07
4
5
6
7
9
10
14
16
18
22
25
27
28
29
31
   

演奏って性格が出ると思いませんか?

最近、つくづく感じたことがあります。

それは演奏って性格がでるなあ~ってこと。

以前に「ピアノの音」って性格が出るのかな?って疑問をここで投げかけさせていただいた事がありました。

他の方からのご意見や、自分の少ない経験での感想を総合すると「半々かな?」ってことでした。

でも「演奏」は本当に性格が出るんじゃないか・・・と、今の所思っています。

だから何?という疑問はさておき(笑)

繊細なんだろうな…という方は演奏も繊細(な気がする)
明るい人だな~って感じる方は演奏も明るい(ような気がする)
丁寧な方だなあという方はやはり演奏も丁寧(な気がする)
頭の回転が速そうだなって方はやはり演奏も隙が無い(気がする)
大らかでのびのびした方は演奏もノビノビしてる(と感じる)

と、今までの私の接してきた方たちの演奏はそんな印象です。

ちなみに私の先生はと~っても明るい方ですが、やはり音も演奏も明るい印象です。
一言で言うと「歌が服着て踊ってる感じ」(なんじゃそりゃ)
いつもワクワクしながら弾いてる印象です(^^)

と、そんな根拠があるかないかわからん持論を展開しつつ、自分でもじっくり練習・・・
と、いきたいところですが、そこはそれ、私の性格からして1曲を毎日じっくり取り組むという事がなかなか出来ません(>_<)

レッスンがお休みなのをいい事に、あっちの曲こっちの曲~と、ふらふらとさまよい歩いている始末(^^;)

この曲のここの所、上手く弾けないんだよな~とか
あっちの曲のあの部分、もっとスムーズに弾きたいんだけどなあとか。

でもいつかはきっと、自分で納得行くように?
弾けるように?
なるんだよね?多分・・・・?
いや、なれればなあ。
いや、なりたい、なるのだ!!

と、思い直し、疲れないで弾くのにはどうしたらいいんだろう?
スケールを滑らかに弾くのは?
ppをどうしたら出せるの?
いやいや、それより多声の練習した方がいいのかな?とか
支離滅裂な考えが浮かんできたりする今日この頃です。

とにかく弾くしかない、弾いて聞いて自分なりの感覚を掴むしかない。

奥が深いですね、ピアノ。
関連記事
スポンサーサイト

なんとかレベルアップしたい。

とはいえ、一朝一夕にはいかないわけで(^^;)
昨日頑張ったから今日、結果が現れるわけではなし、
こればかりは何年、何十年と積み重ねていかなくてはならないものですよね。

そう考えると、自分は音楽教室時代から考えても習っているのはトータルで6年くらい?
(合間にピアノでポピュラー弾いて遊んだりはしてましたが)
まだまだ積み重ねは足りてない。
単純に年数というよりは、結局実のある練習を何時間しているかということかもしれないけど。

昔、こう考えた事があります。

そもそもピアノという楽器は鳴らすだけなら鍵盤を押さえればいいんだ。
とりあえず楽譜は読めたので
あとは楽譜に書いてある音を、その通り鍵盤上で1つずつ押さえていくだけだ。
原理としては、(速さを無視すれば)そうやって1つ1つの音を押さえていけば弾けるはずだ。と。

でも現実にはそう簡単にはいかないわけで。
1オクターブ以上の和音があったり、いっぱい線がついてる音があったり
このリズムは?っていうのがあったり、臨時記号だらけ、それが左右同時に次から次へやってくる的な楽譜だったり。
12の指でトリルしながら45でメロディーを弾くとかマジデスカ?というのがあったり。

速さ以外にもいろいろな難関があって、単純に楽譜どおりに押さえるだけでは解決しない問題が(^^;)←当たり前
つまり、テクニック・経験不足なワケです。
音符の読み方も慣れてないからたくさん線のついた音符を瞬時に読み取る事が出来ない。
「ここがドだから~レ~ミ~ファ~ソ~」なんていちいちやらなきゃいけない(ただおバカなだけかもしれないけど)
基礎的な調の知識も無いので、「この曲は、ドファソが♯だな、ドファソドファソ・・・」と、唱えなくてはいけない。
臨時記号などがあると
「この小節はファがナチュラルになってるから、あれ?ここもナチュラルだよね?」と、独り言炸裂だ(´∀`;A
こういうのは、楽譜見て瞬時に理解できるようになるにはやはり経験が必要ですよね。
歳を取るとそれに更に
「物覚えが悪くなる」
という、ハンディがつきます・・・
「さっきここ、ファのナチュラルだって言ったのに、また間違う!!」なんてことが毎回のようにおきますです。
楽譜に「ナチュラル」とか書いちゃったりして(^^;)
も~~自分がわかれば何でもいい!!
線がたくさんの音符も「ソ」とか書いてますし。

そうやってなんとか譜面を音に置き換えることができてもテクニックはどうにもならんのよという事が往々にしてあるんですよね。

テクニックをなんとか無理やり頑張ったとして、その先には、
求められる音楽的な表現が出来るか・・・
美しい音を出せるのか・・・・etc.etc.・・・・

果てしない訳ですね(^^;)

基本を学びながらも、平行してチャレンジ曲もトライしてみる。

つまりこんな感じの妥協点でしょうか。
それもある程度日々の練習時間を確保できないと難しいですよね(>_<)

レベルアップ・・・・

には結局、近道・・・なんてものは存在しないんでしょうね。

地道に練習、地道に練習っと・・・・。

ランラン ハンガリア狂詩曲第2番
こんな風に弾けたら気持ちが良いでしょうね(^^)




関連記事

今トライするのか、レベルアップしてからか。

…それが問題だ(笑)

って、またもや独り言ですが。

いや、私はタイトルのことを良く考えるんですよ。
再開したときからずっと考え続けてるといっても過言じゃないくらい。

明らかに自分のレベル遥か上の曲をターゲットに1曲集中していくか?

それとも他の曲(練習曲など)を徐々に積み上げていき、無理なく手が届きそうなくらいまでレベルアップしてから臨むか。

まあ所詮素人なので、自分のレベルも正直わからない。

初級の曲集見ても弾けないのはたくさんあるし、だいたい一体誰が分けたんだ?ヽ(~~~ )ノ ハテ?

曲との相性もあるのかもしれない…。

ピアノ再開してからというもの、あまり冒険心も無く、どちらかというとゆっくりな曲中心に
まったり出来ればいいのかな~って思っていた。
指の練習はツェルニーで。

1年あまりレッスンを受けて、他の方のブログの音源やら、youtubeの音源など聴く機会も増え
なんとなく自分の演奏が『雑だな~』と、感じる事が多くなっていった。
正しくは、元々大雑把な性格ゆえ、演奏にも細かい所まで神経が行き届かない・・・という事を実感したというか(^^;)

やっぱり演奏って性格がでますよねー。
なんか、ノリで大体弾けたわ~ってところで割と満足しちゃうんで。

でね、思ったんです。
普通、なぜレベルアップしてから取り組むのかというと、それはその曲に相応しいテクニックが必要だからですよね。
なぜ必要なのかと考えると、弾きこなせないから。
もし単純に音が拾えたとしても、仕上がりが綺麗にならないから、ですよね。

そこで。

私、どっちみち仕上がりには自信の無い人なので(笑)
つまり難しい曲でも簡単と言われる曲でも、どっちみち私クオリティなわけですよ(*´;ェ;`*) うぅ・・。

だから何?って話ですが。

順番どおり、基礎をみっちりやってから挑戦よ!なんて言っていたら辿り着くまで何十年かかるかわからないわけで。

どのみち、CDのようには弾けません(>_<)






続きを読む

関連記事

でも、弾きたい時が弾ける時かもしれない。

独り言が続きますが(笑)

憧れ曲を手当たり次第にゴチャゴチャ弾いていて
(まぁ弾いてるというより音を鳴らしてるだけですが)
ふと思ったんだけど、超絶ゆっくりなら結構いろいろ弾けそうな気がしてきました。
気がするだけかも知れないけど。
ゆっくりでも弾けない曲は弾けないけどね(^_^;)
それに、ある程度の速度があって初めて曲として成立する曲もあるので
そういう場合、超絶ゆっくりだと何がなんだかわかんないわけですが。
でもまあ、ゆっくり弾けなきゃ当然速くも弾けないのだから、当たり前のことをやってるだけなのか。
こういう時、デジピは重宝しますね!
興味ない人にとって、こんな訳のわからない音出しを延々とされたら頭かきむしって
いい加減にしろ~( ;゚皿゚)ノシ
ってなります、多分。

こんな超絶ゆっくり音出しができるのも、弾きたい!
という気持ちがあればこそ。

というわけで、タイトルにつながるんですが
弾きたい時が弾ける時なのかもなぁと。

弾きたい気持ちが強ければ、頑張れるもんね。

継続する根性は無いけど、一時の集中力は多少はあるので
毎日少しずつ計画的に・・・はできないけど思いついたときに(何ヶ月にいっぺんとか)ちょっと集中的に難しい曲を弾いてみる。
そうすると徐々に速度も上げられるかも・・・(^^;)・・・・しれないな

などと目論んでいる次第(´∀`;A






関連記事

弾きたい曲と弾ける曲は違うもの。

もう、今月中はレッスンも無いので、節操なくいろいろな曲を弾いてみようと思います。
以前とある練習会の時に、憧れ曲のひとつ、
リストのため息を弾かれたことのある方に
あの曲弾けるなんて、スゴい~( *´艸`)
って言ったらですね、
手の動かし方はそんなに難しくないですよ~(*^^*)
(え?もしかして私でも弾けちゃう?! (≧ω≦)b←アホ
って仰ってましたので楽譜を見ながら少し弾いてみたんです。
 
…げぇぇぇ( ; ゚Д゚)難しいじゃん…アタリマエダロ
確かに最初の特徴的な手の移動が同じようにずっと続くならなんとか弾けるかも?
と、思ったけど途中から段々一筋縄ではいかない所が出てきますけど~~(^_^;)彡(´∀`

しかも一筋縄ではいかない所が、すっごく盛り上がる所なのよね(>_<)ソウイウモノダロ
潔く諦めます。

だいたい臨時記号とかゴチャゴチャしてるのは、見ただけで、オーノー(>_<)‼(;´Д`A ```だし…
目が拒否反応を起こすわ!
転調が次々にあるようなのも苦手。
頭が拒否反応起こすわ!←やっぱりアホ
私の性格的に長すぎる曲も弾ける気がしない。
せいぜい5ページ位か。 コンキナサスギダロ
いろいろさわりを弾いたりしながらなんとなく次に挑戦したい曲が出てきました。

楽譜はシンプルで、苦手な臨時記号もあまりない。ゆっくりなら弾けそう。
(でも本当はかなり速い曲。)
それに長さ的にもちょうど良い。
速度は出せないだろうけど、指の練習にはスゴく良さそう♪
何て言うか、全く自分のレベルには合ってない超無謀曲なわけですが、だからこそ今ならチャレンジできそう。
そんな曲です。(どんな曲よ)
先生に言うと流されそうだなぁ(^_^;)
2回くらいやってはい、オシマイ的な。いわゆる打ちきりってやつね、後は自分でやってみてね~(*^^*)という。
だから最初から自主練習でいくしかないか…。(そこのところだけはお利口さん(^^))
それでぇ、通せるようになったら(って一体いつ(^^;))レッスンにかけてぇ、
で、やっぱり打ち切りだったりしてネ♪(;´Д`A ```
先生、優しい顔して見切りつけるの早いんだもん。°(°´д`°)°。

それこそ実力以上の弾きたい曲が有りすぎるんだなぁ。ブツブツ…ミノホドシラズメ…
と、曲のせいにするのだった。

現実的な話。

去年からず~っと弾いてる(私にしてはかなり長く持ってる曲)「G線上のアリア」なんですが
また、8月に弾く事になります。
実はこの曲、以前はもっともっとゆっくり弾いてたんですね。
でも発表会に弾くにあたって、聞く人が飽きないように、速度を上げる事になりまして
実は弾いてる本人としてはイマイチ納得が出来てないんです。(エラソウダナ・・・)

確かにへたっぴなのにただ単にゆっくり過ぎると、ダル~イ演奏で飽きてしまうのかなあ
だから仕方ないのかなあ・・・
とも思ったし、2曲弾くわけだから時間的にもゆっくり弾くと厳しいとかいう事情もあるのでしょうが。

でも速度を上げた事で、先生が聞かれると「上げた方がいい!」と言うし
私もよくわからなくなっちゃったんですよね。
いつもこの曲を弾く時に、こんな感じで良いんだろうか・・・?
なんだかアッサリしすぎてる様な・・・
と、迷っていました。

でも、もうその縛りは無いので、好きなように弾けます!(*^ー^*)
開放された・・・
8月は思いっきりゆっくり弾くつもり。
ダル~イ演奏になったとしても・・・(´∀`;A(ヨウハジコマンゾクダナ)




関連記事

発表会・・・それぞれの思い。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

発表会に行ってきました!

今日は教室の発表会でした。

もういろいろ、書きたいことはたくさんありますが、

知ってるお子さんがたくさんいて、みんなリハーサルより堂々と、しっかり弾いていて
それを見ていると、もう、自分の子供を見ているかのような、なんともいえない感動でした。
もちろん、大人出場組のAさん、Sさんも本当に素敵に弾かれていらっしゃって、良かった(^^)

私の演奏は、もちろんたくさん間違ったし、外したし、(いつも間違わない所を間違ったり)
反省点を挙げればキリが無いのですが
思ったよりもリラックスして弾けました!

去年と違って練習会で、人前で弾く機会が増えた事が大きいと思います。

私クオリティとしてはまあまあだったと思います。(もちろんあくまで私クオリティです!)

去年は演奏が完全に止まっちゃって、(放送事故もの)ショックでひばらく引き摺ってましたが
今年は間違っても弾きなおしてもなんでも、とにかく突き進む事だけを目標にしていました。
なので、今回の目標は1つ、達成できました。

ピアノの音の良さ、ホールの響きも感じながら弾く事が出来ました。
癖の無い、とても弾きやすいピアノでした。
(去年も同じホールで同じピアノでしたが、余裕が全く無くて、そんな事も感じられなかったです)

ブロともさんにアドバイスいただいた秘技、「脳内メロディー再生弾き」もできました(^^)
集中力もなんとか持ちました。

でも、去年の悔しい思いが無かったら、今年のこの気持ちは無かったと思うし
そう考えると去年の悔しい思いは決して無駄じゃなかった・・・

というわけで、今回は私なりに充実した発表会になりました。

ピアニストさんの完璧な、素晴らしい、非の打ち所の無い演奏ももちろん感動するんですけど、
普通の人たちが間違えたりつっかえたりしながらも一生懸命ピアノに向かう姿が、やっぱり何度見ても胸が熱くなります。

舞台の最後に先生の挨拶があり、
「みんな、ここにくるまでそれぞれ困難な事や、大変な思いを乗り越えて、今日があります。その事を思いながら聞かせていただきましたが、たくさんの感動を頂きました。ありがとうございます!」
と、仰っていました。
それ聞いてたら泣きそうになっちゃいました。

励ましてくださったブロともさん、練習会ご一緒させていただいたブロともさん、アドバイスいただいたブロともさん、
そしてこれを読んでいただいた方々、ありがとうございます。

発表会ピアノ




関連記事

レッスン64回目~直前だけど(^_^;)

午前中は教室大人組で練習会。
Aさん,Sさん、私の3人で。主に発表会曲ですが、合間に最大の関心事?!
「次の曲は何にする?!」
なんて話も出ました。
Aさん、グノー「アヴェマリア」
Sさんショパン「ノクターンop.9-2」
私はメンデルスゾーン「ヴェニスのゴンドラの歌op.62-5」(やっぱり短調ね♪)
の予定~。

午後レッスンへ。
いつものように発表会曲を2曲通しで。
一応今年の発表会前最後のレッスンなので、先生に
「どうする?この曲もっと弾いてみる?」
と、聞かれましたが(^^;)う~~~ん、どうしよっかと悩む。
じゃあレッスンの最後にもう1回通しで弾きましょう、ということになり

ツェルニー40番~9番
先週に比べれば弾けるようになってきたが、大手を振って合格!というラインではない(´∀`;A
もう1回やりましょうとの事で、次の10番と一緒に練習することに。

次はアンドレギャニオン?!と思いきや、楽譜を持ってこなかったので(´∀`;A(計画的?!)
その代わりにメンデルスゾーンを持ってきました~(^^)(クラシック禁止令はもう、いいよね?!)
と、さりげなく(笑)「この曲弾きたいんですよね~」と「ヴェニスのゴンドラの歌」を開く。うふ♪(* ̄ω ̄)v

ちゃんと弾いてるわけじゃないので先生に左手を弾いていただき
私が右手のメロディーを弾き、なんとなく感じをつかむことに。ψ(○ `∇´ ○)ψイヒヒヒ
私の苦手なppがてんこ盛りだぜ!!
和音でppでスラーでメロディーって私にとってかなり課題が多い曲だわ!
でも救いは、「短い!」こと。
この短さならなんとかなりそう。
(つまりですね、飽きずに練習できそうっていうか・・・彡(´∀`)

その後、また発表会曲を弾き、直前レッスンは終了♪

発表会の話題になって、先生が連弾で弾かれる曲の話に。
先生のお嬢さんが譜めくりを担当されるそうなんですが(曲名は伏せますが、かなり速い曲)
最初は連弾なので二人のみで譜めくりをやっていたそうなんですが、
あまりに速いので、弾いてると譜めくりが難しいとのことでした。

確かに大変そうな曲だなあと思いましたが、先生が
「結構手が忙しくて譜めくりまで回らないっていうかねぇ、神経がそこまで届かないって言うか、疲れちゃうのよ~! (゚▽゚*)」
なんておっしゃってたんですが
「へ~~、確かに速い曲ですもんねぇ!!難しそう~~~!!」
と言ったら
「そうなのよ~、神経使っちゃうのよね~(^^;)演奏終わったら髪の毛抜けちゃったりしてね~!」
ギャハハ!! (゚▽゚*)ノ彡☆バンバン!!
「悩みすぎて全部抜けちゃうかも・・・っていうかさ、いっそのことヅラだったらおもしろいんじゃないですか?」
「えっ!!お辞儀した途端にヅラが落ちるっていうのは~~?!!」
「そのヅラってカトちゃんみたいなハゲヅラだったらすごくウケルかも~~?!!」
「ちょっとー、それ、面白いかも!!本当にやってみたりしてね!!」ばんばんっ!┃☆ヾ(≧▽≦)oひゃっはっは(

というような発表会に関する大変高尚な話を楽しみながらヽ(。_゜)ノ へっ?
先生のお家のねこちゃんに和みつつ、64回レッスン終了です。



4分45秒辺りからワルツです。
音は外れまくり間違いだらけの私クオリティですが、これが精一杯な・・・(´∀`;A
(扇風機の風の音だと思うんですけど雑音が酷いです(>_<)・・・決して扇風機コラボを狙った訳ではありません!)
発表会の音源はとても晒せそうに無いのでここであげておきます。
関連記事

理想と現実・・・子供の場合。

子供2の場合。いつものように、朝。

子供2が自分で起きてくる。
母:「おはよう~(^^)」
子2:「おはよー!(^^)」
母:「ご飯できてるから食べて」
子2:「はーい、いただきます~」(*^▽^*)

食べ終わる。
子2「ごちそうさま~、あ、なんか寝癖が酷いよね?!直して直して~~」
母「ああ~、ちょっとはねてるね~、これは中々直らないかもよ~笑」( ´^,_」^)ぷ♪
鏡に向かって悪戦苦闘する子供。
その後身支度を整え、登校。
母「出かける時にゴミ出してね」
子2「え~~~、はぁ~い・・・」

下校後子供帰宅。
子2「ただいまーーー!!」
母「あら、おかえり~」
子2「友達と約束してるから、イッテキマ~ス!!」☆L(´▽`L )♪

夕飯前帰宅
子2「ただいま~~~!あ~おなかすいた~~、夕飯何??あ!カレー?!!やったー!!」

夕飯後
母「宿題やったの?すぐにやりなさいよ~」
子2「は~~い(^^;)」



子供1の場合。いつものように朝。

子供1何度声をかけても起きる気配なし。(-公- ;) 
放って置きたいが時間の都合などもあり、ついついしつこく声をかける。
しばらく経ってからノソノソと起きてくる。

母「おはよう~」
子1「・・・・・・・ぅ・・・・・」
母(え?今、答えた?なんか言った?聴こえたような聴こえないような・・・??」ヽ(~~~ )ノ ハテ?n(ー_ー?)ン?
母「おはよう!」
子1「・・・・・・・・・・・・ぅ・・・・」
母(なんだよ?言ってるの?わからんからもういいや・・・・(-"-)
母「ご飯用意できてるから食べなさい」
子1「・・・・・・・・・・・・・・はあ・・・・・」( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・
母(朝から溜息かい~~( ´д`)ぇ~)

子供1いつまでも食べている。
母仕事に行く前なのでバタバタしている。あと20分、10分・・・
子1「ねぇ~~、パンと牛乳おかわりぃ~~!!」
母「もう時間無いから自分でやって!!(あんた、中学生だよねぇ?!)」
子1「ええ~~?!なんで~~?!やってよー!!」
母「今、無理!!出かけなくちゃ!!」(←5分前につき、余裕なし)
子1「なんだよーー、それくらいやれよー」
母怒り( ゚Д゚)㌦ァ!!MAXになりそうだが時間も無いので相手にも出来ず。
子1「あ、そういえばこれ今日提出~。今書いて~!」
母「はあ?!!そういうのはね!昨日のうちに出しなさいよっ!!(‡▼益▼)」ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

子供1、毎朝顔も洗わず歯も磨かず、髪も梳かさずギリギリまでテレビを見て
直前になって「アレが無い、これが無い!!」と怒りながら登校(-"-
母「ゴミ捨ててね!」
子1「( ?? 益?)y━・はあ??!ウザ!!」
母(お前には二度と頼まん・・・・( ?? 益?)・・・・)

帰宅後夕飯
子1・・・・野菜系おかず殆ど食べず・・・・・。( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・
子1「ねえねえ、これ知ってる?○○ってねえ~、これがこうなんだよ?!知ってる?!なんでかっていうとねえ~(延々と雑学知識を披露)」
子1「それでねー、遊戯王のなんちゃらがこうでああで・・・(延々とゲームの知識を披露)・・・知ってる?」

夕飯後
ずっとテレビを見てるか、子2を強引にゲームに誘い、無理やり付き合わせる。
嫌だ嫌だといってもものすごいしつこさで従わせようとする。

母「遊ぶ前に宿題はないの?」
子1「・・・・・無い」(←嘘)
母「ふ~~ん?・・・・(何度も嘘をつかれ疑心暗鬼)」
母「ちゃんと歯を磨いた?」
子1「・・・・・・うん、磨いた」(←嘘)
母「うそでしょ!!磨いてないでしょ!!」ついに怒る(‡▼益▼)
子1「・・・・・・・ウザ。きも・・・・・」



・・・・・ホント、つくづく・・・・

子供って・・・・・

可愛いですよねぇ?!
(-_-;)ホントカ・・・オイ( ゚Д゚)㌦ァ!!




関連記事

教室練習会(軽いリハーサル形式で)

いやあ、一昨日は本当に

食べて喋って聴いて弾いて食べて喋って食べて喋って・・・・
と(練習会なのにまさかメインは食べと喋り?!)いう、楽しすぎる練習会でした(^^)

よく考えたら

食べる・喋る・聴く・弾く・・・
全部大好きなことばかり。楽しいに決まってる。
電車で2時間とか3時間とかかけて行く。
私は昔、通勤に片道1時間半ほどかけていましたが、苦痛でしかなかった。
当たり前ですね。一日の3時間を通勤に使う、もちろんラッシュ・・・仕事がどうこう以前にもう通勤が苦しかった。
電車は私にとって苦痛の記憶でしかありませんでした。
なるべく乗りたくないものでした。
当然ながら仕事を辞めてから行動範囲は極端に狭くなりました(´∀`;A
練習会やコンサートへ出かけるようになって、信じられないほど行動範囲が広がりました。
1年前の自分から想像できない今です(^^)

あ~、楽しかった~~という余韻にまだ浸っていたかったんですが、
そこはそれ、日常生活に戻り、迫り来る発表会という現実が(´∀`;A

そのため教室の方の練習会が昨日ありまして、参加してきました。

こちらは教室の生徒さん(といってもSさん以外みんな元々顔見知り)Aさん、Bさん、Cさん、Sさんで集まって練習するスタイルです。
今回参加はAさん一家、Bさん一家、Cさん親子、Sさん、先生(ご好意でご参加下さいました(^^))、私の13名でした。
ちょっとプチリハーサルということで先生が名前や曲名をアナウンスして下さって、お辞儀をして弾くというスタイルです。

今年初めての発表会参加というお子さんがいましたが、バッハのメヌエットと中田喜直さんの曲を弾いててとてもお上手でした(^^)
特にバッハはすごくその子に合った曲でした。絶対インベンションとかやった方が良い~!!(大きなお世話か)
メヌエットはちょっと淋しげな曲調をよく表現できてるなあ・・・と、感動。
習い始めて1年程ですけど素晴らしい上達振りでした。
おばちゃん、関係ないんだけど子供たちの成長振りを見てるとちょっと涙腺が・・・σ(^_^
子供の1年って本当に大きく成長するんですよね。

練習会は2時間でしたが、とても有意義な時間でした(^^)

大人出場組はあと1回、直前練習をやる予定です。

あ~~~、みんな頑張ってるし私も頑張らなくちゃなあ~。
直前なのに違う曲もやっぱり弾きたい、節操の無い私です(^^;)

・・・・誰か、こんな私に喝を!!

関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-36番
バッハ 平均律2巻 3番プレリュード
リスト ため息


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・1番 プレリューディウム・インベンション2番
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示