FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

音楽が流れない…

カテゴリをラフマニノフにするかピアノ全般にするかどうしようと思ったんですが、昨日録音した音を聞いて、あー、音楽が流れてないなと思ったんですよね。自分の思ったのとなんか違う。
それで、そういえば『なんか違う』って思ったのは別に今回に始まったことじゃないな…と思ったんです。
だからラフマニノフだからって訳じゃない。
んで、ピアノ全般のカテゴリにしておきました。(前置きが長いけど)

このまえに強く感じたのはたぶんソナタやってる時だと思うけど、正直ソナタはあまり録音して無かったので(録音する気力も無かった)練習してる時は気づかなかったような気がします。
そう考えると練習中に録音して自分の音を客観的に聞いて、『あれ?なんか違う?』となったのはもしかしてバラード1番の時だったかもしれません。
全然弾けてない訳じゃないけど、何か違う…
でもそれが何かはわからない。
何回も録音して何回も聴いて。
でも、やっぱり何かが違うし第一自分の演奏が全然好きになれなかった。
その時の原因が意思の無い機械的な処理だったことをやんわり指摘され、自覚することが出来て一歩も二歩も前進したような気がしました。
でも、ここへ来てまた『何か違う』演奏になってきてる気がします。
でもバラードの時と違うのは、自分では意思のある演奏をしてるつもりだったのに、録音ではその意思が全然演奏に反映されていない事。

単に弾き込みが足りないのだろうか?

確かにまだ迷いがありながら弾いてる箇所もあるし、全体的に弾き込みは足りてないと思う。
後、強弱の幅が狭いなと言うのはすごく感じる。
自分では出してるつもりだけど全体的にmf…みたい。
この間のレッスンでもっと感情込めてゆっくりと…と指摘されたのでまだテンポが掴めていない。 

いずれにせよ自分が聴いていて心地好くないものは他人様が聴いても当然心地よくないだろうなぁと思われます(^^;

今の私には練習して録音→録音聞いて修正

これを繰り返して行くしかないのかな。
もちろんレッスンでも先生の耳で修正して貰うことも必要だけれど。

スポンサーサイト



年越しはショパンとラフマニノフで・・・

またお久しぶりになりましたが、世間はお正月気分も抜け、普段モードに戻りつつありますね。
我が家も先月の25日から私以外は全員完全にお休みになり、そして今日ようやく子供たちが登校し冬休みが終わりました。
長いよ!!長すぎるよ冬休み!!(´;ω;`)ウゥゥ

時間を戻すと大晦日は夜少し気分が乗ったので、デジピで練習しました。
練習してるのは相変わらずショパンのバラード2番とラフマニノフのヴォカリーズ。
練習初期の「譜読み全然進まなくてため息期」がようやく過ぎて、「多少間違いながらもなんとなく弾けてきた気がする期(ああ勘違い)」に突入。
徐々に弾きたい気分の時が多くなってきたのでそのまま弾きまくり、気付けば年を越していました(笑)

ピアノ弾きながら年越ししたの初めてかも?!

なんにせよ練習が楽しいなぁと思いながらピアノを弾いてるなんて、久しぶりの事。

いつもの事だけど曲の練習の最初の頃(譜読み初期)は楽しめるのよね。

でも実はバラードとヴォカリーズはいつもの感覚じゃなくて、譜読みの最初の方は中々捗らず全然練習する気にならなかった。
少し練習しても曲に聞こえて来ない。
おかしいな、楽譜の見た目はそんなに複雑に見えないのに。
脳トレ曲(調号・臨時記号バリバリ)じゃないはずなのに。あ、ヴォカリーズは脳トレ曲か。

練習・・・面倒くさいな・・・
今日は出かけるし、明日も早いし、他にもいろいろしなくちゃいけないし・・・
今日は止めておこう・・・

そんな日々の繰り返し。

今日こそ練習しなくっちゃ。
好き曲なんだし(多分)
いや嫌いでは無いし(恐らく)
じゃあ練習しよう・・・
明後日レッスンだし(休みたい)
やらなくちゃ!

という気持ちが昨年ず~~っと続いていました。

週1のレッスン、すごく負担に思った時期が正直ありました。

だって練習してないから。
練習して無ければ弾けない。
言い訳から始まるレッスン。
でも先生はいつもニコニコ。
いろいろ忙しいもの、わかるわよ
と、つっかえつっかえたどたどしく弾く私のピアノを横で聞いてくれる。

これでいいんだろうか・・・
練習して無いのはすぐにわかる。
1度も弾かずにレッスンが終わったこともあった。
ただただ話をして。
このまま続けていいんだろうか・・・

実は去年の発表会後、もう1つ小規模な教室の発表会があった。
でも私は「忙しいので出られません」と断った。
事実仕事も繁忙期だし、実家にも行ったり子供の受験の事もあったりして忙しいのは忙しかった。
でも一番大きかったのは練習する気が起きなかった事。

レッスンを休みたいと何度も思ったし、こんな状態でレッスン受ける意味があるのかすごく考えたけど、
ここで休んだら怠け者の私はもうピアノ弾かなくなっちゃうような気がしたんだよね。

というわけで週1レッスンだけは続けたけど、今ようやく気持ちが持ち直してきて練習が楽しめているところ。

年末のレッスンで先生が

「またバッハやってみたらいいんじゃない?

なんて言っていた。

そう言えばバッハ・・・やってないな。

多分もう1年以上やってない気がする。

バッハやってもいいかもね。

でもまだ他にも弾きたい曲がたくさんある!

譜読みってどういうこと?

度々疑問に思う言葉、それは「譜読み」です。

「譜読み」が速い、遅い、とか良く聞くんだけど、実際の所、どこまでやるのが「譜読み」なのかな?

ちなみ私の先生は「譜読みしてきてくださいね~」とは言いませんね。聞いた事が無いかもしれません。
なので具体的に先生に「譜読みって何ですか?どういう事が譜読みなんですか?」ときいたこともありません。
子供の頃に習った先生からも「譜読み」って言葉を聞いた記憶が無いですね。
なので再開してからネットで知った言葉だと思います。

私はなんとなく・・・

「譜読みってなんとなくつっかえたり間違えたりしながらも両手で最後まで弾ける(速度や表現の細かい完成度は抜きにして)」

って状態かな?っというような受け止め方をしていました。
というのはそういう状態で録音などをupすると「譜読みが速いですね」と言われる事があったからです。
決してちゃんと弾けてるわけでは無く、ダラダラと通しで音を拾っている状態でです。

でもネットでよくよく調べてみると「譜読み」というのはきちんとした定義があるわけでは無く、使う人によって状態が異なるようだというのがわかりました。

一口に「譜読みした」と言っても

・片手ずつ通して弾ける
・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む
・ある程度の流れで曲を一通り弾ける
・速度・表現など細かい部分も含めてきちんと弾ける

等、いろいろなパターンが考えられるのかな?と思います。

私自身は
・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む

所から中々進歩が見られないのが悩みの種なんですが、「譜読み」の定義がはっきりしていない以上、それを「譜読みが速い」と言ってしまって良いのか?は抵抗がある所です(^^;

「譜読みが速い」「遅い」って一体どういう事なんでしょうね?

・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む

のを「譜読みした」とするならば、速いか遅いか普通かはわかりませんけど、その段階は私は「好き」です(#^.^#)

でも、実際人前で演奏したりする時は、「・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む」
では今までの経験上ちゃんとした演奏には程遠い状態なのは確かです(^^;

・ある程度の流れで曲を一通り弾ける

状態で初めて練習会などで多少聞かせられる演奏になるのかな?

私の場合は申し訳ないな~と思いながらも譜読み初期段階でも練習会で弾いちゃったりして、その場で部分練習とかさせてもらったりという勿体無いことをしてしまいますが(^^;(聞いてる人にも申し訳ないんですが)

というわけで、人それぞれに『譜読みした』という言葉の意味が違うというの、結局なんだかよくわかりませんね(^^;(^^;

で、一体『譜読み』って何なの?
譜読みが速い、譜読みが遅い、って具体的にどういう事?
という疑問は全く解決されず…(^-^;

皆さんはこの言葉をどう捉えているのでしょうか?

電子ピアノを修理してもらおう!

ようやく重い腰を上げ、電子ピアノを修理してもらう事にしました。

購入後1年半位で調子が悪くなり(^^;1つの音が最大音量で再生されるようになりました。

(ネットで調べたところありがちな故障のようでした)まだ1つの音だし~と思って我慢&アコースティックピアノもあるしそっちで練習しよう・・・・と夜の練習の時だけ使っていたんですが、徐々にいろいろな音に不具合が出るように。
押しても音が出たりでなかったりする鍵盤もあります。

アコピで練習すれば良いっか・・・としばらくはアコピオンリーで頑張っていたんですが、今度はアコピの騒音問題が浮上。
現在アコピはほとんど練習出来ない状況に。

というわけでまた電子ピアノの出番かなと。

とにかく故障を直さなくちゃ始まらない!というわけで修理してもらう事になりました。

修理予定はまだ先なのですが、とにかくちゃんと直ってくれれば。

どうやら数万円かかるようなので痛い出費になりますけど、ストレスなく練習できる方が優先ですよね(#^.^#)

息苦しい演奏

たま~に自分の過去の音源などを聞いてみると、「間」が無いという事にちょっと驚きます。
その当時は気付かなかった・・・もしくは気付いていても直せなかったか。
そして傾向としては、とにかく速い(笑)
余裕が無いからだと思うけど、暴走してる録音がたくさんあります。

一昔前の交通標語じゃないけど

「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」

正にその通りなのですよね~。

「何?どうした?なんでそんなに急いで弾いてるの?」

歌ってないから「間」が無い。

音符を追っているだけになってしまっているから、「間」が無い。

「間」が無いという演奏は、(自分の演奏ですが)十分な呼吸が無いわけだから聞いていて息苦しいんですね。

息苦しい演奏は聴いてる方も不安になるだろうし、苦しいでしょうね~~(^^;(^^;

レッスンで先生に

「休符も音楽なんですよ(#^.^#)」

と言われていて、頭ではわかっていても、いざ自分で弾いてる時に気づかないのは歌ってないから…。

ミスのある無しよりも、むしろ演奏の「間」の方が大事なんじゃ・・・?!

もちろん、ミスはあるより無い方がいいだろうけど。

刻み演奏についても後から聞くとよくわかります・・・。

弾いてる時はわからないんですよね(^^;

わからないって怖い事で(笑)今聞くと「ええっ!!?何これ?」なんて思うんですよね。

でもこれって成長でしょう?

何年か前はわからなかった。でも、今は「え?!」って違和感に気づけたんですよね。

それだけ聞く耳が成長したって事ですよね?

50を超えて成長できるってすごい事じゃないですか?

まぁ、気付けたからと言って、直せるか?はまた別問題ではありますけど…("^ω^)・・・ね!

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。

♪ただいま練習中♪

ショパン バラード2番
ラフマニノフ ヴォカリーズ

♪自主練♪

ショパン エチュード大洋
グルック メロディ


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる