fc2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

レッスン♪

先日のレッスン。

vocaliseとその他1曲。

その他の方から弾きました。(その他と書いてるけど一応それがメイン(^^;)

練習会で弾いて散々だったけど、(「練習会」というネーミングが良くないのかな。練習会で弾くと練習した気になってしまいます。)

「練習会で弾いたから今日はもういいや」って気になってしまい、家ではあまり練習しませんでした…。

結局人前でダメだった部分こそ練習不足な部分であり苦手な部分であるわけだから、何がどうダメだったか自分なりによく考えて家での練習に反映させなきゃいけないのかもしれないけど…

1曲の中に「凄く好き♪な部分」と、「うーんそうでもないかな~と言う部分」があり、どうしても「凄く好きな部分」をしつこく練習してしまう傾向があります。

「萌え部分」は何回も練習するのでなんとなく弾けるようになるのですが、「自分的にそんなに萌えない部分」はどうしても練習が後回しになってしまうんです。

でも実際人前で弾くのに「それほど萌えない部分」を抜かして弾くわけにもいかないのですから、練習しなきゃ!と思うんだけど…どうも気が進まない。

すると「はぁ・・・ここあまり練習したくないけど練習しなくちゃ・・・だよね?」

と、あまりにも消極的な練習動機になってしまう。

そこで最近は自己暗示をかける事にしました(笑)

「私はこの部分が好きだ!なんという素敵なメロディラインなんだろう!!ここをとてつもなく美しく弾きたい!!」

と、思う事にしました。

すると・・・なんだかとても好きになってきた・・・ような気がするんですよ!いやマジで。(←単純)

よく考えてみれば名曲なんですから、無駄な部分とかどうでもいい部分とかあるわけない。

弾きにくい・・・とか、なんだかなーとか言ってる場合じゃないんです。

「私はこの部分が好きだーーーっ!!」

「だから綺麗にひきたいんだぁーーーーっ!!」

って事なんですよね、要は。

・・・


ん?


レッスンは??


いやまあ、そういう事でつまり名曲を弾くんだからなるべく美しく弾きたいですよね!!って事でした(#^^#)

さ、頑張ろう!っと。

スポンサーサイト



前回のレッスン

前回のレッスン覚書きです。

ラフマニノフ=ワイルド ヴォカリーズ
ようやく6ページまで到達・・・
とは言え、お世辞にも「余裕で弾けてます」という状態ではなく、ひいひい言いながらヨロヨロと辿り着く6ページという感じ(^^;(^^;
けれど結構複雑な部分が7ページ位まで続くのですが、その後はようやく音が少なくなるんですよね。
いつも6ページまで弾いて、

「あ~!海外旅行だ!!早く地元に戻りたい!!」と叫んでます(^^;

ほら、海外旅行ってワクワクドキドキだし楽しいけど、自分の家に帰ってくるとすごくホッとするじゃないですか。
複雑な部分を弾いてると海外旅行だなって思うんですよね~
刺激たくさんだけど何もかも非日常ですごく疲れる。
早く自分の家に帰りたい。やっぱ自分ちは落ち着くわ~~~

そんな感じ。(どんな感じだ笑)

ヴォカリーズはいつ終わるのかわからない海外旅行。中々自分の家に帰れません(>_<)

ブラームス間奏曲Op,118-2

この曲は気分が乗ってそこそこな感じで弾けるような気がする時と、全然ダメダメな時と。
右手のメロディが和音っていうのが多用されてるので、チャンとメロディを出す。
どうしても左手の音が結構大きくなっちゃうんですよね。
気を付けてるつもりなのにいつの間にかメロディが埋もれがちに。
伴奏部分は控えめに。

ショパンエチュードOp.10-1
難航しています(>_<)
先生から小指のタッチが弱いのでは?
と言われ(自分でもそう思う)かと言って手に力を入れたら疲れてしまうし、脱力し過ぎるとハッキリした音が出ないというはざまで上手い力の入れ方っていうか抜き方っていうのがイマイチわかってないなと感じます。
効率的な手の使い方、表現したい音による手の使い分けの問題?

ピアノって同じ「弾く」でも出る音は全然違ったりしますもんね。

最近また初心?を忘れてきていて「意思の無い音」で弾いてる時もあるなと感じます(^^;

改めてピアノは奥深いですね。

ようやくシューマン間奏曲終わった~

ようやくシューマンの間奏曲終りました~~~

長かった・・・

しかも中々ちゃんと弾けるようにならなかった・・・

ようやく終わったけど全然完成度は高くなく、そこは私クオリティ(^^;(^^;(^^;

それで次の曲何にする?という話から、今年の発表会の話になり、発表会曲何にする?と…

次のレッスンまでちょっと日にちが開くので考えたいと思います。




さてレッスンではシューマンを2回弾いてなんとか終わりになりました。(多分終わらせたいオーラが出まくってた(´▽`) ホッ)

最後まで間違いが直りませんでした・・・・(^^;

ショパンエチュードOp、10-1
5指から1指へのつなぎ方がだいぶ滑らかに弾けてきた。
全体的に余分な力みのようなものが無くなってきた。
一番弾きにくく感じていた30小節目、だいぶしっかり弾けるようになってきた。
IMG_0315.jpg

と仰っていただけました(はい、もちろん私比で!(#^^#))

だがしかし、速度は全然速くなりませんね(^^;(^^;

ブラームス 間奏曲Op.118-2
最初に出てくるpp部分。
始めがp、その後のpp、という事で、pとppに明確な差を出したいところ。
私の弾き方だといくら頑張って弱く弾いているつもりでもあまり差を感じない。
確かに言われてみればそうかも・・・弱く弾いてるつもりなんだけど、これ以上は無理みたいな?
すると先生、「私が弾いてみますから聴いていてね」と、弾いてくださりました。
IMG_0317.jpg

問題の箇所、先生が弾くと明らかに音が変化する。
pで弾いてる部分とppで弾いてる部分、えっ?!とすぐ分かるくらい音が変化してる。

え??ウナコルダ踏んでる??

と、思って足元を見ても踏んでないの。

指の使い方が違うんですよね!かなり伸ばした状態でそっと弾くとまるでウナコルダのような弱くてくぐもった音になるんです!

へぇ~~~~~~

弾き方(指の使い方)でこんなに音って変わるんだ!

・・・と、改めて感じました。

そう言えばノクターンなどの静かな曲の時に指を寝かせるような弾き方って教わってるんだよね。

でも応用力の無い私の事、それをこういう時に使うのか!!って…先生に言われて初めて気づくという("^ω^)・・・

記憶力も無い、応用力も無い、(ヾノ・∀・`)ナイナイづくしの私のピアノです・・・

ラフマニノフ=ワイルド ヴォカリーズ

この曲も遅々として進みませんが、今回は5ページまで進めました。
ようやく4ページまでがなんとか曲として聴こえるようになってきたのでそろそろ先に進んでいく事にしました。
だが、この曲はここからがかなり難しい(^^;
楽譜がごちゃごちゃ(^^;
してて音符が多いのです・・・・(*_*)目が・・目がぁっ!
掴みにくい和音が多い上に音が跳んでるので弾けない~~~
もう、ひたすら練習あるのみ、なんですよね。
そして一々楽譜を見ながら一つ一つ音を確認していたらどう考えても曲にならない。
なので記憶するしかないんだろうなと。
IMG_0318.jpg


というレッスンでした(#^^#)

力を抜く

ショパンエチュードOp.10-1レッスン、中々進んでいきません。
進んでいかないのはある意味当たり前で、練習段階で弾き方がガタガタだから。
速度を上げるなんて全く出来るはずも無く。

弾き方ガタガタだなぁ~と思ったのは何度弾いても全然上手く弾けない所が何カ所もあるんですよね。
自分でも「あれ?おかしいなぁ、なんでこんなに弾けないんだろう?」
とは思うんですよ。
でも、難しい曲だし、弾けなくて当たり前だよね・・・、というところで思考がストップ。
ショパンのエチュードですし、私は技巧的にエチュードを弾きこなせるレベルには達してないので弾けないのは当たり前。
もちろん、それはそうかもしれないけど、弾いていて自分の弾き方にすごく違和感を感じたんです。

それにしても10-1で私は何回もこういう違和感を感じています。

最初は高音部のアルペジオを弾く時の手の角度。
これは割と初期に体ごと高音部の方に持って行く弾き方で解決しました。
そして今回…というかこれも最初からでしたが、30小節~36小節、特に苦手なのが30小節です。
右手♭ミ→♭シ→♭ミ→ドを5→3→2→1の指で弾くのですが、とにかく弾きにくい。
手をめい一杯広げて弾こうとしてしまう→手の平に力が入る→上手く鍵盤に触れる事が出来ず、肝心の指先に力が入らない→、鍵盤を捉えられず音も上手く出ない。

どうもそういう風になっちゃうんです(>_<)

練習してて、なんでかなぁ、ここすごく弾きにくいな~と感じてましたが、自分では上のような解決には至りませんでした。

技術が無いんだから仕方ない。無謀な曲なんだから弾けるわけがない、と思っていましたから、弾けなくても当たり前ですもんね。

でも今回のレッスンでちょっと光が見えてきました♪

プロのようなスピードは出ないかもしれないけど、ちょっと弾きやすくなるような手の力の抜き方を教えてもらいました。

果たしてそれですべての問題が解決したのか?って言ったらそれはそうではないと思うけど。

教わってもすぐに忘れたりコツを掴んだと思っても気づいたら元に戻っちゃってたり。

行きつ戻りつしながらなんだろうけど、少しずつ進めればいいやと思っています(#^^#)

「力を抜く」

文字に起こせばたったの4文字。

だけど奥深い事なんですね~。

余計な力が入ると疲れるし音が響かない。

中2日レッスン(^^;

前々回レッスンを都合により休ませていただいたので、振り替えレッスンがありました。

思えば先週は練習会→ホール練習→レッスン、と、週後半がピアノ一色になってしまいました。

とはいえ、練習会→教室のピアノ友達と二人
ホール練習→一人
レッスン→個人レッスン

なので相変わらず密とは無縁なピアノライフです。本当に限られた人との交流です。

あ~あ、なんだか寂しいなぁ・・・コロナ禍だから仕方ないですが。友達やママ友やピアノ仲間と自由に食事したりしたいな。

ま、それはともかく前回レッスンより中2日でのレッスン。

実はレッスンをお休みした時に、ブラームスの間奏曲弾いていたんですが、その話を先生にしたら今回は最初に間奏曲を弾くことになりました。(いつの間にかレッスンに加わる(^^;)

何年か前に我流で弾いただけなので、細かい表現とか全然適当だし、その間にほとんど弾いてないので解凍と言ってもかなり初譜読み?みたいな状態に(^^;(^^;

ただ、以前譜読みしていた記憶も少しは残ってるので、途中の和音だらけの所とかは意外にすぐ弾けるようになりました。
だから感覚としては(0~10で表現すると)0からという感じでは無く、3くらいからという気分かな?←そしていつものことだけどここからがゴールまでが∞に感じる…(;´Д`)

いつも思うけど適当な感じに弾けるようになってから仕上げがひっじょ~~~に苦しい。

というわけで、
ブラームス 間奏曲Op,118-2

いきなりリピート前の左手の音間違い(^^;(^^;→大好きって言ってた部分!!
間違って覚えてる(;^_^A先生に指摘され、訂正。ひえ~~~~っ、やっぱり私の眼はフシアナだった。
とりあえず音の間違いはその1カ所だけだった。
これはまだ全然弾き込みが足りない。
メロディがちゃんと出ているところは良いですね、との事でした。

ショパン エチュードOp,10-1

1回通して弾く→その後、全ての右手をfでなおかつマルカートで弾く。→すべての右手をハッキリfでなおかつスタッカートで弾く→普通に弾く。
どうしても弱い指があるので(特に4、5の指かな)黒鍵でも白鍵でも同じ強さの音になるように練習した方が良い。(ムズイ(;´∀`))
だいぶ弾いてる時の手の形が良くなってきたと思います、との事。
5→1指の移動の時にぶつ切りにならないように意識。(ムズイ("^ω^)・・・)

ラフマニノフ=ワイルド ヴォカリーズ
相変わらず最初の4ページのみ。
練習不足のためミスタッチ頻発。

「すみませんすみません、あ、間違った、あれ?あれ?」
を連発(苦笑)する一々うるさいオバサン。_| ̄|○

途中、リズムが崩れ気味になっている部分を指摘される(;^_^A
ミスタッチだけでなくリズムもおかしいんかーい!!と突っ込みどころ満載((;´∀`)

先生のたたく手に合わせ、カッチリ拍を間違えないように弾く(;´Д`)つ、ついて行けない~~~

ひーーーーっ!!と、顔で笑って心で泣きながら(嘘)ヴォカリーズの哀愁漂うメロディーを演奏する私。

情感たっぷりなのは良い事だけど、最初はちゃんと拍を感じて練習しないとね、という事を仰っておられました。(納得)

シューマン「謝肉祭の道化」より「間奏曲」
良く考えたら「間奏曲」2曲も持ってきてる(;´∀`)
きっと好きなのね、「間奏曲」ジャンル。
それはさておき、どうもまともに間違えずに弾けたことが無い。(それはいつもの事だけど)
そんなに難しい曲というわけじゃないけど、♭6個というのと、音が若干跳んでるのが原因か。
ちゃんと練習しよう。

どうも先生はブラームスの間奏曲の方がお好きなよう。
という事でブラームスの間奏曲もう1度弾く。

ヴォカリーズももう1回。

ザックリとですが、↑というようなレッスンでした。ざっくりし過ぎ。


あっという間にレッスン時間が終わっちゃう(;'∀')
いや、どう考えても曲数があり過ぎ。

練習やる事あり過ぎ。



記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ご来訪ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる