07
1
3
4
5
7
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

意思のある音

この間のレッスン番外編でも、先生とのレッスンでも、一体自分の弾く音と何がどうしてこうも違うんだろう?
って思った時、(特にこの間のレッスン番外編で)強く感じたのは
「音に明確な意思を感じる」
って事でした。
自分の弾いたのは、表面上音符通りに弾こう、とその場その場で書いてある音符を鍵盤に移す作業をしていただけ。
流れというのか曲にとって大事なメロディというのか、そういうものを考えずにいました。
とにかく「とりあえず全部の音を鍵盤に移す」という事しか考えていませんでした(^^;(^^;
もちろん表面上は表記通り?に弾いてるつもりなんです。ここはpだから弱く、ここはfだから強くね!って。でもそう言うことじゃなかったのかも…。
なぜそこがpなのかfなのか…それはフレーズを読み取って初めてわかることなのかもしれないなと。
YouTubeやCDを聴いてわかったつもりになっていたけど、実は自分で弾いてる時はメロディやフレーズを考えていなかったんです。
私がやってたのは『作業』だった…。
「意思を感じる音」という事は、当たり前かもしれないけど、ただ音符を鍵盤に移す作業だけでは出せないのですね。
今までそういう事何も考えずにピアノに向かっていました(^^;(^^;

そんな事をずっと考えていて、そういえば何年か前にノクターン1番を弾いた時、先生に繰り返しアドバイスを受けた記憶があります。
ノクターン1番は割とシンプルな伴奏とメロディの曲ですが、最初メロディを淡々と弾いてたんですね。特に出だしは右手だけで始まるんですが、ここを何も考えずにさらっと?弾いてしまい、先生から
『ここから音楽が始まってるんですよ?ということは、ここの弾き方はそういう弾き方ではなくて…』
っていう助言がありました。
その後も気を抜くと?すぐにそういう機械的な、何も考えていない弾き方になってしまっていました。
単旋律だから何も考えてない弾き方だとすぐに私でも『あれ?!』って分かりやすかったです。
なのに何でだろう?いつしかそういう事すっかり忘れてしまっていたような…

でも、これからもっとそういう様々な事に気を配っていけば良くなるはず、というのがわかったので本当に良かったです。

これからは意思のある音で弾きたい!
そう思うとバラードはもちろんだけど、今まで弾いた曲達もとても新鮮に感じます。 
なんだかヤル気を失いつつあった間奏曲もまた新たな気持ちで取り組めそうです(*^^*)
スポンサーサイト

『難しい曲を弾く』のではなく…

なるべく毎日ピアノの練習をしようと思ってはいるものの、どうしてもコンスタントに練習出来ない時もあります。
出来る時は2時間とか出来る時もあれば、出来ない時は0・・・という感じです。
ピアノ的には毎日30分とか一定の時間出来た方が良いかもしれませんね。(なかなかね~(^^;)

さて、今メインでやってる曲も、昨年やった曲も、私の実力からすればかなり無理してる選曲かもしれません。(ていうか、そうです)
多くの教室ではおそらく1年に1回の発表会。
その舞台にちゃんと弾けるかどうかわからないような曲…それってどうよ?
自分だったらそんなの絶対に無理、だって弾きこなせなくて恥をかくのは自分だよ?っていう意見はそれはそれで素直な意見だと思います。(私が言われたわけではありませんが)
私も迷いましたし。

なんていうのか、無難?にちょっと目標下げて弾きこなせそうな曲を…
と、思いました。
けど、よく考えたら「目標下げて弾きこなす」って事自体が土台無理なんですよね。
まず、目標を下げたら弾きこなせるのか?←これ、今「バラード」と同時進行してる「間奏曲」がありますが、弾きこなせてません。バラードより難易度は低いはずですが…ほらね、無理じゃん(^^;
発表会候補だった曲「大洋」、かなり長い間やってましたが弾きこなせませんでした。
「フーガト短調」これもダメダメでしたね。
今までの発表会で弾いた曲。昨年の「ため息」これすごく頑張ったけど本番は壊れたレコードみたいでした。でも、あこがれ曲だったから悔いは無い(^^)
一昨年の「別れの曲」先生からのお勧めで弾いたけど、弾きこなせはしなかった。
その前は「ワルツ14番」これも先生のお勧めで弾いたけど弾きこなせなかった。
その前の「ノクターン1番」「軍隊ポロネーズ」共に全く弾きこなせなかった。(結局毎年ムリしてるからかしら?!)

というわけで、結局どんな曲を選んでも「弾きこなす」域に辿り着くなんて、私程度の人が頑張っても無理なんじゃないの?って思うんですよね。
もちろん努力はするし目標はあって近づきたいと思うけど。

今までの発表会で、弾きこなせなくても納得したっていうのは自分で本当に弾きたい曲を弾いた時だけなのかなって。
でもこれはあくまで私の感じた事であって、そうじゃないって言う方もたくさんいるでしょう。

他の方のblogを拝見してると、実力とかけ離れた曲を弾く事に抵抗を感じる方は結構いらっしゃるんだと感じます。

元々私がピアノを習いたいと思ったのは、憧れの曲達を弾きたいと思ったから。
そして、その憧れ曲たちは揃いも揃って何故か私の実力とはかけ離れた曲だった。
あのレコードで聴いて衝撃を受けた曲たち。
私を一瞬で虜にしたあの曲たち。
こんな曲が弾けたら!(*^^*)
それらは殆どが、たまたま?私にとっての『実力不相応曲』だった訳なのですね(^^;

だから、今の私は
『難しい曲(だから)を弾いてる』
訳ではなく、
『憧れた曲を弾いたら私には難しい曲だった』
ということなんですよね。

カッコよすぎる・・・

YouTubeを何気なく聴いていて、この曲カッコよすぎる・・・
と思った曲。
エチュードなんですけどね。
スクリャービンなんて正直ワケわからんと思っていました。
あんまり馴染みが無かった。
難しそうで・・・(楽譜見たら案の定激ムズなんですけど・・・)
これもいつかは・・・いつかは・・・

ところでいろんな人のバラード聴いてみて、バラードもホロヴィッツのバラードが一番好きかも。と思った。

やっぱりスゴイ・・・何この存在感…

スクリャービンエチュードop.8-12


ショパン バラード1番


素晴らしい演奏を聴き、ピアノの練習へのテンションが上がっております!!

1曲をじっくり取り組む?複数曲の取り組みをする?

私は1曲の完成度が低いというのが悩みの種で、(モチロン他にもいろいろ悩みがありますが)
なんでかというとモチロン技術的な事があるのと、多分、飽きっぽいという事があると思います。
なので極稀にスイッチが入る時は頑張るんですが、基本的に『なかなか上手く行かないなぁ~~』と思い始めると、
『あーあ、やんなっちゃった!!あ~~~~~!!』と、投げ出してしまう事もあります。
何と言う根性ナシでしょうか。
・・・と、自分で書いていて悲しくなりました(;'∀')

例えば根性ナシには「どんなに気持ちが乗らなくても1日1時間練習」と、目標を立てたとしても続きません。
また、飽きっぽいのに「その曲に飽きてしまったとしても練習は続けなくてはいけない」と決めても難しいでしょう。
 
某SNSで練習についてとてもいいなぁと思った記事をシェアしてくださった方がいて紹介しますね。

本番の緊張に負けてしまう危険が高い練習のやり方とは?


好きこそ物の上手なれ、と言いますが、

弾きたいって思った気持ち。
この曲が好き、いいなぁって思う気持ち。
この曲素敵!と感じる気持ち。

それが段々『練習しなくちゃ!!』って思って練習がどんどん嫌になってきてしまったり、苦しくなってくる→更に楽しくない、練習したくなくなる
この負のループ。

それはみんな『少しでも上手って思われたい』とか『舞台で恥をさらしたくない』『完璧に弾きたい』
とかいう、なんかそういう見栄から来てるんですよね、私。

上手になりたいと思うのは向上心だから必要かもしれないし、ピアノやってる以上当たり前の気持ちだけど、『上手と思われたい』って完璧に見栄ですよね(^^;

というわけで基本的に楽しく弾いていきたい、そして曲に対する感動を失いたくない、
私の場合、それはいくら上手に弾けないからってその曲だけを練習する事じゃないなって。

ある程度新鮮な気持ちを維持するためにも、楽しみの1つとして今まで通り他の曲も弾いていこうかなと思ってます。

完成度に関しては…どうなんでしょう?
まぁ、この性格ですから低いままかもしれませんが、腐ることなく『好き』の情熱を失わないように弾いて行ければなぁ。

いろんな曲との向き合い方があると思います。
もちろん、1曲集中してやっていくやり方も全然ありだと思います。
これはあくまでも私個人の楽しみ方ということで。


暗譜問題

私はどうもなかなか暗譜出来ない人みたいです。
弾いてたら自然に覚えちゃったー、と言うことは殆どありません(T-T)
いいなぁ、覚えられる人。
かれこれ半年弾いてた大洋だって、フーガト短調だって結局暗譜できず強制終了。
バラードも本当は暗譜できるならしたいけど無理そう…この調子だと楽譜をそのまま持っていくかコピー譜をもっていくかになりそう。
でもコピー譜は14ページ?!とかになっちゃう。なんとか譜めくりを減らすように考えているけど…
そろそろコピー譜を作らないと、急にコピーで弾こうとしてもムリなんですよね。
見る場所が違うのですごく戸惑うんですよ(;´д`)
つくづくガン見しながらじゃないと弾けないのね、と悲しくなるわ…

耳から音楽に入れる人が羨ましくなる瞬間です。

視覚優先とか聴覚優先とかあるけど、私は視覚優先のヒトなのかもしれません。
でもそういうサイトで自己診断しても視覚優先とかバッチリ出る訳じゃないんですよね。
ただ、視覚の方が理解しやすいのできっと視覚優先のヒトだと思ってます。

例えば私は人の話を聞くのがニガテなんですが、(仕事でも、『これとそれやってから、あれをこうして』なんて言われると結構困ります。記憶の問題もあるのかも)
メモかなんかに書けばすぐにわかります。
人がたくさん居る場所で友達の話を聞き取るのも実はニガテ。時々言ってることがわからなくなる時あります。特に小さい声とかはほんと、無理。周囲の声に紛れてほとんど聞き取れないです。
他の人は聞こえているらしく、反応してるので今さら『なに?なに?』って聞き返すのも悪いしなぁと思ってやり過ごしてしまうこともあります。

後、聞こえていても内容がなかなか理解できない事もあります。(それって…おバカなだけ??)
違う事考えてたりとか(妄想?(^^;)ボーッとしてるとかそういうことかもしれませんが。

以上の事が暗譜のできなさともしかしたら関係あるかもしれません。
(関係ないか…ただ単に歳だからかもしれないけどっ!)

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示