FC2ブログ
   
08
1
3
4
5
7
9
11
13
16
17
18
20
21
23
24
26
27
28
29
30
   

今日のレッスン(21回目)

先日は初めてのアコピ録音で、あまりの自分の演奏の酷さにショックを受けて放心状態でしたが
じゃあ発表会を先に伸ばしましょうね~という訳にもいかないし、
こうなったら暇を見つけてとにかく練習あるのみ!!
金に糸目はつけんぞ!!(って言っても2時間で900円だから良心的)
とばかりに練習室を借りに行くことにしました。
(良心的とはいえ、薄給の身にはジワジワ堪えるなあ…
もう、デジピ君は信用ならないわ!!って訳じゃないけど(^^;(十分お世話になってるし、失礼しちゃうわね!)
アコピの音に慣れるしかない。そして録音して自分の音を聞いてみるしかない。
やれるだけやってみようと決めました!

今日のレッスン
先生の第一声が「元気だった~?(^^)」と、笑顔で♪嬉しいな!(アンタ、幾つだと思ってる?(^^;)
幼稚な書き出しスミマセン
やっぱり先生のファンなのでテンションが上がってしまうのよ(^^;

ツェルニー30番~12番
とりあえず弾けてるのでOKに。(ホントにとりあえずだけど)

ノクターンop.9-1
皆様からいろいろ案をいただいて作ったマイ楽譜持参。
曲を弾く前に、録音してもいいですか?とことわって自分の演奏を録音。
先生の前で弾いたら結構間違いが…(^^;
安定してきたと思ったけど状況によって結構左右されるみたい。なんか不安になってきたな。
最近はこの曲、割とサラッと終わってたんだけど、今回は中間部の弾き方にアドバイスがありました。
pppからffまである曲だから、もっと中間部をダイナミックに弾いても良いかも、と。
中間部の盛り上がりをもっと強調するっていうか、テンポを揺らして弾いたほうがいいと思うとのこと。
終わり方についても(最後の2小節)静かにス~っと終わる感じの方がいいとのこと。
全体的に慎重に弾きすぎない方がね~みさんらしさがでる演奏になると(^^;(どーゆーコトだ?!)
どうやらppやpppを気にするあまり、弱く弱くって思って弾くと、肝心の表現の方に頭が回らなくなるみたい。(つまりいっぺんに2つのことは考えられない頭なのね(T▽T))
でもまだまだ「変わっていけるよ~!」と、励まして下さり、私自身楽しみです(^^)
先生が「私だったらこんな感じで弾く」とおしゃったので、演奏の録音もさせていただきました。
やっぱりツボを心得て聴かせどころをちゃんと把握した演奏でした(^^)
同じピアノ、同じ楽譜なのにね!

軍隊ポロネーズ
こちらは今回もサラッと1回通しただけ。
こんな感じでいいよ~とのこと。。。
私の方から和音の連打について質問。(今更?!)
最初の頃よりはマシだけど、やはり疲れるのでコツはありませんか?と聞くと
ひたすら手首を柔らか~く使う!との事。
手首に力を込めたまま鍵盤を叩くと響かない汚い音になる…と。(見本をみせてくれた)
理屈ではわかったような気がしたけど、じゃあ、実際どうやって手首を柔らかくして打鍵するのか
それは帰宅後デジピでちょっと練習してみたけどよくわからない(^^;

連打してる時、上手く出来てる時と出来てない時があって、出来てない時は手首に力が入ってる、そこまではわかった。
(割と右手の方が上手くできるので、左手のぎこちなさを右手で誤魔化す現象が起きてる)
手首に力を入れずに弾く…ムズカシイ(>_<)!!

関連記事

Aさんと練習(5回目)

それにしても関東圏毎日暑い、暑すぎる~~(>_<)
よく「猛暑」とか「酷暑」とか言ってるけど、そんなレベルじゃないよね?!
「危険ドラッグ」という言葉があるけど、「危険サマー」とでも言いたいくらいよ…(って例え悪すぎ)
私が子供のころは暑いって言ったって30度とかそのくらい。
「熱中症」なんて言葉もほとんど聞いたことが無かった。
今や36度37度なんて当たり前のように天気予報で目にする毎日。
うちはこの1週間ほとんど昼夜エアコン付けっぱなし状態。
エアコンて自然の風とはやっぱり違うから、付けたからって良く眠れるというわけではなく(私は)
朝起きたときにイマイチスッキリしないのよね…。
もう早くも夏バテしてる感じで(^^;

そんなわけでなんだかピアノに熱が入らず…(気候のせいにしてるだけ?)
いえ、気候のせいだけではないんですよねー。
実は昨日Aさんと練習の日だったんですが、初めてアコピで録音してみたんです~。
結構自分では気持ちよく?!弾けてて、
「やっぱりアコピって音が良いよね~♪弾いてて気持ちいいよね~♪」
なんて言ってたんです。
「今日も楽しく練習できて良かった~!お疲れ様~!またね~♪」
なんてルンルン♪(死語)しながら帰宅。
帰宅後、鼻歌交じりでレコーダーをpcに繋ぎ、
「さ~て、どんな風に録れてるかな~(^^)」
play▼カチッとクリックしたら
ショパンのノクターンが…

♪シドレラシソ…!!!繊細さの欠片もなく響き始めました(T_T)
一瞬何事が起こったのか??
と、思ったくらいのガキガキ(パキパキじゃないです)のノクターンでした…。《゚Д゚》
えっ?なにこれ…こんなひどい状態で「音が良いよね」って悦に入ってた私(ある意味珍百景?)
左手がガキゴキガキゴキギクシャクしてるわ、右手の出だしもハード感満載(-_-;)中間部のオクターブに至っては、
アンタ、どんだけ音出してんの??っていうくらいの大音量(T_T)
恐る恐る「軍ポロ」を聴くと

ジャッジャ・ジャッジャ・ジャジャジャジャジャーン!!!(はい、運命じゃありませんよ)
耳が割れるわ!!
っていうか、音、きったな!!(訳:音、汚いです)
間違いが多い上に、ちゃんと弾けてない上に、音が汚いってヤバ過ぎでしょ…

と、言うかさ、この状態をこの日まで全然気づかずにAさんと練習してたんだよね。。。

昨日はそんな事にようやく気づいた私。
デジピでそこそこ弾けてる気になってたって事。
アコピでぜっんぜん弾けてないって事。

すんごいショックが大き過ぎて、昨日は完全に脱力状態。
自分の耳がいかに当てにならないか、録音しなきゃわからなかった。

それにしても~この演奏を思いっきり(無理やり)聴かされてたAさん、ごめんね…
ため息しか出ないよ…。
今更だけどこの演奏、これからどうすれば良いんだろう。
アコピでひたすら練習するしかないのかな…

音源?!汚すぎでとても載せられない…
関連記事

ピアノの先生3

私のピアノの先生について、何度も記事にさせていただいてますが(勝手に!ゴメンナサイ!)
今回もその話をさせていただきますね。

先生に習われているAさんに紹介していただいて、体験レッスンに行く前に、Aさんを通して先生から連絡がありました。
「1つだけお伝えしたい事があります。私のところのピアノはグランドではないです。アップライトですが、それでも良ければ是非いらして下さい」と。
正直なことを言えば、家ではデジピだし、週に1回レッスンの時はグランドで弾きたいな~って思ってたんです。
そして、同時期グランドピアノがある別の教室にも体験レッスンの申し込みをしていました。
でも、グランドの教室の先生の電話の対応がちょっとアレ?って感じだったんです。
(結局グランドの教室には体験も行かず辞退させていただいたのですが)

グランドにちょっぴり未練はあったのですが、紹介していただいた先生の方でレッスンさせて頂いたらとても楽しくて。
もちろんウン十年ぶりの再開ピアノなので、先生から見ればメチャクチャだったはずなのですが(途中で演奏を止められるかもと思ってましたが)最後まで聴いて下さり、ペダルの使い方や、表現の仕方を先生自身が弾いて示して下さり。
とてもわかりやすく、丁寧に教えてくださいました。
否定的な言葉は一切使わず、まず演奏を認めて下さり(ショパンのワルツでしたが例によってパキパキワルツでした)、その上で「ここはもう少し~すると、もっと大人っぽい表現ができますよ」といった肯定的な教え方に、私のヘタレ根性がピッタリマッチしました。
で、グランドじゃなかったけど即決でした(^^)

ピアノは2本ペダルのアンティークぽい物で、ふんわりと優しい音です。
かなり使い込んでいて、鍵盤に瑕もついている…
ある時「素敵なピアノですね。」と、言うと嬉しそうに先生がおっしゃいました。
「このピアノはね、いろんな人の想いがたくさん詰まっているんですよ。だから(他のものに)替えられないんですよ。この間、中身を全部取り替えてもらったの。」

あぁ、そうか…そうだよね…
たくさんの生徒さんがいろいろな想いをこのピアノに託してきたのね。
この曲が弾きたい、上手になりたい、先生に褒められたい…
「先生の愛が溢れたピアノ」なんだな。
そしてこの方は生徒のこともピアノのことも大切に大切に思っているんだな~と嬉しくなりました。

この方ならうちの子を上手く導いてくれるかも・・・
そんな気持ちになり、相談してみたら、2つ返事で引き受けて下さり、子供も習い始めたところです。
子供が特別ピアノが好きってワケじゃない事も、ちょっと困ったクンである事も了承済みで受けてくださいました。
最初は別に興味ないけど?と言ってた子供ですが、「先生は好き」と、言っています。
ピアノは好きにならなくていいけど、好きな人が1人増えた、その事が大収穫だと思ってます。
(なかなか人を好きになれない子なので)
そして親以外に彼を理解してくれる大人が出来たこと、私と彼にとっての支えになると思います。

先生に引き合わせてくださったAさんにも感謝でいっぱいです。

つぶやきのような内容ですみません。
読んでいただいてありがとうございました。




関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ご来訪ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる