FC2ブログ
   
11
5
8
9
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

バッハは無機質?

最近またハマってるバッハ平均律1巻4番のアンドレィ・ガヴリーロフの動画です。
インパクトありますよね~。
(最後の最後まで見ていただくとかなりなインパクトです。ガヴリーロフさん、顔に力が入り過ぎでは・・・?)
以前にも1度紹介させていただいた事があるんですけど、今一度!
かなり好きな動画です。

プレリュードはこれがバッハ?と思うようなメロディアスさ。
バッハはよく、無機質とか言われますけど、これ聴いたらどこが無機質?と思います。
(ちなみにここで言う「無機質」とは、生き物らしさがなく、命が感じられないという意味ですので、「生気のない」「機械のような」というイメージが近いでしょう。)
決して感情過多じゃないけど、努めて冷静になろうとしてるけど、どうしても感情が溢れてしまう・・・みたいな。
プレリュードも素敵ですが、フーガも・・・
なんてしみじみと心に沁みてくる音楽なんだろう…

この曲に関してはガヴリーロフさんの演奏が好きかも。
バッハなのに感情爆発(表情爆発?)・・・なのに抑制が利いてるっていうのか。
そこがさすがはバッハの曲…なのかもしれないですね。


スポンサーサイト

バッハブーム(私だけの)がまた来たよ~

もうず~っとバッハお父様から遠ざかっておりました。
何か月レッスンに持って行ってないんだろう?
バラードでいっぱいいっぱいだった時に一旦バッハは中断しようと思ったような気がします。

遡ってみたらどうやら今年の3月までフーガト短調やっててそれ以来バッハは弾いてないみたい。
半年以上経っちゃったわけですね。

先日の大阪へ行った時の少し前にバッハを少し弾きたいな~と思って何曲か解凍しようとしましたが、自分の中ではメインがショパンだったというのもあって、イマイチな解凍に(;´Д`A ```(そのメインも残念でしたが・・・)
ブロ友さんのバッハはやっぱり良かった~
それで触発されて、久しぶりにバッハを弾いたらやっぱり楽しい(#^.^#)

私の自分で弾く好みは、短調のゆっくりで重厚な感じの3声か4声フーガが好きなんです。
(聴くのは速い曲でもゆっくりなのでもどちらでも好き。でもバッハの速いのはすごく難しく感じるんですよね)そして、出来れば調号の少ないもの(←これ、重要笑)

いつも思うけど、なんでバッハって中毒性があるんでしょう?
特にフーガで感じるんですが。
横の流れとか、各声部の弾き分けとかちゃんとできてるわけではないし、でも、いつまでも弾いていたくなるんですよね。

どうやら今レッスンがショパンオンリーになってるから、その反動とか?もあるかもしれないなぁ…

というわけで、バッハブーム(私だけの)が来たみたいです(^^♪

レッスンには当分持って行かないと思うけど・・・




ピアノもいいけどオルガンもね♪

バッハのフーガト短調、元々はオルガン曲、
ピアノ用に編曲されたものを練習していますが、やはり元々のオルガンの曲を聴くと・・・

良いんですよね~~(#^.^#)

参考に聴いてるのはオルガンで弾いたもの。

特にこの演奏が好きです。

何回も聞いてしまうし、これ聴いてると、いつか自分でもオルガン弾いてみたいと思います。

グールドのパルティータ6番トッカータ

グールドの弾くパルティータ6番のトッカータが好き。

考え事がまとまらなくて頭の中がとっ散らかってる時
この曲を聴く。

ゆっくりゆっくり語り掛けてくるようなグールドのトッカータ。

決して社交的とは言えなかったグールドの孤独と寂しさを湛えた演奏だな・・・・と感じる。

出だしからもうノックアウト。

何回も何回も繰り返し聞いていたら
子供に言われた。

「何ずっと聞いてるの?」
「うん、この曲大好きだからね」
「え?何この曲、つまんない」
「そう?」

そうだろうねぇ・・・

あなたにはまだまだこの曲の良さはわかんないかもねぇ・・・

何もかも輝いて見える10代にはわかんないだろうな・・・



心の中でそう思った。

グールドには遠く及ばないけど、やっぱり今日も弾こう。


悩んだり迷った時、バッハは私をクールダウンさせてくれる。




久しぶりのフーガに大苦戦中

平均律2巻8番、久しぶりのフーガを弾いてみてます。

印象的なテーマが折り重なる曲で♯が6個。
♯に頭が大混乱してるのに加え、臨時記号がちょこちょこ入ってて更に混乱中(笑)
私の頭の中でなぜか
「シがドでミはミ」
という変換が起こっていて
「ミがファでドはド」
が正解?なのにシをドと弾いてしまい
ミをミと弾いてしまいます(>_<)
なんでだろ。
どうも♯のたくさんあるのはすごくすごーく苦手です(>_<)
普通は多分『シだけ普通に弾く』
って覚えればいいのかと思うんだけど?頭の中の誤変換がなかなか修正されないの。
というわけで、久しぶりのフーガは4声だとかそういうの以前に譜読みの段階で大苦戦してます。
割と楽譜を見てすぐに音を押さえられる方かな?と思っていたけど、この曲は全然ダメで1音1音確認しないと音がわからないというまさに脳トレやってる状態。
しかもツェルニーもツェルニーなのに(笑)譜読みがヤヤコシイ(;´д`)
(あのさ、ツェルニーだったら譜読みは簡単にして欲しいのよね・・・(^^;)

あーー、臨時記号本当にニガテ、
頭が追い付かない。
1つの音を、
「えっとこれ・・・・♯つくんだっけ?待てよ、ミだから♯がつくとファで・・・・
シは♯じゃないんだっけ?だからシのままで・・・ここはファにダブルシャープだから普通のソ・・・」

ってなことを頭の中でやったり、実際に混乱したまま弾いちゃって
「???え???何???すごい不協和音な気がするけど・・・・???おかしいな??」
とか多分もしかしたらピアノを習い始めた方はこんな感じなのではないかと想像するんですが
こんなに1音1音これでいいんだっけ?と考えながら弾くのは本当に疲れますね。
それもこれも♯たくさん系の曲をあえて今まで避けてきた結果なんだろうけど。
こういう時に基本的なスケールをやってる方は違うんだろうな。
でもこの曲で臨時記号・調号たくさんアレルギーが改善されますように。

フーガがたった3ページの曲を通すのに20分近くかかってます。
ツェルニーも…( ̄▽ ̄;)

この2曲を弾いた後でエチュード25-12の楽譜を見るとこの曲の譜読みのしやすさについついこればかり練習しちゃう(^^;

ツェルニーはともかく、フーガは自分で選んだ曲なのに弾けるようになるのかなぁ?

というわけでいつもバッハは練習してると中毒的に楽しくなってくるんだけど、まだ楽しくなってこない(笑)



記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン アルペジオ
ショパン スケルツォ1番
ソナタ3番1楽章

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中
ショパン プレリュードop.45

♪密かに練習♪
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる