FC2ブログ
   
09
3
4
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

前回のレッスン~余計な力が入り過ぎ(;^_^A

レッスン曲

ショパンノクターン8番
出だしの1小節左手のみの部分、なんとなく弾いてしまいがち。
左手のみで目立つ所なので自然に、感情入れ過ぎも入れなさすぎもダメ(^^;
加減が難しい(^^;第一関門。
第二関門。
15962559880.jpeg
ここもすべての音をしっかり出すと思うと力が入って弾けなくなる(^^;
第三関門。48連符の部分。
15962560100.jpeg
ここも力を抜く。
通して2回ほど弾き、↑の部分の部分練習。
中々力が抜けないな~~。抜けると綺麗に弾けるんだけど、成功率が悪い(^^;

ショパンノクターン4番
前回終わりの部分の音の出し方弾き方を指摘されたけれど、今回は終わり部分はokで、中間部を中心に2回ほど弾く。
なんか遠慮しちゃって。もっと思い切って弾けば良かったかな。
気持ちが曲に入ってないと途端に「ただ弾いてるだけ」になってしまいがち。

ショパンエオリアンハープ
最初に通した時に何故か力が入ってしまって響かない(>_<)
「あれ?あれ?」
自分でも力が入ってて響きが悪いなと気づくも弾いてる最中はどうにもならず、そのまま弾き終わる。
音が跳んで盛り上がる部分も結構練習したはずなのに、上手く音が響いてくれない(^^;
あー、力入ってるわ・・・なんでだろう?
しかも両手のアルペジオもバラバラになってしまって…
というわけで1回目弾き終わってから
「力が入ってましたね。それとちょっと音が揃っていなかった部分がありましたね」とご指摘が(;^_^A

そそそうですね・・・

やっぱり先生は力が入ってるのわかっちゃうのね(^^;

先生の耳は節穴じゃなくってよ!!←私の耳は節穴だけどねっ(;^_^A

やっぱ直前にpopsに脱線が良くなかったのかな、それもあるけどまぁこれが実力でしょう(;´∀`)

「私も力が入ってるな~って感じてました(;^_^A音が響かないなって。」

というわけでもう1度力を抜いて、1回目よりも速めな速度で弾きました。

2回目はだいぶ力も抜けて、弾くことが出来ました。

力を入れると疲れるし音は出ないし、響きも悪いし動きも悪くなるしで良い事無いんですよね。

弾きながら

「あ、力入ってて響いてない、疲れる」

そう感じたらそれは勘違いでもなんでもなく確実に力が入ってるんですね(^^;


気づいた時、どうやったら上手く力を抜けるのか…

そこがまだよくわかってないのです。

ちょっとした緊張とか、そういうものが関わってくるんだろうけど。

まだまだ課題だらけの3曲でした。





スポンサーサイト



今後のレッスン

新型コロナが広まってきて、悩んだ末3月はマスクをしてレッスンを受けていました。
私は東京都下住まいなので、数字の見かけ上は23区内よりは感染者が少ないはずですが、それでもやはりチラホラといる状況ですし、私自身の仕事も不特定多数の人と関わることもありますし、いろいろと考えた末マスクで受ける事になったわけです。

が、今月になり状況は悪化しているし、学校も休校延長。
でも自分の仕事はそのまま継続出勤だし、むしろこれからもっと忙しくなってくる。
先生のお家には体の弱いお子さんがいて、万が一私が知らずに感染させる事になってしまったら…
と、考えて今月はとりあえずお休みすることにしました。

ちょっと寂しいけど今はこうするしかないかな。

とにかく必要最低限の外出ということにしなければいけないし。

レッスンはコロナが落ち着いたら出来るんだし。
感染のリスクをとってまで続けなくてはいけないものではないので。

幸い、ピアノと言う趣味は自宅で一人でも出来る趣味。

人と交わらなくても出来る趣味です。

そう考えれば自粛にもってこいな趣味なのかもしれません。

たった今、東京都で感染者110人以上、と速報が入りました。

慌てず、騒がず…

とにかくすぐに自分で出来る事は自粛、外出を極限まで減らす事。

今はそれしかありません。

趣味も友達とのお茶やランチや飲み会も、健康だから出来る事。






レッスン~そしていろいろ考える

レッスン、進歩を感じることが出来なかった。
ヴォカリーズは安定していて崩れがあまりなかったけど、メロディはどうも手が完全に覚えきっておらず。
バラード2番は多少練習したけどじゃあどこが良くなったの?って言ったらどこも・・・・という進歩の無さ。

あ~あ、私のだめなとこ、ザックリ間違いながら弾いてそれで「なんか弾けたかも」って思っちゃうとこなんだよな。

それはとんでもない勘違いで、こんな状態(譜読み初期)で人前に出すとか普通ありえないでしょ?という状態なのに(;^_^A

まあ今のところ人前に出す予定も無いんですけど…。

バラード2番は発表会で弾くかもしれません。

今回のレッスンは
ヴォカリーズ→メロディ→バラード2番
を立て続けに弾きまして、時間の関係でノクターン12番まで行けませんでした(^^;

やっぱりかけた練習時間の差が出るのかな~?

ヴォカリーズはトータルでは一番時間かけて練習してるから指が覚えてるような気がするのよね。

メロディは最初のころに比べればなんとなく「らしく」弾けるようになってきたのはいいんだけど、音を覚えきってない(指が)
なのでふとした瞬間に「あれ?」となってしまう。

バラード2番は弾けない箇所の部分練習が不足。
それにプレスト部分の弾き方がカクカクしてる気がする。
スラーがかかってるのに滑らかさが無い。
つまり大きく流れを捉えていなくて、音符だけ見て弾いてる感じ。
楽譜の指示を守れていないってことだよね。

だから反省ばかりのレッスン。

そう言えば先生のレッスンももう丸6年、7年目に入ります。

ブロ友さんたちからはたくさんの励ましや刺激や感動や教えを頂いています(#^^#)

子供のころのピアノ歴も含めるともう10年くらいピアノをやってることになるわけですが、ピアノって奥が深すぎるって思ったのはここ3~4年の事でしょうか?

ただなんとなく弾いていた頃は奥深さがわからなかったけれど、ピアノを通じてたくさんの方に出会って新しい世界を知ったような気がします。

ある意味人生観を変えて下さるような出会いもありました。

楽しいから弾く・・・・だけでもなく、

苦しいけど弾く・・・・だけでもない。

私は後悔したくないから弾く・・・

・・・・のかもしれません。




レッスン~欲張りレッスン

先週と今週は残念ながらヤル気が削がれてしまい…
練習に身が入りませんでした。
ヴォカリーズとメロディとバラード2番の3 曲だけでもアップアップな所に、欲張りな私はもう1曲追加で練習していて(ノクターン12番)ノクターンの楽譜をパラパラと捲っていたら他にも弾きたい曲がたくさん(笑)

あー、そう言えばショパンのノクターンはどの曲もすごく好き!!
12番が一区切りついたら、次はこの曲もあの曲も…弾きたいなー♪

なんて遊び弾きをしてしまい、やるべき曲の練習がすっかり疎かになってしまうという、悪いパターンに填まってしまってました(^^;

そんな訳だから(と、またまた得意の言い訳よ(^-^;)先週も今週も全然進歩無し!(>_<)

ラフマニノフ ヴォカリーズ
一通り弾く。最近練習してないので忘れたり間違ったりはあったが、だいぶ安定してきましたね、と言われる。流れは良くなったみたい?

グルック メロディ
こちらも練習不足。
シンプルなのに難しい(;´д`)
音が少ないから大変じゃないと思ってた自分のバカ~!
音が跳ぶから鍵盤見ないと外す、でも音覚えてないから楽譜見なきゃ弾けない、短い曲なのに覚えられん、つまり記憶力が低すぎるんだよね、と今さら気づく…。

ショパン バラード2番

一見簡単そうに見える最初のスラーの部分。
これが曲者というか、私にはなかかスラーに弾けないという(-_-;)
タタータタータ
というフレーズが
タ、タータ、タータ
と切れてしまい上手く繋がらない。
実はノクターン12番にも同じような箇所(ソステヌートの指示)があり、やはりそこも同じようになってしまうのね。
なんか音の長さを保てない。(>_<)
プレストの部分の左手の音階部分のペダルの入れ方と最後のアジタート部分を何度か練習。
アジタート部分は1拍目の左をもっと思いきって強く弾いて良い。

ショパン ノクターン12番
先週からレッスンに勝手に入れてもらってます(笑)
最初先生に『ノクターンの12番やりたいんですけど~』と言ったら、
『12番ってどんな曲でしたっけ?もしかしてあの長い曲?』って言われたけど13番と思ったのかも?
12番はそんなに長くは無いんだけど、ソステヌートの部分が長く感じるかも?
今回はえっちらおっちら1 回だけ通して弾き、ソステヌートの部分がテンポが少し速いのでは?と言われて納得でした。
この部分は音を出すのはそんなに大変ではないのでつい速く弾いちゃっていました(^-^;

そんなこんなで4曲も見てもらい、欲張りなレッスンでした。
まだまだどの曲も中途半端。
なのに新たに弾きたい曲はどんどん出てくる!
もう、どうすりゃいいのでしょうか?!
あー、あれもこれも弾きたい!!



レッスン~音の響き

先日のレッスン。

この1週間は『メロディ』の集中練習。
ようやくよーうやく目と手が慣れ始め、
『今練習しなきゃいつ練習するんだ?!』
っていう謎の使命感に(^-^;
ある程度弾けるようになってくるとストレスが少なくなって練習も楽しくなってくるんですよね(*^^*)

で、レッスンに行くと先生の家のピアノの譜面台に楽譜が広げてありました。
近くにも沢山の楽譜が積み重なっていて。
先生が慌てて片付けていました。
レッスン以外にもご自身の弾く方の活動をたくさんされているのでお忙しいんだろうな~
でも、そうやっていつもご自身の演奏を磨かれているからこそ、先生の事、尊敬出来るんですよね(*^^*)

と、話はレッスンに戻り。

ラフマニノフ ヴォカリーズ
何となくスムーズに弾けるようになってきた。
自分なりにフレーズを意識して、常に『歌うように』考えながら練習。
スラーの途中で切れたりしないように、スラーの始まりと終わりを感じる。
先生は『先週よりもっと良くなってきたわよ~』
と、嬉しいお言葉♪♪
自分では1週間の練習で何がどう変わったか?わかってなかったりするけど、進歩出来てるようで嬉しい(*^^*)

グルック メロディ
練習に力を入れていた…というより、自然と練習たくさんしていた感じ。
バッハで言うと中毒期?
後少し、後少しでもう少し弾けるようになりそう…!
みたいな(笑)
この曲もとにかくフレーズ意識、歌を意識、左と右(メロディー)のバランス、伴奏を右と左で弾くところの音量を抑えてメロディーを浮き立たせる事を意識。
伴奏とメロディーの音を変える意識。
『だいぶ先週よりスムーズに弾けるようになってきましたね~。』
『ちゃんとメロディが浮き出るように聞こえてます。音も綺麗に響くようになってきましたね~』
と、またまたすっごい嬉しいお言葉!
『あとね、前はppが難しいって言っていたでしょ?今ちゃんとppで弾けていますよ。ppだからって音が上手く出なかったりということが無いし、きちんと音が響いてますよ。上手く力が抜けているんだと思いますよ』

って、なんだかめっちゃ褒められてるけど、本当に~~?!(リップサービスか?!)

綺麗な音で弾きたいというのは再開してからずーっと思っていたことなので、音が綺麗になってきているなら、とても嬉しい( ´∀`)
ひとつ、階段を上れたような気分。

ショパン バラード2番
こちらはぼちぼち…というところ。
ザックリ雰囲気は掴めてるけど細かい部分で覚えてなかったり音を外しまくったり。
なかなか譜読み期からは脱出出来そうに無い感じ。

というわけで前回レッスン終了でした。

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。


♪ただいま練習中♪

ショパン エオリアンハープ・ノクターン4番・8番
バッハ 平均律1-18

♪練習お休み中♪

ショパン バラード2番
ラフマニノフ ヴォカリーズ
グルック メロディ
ショパン ノクターン12番

♪発表会で弾いた曲♪

2019年 ショパン ピアノソナタ3番4楽章
2018年 ショパン バラード1番
2017年 リスト ため息
2016年 ショパン エチュードop.10-3
2015年 バッハ G線上のアリア、 ショパン ワルツ14番
2014年 ショパン ノクターン1番、 軍隊ポロネーズ 


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ご来訪ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる