FC2ブログ
   
03
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

中2日レッスン(^^;

前々回レッスンを都合により休ませていただいたので、振り替えレッスンがありました。

思えば先週は練習会→ホール練習→レッスン、と、週後半がピアノ一色になってしまいました。

とはいえ、練習会→教室のピアノ友達と二人
ホール練習→一人
レッスン→個人レッスン

なので相変わらず密とは無縁なピアノライフです。本当に限られた人との交流です。

あ~あ、なんだか寂しいなぁ・・・コロナ禍だから仕方ないですが。友達やママ友やピアノ仲間と自由に食事したりしたいな。

ま、それはともかく前回レッスンより中2日でのレッスン。

実はレッスンをお休みした時に、ブラームスの間奏曲弾いていたんですが、その話を先生にしたら今回は最初に間奏曲を弾くことになりました。(いつの間にかレッスンに加わる(^^;)

何年か前に我流で弾いただけなので、細かい表現とか全然適当だし、その間にほとんど弾いてないので解凍と言ってもかなり初譜読み?みたいな状態に(^^;(^^;

ただ、以前譜読みしていた記憶も少しは残ってるので、途中の和音だらけの所とかは意外にすぐ弾けるようになりました。
だから感覚としては(0~10で表現すると)0からという感じでは無く、3くらいからという気分かな?←そしていつものことだけどここからがゴールまでが∞に感じる…(;´Д`)

いつも思うけど適当な感じに弾けるようになってから仕上げがひっじょ~~~に苦しい。

というわけで、
ブラームス 間奏曲Op,118-2

いきなりリピート前の左手の音間違い(^^;(^^;→大好きって言ってた部分!!
間違って覚えてる(;^_^A先生に指摘され、訂正。ひえ~~~~っ、やっぱり私の眼はフシアナだった。
とりあえず音の間違いはその1カ所だけだった。
これはまだ全然弾き込みが足りない。
メロディがちゃんと出ているところは良いですね、との事でした。

ショパン エチュードOp,10-1

1回通して弾く→その後、全ての右手をfでなおかつマルカートで弾く。→すべての右手をハッキリfでなおかつスタッカートで弾く→普通に弾く。
どうしても弱い指があるので(特に4、5の指かな)黒鍵でも白鍵でも同じ強さの音になるように練習した方が良い。(ムズイ(;´∀`))
だいぶ弾いてる時の手の形が良くなってきたと思います、との事。
5→1指の移動の時にぶつ切りにならないように意識。(ムズイ("^ω^)・・・)

ラフマニノフ=ワイルド ヴォカリーズ
相変わらず最初の4ページのみ。
練習不足のためミスタッチ頻発。

「すみませんすみません、あ、間違った、あれ?あれ?」
を連発(苦笑)する一々うるさいオバサン。_| ̄|○

途中、リズムが崩れ気味になっている部分を指摘される(;^_^A
ミスタッチだけでなくリズムもおかしいんかーい!!と突っ込みどころ満載((;´∀`)

先生のたたく手に合わせ、カッチリ拍を間違えないように弾く(;´Д`)つ、ついて行けない~~~

ひーーーーっ!!と、顔で笑って心で泣きながら(嘘)ヴォカリーズの哀愁漂うメロディーを演奏する私。

情感たっぷりなのは良い事だけど、最初はちゃんと拍を感じて練習しないとね、という事を仰っておられました。(納得)

シューマン「謝肉祭の道化」より「間奏曲」
良く考えたら「間奏曲」2曲も持ってきてる(;´∀`)
きっと好きなのね、「間奏曲」ジャンル。
それはさておき、どうもまともに間違えずに弾けたことが無い。(それはいつもの事だけど)
そんなに難しい曲というわけじゃないけど、♭6個というのと、音が若干跳んでるのが原因か。
ちゃんと練習しよう。

どうも先生はブラームスの間奏曲の方がお好きなよう。
という事でブラームスの間奏曲もう1度弾く。

ヴォカリーズももう1回。

ザックリとですが、↑というようなレッスンでした。ざっくりし過ぎ。


あっという間にレッスン時間が終わっちゃう(;'∀')
いや、どう考えても曲数があり過ぎ。

練習やる事あり過ぎ。



スポンサーサイト



レッスン・・・ちょっと浮上中

レッスンに行ってきました~

いろいろ煮詰まっていましたが、今回のレッスンでちょっと気持ちが浮上♬ ←現金なヤツ

ショパンのエチュードがほんの少し前進した気がしました。

いつもシューマンの間奏曲から弾き始めるんですが、今回はなんとなくショパンのエチュードから弾きました。

ショパン エチュードOp.10-1
ゆっくり通して弾く。
その後左手のメロディを意識するため、先生が右手、私は左手のみで弾く。
次に私が右手、先生が左手をという分担演奏。
どうしても右手が大変な為、右手を弾く方に意識を入れてしまう(というか私はそうしないと弾けない(^^;)
100%で言えば、右手95%、左手5%くらいの意識かな。
だけどこの曲のメロディーは左手なんですよね(^^;
それなのに右手をえっちらおっちら弾くのに精いっぱいの状態なので左手が全く聴けてません。
でも先生が片手を弾いてくださると少しだけ余裕が出来るので、左手の美しいメロディとか右手のアルペジオの響きの移り変わりとか味わいながら弾けるんですよね。
特に左のメロディをしっかり深みのある音で出すことで、広がりのあるダイナミックな演奏に聴こえます(マ、マジック?!)
改めて、この曲の素敵さを再認識!
美しい曲ってゆっくり弾いても素敵なんだよな~

シューマン 謝肉祭の道化より「間奏曲」
最初の勢いはどこへやら。この曲も素敵なんですけどね~~(^^;
ちょっとエチュードにかまけて?いる間にすっかり練習不足になっちゃってます。
とにかく練習しなくちゃ何事も始まりませんね。頑張ろう。

ラフマニノフ=ワイルド 「ヴォカリーズ
とにかく最初の3ページを集中的に練習・・・するつもりが、実は先週あまり練習できてませんでした。
若干後退気味かな~~と思いつつ3ページを通して弾きました。
そしたら「あら、だいぶメロディが綺麗に浮き出てきましたね!」と思いがけ無いお言葉が~~(嬉)
なんとなくだけど、「ゆっくり、でも確実に」と、小分け練習していた成果が(大げさ~~~)ちょっと出てきたかも??

その後、ホール練習の為に解凍しようとしてる「エオリアンハープ」を聴いていただこうと思って楽譜を持って行ったんだけど、残念ながら時間切れ(^^;

なんだか最近「エオリアンハープ」と「大洋」←しつこいけど
やっぱりこの曲達好きだな~~と。
練習していて程よい長さっていうのもあるかもしれないんですが(長すぎず、短すぎず)元々ショパンエチュードはどの曲も好きなので、
10-1もちゃんと弾けるようになりたいなという気持ちがむくむくと湧いてきました(#^^#)

練習曲なのに、どうしてこんなに音楽的っていうのか素敵なんだろう…

どこを取っても完璧なまでに美しいんですよね。

恐るべしエチュード。

なんてことを改めて感じたレッスンでした(#^^#)

レッスン進捗状況

コロナ禍なのでストレス溜めずにゆるっと練習してます~(コロナ禍じゃなくてもそうだろう、と言われそう(^^;)

なので先生にもヴォカリーズは最初の方しかやってません、と宣言(笑)

先生も「それで全然良いわよ~」(#^^#)という事で見ていただいてます。

最近ほとんど練習してないけどシューマンの謝肉祭の道化から「間奏曲」を持って行ってみてもらってます。

シューマン「謝肉祭の道化」より「間奏曲」
速度を上げると途端に音の間違いが頻発(^^;
まだ速度上げる状況じゃないみたい。
ゆっくり練習ね~

ショパンエチュードOp、10-1

ゆっくり最初から弾く。先週よりだいぶ滑らかに音も綺麗に弾けるようになりましたね!と。
家で練習してる時に右肩が痛くなる現象があり、自分でも肩に変な力が入ってると自覚あり。
先生に相談したところ、先生が一部分を弾いてくださり弾くところを見せてもらったら原因がわかった。
アルペジオの高音を弾く時に、先生は自然に体を傾けてるのに私は手だけで弾こうとしてた(^^;
肩や手に余計な力がかかってしまう原因がどうやらそれらしかった。
先生のように体ごと自然に持って行けば肩にはほとんど力は加わらない。よって肩の痛みは弾き方を変えたらほぼ無くなった。
あと、手の使い方。
広範囲のアルペジオなのでどうしても必要以上に手を広げてしまう。
その様子を見て先生が「手にも余計な力が入ってますよね、なんだか弾きにくそう」と仰って初めて気づいたんだけど。
手を広げる事に力を入れてると手が痛くなるし多分速度も出ない。(今はゆっくり弾いてるからいいけど、いずれ速度を出したくなっても出せない)
特に私は指が次の鍵盤を弾く時に、前弾いた鍵盤からすぐに指を離し(つまり弾いたらすぐに力を抜く)次の用意をしなければいけないのにそれがちゃんとできてないみたいで。
でもそれが出来てない事がわかったので、家での練習で力を抜く感覚を意識しながら練習したのが良かったみたい!

ラフマニノフ=ワイルド「ヴォカリーズ」
家での練習で最初の2ページ(1ページと言ってたけど結局2ページまでやった)までやったんだけど、レッスンの流れで3ページまで。
結局3ページ目は練習してないのでボロボロ(^^;
なんとなく「今は練習だから」と思って、曲想というより機械的に音を取って弾いていたら、先生から曲想のアドバイスをたくさんいただいた。
伴奏の和音をいかにメロディーを弾き立たせながら(でもかすれたりしないように)弾いて行くか?とか、こういうの苦手~
和音を揃えようと思うとツェルニーみたいにハッキリ元気♬になっちゃうし、それじゃこの曲には似合わない音だし、弱くと思ってそっと弾くと音が揃わなかったりどこかの音が抜けちゃったり(;´Д`)

というような注意点を考えながら次のレッスンまで(ゆるく)練習です(;^_^A

コロナ禍だからね、ストレス溜めないようにしなくっちゃね(#^^#)←だからコロナ禍じゃなくてもそうでしょ~~~っと(;^_^A

年明け初レッスンは自由奔放に

年明けの初レッスン☆

ヴォカリーズはヨチヨチ歩きにもならない、立っては転び、また立っては転びを繰り返しているような状況です。

曲想どころかまだ譜読み初期状態♬

全然曲になってないので(冬休み中何やってたんだ)レッスンに持って行くのも憚られるけどこれを持って行かないと他に弾けるものも無いので持って行きました(;^_^A(長い文だなぁ)

一応左手もつけてみたので先生に譜読み(音)の間違いが無いか確認していただきました。

異常に遅い速度、しかもしばしば「ん??この音は??」とかブツブツ言いながらの譜読みで、きっと先生

(こんな状態なら家でやってこ~~~い!!)(#^ω^)←こんな物言いはしませんけどっ

と思っているに違いない(;^_^A・・・

と、自分でも呆れながらのレッスン。

これはまだまだこれからどうなって行くのか楽しみです(笑)

そして休み中に譜読みした初☆シューマンの「ウィーンの謝肉祭の道化」より「インテルメッツォ」

これもまだまだ弾けてないですが、なんとかゆーっくり両手で弾きました(#^^#)

この曲はアルペジオ♬(アルペジオ大好き(#^.^#))

そしてこれまた無謀だけどいつかは弾いてみたい曲として、ショパンエチュードのop.10-1♪

最近家事やってる時のBGMがショパンエチュードop10&25なんですよね~( *´艸`)

華々しくオープニングを飾る10-1はいつかは弾いてみたいと思ってる曲。

もちろん私が弾くのはかなりキッツい曲ですが、ゆっくり弾いてもそれはそれで楽しいんですよね~。

速く弾くのは至難の業ですが、エチュードの名の通りゆっくり弾いてもかなり指が・・・(-_-;)

これも先生に見てもらいながら譜読み(;´∀`)

というわけで、ほぼ譜読み状態のレッスンだったので、音間違いが無いかどうか?のチェックが多かったですね~(っていうか先生もこの状況ではそれくらいしかできないよな~~~(;´∀`))

しかしまぁ、相変わらずの自由奔放な感じでの幕開けとなりました(;^_^A

ヴォカリーズ、なんとか普通に弾けるようになりたい!


レッスンでした。

発表会が終わって1週間も経ってないので何を持って行けば良いか悩みました。

とりあえずは「パガニーニの主題による~第18番変奏」のピースとヴォカリーズのピース(全音)、ヴォカリーズ(コチシュ版)、ショパンの幻想曲の楽譜を持って行きましたが
ちょっとだけ練習したのは「パガニーニ」のみ。(;´∀`)

なので後は先生にどれがいいかしら~~とか相談の為に持って行った感じです。

実は昨日記事をupした後で、
「そういやヴォカリーズのコチシュ版、ちょっと弾いてみようかな」
と思い立ち、最初の方を弾いてみようとしたんですが、音を右で取るか左で取るかわからない箇所があったりでやっぱ難しいし先生に聞いてみようと思い、教えていただきました。
楽譜を見ていただいたんですが、

「頑張れば弾けるんじゃない?」と言っていただいたのでちょっと弾いてみようかなと思います。

レッスンではヴォカリーズ(全音)を弾いて、その後「パガニーニ」を1音1音レベルで音符を並べ(^^;
「幻想曲」の最初の部分だけこれも1音1音弾いた・・・という感じで
結局先生の所で譜読みしたという(^^;←家でやってきなさい

そして、大曲(10分くらいの)をやるなら今から来年の発表会を見据えて決めて行きましょうね(#^^#)と。

そうね、発表会終わったばかりでまだ何も決めてないけど(^^;

いつも自分の力とはかけ離れた曲を選びがちな私なので。

先生も心構えというか私には十分に時間が必要ですよね。

うーん、発表会を見据えた選曲…悩みます。

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ご来訪ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる