10
1
2
4
5
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
   

レッスン31回目、何事もギリギリは良くないです。

かる~く落ち込んでおりましたが少し浮上。
大体じ~っとしてると余計にいろいろ考えちゃうので
こういう時は無理にでも身体を動かした方がいいかなと
今日は仕事も休みだし、レッスンは午後からだし
ちょっとウォーキングがてら買い物に行くか~!!と。

距離的には歩いて20分位かな?
ま~、気分転換も兼ねてだから最初はゆっくり目に歩いていたんですが、
ふと時計に目をやるともうお昼近い。
レッスンの時間まで(今更)頭の中で計算すると・・・あれ?もしかしてあんまり時間ないよ?
速攻で買い物して戻らないと・・・アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー(気づくのが遅い)
急いでスーパーへ向かう。
と、途中でなんとAさんに会う!!
ランチにお誘いいただいていたけどその件でしばし談笑~(あれ、なんか以前にもこういうシチュエーションが・・)
ヾ(〃゚ー゚〃)ノヾ(〃。。〃)ノヾ(〃゚ー゚〃)ノヾ(〃。。〃)ノうんうん!そ~だね!
私、もしかして急いでいたような・・・・(´∀`;A
ウンウン(゚▽゚*(。_。*(゚▽゚*(。_。*)
まあこのネタももう飽きていると思われるのでこの辺にしておきます!
(でも、本当なのよ~!何で急いでる時に限って知ってる人に会うのだろう・・・)

Aさんと別れ急ぎ足でスーパーへ。
しかし、こんな時に限って・・・○意が・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・(ゴメンね下世話な話で)
どうやら急ぎ足のウォーキングが刺激になった様子^^;
うっ
と思ったけど波がありしばらくすると収まる。
ホッε=( ̄。 ̄
買い物開始。
「時間無いからこれとあれとそれでいいや!」と足早に売り場を回る。
一目散にレジへ・・・・
ってえ~~~~~!!今日に限って何この列~~?!ヾ(°∇°*) オイオイ
とりあえず店員さんが二人のレジに並ぶ・・・
ふと前の前の人の買い物カゴに目をやると
カートの上下に山盛り品物があるじゃん!Σ(゚口゚
しまった・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・
ででで、でも店員二人のレジはここ以外ないし、一人のレジより絶対速いはず・・・ヾ(´゚Д゚`
と、主婦暦十ん年の経験から計算する。
く~~~っ!!またしても○意がぁ・・・
ヤバイヤバイ、ここまで並んだんだ、ここで○意ごときに負けては女がすたる!
石の上にも三年、レジの列にも30分、ははは早くして~~Σ(´Д`;) うあ゙
意識を遠くへ飛ばすのだ、ここはスーパーじゃない、私は列に並んでるんじゃない・・・
・・・・ふ~~~っ、ちょっとおさまったぽい・・・・フー ( ̄‥ ̄) = =3
ようやく次の次だあ~、早く早く~~!
「○○さ~~ん、ちょっとこっちにきてください~!」
と、サービスカウンターからレジの店員さんが呼ばれる・・・・
え~~!!?一人になっちゃうの?このレジ~~~!!
もうもうもうもう・・・はやぐーーーヾ(´゚Д゚`
そんなこんなでなんとかレジを済ませ、
徒歩20分の道をバスで帰るか歩いて帰ろうかと悩んだのですが
このまま歩いて帰ったら間違いなく前代未聞の事件になる予感がしたので
その後の事はご想像におまかせします(゚ー゚(想像すな!!)
ここで一句

気をつけよう 急な運動と 腹具合
こうして寄せては返す波に翻弄されるね~みであった・・・・。ー完ー

で、終わっちゃったら意味ないでしょ~~!!

なんとかギリギリ帰宅予定時間に間に合って
少し練習もでき、レッスンへ。

ツェルニー30番~18番

前回の左手の課題をなんとかクリア。
両手の音階もなんとかクリア(たぶんゴマカシもあり)
という事で、終わり。
次の19番をひととおり弾いてみる。
これは今弾いてるテンポをもっと上げて持ってきてくださいとのこと。

プレストアジタート

出だしの左手の音、もっと深く。
打鍵している時間が短くスタッカートのように聞こえる。
ここを直せば曲に深みが出るはず。
確かに自分の演奏を録音して聞くと深みが無い^^;
先生が左手を弾いてくださり、私が右手を乗せて通しの演奏。
やはりゆっくり音を確認しながらの練習を再度言い渡される。
この曲も次回はスピードをもっと上げてくるように(´∀`;A

ハンガリー舞曲第5番

楽譜を広げて置くとすぐに先生が
「うわ~~、嫌な楽譜だわ~~(´∀`;A」と。
つっかえつっかえヨロヨロしながら何とか弾く。
「これ最初から弾きにくそうだね~~^^;」と先生。確かに私の鈍すぎるテクニックでは・・・^^;
「ちょっと弾いてみましょうか・・って言っても私もソロは弾いた事無いから~」
と、おっしゃりながらも見本演奏を(^^)♪
弾きにくい所が何箇所かあって、私はもうつっかえまくりなんだけど
さすがに先生はちょっとスムーズに行かないわね~、と言いながらも弾けてましたね。
当たり前かもしれないけど~~やっぱり全然違うんだな♪
弾きにくい所はやはり取り出しで練習、
早く弾くのは無理なのでゆっくりでいいからメリハリのある演奏を目指しましょう。

他にもたくさん弾きづらい所があるけど、特に私が苦手な部分
2014103118280001.jpg


関連記事
スポンサーサイト

落ち込む事。

ここのところな~んかヤル気が起きず、
練習もはかどらず。あ、これはいつもか^^;
何か原因があるかな~??と考えてみたけど原因はよくわからない。
ちょっと寝不足気味とか風邪っぽかったり体調の加減もあるのかな~。

あっ、一人でブツクサごめんなさいね。
いつものテンションになれなくて…根が真面目だからねぇ・・・

テンションを上げようと仕事が終わってから速攻で練習室へ

さて、まず何の楽譜を持っていこうかな?
ツェルニーは必ず持参。
あとはとりあえず今の曲と次やる予定の曲の楽譜っと。
悲愴の楽譜も一応持っていくか。
念の為レコーダーも。

練習開始。(※この練習室は音が筒抜けです(*^▽^*))
まずはツェルニーから指慣らしね~(^^)
18番は音階。確かにハノンやってれば楽勝なんだろうなぁ。(と、ハノンをやってない自分を呪う)
左手がダメよ~ダメダメ!状態。(無理やり流行に乗ろうとしてどつぼにはまる。当然テンション
ユニゾンずれまくり
ふぅ~~~っゞ(´Д`q汗)+・.

とりあえず次、打ち切りの悲愴3楽章だ。
リベンジ!とばかりに録音してみる。
が、ろくに練習してないので間違いだらけ、つっかえまくり、指転びまくり。
当然更にテンションダウン(まあ当たり前だね(´∀`;A)
ふぅ~~~~~っヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。
何やってんだろう・・・

テンションダダ下がりのまま次の曲へ。
プレストアジタート、やらなくちゃ・・・
これも一応録音するか。
あぁ、グダグダ。勿論テンションダウンしまくり~。
ふぅ~~~~~~~~ヽ(  ̄д ̄;)ノ ハラヒレホロヒレハレーー
我ながらヘタクソ過ぎて泣けてくるわ。

でも、もう1曲あるんだった・・・・。
ドンヨリした気持ちで楽譜を開く・・・・・
ほとんど弾けてない音符さえなぞれてない状態、
下手とかそういうレベルにさえ達していない。
あまりの弾けなさに、泣くのを通り越し笑いさえ出てくる。
はぁ~~~~~~~~~~~ヽ( ~д~)ノオッペケペェ~

って、一体何!?この練習!?(o´_`o)ハァ・・・

ちなみに前にも言いましたがこの練習室の音は筒抜けです。
構造的には体育館のような場所をパーテーションで2部屋に分けてあります。
(ピアノの部屋と、ピアノが無い部屋)
ピアノの無い部屋の方では大体卓球やってます。
(パコンパコンという軽快かつリズミカルな音も筒抜けです♪オジサマオバサマ達の楽しそうな笑い声やスマッシュのドスン!という音も結構響きます♪)
どうでもいい情報スミマセン。
いつもは時間ギリギリまで粘るんだけど、この日はもういいやって気になってお終い。
帰り際、なるべく卓球の方達に顔を見られないように何気なく部屋を出て行く私^^;
(犯罪者かい!!)
まるでラッシュの電車に乗り遅れたけど「あ、私、別にこの電車に乗るわけじゃないんで( ゚,_ゝ゚)♪」と、
演技する人みたいになってるし(わかりにくい例えだわ!)

受付の人は最近、私の顔を見ると
「あ、ピアノ使いますよね(笑)」
と、声をかけられるようになってきましたよ♪
(「笑」が営業スマイルなのか嘲笑なのか判別不能)
着実に「ああ、あのピアノ弾くオバサンね~(笑)」というのが定着してきたようで
嬉しいような、ただの自意識過剰なような。

そういえば昨日、会社のおじさんとちょっと話してて、
おじさんのお孫さんがうちの上の子と同じクラスだって事が判明、
いや~~世間って狭いね!って思ったんだけど、
「同じクラスの○○さんのお母さんといえば数日前学校でお会いしてお話したよ~!」
という事をおじさんに言ったんです。
保護者会とか大勢でとかではなく、役員関係で1対1で話したんです。
おじさんは「え~?そうなの?じゃあ家の嫁知ってるんだ!?」
と、話が弾み。。。
そして今日、朝一でおじさんに話しかけられ、
「昨日嫁が家に来てたからね~み♪さんの事聞いたよ」と。
「そしたら『ね~みさん・・・??誰だろう・・・・?わからない』って言ってたよ?!」

ドンだけ印象薄いんですか・・・・っ!!私っ!!。°(°´д`°)°。

しかもその方に会ったのって数日前ですよ?!
お会いする前に何回かメールのやり取りもしてるし、1:1で会ってるのにぃ!
なんか納得できないけどまぁ、いいか・・・(ていうかあれは幻だったに違いない、多分そう・・・)
更に軽く落ち込んだ・・・

て、また話が脱線しちゃったわ~(´∀`;A




関連記事

レッスン30回目&とにかく女どうしって

いやあ~、題名にもあるけど、
とにかく女同士って^^;しゃべるしゃべる・・・
しゃべりたくてしゃべりたくてしょうがないんですね。
(私だけ・・・?!)

なんでこんなに話題が尽きないんだろう。

たまにママ友(っていう歳でもないがな・・・( ̄_ ̄ i)ポリポリ、一応若目のお母さんもいるので)
とランチをするんだけど(あ~、もちろん私の事ですからお洒落なレストランやかふぇ~のわけないです)
いわゆるふぁみれす的な所に10時集合で気づいたら4時位とか当たり前。
どんだけドリンクバーの元取ってんだよ!!ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
って店に怒られそう。

人数も大体4人~多い時は10人とか、周りの人が見たら絶対ウヘァ~~(´=Д=`何の集団ですか?っていう。
オバチャン達の集団ってなんか笑い声とか、しゃべり声とか煩いですよね^^;
(声が大きいって言うか、大きい声で話さないと聞こえないというか、笑いながら手を叩いたりとかΣ(^∇^;)え~、まさかねぇ・・・やってたりして・・・)
そういう集団にすっかり溶け込む自分・・・(まあ外見もすっかりオバサンだから傍から見ればなんの違和感もないけど。・・・・・・)
慣れって恐ろしい。(反省)

先日はたまたまだけどいつも集まるメンバー?のお宅に集まる事になり(家に呼ばれたのは初めて)
10時過ぎに集まり、お昼は宅配で取り、話が弾んでしまい気づいたら5時・・・・
よそ様の家にふぁみれすより長居してるじゃん・・・^^;
そのお宅のお母さん→いいのいいの~(⌒ー⌒ )。。oO("o( ∇ ||)プルプル・・・2度とくんな)だったりして・・・
あ!私が喋り捲ってるわけじゃないんだから。(ヽ(。_゜)ノ へっ?)
そこのお家のお母さんがまた超話好きなのよ。
だけどなんていうの?
噂話はあまり出てこなくて、学校の話とかクラスの話とかが主なので気持ち的にはネガティブにならない事が多いんですね。
話を明るい方向に持って行ってくれる人なんです(^^)
ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァヒソヒソ( ゚д゚)ヤダァ(゚д゚ )ネェ
にはならない。(これが使いたいわけじゃないのよ?)
そこがとても良い集まりだな~~って、毎回楽しみなんですね。

って、なんの話するんだっけ。
レッスンでしたね。

「こんにちは~!」と先生宅へ。
先生「いらっしゃ~い☆L(´▽`L )♪今日は午前中にAさんがいらっしゃったわよ~♪」
私「あら!そうなんですか!Aさんの曜日って決まってないんですね~?」
先生「そうなのよ。それにしてもレッスンが本当に楽しくてね~、1時間のレッスンなのにすぐに終わっちゃってね~」
私「先生本当にレッスンがお好きなんですねー!」
先生「私はピアノしかできないし、教えるのが大好きだから♪30分っていっても3分くらいに感じるし、1時間だって10分くらいにしか感じないの。あっという間なのよ♪」
(よく考えたら計算合わなくね?という突っ込みはナシでお願い♪)

という具合に話が盛り上がり?気づいたら先生宅に着いて30分が経過・・・・
(てことは多分3分しか経ってない感覚ですね)
ついつい時計をチラ見した私に(失礼だな、おい!)
「あ、時間は大丈夫よ♪ちゃんと延長するからね♪」と、30分後からレッスン開始。

ツェルニー30番~18番
左手の音階と、ユニゾンの練習。
左手が上手く動かず。ユニゾンもズレズレ( ̄_ ̄ i)タラー
とにかく左手、どうしても45指が弱いため右手との差が出てしまう。
ゆっくり練習の時はなんとか合うけどちょっと速度を上げると左手追いつかず。
来週も見ますね~(^^)とのこと。そらそうだ。

ベートーベンソナタ悲愴3楽章
ハッキリ言って全くなっとらん出来。
間違いだらけ、焦りの為フレーズ間の「間」が十分取れていない。
ほぼ毎回引っかかる部分がある。
(最初の頃の練習の音源から正直変化無し)
十分に出来てると言い難いけど残りの不十分と思われる所は自分で練習していくように。
レッスンは一旦終わるけど、家でも弾きこんでね!
というお言葉が・・・・(´∀`;A
無理やり終わった~~ヾ(°∇°*) オイオイ(・・・というか打ち切りだよね・・・^^;?)

プレストアジタート
譜読み間違いなどは指摘無し。
ところどころ右手と左手が合ってない。(基本中の基本~~ヽ(´o`;モシモシ?)
ゆっくり練習する事で合わせる事。
ゆっくり練習するのは面倒だし、難しい。でもやりましょうね(^^)
(これ毎回言われてる~~!)

以上です^^;
次回は何かもう1曲追加しましょうか?とのことで
ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」(ソロ)の予定です~。
新鮮な気持ち~☆ヤッタ~~♪
この曲も弾きたかったの!!

レッスン終了後、またまた話~~(*^▽^*)
今度は子供の話だったんだけど。。。

とにかく

女同士ってなんでこんなに話があるんだろう??

関連記事

素敵なピアノ弾き・・・

先日先生の伴奏する合唱の発表会があって行って来ました。


先生の大ファンなので先生が出ると聞けば万障繰り合わせの上(大げさやねー)
行くようにしてるんですが
今回は本当に本当に大変失礼な話なのですが
「ふ~~ん、伴奏かぁ・・・」などと、ちょっぴり思わないでもなかったんですよね。

「伴奏」と聞くと完全にトーシローの浅はかな考えで
「メインじゃない」って事は大変失礼な(しつこいね)言い方ですが
添え物みたいな感覚なのかと思ってたんですね。
あくまで合唱がメインで、伴奏は脇役ですよね?と。

で、行って来た訳ですが、案の定脇役でした・・・・
な、わけないでしょー!!ヾ(`Д´*)ノ
先生、すごかったんだから!!
確かに合唱の方が人数多いし人数では負けてるよ?!一人だし(そこかよ・・・)
でもね、存在感があるのよ、ピアノって!!(今更何言ってんのぉ?・・ヽ(´Д`))
合唱を引き立たせる時はちゃんと控えめに弾いて引き立たせ
間奏やソロの部分はバシッとかっこ良く決め決めでしたのよ!!
合唱なのに一人あらぬ方向を向いていたアラフィフおばさんなのでした。

と、まあ半世紀も生きてんのに世の中知らない事だらけですね(´∀`;A
ほ~んと、恥ずかしいわ・・・ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ
                    ↑
       (これが気に入ったらしい・・・)

そう、そしてそれはこれから起こる事のただの序章にすぎなかった事を、ね~みは知るのであった。

その次の日、先生から1通のメールがね~みの元に届いた。
プライバシーの関係で全文は載せられないので抜粋させていただく。

「今日、飲み会だから遅くなる~、夕飯いらないから!」なにーーー!!ヽ(`Д´#)ノ

げ!これはダンナでした、失礼。(しかも全文だし)
じゃなくて

「昨日はありがとう---途中略----ね~みさんもより磨きをかけて素敵なピアノ弾きになってくださいね----略----」

『素敵なピアノ弾き』???

『ピアノ弾き』

そもそもピアノ弾きという意味がよくわからない。
検索してもウィキなんとかとかは載ってない(当たり前)

なんとなく私の勝手な考えだと「ピアノ弾き」というからには
少なくとも「ピアノで稼いでいる」「ピアノを生業としている」
みたいなイメージがあったんですが、
先生のメールの中で使うこの場合の「ピアノ弾き」という言葉、
明らかに私の中の「ピアノ弾き」の意味とは違ってる。

趣味だろうとナンだろうとピアノをちょっと弾いてると「ピアノ弾き」・・・
なんだろうか?
そしたら先生の所に行った時しかピアノ弾かないうちの子だって「ピアノ弾き」だし
子供を習わせてる親の会話なんか
「ちょっとー、うちのピアノ弾きったら全然練習しないのよ!!」
「そうそう、うちのピアノ弾きも同じ!たまにはやりなさいよ!っていつも怒ってるわよ~」
とか楽しすぎませんか?(*^▽^*)

私の勝手な結論=趣味とかお仕事関係なく、ピアノを楽しんでる人を「ピアノ弾き」っていうのかな?

だとすると、このブログも
「ピアノ弾きね~み♪のピアノ再開日記」
とかにしてもいいのかなぁ?
「素敵なピアノ弾きになるためのね~み♪のピアノ再開日記」でもいいか。
(そもそも長過ぎだわ!)
いや、別にしませんけどね・・・・。

妄想妄想・・・
関連記事

レッスン29回目・・・終わる終わる詐欺ゴメンナサイ^^;

レッスンでした・・・・。

題名でわかる通り、前回あんなに「次で終わる?!」って言ってたのに
「悲愴3楽章」終わんなかったじゃ~~ん!!
っていうかさ、前回先生「そろそろ・・・」って言っただけだし、「終わり」って言ってなかったよね?
いくらなんでもあの「出来」では無理!!
どうやら「そろそろ次の曲も始めましょう」って事だったみたいですヨ(←他人事か!)

あら、やあねぇ、これだからアラフィフオバサンて・・・ヽ(´o`;モシモシ?
ヒソヒソ( ゚д゚)ヤダァ(゚д゚ )ネェ・・・自分本位っていうか・・・ねぇ?
空気読めないって言うかねぇ・・・ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ

わ~~~!!皆さんゴメンナサイね!!ヾ(^-^;) ゴメンゴメン(←かるっ!)

と、いうわけで今日もね~みのピアノレッスンは平和に終わるのだった。。。
・・・って終わっちゃいけない(´∀`;A
以下レッスン記録です。

ツェルニー30番~17番
いいんじゃな~い?!
OK!
(※パソコンの動作軽減のため、先生の心の中は省略します)
ニコニコ(⌒ー⌒ )。。oO("o( ∇ |||)プルプル)←先生

ベートーベン悲愴3楽章
この何日か「プレスト」を重点的に練習した結果、悲愴が完全におざなり状態に^^;
案の定?最初に通して弾いた時にボロボロミスだらけ~~ (゚Д゚;∂ポリポリ
それなのに
「来週はもっとテンポアップして持ってきてね」と。。。
甘かった・・・さすがに終わりませんでした~~!!(っていうかよく考えたら当たり前だね(*^▽^*)♪)

「次の曲、どうする?悲愴の1楽章やりたいって言ってたよね?!」と、先生。
屁? (じゃなかった、お下品ねぇ)
え??
(私のどす黒い心の中・・・ Ψ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!
もしかして先生「プレスト」の事忘れてる・・・?ヶヶヶ!Ψ(`∀´Ψ)( `∀)( `)( )(´ )(
よしよし、このまま「そうです!」って言えば1楽章は私のもの・・・ ォーホッホー(´0ノ`o)ォーホッホー!!!)
側の椅子に置いてある「メンデルスゾーン」の楽譜に目線が・・・!!ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
「あ、『プレストアジタート』だっけ。練習してきた?弾いてみて」
(´△`)↓「あ、は~い・・・」(チッ、バレたか・・

メンデルスゾーン プレストアジタート
一通り通して弾く
注意点。最初からfなので力強く。(右手は出しすぎない)
左手のオクターブ(ベース音)を意識して深く音を出す。
左手のメロディーの移り変わりを気をつける。
先生の模範演奏~(*^ー^*)~やっぱりかっこいいなあ~♪

レッスンの合間、ツェルニーの話題に。
先生の生徒でツェルニーやってるのは私を含め二人だけなんですって!!
ビックリしました。(もう一人の方は40番をやっているそう)
お子さんが多いと言うのもあると思いますが、今は流行らない^^;と言っておられました(おじいさんや、昔は良かったねぇ・・・)
他の方はというと「バーナムピアノテクニック」が多いそうです。
ツェルニーはそもそも1曲が長い、つまらない、とお子さんたちが飽きてしまうと。
でも、やれば「やっただけの効果は確実にある」のでやった方が良いです!と言っておられました(^^)
ハノンも音階はできればやった方が良いですって。
地道にやろうかな・・・^^;でもレッスンにはかけたくないけど・・・^^;

そんなこんなで「終わる終わる詐欺」に巻き込んでしまった皆様、
申し訳ありませんでした~~
怒っちゃイ・ヤ♪(○-∀-)r(-公-;)
ヽ(#`Д´)ノ┌┛〃∩AhーAhーAhー

おあとがよろしいようで・・・il||li_| ̄|○il||li


関連記事

レッスン28回目・・・え?!

28回目レッスンでした。

今日はちょっと家を早めに出る
(といっても10分前だけど・・・・!)
先生のお家は5分あれば着くので全然余裕の時間配分だ。
最初の頃は15分くらい前に出て、10分前に着いてしまい
玄関の前でウロウロと、
(チャイムを鳴らすべきか鳴らさない方が良いかと考え
普通人の家に呼ばれたりする時って遅めに行くけど、これはレッスンだし
でも人のうちである事には変わりないのでギリギリに入るべきだろう)
とか、あれこれ悩む神経のきめ細やかな私なのであった。
でも他の人が見たら確実に不審者だよね。
一応オバサンで良かった。
オジサンだったら通報されていたかも^^;

で、いろいろ試行錯誤の末、毎回ギリギリに着くように家を出てるんですね。
自転車に乗ろう~!
と思ったら下の子のピアノの先生にバッタリ!
(大人の事情ウフがあって別の先生に習わせています・・・)
伝達事項がいろいろあったようで私、かなり焦りながら、ウンウン(゚▽゚*(。_。*(゚▽゚*(。_。*)
心の中では超焦ってるんですけど・・(゜д゜)(._.)(゜д゜)(._.) ゥンゥン
・・・言い出せない・・・タイヘンダァ!! ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ タイヘンダァ!!
こう見えて(どう見えてるのかわかんないけど)結構シャイっていうか、小心者っていうか
こんなに乗って話してくれてるのにぶった切るみたいになったら失礼だし・・・
とかいろいろ考えてなんとか話をまとめる方向にもっていって(ごめんなさい)
自転車すっ飛ばして先生のお家に着いた時は多分2分位遅れちゃいました~~ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。

って相変わらず前置き長すぎだし・・・
(しかも大したオチもなくね)

完全にゼーハー状態で先生宅に駆け込む私・・・
先生「あら、大丈夫?!お仕事だった?!時間厳しかったら30分ずらしてもいいわよ~(*^▽^*)」
私「いや・・・・ゼイゼイ・・・今日はたまたまなんです!!
ハアハア・・・
すごいタイミングで知り合いと会っちゃって・・・ゼイゼイ・・・」

と言うわけですぐにレッスン開始です。

ツェルニー30番~16番
だいたい弾けてますね!
OKですよ♪

って、フーンそうなんだぁ(´=ωq`)・・・・   w(;`・ω・)w ェ??
(耳を疑うの図・・・マジデスカ・・・?)

先生・・・だんだんヤケッパチになってやしません・・・よね・・・?(不安・・・・)

ベートーベンソナタ悲愴3楽章
一通り通しで弾く。
「前回言った部分は大体良くなっていますね。細かい事だけど、この部分の弾き方を注意してみて」
と、最初の装飾音の弾き方のアドバイスを受ける。
右手にアクセントがついているのでもっと鋭く弾いた方が締まった演奏になるとの事。
最後のffで下降する部分、一番高い音にアクセントつけるような弾き方をすると左と合わせやすい。
一番最後のfffの音は思い切って強く。
そしてffで下降する音の最後にフェルマータが付いているのですが、ちゃんと鍵盤を押さえて伸ばすこと。
(ペダルで伸ばしてはいけない)
音を十分保った後、ペダルはキッチリ手と同時に取る。

以上でした。
次回は今日の注意点を踏まえて持ってきてね~(^^)
この曲も大体いいんじゃないかしら?!
と言う事で^^;
次何か弾きたい曲ありますか?と・・・。
え~!?
なんか全く考えてなかったけど次回で終わりなような。
もちろん完全に仕上がったレベルでは無いんですが、
「いろんな曲を弾きたい」という私の希望を考えての提案です。
「じゃあ。。1楽章はどうでしょうか?いつか弾きたいんですけど」
と、一応言ってみたけど3楽章の時のように
「良いですね!それにしましょう」とはいかず・・・(悲愴ぉ~~・・・ヽ(´Д`))
え~~と、あと、なんだろう?ショパンじゃなくて・・・と、ぐるぐる考えて
「少しだけ練習してるのが『プレストアジタート』なんですけど・・・・」と言ってみたら
「ああ!!それ良いんじゃない!!あの曲かっこいいしね(^^)」
という先生の言葉でそれになりました。(悲愴ぉ~~(´Д`)←諦めの悪いやつ・・・)
練習してるっていってもかなりボロボロなんだけどぉ~~ヽ(TдT)ノ
(悲愴~~~!!ヽ(`Д´)ノ ウワァァァ)

ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ
1楽章はお預けになりました!!(^^)
またのチャンスをお待ちしております♪


関連記事

ピアノ再開に寄せて~なぜ今なのか?

私はいわゆるピアノ再開組?です。
そう、昔ピアノを習った事があって諸事情で一旦ピアノから完全に離れました。
(諸事情っていうと何やら大変な出来事があった?と思われるような表現ですが
他の趣味に走ったり、仕事が忙しかったり大人の事情だったりですヨ(´∀`;A「)
そしてつい1年ほど前これまた諸事情の変化により
(諸事情っていうと何やら大変なでき・・・以下同文)
ピアノを習い始める事になったわけです。

再開して早、1年が過ぎました。
今の先生に習い始めてからは半年過ぎました。
30年近いブランクを経て再開した時、
あまりの指の動かなさに
昔弾けていた曲もほとんど弾けなくなっていた事に、
驚きと、戸惑いと、ショックの連続でした。

なんでピアノやめちゃったんだろう・・・
そんな考えが頭をよぎります。
小学生の頃に習った教本を買い直しました。
ここから少しずつやり直さなくっちゃ。

その頃沢山のピアノを再開した方のブログや、
大人になって初めて習っていらっしゃる方のブログを読ませていただいてました。
(今でも読ませていただいてる方もいらっしゃいます)

同じように再開組の方で難しい曲を弾いてらっしゃる方、
大人になってから始められて数年だというのにとても素敵な演奏をされていらっしゃる方、
私、こんな風に弾けるようになるのかな・・・
指、思ったようには全然動いてくれない。

何でピアノやめちゃったんだろう・・・

自分の都合で離れていたのに、始めたら急に後悔したりして。(現金なものだね)
やめなければ今頃憧れのあんな曲やこんな曲、バンバン弾けていたかもしれない。
(注※あくまで都合のいい想像です^^;)

でも今、思う事。
今、再開したからこそAさんに会えて先生に会えた。
沢山の方のブログを読んで頑張ろうと思えた。
大人になってピアノを頑張ってる8楽しんでる)方が実はたくさんいらっしゃるってわかった。
皆様のブログに出会ってなかったらまたピアノ習おうって思わなかったかもしれない。
ピアノを習い始めてからも発表会に出ようと思わなかったかもしれない。
おそらくAさん(紹介してくれた知人)と練習しようなんて夢にも思わなかった。
当然その練習会に先生が来てくださったりすることもなく
先生からDさん(先生の生徒さん)を紹介される事もなかっただろう。
このブログもやっていたかな・・・?
すべて「今だから」出会った素敵なご縁だなと思う。

そしてウン十年ぶりのピアノについて。
もしかしたら再開前の私と同じように、
始めたいけどどうしよう、もう何十年も昔にやったきりだし・・・と
悩んでる人がいて、これを読んでいるとしたら、
今からでも遅くはない、趣味ならいつから始めても遅くはないと。
(ピアニストになりたいというならもしかして遅いとかあるかもしれないけど^^;)

ピアノが出来る「今」、この「ご縁」に感謝・・・

の気持ちでいっぱいなのです。

皆様、これからもよろしくお願い致します♪





関連記事

レッスン27回目(お喋りし過ぎ、反省!!)

27回目レッスンがありました。

レッスン前には「今日は暑いですよね~」とか挨拶的な会話をします。
(これは皆さん一緒かと思われますが)
それに加えて私はAさんからの紹介なのでAさんも知ってる、
元々Bさんも知ってる、
練習会をしたのでCさんもDさんも知っている・・・
と、共通の知人がいるので話の流れでそういう方々の話になったり
(と言っても「昨日レッスンに見えられましたよ」とかその程度なんですが)
私もAさんDさんとは練習をやったりしてるのでその事を話したりとか
ようやくレッスン開始!まで10分15分かかっちゃうなんて事も・・・。
いや、私は大ファンの先生と少しでも長くお話していたいので
全然OKなんですけど(^^)
先生に申し訳ないって言うか・・・ラッキーって言うか
そしてこの日もそんな状態で始めるのが遅くなってしまいました。

ツェルニー30番~15番

奇跡!!おおむね弾けているとのコトでOKに!!(珍しい^^;)
先生の心の声
(14番結構時間かかったし、15番はだいたい弾けてるからとりあえずあげちゃえ!細かい事には目をつぶろ~っと。ま、いつものことだけどね~新しい曲無いと飽きちゃうだろうし)
と、思っていたかどうかはあくまで想像です^^;

そして曲に移る前に先日の※うちの子のレッスンの話になって
先生「実はこの間のレッスンでも弾けないのが悔しかったのか泣いちゃってね・・・」
私「え?!また?!」
(※うちの子・・・いろいろ問題を抱える?ちょっと面倒くさい子。その前は聴音が間違ったということで泣いてます)
なんて話が脱線してしまい、結局30分くらい子供の話^^;
私は相談できて嬉しいんですけど、先生の貴重なお時間は・・・ゴメンナサイ^^;

~レッスン再開~

ベートーベンソナタ悲愴3楽章

最初通して演奏。
前回指摘されていた3連符急ぎ過ぎの所など意識して、
家での練習の時よりややゆっくり弾く。
他の箇所で右手が急ぎすぎて上手く弾けてないところがあり、
「あわてないで」と、書かれる^^;
どうも上手く弾けないと思うところ、意外とこのパターンが多い。
焦って速く弾きすぎて自滅パターン。
焦らず、ゆっくりと、落ち着いて弾けばいいんだね。
(だからぁ、メトロノーム使って練習すればいいのに~)
途中で左手にメロディーが出てくる所があるんだけど、そこはメロディーを綺麗に出して。
前回より和音がきちんと掴めてしっかり音が出ているとのこと。
最後のffの前に来るppの部分、気をつけて弾いているのがちゃんと伝わってきた。

(注※先生はどんな些細な事でも前回より良くなった点を褒めます。褒めまくります
良くなってなくても褒めてくれます・・・・エ?!(*゚∀゚))

次回の課題はスピードを上げてくる事。
ゆっくりの練習→インテンポでの練習
と、交互にやって速くしていきましょう~という事になりました。

「この曲ってツェルニーみたいな感じだから2曲とも指の練習になるわね~(^^)
先生、なんだか嬉しそうなんですけど。
指の練習をさせたいのかナ??

と言うわけで、27回目レッスン終了。
気づいたら1時間半以上経ってしまった。
いいのよ!私は楽しいから♪
でもお忙しい先生の貴重な時間をなんか申し訳ないなぁ。。。(ラッキー
と、ちょっと思うのでした。
(ちょっとかい!!(´∀`;A)

関連記事

譜読みって…?

私がブログを始める前、ピアノのブログを沢山読みました。
そこで出てくる耳慣れない言葉、それは
「譜読み」でした。

「譜読み」って一体何?
どういう事?PCで調べてみたり、ブログの話の内容からなんとな~くわかるんですけど
イマイチピンと来ない。
「譜」を「読む」
「音符」を読む?
「楽譜」を読む?
「読む」って書いてあるけど「弾く」んだよね?

どうやら楽譜をみながら大まかに最後まで通して弾けるようにする事・・・らしい。
これにはいろいろな意見があるようで、
ピアノを弾かずに頭の中で音楽を鳴らす・・・とか
演奏記号や強弱の記号まで全てを完璧に演奏する・・・
と考えている方もいらっしゃるようで、
一口に「譜読み」といっても奥深いな~~なんて思ったりして。
いろいろな意見があるって事は
「譜読みできてる?」「ああ、出来たよ!」なんて会話がもしあったとしたら
ある人にとっては、ポツポツ間違いだらけでもなんとか最後まで見たよ~
って事でも
別のある人にとっては、もう発表会や演奏会ドンと来い!!
くらいの完璧な完成度だったりするわけかしらね?
なあ~んて事をふと考えてしまったんですね。

で、肝心の楽譜の読み方なんですけど
私はまず速度記号を見ます。
Allegro・・・ふむふむ、速い曲ね~。
そして調号。
ふむふむ~♭が、ラ、シ、ミね~~。ラシミラシミっと。

え?ちょっと待ったぁ。
私音階とか何調とか全然わかんないからこんな覚え方なんだけど^^;
だんだんシャープやフラットの数が増えるにしたがって
覚えるのが大変なんだけど^^;
皆さんどうしていらっしゃるのかしら??
途中でわかんなくなって「あれ?レは♭ついてたっけ??」とかさぁ・・・・
こんな事は非常によくありまして。
で、左側のフラットの位置を確認してラシミだからレは普通かあ・・・とか^^;
頭悪すぎなんですかね・・・・(顔も悪いけど!!頭も?!)

だからだと思うんだけど、臨時記号が嵐みたいな曲、ありますよね。
(私の知ってる曲では「別れの曲」の中間部とか、「子守唄」とか他にもたくさんありますが)
それがもう、見ただけでうわってなっちゃうんです。
無理無理む~り~!!

元々シャープや♭がたくさん付いてるのに更に個々の音符に♯、♭、ナチュラルが・・・!^^;
付きすぎだろ~~おぃ~~!!
我慢して音符と格闘・・・
心の中
(”ラ”はもともと♭だから、最初の”ラ”にナチュラルがついてるのは普通の”ラ”だよね。次に出てくる”ラ”にナチュラルがついてるのは一体何??どーゆーコト??普通の”ラ”でいいんか?それとも前に普通の”ラ”になってるわけだから・・・?)

とか、あ~~~!!!

やっぱ無理みたい;
わかってるのさ、あたしには100年早いんだってコト・・・
(せめて10年にしといてよ)

関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-38番
バッハ 平均律2巻 12番プレリュード


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示