10
1
4
5
7
9
11
13
16
18
19
20
21
23
24
25
27
28
   

この前のレッスンの、衝撃の一言・・・

そういえばね、この前のレッスンの時

さあピアノの前に座りました~

椅子の高さOK,

楽譜開いて~、

いざ、ヒキマ~ス!

というタイミングでなぜか先生から衝撃の一言があったんですよ。

「ね~みさんって、おうちで練習してますか?」

エ?ヽ(~~~ )ノ ハテ?
ヾ(@~▽~@)ノほへぇ?

ホエ?o(゚~゚o)???(o゚~゚)oホエ?

??(・_・*)(*・_・)(*~^~)/??

一瞬何をおっしゃっておられるのか??

(・・・・いや、待てよ?!うちで練習してきてるとは思えないほどの・・・その・・・・むにゃむにゃ・・・と、いう事か??)

(・・・いや、待てよ?!もしや私がフルタイム勤務並みの超多忙スケジュールなのに練習できてますか?っていう勘違い・・・?)

と、一瞬どう答えていいのやらわからない質問を~~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
投げかけられました。

私「あ、はい・・・しています・・・けど・・・・?」

先生「あ~、そうよねぇ~。ほら、お仕事があったらあまり練習できないかと・・・」

私「あ、でも今日は休みだったので練習してきましたヨ~」

パートタイマーなのは先生もご存知なんで何か勘違いをされたのか、
「え?!なんで突然?!」という驚きというか・・・

でも良く考えてみれば親に言われてレッスンに来ているお子さんとかもいますし、そういう子は練習しないでしょうからね。(←うちの子)
大人だって多忙で時間がどうしても取れなくて練習できない方もいますし。

ま、大した事無い衝撃の一言でしたね、すみません。

スマソッ _| ̄|○)) ((○| ̄|_ イヤイヤ、コチラコ・・・(←気に入った)



関連記事
スポンサーサイト

ある時突然弾ける?インベンション

今日はちょっと久し振りのママ友ランチに行ってきました。
行く前は仕事もあるし、その後ランチか~~、ピアノ練習する時間も無くなるかなぁ・・・(^^;)
なんて考えていたけど、
メンバーが本当、みんなあっさり楽しい人たちばかりで、「行ってよかった!」
ちょっと煮詰まっていたりしたのですが、すごく楽しく過ごせました(^^)

ピアノが練習できる時間も確保!

初練習のツェルニーはゆっくり練習。

そして昨日のレッスンでは弾けなかった所が何箇所もあったインベンション6番。
先生に見てもらいながらその箇所の「ゆっくりと左右別々」練習をしたんですが・・・
とりあえず今日は6番いきなり両手で普通に弾いてみました。

・・・あんなに毎回毎回つっかえていて弾けなかった所!
普通に弾けました~~??
ええ~~??!
なんだか自分でも狐につままれたような気分?
私はまだインベンションも2曲目ですが、
インベンションって急に弾けるようになるような気がします。
たまたまかもしれませんが、前の13番もなかなか弾けなくて、
でもず~っと練習していたらある時から急に弾けるようになった。
今回はたまたまかもしれないけど、前日レッスンでゆっくり何回か弾いた。
それの効果?!
いや、たまたまか?!
いや、なんか不思議~~~

と、いうことはモツ様もこのままゆっくり練習をしていたら
急にちゃんと弾けたじゃん?!
てな事が・・・

あるかなぁ~?

あるといいなあ~(*^ー^*)

関連記事

レッスン76回目~ゆっくり、ひたすらゆっくり練習!

レッスンでした。
今日はアサイチで美容院行って~(^^)
どうしようもなくまとまらなくなってる髪の毛をカットしてもらおう~
と、思ったんですが、予約してるわけじゃないので

まずは洗濯とかして~

身支度を整えて

まだ時間あるし、ちょっとデジピで練習でも・・・(^^;)

インベンションの弾けてないところ、狂ったように繰り返す。

※出来ない

※繰り返す

以下※繰り返し

という地獄の無限ループにはまってしまいました( ;∀;)
ああ~~、なんという効率の悪い練習を~~~(*´;ェ;`*)←時間の無駄

しかもこんなに長時間やってるのに、ちゃんと弾けるようになってないし(;´Д`A ```

ツェルニーもやんなきゃ・・・

もう、髪の毛なんてどうでもいいわ。
どっちみちバッサバサだし、白髪混じってるし・・・(´∀`;A
(北京原人、髪振り乱しインベンションを弾く光景・・・笑)

結局ツェルニーとインベンションで手一杯になり、練習終了だし~~~(+_+)

そしてレッスンへ。
「今日は雨が降って無くて良かった~!先生って晴れ女でしょ~」
「あ、私?結構晴れ女かも!」
「私はちょっと雨女かも~。スキーに行ったら絶対吹雪いちゃうタイプなんですよ~~」(←どうでもいいけどそれ雨女じゃなくて雪女?)

なんて言いながらレッスン開始です。

ツェルニー40番~13番
練習しているうちに弾けてないのにどんどん速くなって、更に自滅
という繰り返しなので、レッスンでは一段とゆっくり弾く。
もちろん、指定速度には遥かに及びませんが・・・辛うじてOKに(´∀`;A
先生伴奏で14番の右手だけやってみる。
うん、なかなか綺麗な曲かも・・・(←考えが甘い(-"-)

インベンション6番
あんなに?頑張って練習した割には弾けてない。il||li _| ̄|○ il||l
間違えつっかえしながら最後までようやく辿り着きましたぁ~~~
という、ヘロヘロ状態。
「う~~ん、32分音符のところ、ここ、ゆっくり右手と左手を合わせましょう」(*^ー^*)
(ぐわぁ~~~、右と左、合ってない??それすんごい初歩的な事ですね~~~(;´Д`A ```)
「特にここの所ね、もう1度ゆっくりやりましょう」(*^ー^*)
「タララッ、タララッ、タララッ~♪」
「この部分と、あ、この部分、ここ右手だけで弾いてみて?」(*゜ー゜*)
「タララッ、タララッ、タララッ~♪」
「ん??音が違ってるかも?ここ、♯付いてますよ?」( ´,_ゝ`)
「え?!!」
(まさかの譜読み間違い・・・(;´Д`A ```)
じゃあ、ゆっくり練習してきてね!とのことでまた来週~

モーツァルトソナタk310-1楽章
前回同様問題点はほぼ2つに要約されてきた感。
・左手のトリルが、弾けてない。
・左手の付点が、右手と合わない(*´;ェ;`*)

もちろん他はかんぺきなのにっ!!

の訳は無くil||li _| ̄|○ il||l
他にも問題はあるけど、なんとか見過ごせる?!勢いで誤魔化せる?
けど、
この2点は先生の寛大なお心を持ってしても到底見過ごす事が出来ない
というレベルでございます・・・ヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。(泣いてる)
そして、
「今まで以上に”取り出し・ゆっくり”練習すること!(やってないよねぇ)(#`-_ゝ-)ピキ
を言い渡され、今回のレッスンは終了しました。
(あ、先生はこんな怒ったものの言い方はしませんよ~
もちろん、スマイルニコッ(゜ー^*)ヾ付きです!)

余談ですが、暗譜について先生に聞いてみました。

私「子供の頃はそんなに苦労しなくても自然に覚えられたんですけど…今は全然覚えられないんですけど、先生はどうやって暗譜されてるんですか?」
先生「ああ~、私は子供の頃からずっとピアノしかやってなかったから、やっぱり自然に覚えてますよ(^^)」
私「そうかあ~、ずっと続けてこられたんですもんね。(そりゃあ、適当にやってて30年近くブランクがあってという人とは違うわね(´∀`;A←っていうか元々頭の構造が違う)手が自然に覚える感じですか?それとも楽譜が頭に入ってる感じですか?」
先生「楽譜が入ってますね(^^)」
私「ええ~~!!やっぱりそういうものなんですね!!」
先生「手が覚えてるっていうのは何かあったら暗譜が飛んじゃいますからね。弾きながら『今は次のページのこの部分を弾いている』っていうのがちゃんと頭に入ってないとダメですね。」
私「なるほど~~」
先生「お子さんとかで耳で覚えるタイプの子だと、じゃあ、楽譜のこの部分から弾いて、っていうと弾けないの。『どこから弾けばいいかわかんない』ってなっちゃうから・・・」

と言うお話でした。
私もうろ覚えでなんとか弾けるかな?と言う曲があるんですけど、先生みたいに楽譜がはいってるわけではなく
手の動きでなんとなく~という感じです。
それじゃあダメなんだな~、ま、人前で弾かないから良いんですけどね。
関連記事

今日の練習~練習できる幸せ

なんか昨日は弱気な気持ちになっていました。
こんな事じゃいかん!!
何事も「求めよ、さらば与えられん」の精神で行かなくては。
今月スマホの通信制限もかかった事だし、IEでyoutubeも見られなくなっちゃったし、くっそぉ~~~!!(‡▼益▼)(←あら、はしたないわね)
こーなったら私にはピアノの練習しかないわ!!(←こうなってなくてもピアノの練習しかない)

そして、練習練習、また練習(>_<)(ひ~~~~、う、嬉しい☆)

インベンション6番、ゆっくり練習しています。
まだまだ臨時記号読み間違えたり弾き間違えたり止まったり。
でも何回か通して弾いてるうちに自分の苦手箇所がわかるので、そこを集中的にゆっくり弾いてみたり。
6番はかなり練習曲チックですが(というか練習曲なわけだが)
これ、チェンバロで弾いたらすごく似合う曲だな~とか。
チェンバロ音で弾いてみたりして。

ツェルニー13番、これも必ず弾けない場所が特定できてるので、そこを集中練習。ゆっくり。

モツソナk310、これも同じ(←面倒だからって略すな)
左手のトリル、左手のメロディー部分。
要は左手。

それに加えて今日はなんだかソナタ気分。
全音(私の持ってるのはほとんど全音だけど~~)の「ソナタアルバム1」から適当に弾いてみた(^^)v
この楽譜、1年位前に中古で100円で買ったんだけど、前に使った方の書き込み(といっても終わった曲に○がしてあるくらい)
があるんで、やった曲がわかって楽しい♪
書き込みのある楽譜って大体100円で買えるんだけど、見てると「これ使っていた方は頑張ってたな~」とか
「すごく弾ける方が使ってたんだな~」(←私が全然弾けない曲)とか、思いを馳せるのよ。
使っていた方の想いがこもってる気がするんだよね。。。

久し振りにいろんなソナタを弾いてみて、楽しかったわ~!

あ、「メロディ」全然練習してない!!
ま、いいか。

キーシンの「メロディ」
・・・・素敵な演奏です。
現実に疲れ、癒されたい方、いかがでしょう?


関連記事

レッスン75回目~次はインベンション!

なんかバタバタした1週間でした(^^;)
役員会議やら先生の合唱の発表会、子供の通院と仕事と家族の事、etc.…
身体的に忙しいのはまあいいとして。(充実感がありますからねー)
やっぱり気持ちが落ち着かない事が多いです…。
ピアノと戯れている時はいいんですけど(笑)
ふと、現実に帰ると・・・・
日々やり過ごしているだけで、何も解決してない現実が・・・il||li _| ̄|○ il||l
だがしかし、時はどんどん過ぎていく
大人になるとどうしてこうも時の過ぎるのが早いんでしょうね。

気分を変えてレッスンです!
天気だけは爽やか~~~な秋晴れの中、行って来ました♪
「いい~お天気よね~~(^^)」
「ですよねー!気持ちいい天気ですよね~~!」
(・・・疲れのため、何のボケもありません・・・)

ツェルニー40番~13番①
なんとなくやっていたが、それじゃダメだと真剣に練習やり始めた。3日前。
多分、私の中でシンフォニア9番が大体の目処が付いた気がしたのが3日前くらいなので・・・
一通り間違いながらも弾く。
先生より、右手が所々はっきりとしない所がある(ムラがある)
少しずつ音が変化していく所、頭に入ってないので指が迷ってしまう。
fp所やsfの部分、もっと意識して。

バッハ シンフォニア9番
一通り弾く。
タッタララララ~という印象的なフレーズが何回も出てくるが、
最後の方、ちょっとそこだけ目立つ気がするので控えめに弾くほうが良い。
前回より、横の流れも、テーマもちゃんと出てきたのでこの曲はOKという事に。
気持ちをこめて弾いてるのが伝わってきましたよ!と言って頂き、(もちろんリップサービス的なのはわかっていますが)嬉しかったです
(訳:テクはどうしようもないが、気持ちだけは込めて弾いてるんだろうな~多分。というのが感じられましたよ(*゜ー゜*))
次は、自分でどうしても!という曲が今は特に無かったので、先生のリクエストにより
インベンション6番になりました(^^)
私だけかも知れないけど、インベンションって動きが多い気がして
ゆっくり弾くシンフォニア(速いのは難しそうだけど)より難しく感じます(-"-
なんていうのか常に両手が動いてる感じ?
他にインベンション4番、7番、8番、15番を候補に挙げられましたが
6番はシンコペーションになっていて面白そうだな~と思いました。
(トリルも無いしね!)

モーツァルトソナタ k310-1楽章
一通り弾く。
うちで練習した時はもう少し流れよく弾けたんだけどなあ~~(←負け惜しみ!!)
なんかどうも勝手が違うというか、鍵盤は重いし(重過ぎるし)・・・
かといって軽くても弾けないし。(要はちゃんと弾けない訳ね(;´Д`A ```)
相変わらず基礎の無さを痛感する曲ですね。
今回の指摘事項としては、
左手がメロディーになるところ、とにかく付点をキッチリ合わせるように練習する事。(ゆっくり)
トリルの所でスピードが落ちる(特に左手のトリルに合わせようとして右手が遅くなる)
この2箇所を集中的に練習・・・ですね。

でも先週より先生いわく”強気で弾いているところが感じられて良くなって来ましたよ”とのこと。
(訳;テクは追いつかないけど、気持ちだけでも乗っていこう!というのがヒシヒシと感じられましたよ(*^ー^*)…ある意味痛々しい(>_<))

という訳で今回のレッスン終了♪

自主練習少しだけ始めました!
グルック 「メロディ」
です。
昨日楽譜をなんとかDLしたばかり。
何とも言えない良い曲なんですけど・・・
楽譜が・・・・!!(>_<)
全然弾けない・・・・!!

どうなる事やらです・・・・・・。


関連記事

モーツァルトk310 1楽章

初めてのモツ様カテゴリーを作ってみました。
(でもこれ1曲だったりしてね)

あまり練習ガッツリしてないんですけどね。(シンフォニアに比べると)
実はこの曲結構前から密かに弾いてたので、自主練習暦は結構長いのかも。

とりあえず通して弾けるようにして・・・細かい事は無視して、音符を追うだけ、のレベルとして(笑)
いざレッスンにもって行ったわけですが、
予想以上の難しさにちょっと面食らっています(;´Д`A ```
とにかく基本・基本・基本。
曲の全てが基本中の基本で成り立っている。
(ベートーベンだってバッハだってみんなそうなんだろうけど)
ベートーベンの時も感じたけど、とにかく基本がなってないとどうにもこうにも誤魔化しようがない。
基本がなってないと曲が成立しない。
スケール、アルペジオ、トリル、数少ないペダルの効果的な入れ方。
音の強弱、指のコントロール。
もう本当にどれもこれも、自分がいい加減にやってきたなあと痛感する事だらけ。

何もかもが足りない。
練習が足りない。
根性が足りない。
頭が足りない。
集中力足りない。
特に地道な練習が足りない。
基本のスケールとアルペジオ、やっぱり全然練習足りない。

あるのは・・・??
よくわからん熱意だけ??

かなり乱暴(一生懸命だけど空回りしている)な音源です。



間違いは当たり前。
演奏に切れが無い。
全体的にだらっとしてる。
トリルや細かい音を誤魔化している(でも誤魔化しきれずにバレテいる)
後半特にスタミナ切れ。
ffやpp特に差がわからない( ;∀;)
正直弾けてないil||li _| ̄|○ il||l
基礎が・・・(´Д`;) 


懲りずにシンフォニア9番・・・音楽を流す

先日シンフォニア9番を練習していて
ダンナに「間違いながら弾いてるみたいだけど大丈夫?」
といわれたのは記事にしました。
で、ダンナの前ではこの曲は(というか、元々ピアノの練習自体滅多にしないけど)弾かないようにしようと思った次第です。
なのですが、練習を録音したものを聞いていたら
「あの不思議な曲だ!」と言われ。
余程印象に残ったんでしょうね。
私の練習が間違いながらやっていたのもあるかな?
そうだ!原曲聞いたら違う感想があるかも…
と、思い、
「私のは間違いだらけだから、ちゃんとしたピアニストの演奏聞いてみる?」
と、無理矢理聞かせました(笑)

そしたら「やっぱりわかんねぇな、気持ち悪くなる」だって。

私「じゃあさ、もし私がこの曲発表会で弾いたらどう思う?」
と聞くと
「聞いてるみんな、『はぁ?あの人どうしちゃったの?』って思うだろうね。」
と言われました…il||li _| ̄|○ il||l

まぁ発表会では弾かないだろうけどね…。
なんか 
えー?そういう感想な訳?!
という…(;´Д`A ```
今まで弾いてきた曲とは確かにハッキリと違うわけで、耳慣れないからそういう反応になっちゃうんだろうね。

レッスンでOKとなるまではとにかくこの曲の練習を続ける訳ですが

・もっとゆったりと。重々しく。
・テーマを考えるのはもちろん、他の部分もすべて考えながら弾く。(なんとなく弾く音は無い!)
・自分の音を良く聞く。
・縦に刻むのではなく、流れを考える。流れる音楽を考える。(フレーズを考えて弾く)

深く打鍵すること・・・・と頭に入っているので、どうしても刻むような弾き方になりがち。
深く打鍵しながらフレーズ感(つまり音の強弱の微妙なコントロール?)を出すって難しいなと。

今、頭がそんなこんなでグルグルと打鍵とフレーズ感の両立?みたいなことでいっぱいになっちゃって。

練習してても疲れて徐々に集中力が無くなって来て、長時間は出来なくなってきました。
無理やり続けても凡ミスばかりが増えてきてしまって。

しつこく練習中音源。
あ、あまり変化ないと思います。
ゆっくり、テーマを意識はしてみました。




関連記事

レッスン74回目~シンフォニア9番もっとゆったり

レッスンでした。

ずっとバッハばかりに偏った練習をしてるので、いつものごとく付け焼刃でツェルニーを・・・
と、思ったんですけどどうしてもツェルニーの気分じゃなくて(と、偉そうに言ってみる(´∀`;A…何様?!)
モーツァルトの気分でもなくて(と、弾けないくせに完全に上から目線で言ってみる・・・)

やっぱりどうしてもバッハになっちゃうのよねー(´∀`;A
ピアノ(の練習)は、バッハに始まり、バッハに終わる。
(何かの格言のようだが、要はただバッハしか練習してないって事ですね)

つまりバッハしかやってないんj・・・
(そろそろ言い訳はいいか・・・)

というわけでレッスンへ彡(´∀`

ツェルニー40番~12番
弾けてないです。
でも、もうオシマイ!
先生にもきっと心ここにあらず・・・なのが伝わっているんでしょう。

バッハ シンフォニア9番
とりあえず一通り弾く。
だがしかし、練習では間違えないような所を間違えたりつっかえたりと先生の前だとやっぱりダメだわ。
(あ、もちろん練習中も間違いだらけなんだけどね、もちろん!!)
要は人の前だとどこか緊張したりするんですね。
1回指遣いとか間違えちゃうと、もう、どうしていいかわかんなくなったりする。
修正がきかないっていうかね。
あと、よくあるんだけど、最初は意外に緊張を感じずに弾けたりするのに
なぜか途中から緊張感がやってくる・・・
これすごく不思議なんだけど。

先生のアドバイス、
「全体的にもっとゆったりと。最初のテーマ、ファラソ、のファ(テーマの最初の音)、もっとテヌート気味に。バッハは揺らさないけど、この曲はもっとゆったり歌って弾くほうが良い。少しテンポが速い気がする。まだテーマが浮き出ていない。もっと意識して。
24小節の右手、♭レードー♭ドー♭シー♭♭シーと、半音ずつ下がる部分、テーマだけでなくそこも意識すること。」
う~~~ん・・・・。
つまりテーマはもちろんのこと、テーマじゃない方ももちろん考えながら弾かなくてはいけないのね。
というわけで、なぜ「かるーいシンフォニア」になってるのか?
速度はもちろん、音の出し方(テヌート気味に)など考えていなかった
というのがあるんだな。なるほど・・・。
と、理解した次第。
これに気をつけて更に練習だわっ!!

モーツァルトソナタ k310-1楽章
リピートまでの前半はだいぶ良くなったと言ってもらえた。
fの出し方も良くなってfらしくなってきた。
後半は課題が山積み。
ffの部分、右手をスラーにしてメロディーを出さなくてはいけないが、全くスラーになっていない。(ブツ切れ~)
対して左手はffだからって出しすぎ。ベース音は出さなくてはいけないが
それ以外のトリルみたいな部分はそれ程がんばらんでよろし。
煩くて右手のメロディーが聞こえなくなってしまう。
その後に出てくる右手のトリルと左手のトリル、キッチリ伴奏に合わせる。
ゆっくり練習して32分音符も16分音符にキッチリ合わせること。
適当にトリルを入れない。
トリル部分にペダルの表示は無いがペダルを入れたほうがいいかもと。(そうしないと私の技術ではパサパサの音楽になるらしい)
あと、ffとppの部分にもペダルを入れましょうかと。(そうしないと私の技術ではレガートで弾けない彡(´∀`)
そのあとの左手でメロディーを弾く部分、(右手トレモロ部分)これもゆっくりきっちり付点を合わせる練習。
つまり後半は全部ゆっくりきっちり合わせる練習が必要。
う~~~~、やっぱリモツ様難しい(;´Д`A ```
しかも弾けない所のアラが目立つ~~Σ(´Д`;) うあ゙

レッスンはしばらくこの3本立てになりそうです。

最近ようやくピアノで気がついたこと。
それは・・・
なんとなくで弾いていい音は1つも無いんだ
ってこと。
いやあ、これに今まで気がつかなかった~~。

昨日の練習音源です。
間違いが多いです・・・



関連記事

ノリノリシンフォニア9番・・・

シンフォニア9番の練習。
1に練習2に練習、34が無くて5に練習(・・・どこかで聞いたセリフだな)
朝起きてyoutube音源を聞き、仕事が終わったらピアノに向かい、寝る前にyoutubeを聞く
という練習練習??(っていうかyoutube聞いてるだけじゃん)
の日々を過ごしてなんとか最後まで(間違いながらも)通して弾けるようになってきました。

今日、意を決して練習の録音をしてみる。
(明日はレッスンだしね!)

意識して弾いた事が確実に鍵盤に伝わっているだろうか?
弾きながら聞いていると「今音間違った!」とかそのレベルでしかわからない(^^;)(なんつう、耳の悪さ)
なので必ず録音して聞いてみる。

3回ほど録音(・・・そんだけ~?(^^;)時間が無かったので・・・根気も無かった

じっくり聞いてみる。

重々しいテーマが流れ、陰鬱な響きを奏でる。
そして時折ふと表れる一筋の光のような煌きに似た希望のようなフレーズ。
それは表れては消え、表れては消え、回を重ねるごとに聞くものに静かな感動を呼び起こす。
憂鬱さを帯びてはいるが、どの音も透明感のある、吸い込まれそうな輝きをもって奏でられる。
これはいうなれば至高の芸術とでも表現できるのか。

・・・んなわけないでしょ!!ヾ(・_・;)チョット‥
これはあくまで理想ですから!

重々しく重々しく・・・と思ってるのに、意に反してどんどんスピードアップしていく曲。
苦悩だ苦悩だ、と意識すればするほどあっちゃこっちゃ間違うし
一筋の光!!光を表現しよう!と思うと妙に力が入ってそこだけバカデカイ音になっちゃうし。
ここは少しずつ気持ちが高まる感覚を表現しようと思うとやっぱりどんどん速くなっていっちゃうし。
しまいには「苦悩」の欠片も無い「あ・かる~い曲♪」みたいになってくるし(;´Д`A ```
妙ちくりんなノリノリのシンフォニアの出来上がり・・・・il||li _| ̄|○ il||l
ルンルン♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪ルンルン
・・・違うんだよ。もっともっと落ち着いた感じで弾きたいんだよなー。
苦悩の曲なのに。
でもなんでこんな今にも踊りだしそうな曲になっちゃってんだろう。
やっぱり速さもおかしいのかな。(特に32分音符のところ、滑ってるように聴こえるし)

ていうかそれ以前にミスタッチどうにかしろ。って話ですね、はい。





関連記事

シンフォニア9番の練習・・・不思議な曲

最初に言っておこうっと。

録音はありません(笑)
まだまだ全然録音できる状態ではありません(´∀`;A

楽譜の解説に「深い苦悩の曲」、表現が難しい・・・というようなことも書いてありました。
楽譜を見ただけでは音楽が浮かばず、youtubeで聞いてみたら・・・
最初に感じたのが「なんか不思議な音楽!」でした。
暗いような明るいようなどっちかっていうと暗いんだけど、でも時々パッと光が差し込むかのように明るくなって。
でもまたすぐに暗くなる。
所々に調和してないような音が重なり合っていて全体的に陰鬱な曲調なんですが、
突然調和した音?になって綺麗なメロディーが流れる。
確かに、「苦悩」という表現がしっくり来るような曲。

アラフィフで悩み多きオバサンの心境に、もしかしてこの曲ピッタリ?!

ハマリました。
バッハお父様が一体何に苦悩してこの曲を書かれたのかは、私などにわかるはずもないのですが

苦しいくらいに何かに悩んでいる
その問題は簡単には解決されないような事。
もしかしたら一生抱えていく問題かもしれない。
悩んだ所でどうにもならないのはわかっている。
でも悩んでしまう。
時々、その悩みをふと忘れるような嬉しい事や楽しい事が起こったりする。
でもそれはほんの一瞬の出来事で、悩みは解決される訳ではない。
再び、苦悩する日々が訪れる。
人生はそれの繰り返しなのだ。
悩んだり苦しんだりしながらも、時折訪れるつかの間の楽しい事や幸せな気持ち。

そして、曲の最後に(本当に最後に)、ちょっと穏やかな調和した音で締めくくられます。

良かった・・・。
何かに気持ちが救われたのかな。

これが私の感じた9番。
ああ、深い曲だわ。
(これって、練習曲だよねっ!?ヾ(°∇°*) オイオイ)

珍しくダンナのいる時に練習してるとこれまた珍しくダンナが

「あのさー、その曲、間違ってるよね?!そんなに間違いながら練習して大丈夫なの!!?」

と、言って来た・・・il||li _| ̄|○ il||l
いや、確かに臨時記号が多くて頭が混乱してしまうから、間違いだらけだけどさ(´∀`;A
一応曲のせいも少しある・・・と、思いたいけどさ。

やっぱダンナの前で練習するのやめたー。

ダンナにとってはただの「不快曲」なんでしょうねil||li _| ̄|○ il||l
知らない人にも快く聞いてもらえるように、もっとちゃんと練習しようっと!
関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-37/38番
バッハ 平均律2巻 12番プレリュード
リスト ため息


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示