05
1
2
6
7
8
10
11
12
13
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スケールを速く弾くためには?

迷いはありますがもちろん今はバラード1番の練習をしています。

私の先生の言う「大丈夫」は決して完璧に弾けますよ、って事ではありません。
毎年発表会を見てきて思いますが、完成度が高い人もいれば「完成度」というより自分の弾きたい曲はこれだ、っていうのがわかる演奏だったりします。
よくコンクールに出る事を推奨されるようなお教室もあるようですが、私の所はそういうのは無いです。
だから先生も「ね~みさんの出来る所まで頑張っていれば大丈夫ですよ」っていう意味で仰ってくださってるのだと思います。

準備不足、練習不足なのは否めないけれど、この曲にもっともっと向き合おう、と思っています。

気持ちを新たに頑張ろう(#^.^#)

ご助言、ご心配下さった方々ありがとうございます!
弾きこなせなくていい、でも前向きに考えています。
もう少し見守っていてくださいね(^^)/

さて、いろんな部分が行き詰ってるバラード(^^;
まずは1か所でもいいから上達感が欲しい所です。(やっぱりこれが無いとモチベーションが上がらないです…)
今迄のように、ザックリと流した練習はもう通用しないって事が4か月弾いてきてわかったこと。←遅いけど…

あっちこっちある「上手く弾けない所」。
私的に特に気になるところはどこかと考えた時、やっぱり最後の2つのスケール、これが一番上手く弾けなくてガックリするところなんですよね。
そしていつまで経っても速度が上がりません。
基礎をきちんとやってこなかったんだから当たり前でしょう、と言われればそれまでなんですが、じゃあもう私なんかには弾けないのね?って諦めるのは悲しい(´;ω;`)ウゥゥ
プロのように弾けないのはわかってるけど、せめて自分が納得できるように弾きたい。

スケールを綺麗に速く弾くコツなるものをネットで検索してみました。

まず手の余分な力を抜く。
弾く時極力余分な力を入れないために、鍵盤を底まで押す必要はない。
弾いた後、指を上げるのも最小限で良い。(つまり極力余分な動きをしないという事)
鍵盤を這うように弾く・・・

つまり当たり前だけど極力省エネな動きをするって事ですね。
いちいち鍵盤の底までガツンと弾いてたら力が必要だし、力を入れれば動きは遅くなる。
そっか、なるほど…
私が弾いてて速度が出ない理由は多分これ。
力を入れすぎてる。
力を入れずに弾く。
頭でわかっていても、じゃあどうしたら??

ピアノの前で試行錯誤するしかない(#^.^#)

・・・弾いてみるしかないですね!
スポンサーサイト

バラード1番の練習とあれこれ

今持ってる楽譜はパデレフスキ版というやつです。
最近はショパンはエキエル版というのが通説だと思いますが、私の聞き慣れてるショパンはどうやらパデレフスキ版みたいなので、パデ購入しました。
2ヶ月間パデ版で練習してきましたが、先日練習に行き詰まってしまい、何かヒントが欲しくてコルトー版を買ってしまいました。
20180301145917d7d.jpg

バラードの元になったミツキェヴィッチの詩について、1番の解釈をコルトー版で見てみたけど、なんか私が想像したより悲劇的な内容(^^;のようで、まぁ、あの終わり方だからハッピーエンドじゃないだろうけど、やっぱりそうか、みたいな?
でも更に調べてみると、必ずしもその詩を元に作曲したとも言えない(作曲のインスピレーションは得てるようだけど標題音楽では無い)ようで、結局はあまり関係無いのかな?
という自分の中では結論になりました。

まだコルトー版をさらっと見た程度なので、これからじっくり見てみようかな?と思ってます。
コルトー版の方は解説や練習法を参考に見るという事で、実際使うのはパデ版なんですけどね。

ところで今の時期、私生活の方がいろいろとバタバタしてて、ピアノに向き合う時間が取れにくいんですよね。
でも取り敢えず1つの気がかりが良い方へ解決しましたので、少し気が軽くなりました。
後は役員の仕事がそろそろ大詰めに…
こちらはまだしばらく解放されませんが、後少し。 

あー、ゆっくりとピアノに向かいたい!!
練習会とかも本当ならもっと参加したい!!
もやもやな心配事項からも早く解放されたい!!


歌うように弾く

歌うように弾く、リズムを大事に、音のエネルギーを感じて…etc,etc,

いろいろな事を考えながらの練習。(私にしては珍しい…(^^;)
1週間前、正直何かすごく行き詰ってしまった感じがあって(まだ取り組んでたったの2か月なのに(>_<))
弾けない弾けない、難しい所ばかりで全然弾けないぃ~っ
と壁にぶち当たっていたんですけど…

「歌うように」という言葉が実はわかっているようで全然わかっていなかった事がわかりました。(って結局どっちなの?!)

「歌でしょ?歌…うん、歌だよね?たま~にカラオケとかで歌ったり鼻歌歌ったりするよね?」
うん、わかるよ、歌、歌ったことあるもん…

今までそこで思考がストップしてました。←なんでっ

でも人間、切羽詰まるといろいろ考えるものなんですね( ;∀;)

そう言えば一口に「歌う」って言ってもいろんな歌い方があるよね、と気付きました。

小さな子が童謡を歌うような歌い方もあれば、ソウル歌手が魂込めて歌う歌い方もあるじゃない?

純真無垢な子供が歌う歌い方と様々な人生経験を積んできた大人が歌う歌い方、同じかな?

これを無理矢理ピアノの曲に例えると(まあ無理やり例えなくてもいいんだけど…(;'∀'))
子供の歌い方=モーツァルト
大人の歌い方=ショパン
非常に無理矢理・乱暴感(#^ω^)ハハ…

そう、ショパンって大人の歌い方なわけね?!←今更気づく
穢れ無き子供の澄み切った声で童謡を歌うように歌うのはショパンじゃない・・・よね?
ショパンのワルツって、ズンチャッチャ♪ズンチャッチャ♪明るくて楽しくてウッキウキv(o゚∀゚o)v♪だけじゃない・・・よね?

私もしかしたらずっと童謡を歌うようにショパンを弾いていたかも?
私の耳はフシアナか??!!

今まで毎年のようにショパンを発表会で弾いてきたのに、何をいまさら気づいたんだろ?
こんな根本的な事、なんで今までピンと来なかったんだろう…(それは私がにb…)

よく考えたら今まで根本的な事わかってなくて、先生に
「ショパンはこうやって弾くのよ~」
って言われて
「そうか~、そうやって弾くのか~」と、表面だけ形作っていたような気がするんだけど…

ブロトモさんの記事を読んだり、いろんなピアニストのバラードの音源を聴いたり
先生のレッスンを思いだしたり…

実は理解してるようで理解できてなかった「歌うように弾く」

自慢じゃないけど、1を聴いて10を理解できるほどの能力は無いけど、今、10を聞いてようやく1を理解できたかもしれません。



早速録音練習してみたら・・・

ちょっと、いやかなり早いですが、バラード1番の録音を始めました。
全然弾けてないんですけど、でもこういうのは早い方が良いんです。多分(;'∀')
しっちゃかめっちゃかでもいいんです。

皆さん経験あるかと思いますが
「録音するぞ!」
って思っていざ録音のスイッチを押すとなんかすごいプレッシャーを感じますよね?(私だけじゃないはず)
ある意味人前演奏に近いものがあります。(もちろん人前の方がより緊張しますけど)
これを利用しない手はありません(^_-)-☆
普通の練習とは気分が違いますからね!
ちょっと緊張した普通じゃない状態の中での練習は私には必要です。

普通の練習では上手く弾けない所、録音だと更にめっちゃくちゃです(ノД`)・゜・。
普通の練習では普通に弾けてたはずの所も、アレレレ~~~??(´;ω;`)
摩訶不思議な超常現象が巻き起こります…(^^;(^^;(って事にしとこう…)
音を追うのに必死すぎて全ての音がフォルテとかいう怪現象とかね。

もう、笑っちゃうしかヽ(´∀`)ノ

でもやっぱり弾いてる時にはわからないその他諸々の事もハッキリとわかってきます。
改めて自分はpianoを出すのがニガテだなぁと。
自分では弱く弾いてるつもりなのにね(^^;
そして、バラードなのに情緒のカケラもない演奏になっちゃってます…(;´Д`)
これ、ツェルニーかなんかですか??っていうような。
音楽的センスっていうんでしょうか、それとも表現の技術?…

…無い(-_-;)…ぐぬぬぬ~~~~○| ̄|_

ただ、こうやって改善点みたいなものは意識出来たと思うので、ひとまず良しとします。(←無駄にポジティブ)

今のめっちゃくっちゃ状態からどこまでいい雰囲気な演奏になってくれるのかな~
どこまで私のバラード1番になってくれるのかな(^^♪

実はそんな事が楽しみだったりします(#^.^#)



憧れ曲、飛び込み中!

昨日はゆっくり時間が取れたので、早速譜読みタイムでした~。

バラードの1番か3番で少しばかり悩みました。

3番もエレガントな雰囲気の素敵な曲なんですけど
やっぱり以前から強く憧れていた曲といえば1番・・・。
思えばレッスンを再開する前にどうしても弾きたくて、楽譜を買って独学で譜読みしたんだった。
自力では無理そうだなって思ってレッスン受けようと決心した思い出深い曲。
言うなればこの曲が弾きたくてレッスン受ける事になったわけです。4年ほど前か・・・。
あの時は最初の方のページを譜読みして、和音がたくさん出てくるところ辺りで難しくて止めてしまった。

ショパンの曲って、どこかに書いてあったんだけど、
「ゆっくり弾けば弾けない事は無い」らしいんですよね。
(リストやラフマニノフのように、絶対に届かないよ??みたいな無茶な和音とかが少ない?らしいんですね。
それはショパン自身の手がそれほど大きくなかったからだとか…。)
ただ、問題は速度を速めた時に難しくなるってことらしいです。
ゆっくり弾いて弾けていても、速くすると弾けないような部分が多いって事のようです。

もう、CDみたいにとかは考えてないので、ゆっくりでも良いや。
年単位で練習することは間違いないので細く長く続けて行きたいな。

というわけで早速昨日、仕事が休みだったのでガッツリ練習しちゃいました!!(#^.^#)
最初に飛ばし過ぎるとスタミナ切れてヤル気が無くなっちゃっても困るけど、
やっぱり憧れ曲の譜読みっていうだけでテンションが上がってしまって・・・
午前中は練習室で、午後は自宅で・・・
久々に長時間じっくりと練習しました!!
4年前、どうしてもまともに譜読みが出来なくて途中で諦めたバラード1番。
諦めきれずにたまに楽譜を開いては、やっぱり難しいな・・・ってそっと棚に戻していた(^^;
でも今度こそは弾くぞ!
年単位でも諦めないわよ~(#^.^#)
今日もこれからひたすらバラ1やります!!


ところで私がショパンの曲を(まがりなりにも)弾く時に参考にしているサイトなのですが
ショピニストへの道
ここを1回は見てみます。
(管理人さんが1曲1曲ご自分の弾いてみた感想を詳しく書かれているので読むだけでも楽しいです。)

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示