FC2ブログ
   
11
1
4
5
6
8
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

DVD鑑賞

家族が夏休みの為DVDを見る機会が多くなりました。
割と最近のものからかなり昔の作品まで洋邦問わず観ました。

邦画「いぬやしき」「桐島、部活やめるってよ」「空飛ぶタイヤ」「万引き家族」「コーヒーがさめないうちに」「スマホを落としただけなのに」
洋画「天使にラブソングを」「グレイテストショーマン」「レナードの朝」

それぞれ面白いな~と思ったりなるほど・・・と思ったりしましたが、特に印象深かったのが「桐島・・・」そして「レナードの朝」。

「桐島・・」は題名である「桐島君」がほぼ?出てこない。(原作は未読です)
最初の方は「え?で、桐島君って誰の事?」とずっと考えながら見ることになりました。
そして中盤あたりから「あ~、これって桐島君は最後まで出ない作りなんだ?・・」とうっすらわかってくる。
同じ日の出来事をそれぞれの登場人物の視点から見させるというちょっと斬新な?作りであることもわかってきます。
最後まで「桐島君は?」という期待を持って見ていられます。でも実は主役は桐島君では無くて。
細かく見ていくといろいろ?な所もあったんですが、(起承転結あってわかりやすいというストーリーでは無いため後から考えると腑に落ちたり落ちなかったり)
私は結局この映画の言いたい事は「不器用でも一生懸命になれる事を持っている人と、持っていない人」
という事なのかなと思いました。
充実した時間を過ごせているのかいないのか?
見る人によって顕著に感じ方が変わる映画かも。

「レナードの朝」
ストーリーは実話をもとにした映画です。細かくは書きませんがロバートデニーロ演ずる嗜眠性脳炎の患者レナードをロビンウィリアムズ演ずる医師セイヤーが新薬を使って治療を試み、それは劇的な効果があり、患者は30年ぶりに普通に動けるようになるが…という内容。
ロバートデニーロの演技がすごいと感じたのと、彼を必死に治療し、見守り、友情をはぐくむロビンウィリアムズの温かい眼差しにグッときます。
レナードと入院患者の娘ポーラとのダンスのシーンが泣けました。
レナードの言葉によってセイヤー医師の心境にも変化があって、このお話自体は決してハッピーな話ではないと思うんですが、でもただただ悲しい話では無く、ほんの少しの救いもあって、とにかくいろいろ考えさせられた映画でした。
話題になった当時は観なかったんだけど、今になってみて良かった。
今だからこそ、この話の深い意味が感じられたかなと思う。
もしまだ見ていない方がいらっしゃったらお勧めの映画です。


スポンサーサイト



近況報告です

なんだかパソコンに向かわない日々が続いていました。
何かすごい理由があるわけでもなく、なんとなくパソコンに向かわない・・・というだけでしたが(^^;

ピアノはリスト「コンソレーション3番」は終わりまして、ドヴォルザーク「ユーモレスク」を始めました。
「ユーモレスク」は何年か前にもレッスンしてもらいたいな~と思っていた曲です。
一見それほど複雑に見えない楽譜かと思いきや、手が届かない部分があったりしてここを違和感無く弾くのが難しそうです。地味に♭が6個というのも私には脳トレ状態なんですよね。
だけど好きな曲なので(まあ好きな曲しか弾いてないんですけど)練習し甲斐がありそう(#^.^#)

先生がもう1曲何かどう?という事で、後1曲はショパンのワルツ3番9番、10番、12番、13番のうちどれかにしようかなと。
ざっくり先生に聞いていただいたんですが、先生は3番をじっくり弾いてみて欲しいわ~と言われたので3番にするかもしれません。
でも私の事なのでまた1週間後には気が変わるかもしれません(^^;

メインのショパンソナタ3番4楽章は、一進一退という状況です(^^;
ザックリ弾けたと思ってからの行き詰るような感じです。
雑には弾ける、でも粗だらけの演奏(^^;(^^;

先生には「もっと力を抜いて」と言われて自分でも「あ~~なんか余分な力が入ってるな」と自覚はあるんだけど、ゆっくり弾いてる時はともかくも自分の思っている速さになると途端に上手く弾けないという。
あと、力を抜きすぎると今度は音階などがムラムラになる(^^;
あっちを立てればこっちが立たずみたいなことになっています。

でもここが踏ん張りどころですよね。
諦めたら試合は終了なのさっ!!

というわけで引き続き地道に練習です(#^.^#)

あっ、そう言えばどなたかのブログを拝見していて勉強時間を管理するアプリがあると知ったので、今少しそれを使ってみています。
ストップウォッチ機能がついてるので練習時間をきっちりと把握できるし、当然練習した日出来なかった日なども確認できるので(^^;
練習したつもりになっていたけど中身が伴ってないとか、練習時間が少なすぎる!!とかハッキリわかって中々良い感じです。
1週間の目標とか「発表会まであと○日」とかの設定も出来るので結構良いかも。
まだ始めたばかりですが続けてみようと思います(^^)/

最近観た映画

今年明けてから
「ボヘミアンラプソディ」
「七つの会議」
「翔んで埼玉」

と、映画を観ました。

「ボヘミアンラプソディ」
ブロ友さんにも観に行かれて感動されていた方がいますね。私も感動でした。
洋楽にハマっていた1980年代、TVや雑誌でQueenの存在は知っていたけど、直接ファンだったわけでは無く、違うバンドが好きだったんですね。
ボーカルのフレディについてはピタピタのボディタイツ?みたいなものを着てパワフルに歌う人というイメージくらい。
映画の評判が良かったし、Queenの曲は好きだったし、音楽の映画はやっぱり映画の大スクリーンで観たいな~
と思っていたのです。
でも映画って結構お高いし、ダンナと行けば夫婦50割っていう割引があるんですけど、ダンナは最初興味無さそうで(^^;
でもブロ友さんや友人が見に行かれてとても感動して…という話を聞くと、これは一人でも見に行かなくちゃ!と思いました。
何度かダンナにQueenの映画だけどすごく感動するみたいよ!評判も良いみたいだし!
と話を持ち掛け(^^;念願かなって?!見に行けました。
見始めてフレディのコンプレックスや父親との確執、自分のアイデンティティをどう確立していくか、迷い・葛藤・孤独などがわかりやすく描かれているなと感じました。
ほんの一部ですが私自身の気持ちと重なる部分もあって共感できました。
バンド仲間との絆が良かったですね。
曲も「あれ、この曲Queenだったんだ!」なんて初めて知るって事もありました。
最後のライブエイドの場面は感動でしたね~。(一言では言い表せないですが)
彼を支え続けた?彼女との不思議な友情も気になりました。
私よりもっと感動していたのがダンナでした。想像していたよりもいろいろな意味で凄かったと。80年代洋楽で育った者同士で映画の感想で盛り上がれました(#^.^#)

「七つの会議」
これはダンナの方からの「見てみたい」リクエストに応え?見に行きました。
私は事前に何も情報を入れず、ニュートラルな気持ちで見ました。
最初は何がどうつながって行くのか?全然予想できなかったです。
とにかく出演者が豪華俳優陣。
次から次へと有名俳優さんが登場。ギャラ凄いんだろうな~なんて余計な事を考えちゃう。
企業犯罪エンターテインメント、と謳っているジャンルのようで、自分ひとりだったら多分絶対に見なかったでしょうね。
それほど興味が無い分野でしたが、構成が練り込まれていて楽しめました。

「翔んで埼玉」
埼玉暮らしが長かったので当事者感覚で楽しめました。
最初は「また映画を見に行こう!…でも何を?」
という事で、他に見たい映画はあったけど、時間帯が悪くて見られなくて…
そんな時に友人が「翔んで埼玉観たけど面白かったよ!」と言っていて、映画の時間帯も丁度良かったので見る事にしました。
つまり、内容に全然期待していなかったんですね。
ダンナも「ふーん・・・それ面白いの??」という反応。
映画内容の事前リサーチは全くせず、期待度もほぼ0な感じで観に行きました。
結論から言って私達夫婦はかなり楽しめました(#^.^#)
元埼玉県人の私はもちろん、都民のダンナもすごく面白かったと言ってましたね。
埼玉だけでなく、近隣の関東圏の方達は楽しめるのではないかと。
面白かったので漫画の方の原作(摩夜峰央)もkindleで読みました。(原作は未完)
映画の方は原作を踏襲しているけれど、それ以上に丁寧に作り込んであって楽しかったです。結末もちゃんと伏線を回収していて良かった。
最初から最後までクスッと笑えるような楽しい作品でした。
ダンナの感想も思っていたより面白かった、もう1度見ても良いくらいだった、と言ってました(#^.^#)

というわけでたまたまですけど3つの映画、三者三様?それぞれに性格の違う作品を観ました。

それにしても夫婦50割、(二人で2200円で観られる)中々使えます(#^.^#)
歳とって悪い事ばかりな気がしてたけど、悪い事ばかりじゃないかもね!


怒涛の?3日間

土日月と私にしては忙しい3日間になりました。

土曜日は仕事の後、高校の同窓会に参加。

今迄に2回開催しているんですが、3回目に当たる今回は実に25年ぶり。
もうみんなの顔とか完全に忘れてるな~なんてちょっぴり不安もありましたが・・・
実際に会ったらみんな当時から変わってない!すぐにわかりました(#^.^#)
さすがに25年経ったら激変してる人が居てもおかしくないだろうからちょっと意外でしたね~。
それと、みんなそれぞれ目標に向けて頑張ってる事に大いに刺激を受けました。
久しぶりに時間を忘れて楽しめました♪

日曜は実家へ。
最近いろいろと弱ってきてる母親。
父もいますが何せ二人とも高齢なのでいろいろ心配事も多い。
この日はたまたま父が出かけていて母が一人。
ゆっくり話ができました。
「子供の頃ピアノを習わせてくれたこと、ピアノを買ってくれた事、とても感謝しているよ、それが無かったら今私はピアノを弾いてないと思うし、先生にもピアノの友達にも会えなかったから。」
と素直に伝える事が出来ました。
そしたら母は
「あなたは本当にピアノを弾くのが好きだったから。そんな風に言ってくれてピアノを習わせて良かった」と。
本当にほんの少しだけだけど、この歳になって感謝の気持ちを伝える事が出来て良かった。

月曜日は久しぶりに上の子のママ友ランチ。
話上手なお母さんが居て、ほぼ笑いっぱなしの数時間。
冗談抜きで1年分くらい笑ったかも。
20190319154328e97.jpg

私の周り、良い人ばかり。
恵まれてるな…
いつも話を聞いてくれる友人。
優しく見守ってくれる両親。
そして我儘ばかりなのに許してくれる家族。
ピアノが弾ける今。
悩みを聞いてくれる先生、ブログでつながっている方々。

まだまだ悩みもありますが・・・

ありがとう。

なんていじらしい…

先日のレッスンが終わった時、いつもならすぐに後のお子さん(小1)が入ってくる時間だったのに来ていませんでした。

先生が
「あら~、○ちゃんどうしたのかしら?もう来る時間なのに。連絡も来てないし・・・お休みじゃないわよねぇ?」
と、言いながら、私と一緒に家の外まで様子を見に行くことに。

すると玄関を出た所で○ちゃんが泣いていました。
しかもしゃくりあげながら手で涙を拭いながらひっくひっくと泣いていました!
ビックリして先生が駆け寄って

「どうしたの?とにかくお外は寒いからお家に入ろうね~」

と、教室に連れて行って私はそこでさようならo(*'∀'*)だったんですが、気になりますよね・・・

帰宅してからレッスンの事に絡めて○ちゃんの事を先生に聞きました。

そしたらどうやらその子はお家でピアノの練習をしていて上手く弾けない所があってとても悲しくなってしまった。。。

と、お話してくれたそうです。

ううっ、なんていじらしいのでしょう・・・

それにひっくひっくと泣いてたんだけど、その姿があまりに小さかったのと、うちには女の子が居ないので女の子ってなんて柔らかいんだろう・・・(あ、私も可哀想で見ていられなくて背中をトントンして「どうしたの?」とか慰めていたのです)

というような事を思いだして

「あんな小さな子が練習を頑張ってそれでも弾けなくて泣いていたなんて・・・」

と考えるとなんというか感動すら覚えました。

塾や習い事をいくつも掛け持ちされてるお子さんだそうなので本当に頑張り屋さんなんだろうなぁ。

ピアノ無理しないで続けて行けますように(#^.^#)

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。

♪ただいま練習中♪

ショパン ソナタ3番1楽章
ラフマニノフ エレジー・ヴォカリーズ
ショパン ノクターン5番

♪終了した曲♪

ショパン ソナタ3番4楽章・ワルツ3番
メンデルスゾーン デュエット
リスト コンソレーション3番
ドヴォルザーク ユーモレスク

♪寝かせ中

ショパン  プレリュードop.45・スケルツォ1番
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ
メンデルスゾーン 3つのエチュード1番

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる