押さえるわけですね。
目が拒否しながらも(@_@;)めちゃめちゃゆっくり譜読みをしてみました。
めちゃめちゃ弾きにくいけど(手が・・・手が・・・つりそう)どうにかこうにか最後まで到達・・・。

これ、慣れればなんとかなる(とりあえず音は追えるかもという意味で)かも・・・??
ちょっと気合入れて次のレッスンまで目が拒否部分と格闘してみようと思います。

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-39番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
ショパン エチュードOp.25‐12

2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示