FC2ブログ
   
10
1
3
4
5
6
8
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

レッスン 脱力(^^;

脱力といってもレッスンが脱力だったわけではなく、ピアノで脱力と言えばそう、例の手の脱力ですね!

音が硬い、一生懸命弾いても響かない、音が汚い、細かくて速いフレーズが綺麗に弾けない、トリルが上手く弾けない・・・はい、全て当てはまります(^^;

これらはどうやら脱力が上手く出来て無い事が黒幕の様ですね(^^;今更ですけど・・・。

私の場合どうやら手首、前腕あたりにどうしても余計な力が入ってしまいます(>_<)

自覚できてる時もあるけど無自覚な時もあり。

先生に「手首が上がってますね、手首に余分な力が入ってますね」

「あ~、上がってますか・・・?(無自覚)確かに・・・弾いてて疲れます・・・」

「手は鍵盤に置くだけで、手首は上げないんですよね。手首に力が入ると指先に力が入らないし音も響かないですよ、肩も上がっちゃいますし」

うーん、どうしても手首が上がる。

『その手の使い方ではとても弾きにくいでしょ。』

「はい、手が上手く動かないし速く弾けないからグシャグシャです(>_<)」←今さらですが

「手は鍵盤に置くだけ。手首に力を入れない、手首は上げないで。手首に入ってる力を抜いて指先に伝えると音が変わりますよ。ほら、今変わったでしょ?」

「ええ??そう言えばさっきの音となんか違う?」

「そう、ハッキリとした芯のある音になりましたよね」

手首の余計な力…
一生懸命弾いててもなんだか動きが悪いし、しかも疲れるというのは自覚してたんですが、具体的に何が原因なのかよくわかってなかったんですね。

正直言ってまだ原因が手首の力だと言うことは断定できないけど、手首に力が入って上がってる事は確かです。
じゃあ、手首の力を抜いて鍵盤に置くだけと言ってしまえばいかにも簡単そうなんですが、
生まれて初めて自転車の補助輪外すみたいなもので、今までずっと補助輪に頼って運転していたのを、外してすぐに二輪走行できる人は余程運動神経?運動の勘?がいい人でないとムリですね。
 
それと同じような感じなのかな。

ずっと手首に力が入った状態で弾いてきたので、急にさあ抜いてと思っても、すぐには対応できないというか。

でも、実はノクターン5番を弾いていて、連符の部分があるんですが、その部分はおそらく力を抜かないと上手く弾けないんですね。
少しでも余計な力がかかってるとことごとく弾けない…
その事を最近レッスンでも言われ、自分でも納得しました。
だから曲は違えど考え方としては同じなんだと思うんですよね。

ただまだノクターンの連符も上手く弾ける時と弾けないときがあって。

要は上手く力が抜ける時と抜けない時があるわけです。 

その、抜けるときの手の感覚をモノにしなければダメなんてすね。

力が上手く抜ける時は連符も綺麗だし音も綺麗。もちろん手が疲れる、肩が凝るとかない。
弾いていて気持ちが良いくらい。

抜けないとまず、まともに弾けないし、音がキンキンする割りに響かなくて聴いていても不快で手も疲れる…と、悪いことづくめ。

ノクターンは短いしゆっくりだから力が抜けなくてもある程度弾けるけど、ソナタは長いし速い(^^;
力が抜けなければ弾いててとても疲れるし、現に後半は特にグダグダ状態(前半もグダグダだけど)

もうそれほど時間が無いから弾き方を変えるというのは難しいけど、一部だけでもできたらなー!

なかなか練習時間が取れないけど、とにかく脱力のコツをモノにしたい、そう思うと弾けなくて停滞してた部分も、今よりもう少しマシになるのではと希望が出てきました。
 
スポンサーサイト



レッスン

レッスンに行ってきました。

この1週間というもの、教室練習会の場所確保等で珍しく奔走していました。もっと計画的にやっておけという話ですが(^^;
ギリギリ癖が中々治らないです。っていうかそう言うのは治らないんでしょうね(^^;

というわけで、正直ピアノはあまり練習していなく…そして例によって例のごとく発表会が近づくと違う曲を弾きたくなる病気も出てきてしまい、ピアノの練習は最初にエレジー、次にノクターン5番、余力があればソナタっていう、逆転現象を起こしています(;´Д`)

今一番新鮮なのは何と言ってもノクターン5番なので、力が入ってしまうのはノクターン。。。

のんびりとした曲想もあってとにかくゆったりと気持ち良く弾ける。
肩の力が抜けてリラックスできる曲です。
ついついリラックスムードのノクターンばかり練習してしまう・・・

レッスン前の30分ほど、仕方なく?ソナタを練習。
少しでもやっておくのと全くやらないとではかなり違うんですよね私の場合。みんなそうかもしれないけど。
1回目でバッチリ弾ける人はすごいと思います。
レッスンでも1回目はグダグダになる事が多く、2回3回と弾いてようやく少しノッてくるかなというていたらく。

特にソナタは自分なりのテンポ(出だしの)がまだ定まっておらず、今そこを探りながら練習しているという(^^;(^^;

かなりの背伸び曲なのは確かなのでモチベーションを保つのが難しいです。

もうどこで自分なりの折り合いを付けるか、って事だと思う。

練習段階からこんなにまともに弾けてないまま本番に臨むのも初めてじゃなかろうか(;´Д`)

でも、それも経験だと思うから、今回の課題は「理想と現実にどう折り合いを付けるか」

コンクールとかではきっと言語道断なのだろうけど、もう、自分の技術的に部分部分で速さを変えるしかないと思っていて、今はいかに違和感無く部分部分の速さをコントロールするか?と考えながらの練習&レッスンになっています。
弾けない所はゆっくり、弾けるところは割と速く。

作品としてまとまって聞こえるギリギリのラインを考えるとでもいうか。
前回録音聞いたら音量の変化がわかりにくかったのと、歯切れの悪いのが気になったので、なるばくハッキリ弾きたいのと音量の差を出したいと思ってレッスンで弾いたら、逆に
「音量を落としたいのはわかったけど、出だしのメロディーがはっきり聞こえてこないですね。音階部分のフレーズの最後の音が大きすぎますね、もう少し自然な感じで終われるように弾き方を考えましょうね」と(;´Д`A ```
あと一番最後に出てくるテーマの左手の6連符がどうしても追いつかず、意図的に速度を落として弾いているんですが、それが遅すぎるので気になる・・・との指摘でした。6連符のベース音(一番最初の音)以外はそんなにきっかりと弾かなくても(もちろん本来は弾くのでしょうが、技術的に無理な為)構わないからある程度の速さを保って勢いで弾いた方が…と。

この曲で歌えるようになるなんて、100年以上早いです。残念ながら音を追うので精一杯。

でも今回のレッスンでまだ改善点が見つかったので次回までにその部分を直してみようと思っています。改善点が見つかるというのがまだまだ伸びしろがあるかもしれないという希望になりますね。

エレジー
中間部分は前回より自然な感じで弾けていますと言ってもらえました。どうしたんだろう、そんなに練習はしていないんだけどな。たまたまかも。
前半部分は少し手に馴染んできたような気がするけど、中間後半はまだダメ。音を覚えてない。
でも先生からは「この曲はね~みさんの持ってる音質に似合っている、やっぱり短調が似合うわね~」
と、言われて、嬉しいんだけど~やっぱりそうか~、短調好きだもんな~なんて思いました。暗い曲が合ってる??単に力があるから迫力が出る?重い音?ってだけかもしれないですが.・・・(-"-;A ...アセアセ

ノクターン5番
練習は楽しいので今週にかけてこの曲が一番練習したかも。
気持ち良く練習できる。でも、本当はこれを終わらせて違う曲が弾きたいという気持ちもあって。
綺麗で穏やかな曲で弾いていて気持ちいいんだけど、ショパンにしては割と単純な構成の曲なので。
でも中間部はいろいろな意味で難しいと思うし前半と後半にはショパン特有の不規則な連符があってここはまだ要練習・・・なのよね。って考えるとまだ全然弾けてないわけです。

続きを読む

久しぶりレッスン

2週間振りレッスンでした。

メンデルスゾーン 3つのエチュード1番はまだつっかえながら弾いてる有り様で(^^;
とにかく全然覚えられず。
この曲弾くならショパンエチュード大洋の方が全然弾きやすい気がします←まっ、気のせいだけどね!
進歩0過ぎてさすがになんだか段々飽きてきました(^^;
全く弾けてませんが飽きてきたので違う曲が弾きたいです。さすがに先生も聞き飽きてきたと思う。
強制終了または寝かせに入るかもしれません。
お休み~(;´д`)

ラフマニノフ エレジーは前回より感情を込めて弾いているのが伝わってきた、と言っていただけました。
もう少し楽譜を良く見て細かい強弱を表現しましょう、クレッシェンドと書いてあっても楽譜に<や>など細かく書いてあるのでよく見て表現できるようにと。

ショパン ソナタ3番4楽章は、自分の中ではかなりゆっくり弾きました。
最初はゆっくり、最後は多少速度を上げて一気にと言う感じです。
やはり最後までゆっくりと言うのはあまりにも迫力に欠ける気がしてしまって。
とは言え左手6連符の所はどう頑張っても速度が上げられないのでここはメロディで迫力を出す…というようにメリハリをつけて行こうかと。

さて、メンデルスゾーンを強制終了すると次に何を弾こうかなとなります。
 
エレジーもソナタもがっつり暗い、激しい系なので穏やか系を入れた方がいいのかどうなのか。
しばらく悩んでみようと思います。





レッスン追加と楽譜作り

先日のレッスン、遂に?!このままでは心もとないという事でレッスンの追加を言い渡されてしまいました(;'∀')
(追加となってもレッスン代は変わらないので非常に有り難い事です。もう足向けて寝られないです(^^;)

ちょっと今、私の周りの環境が非常にバタバタしていまして落ち着かないのですが、そんな事は言い訳に過ぎず練習というものはほんの少しの時間でもやろうと思えば出来るわけで…(;'∀')

つまりそう言う言い訳をあれこれ並べてはみたものの、結局は練習不足・実力不足は否めません。

そんな状態でレッスンに行けば、それはもう、一目瞭然というか一聴瞭然?な事は間違いないです。

自分でも「これはまずいな・・・」と、わかってはいるのですけどね。

まずは楽譜のコピーを通常と縮小版で取る所までしました。並行して『キリの良い所まで数小節暗譜』(今の楽譜を立てる事も考えて)もしている最中です。
でもレッスンでは敢え無く撃沈して、成功しませんでした(-_-;)・・・が、これは本番用楽譜を作るまで続けてみようと思います。←早く作れという事ですけど…

新しい曲で楽しんでる場合じゃ無いんですが・・・(でも弾きたい欲求が("^ω^)・・・)



先生からの指令

先日のレッスンで先生からの指令が。

指令その1、まずは本番用の譜面を早く作って慣れること。
作らないなら今見てる楽譜をそのまま舞台に持っていくことになるからどこで捲るかを考える。

指令その2、暗譜は無理かもしれないけど、一部分でも楽譜を見ないで弾けるようにするといい。
譜捲りする時に流れを切りたくない部分を暗譜した方が良い。

バラードでもそうでしたが、やはりどうしても譜捲りしながらの演奏は、変な所で切れてしまったりする事があります。
曲の流れを切らないように譜面を作るのももちろんですが、どんなにうまく作ろうとしても譜面台の幅には限りがありますし、正直端っこの方はちゃんと見えなかったりします(^^; 
本当は暗譜で臨むのがスジなのでしょうね、表現的にも読譜しながらとなるとぎこちない演奏になり勝ちだと思いますし、音が跳ぶところなどは本来鍵盤を見ていたい。外す確率が減るとおもうし…
ま、暗譜が出来ればその辺りの問題は解決するんですけどねー、ワーキングメモリーの容量の少ない私の頭には非常にそこのところが難しい。

諦めてはいけないんでしょうが、ほぼ諦めてしまっています…

どちらにせよ部分部分の暗譜はしていかないといけないんですけど。

先生からの指令、まずは舞台用にコピーを取るところをようやくしました。
後はどうやって流れを切らないよう繋げていくか…

これまた頭を捻る問題です。

それも考えなきゃだけど、ちゃんと弾けるように練習しなくちゃ←まだそんな事を言ってる段階だと言う(^^;
 

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。

♪ただいま練習中♪

ショパン ソナタ3番4楽章
ラフマニノフ エレジー
ショパン ノクターン5番

♪寝かせ中
ショパン スケルツォ1番・ソナタ3番1楽章・ プレリュードop.45
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ
メンデルスゾーン デュエット
リスト コンソレーション3番
ドヴォルザーク ユーモレスク
ショパン ワルツ3番
メンデルスゾーン 3つのエチュード1番

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる