11
1
3
4
7
8
10
13
21
22
25
27
28
30
   

フランス組曲・・・転びますなぁ

2番のアルマンド、
これでもかこれでもか~っ!!
と、他の課題を捨てて集中練習した甲斐があって、
なんとか間違いながらも通して演奏はできるように。

で、録音してみたら・・・?
あれ?
指が転びまくってる・・・(;´Д`A ```

意識しても・・・・・転ぶはぁー・・・(*´Д`)=з

すごく意識しても・・・・・・転ぶハァ━(-д-;)━ァ...

最善の注意をしていても、ふと気を抜くと・・・・・転ぶドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン

何も意識しないと・・・・・もちろん転ぶショック☆<( ̄□ ̄

と言う具合に転びまくります。ガクゥ━il||li(っω`-。)il||li━リ…

345指が本当に、ダメダメです・・・il||li _| ̄|○ il||l

曲自体はそれほど難しいという訳ではないでしょうが、綺麗に弾くのは思ったより難しい(^^;)

それに私といえば刻み癖、刻み癖といえば私(そんなんあるか?(^^;))

というほど刻んでしまう私ですが、特にバッハは「刻み」が顕著に出る感じがします。

ガッツリ弾きこまないとなかなか刻みが無くならない気がします。

アルマンドを練習していて、たまたまダンナが帰って来た時があって、演奏を聞いて一言、

「その曲って子供の曲?」・・・・・(-"-

「え?なんで?(まあ少なくともシンフォニア9番のような感想じゃないだろうけど・・・)」

「だって、子供が青空の下でスキップしてるような曲だから・・・」・・・・・(-"-

「・・・そういう曲じゃないと思うんだけど・・・・(-"-」
「あ!そうだ、もしかしたら今の、焦って速く弾いちゃったかも!すこしゆっくり弾いてみるから!」

ゆっくりと意識して弾く。
なるべく刻まないように・・・・

「どう?」

「あ~~、さっきと全然違う!大人の曲だー!こっちの方が全然良い!落ち着いた大人の曲になってる!」

・・・・なるほど。
やはり刻みと速さ(弾いてるうちにどんどん速くなる癖もある)がかなりポイントなのだね。

それにしても子供がスキップしてる曲・・・って。

まだまだ、要練習です・・・・。
関連記事
スポンサーサイト

レッスン80回目~気の向くままに

ツェルニー全然練習してません(>_<)
細かい音符だけゆっくり練習しましたが、まだ両手を合わせての練習を1回もしてません(>_<)
どーしよ・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・
私の苦手な(って全部苦手だが)臨時記号の嵐。
半音階の練習を主眼としてるんだろうが、完全に半音階ではなく、同じ音型を繰り返したり繰り返さなかったり下がってみたり上がってみたり、唐突にアルペジオをいやらしく入れてみたり(-"-
ツェルニーさんのS加減がいい具合に表現された素晴らしい曲です・・・。
(ノ_-;)ハア…
楽譜を見るだけでため息が出てきます。
どうしたものか・・・この臨時記号アレルギー。(´Д`;) 

20151123191738c42.jpg

相変わらず下手な写真

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

という訳でまともに練習したのは新しい曲だけという状態でめでたく?レッスンの日を迎えました(>_<)ひぃ~~。(自業自得)

今日は珍しくおしゃべり殆ど無くいきなりレッスンへ~。
私「あの~、実は新しい曲ばかり練習しててですね~、ツェルニーほとんどやってないんです・・・(ごめんチャイ!)」
先生「あら、そうなの?じゃあどうします?」
私「一応ゆっくりと片手だけ練習したので片手でもいいですか?」
先生「いいですよ~(^^)」

ツェルニー40番~15番
片手ゆっくり弾く。
つまずいたり転んだりしながら一通り。
1箇所譜読み間違いあり(>_<)ガッツリ練習する前だからヨシとします。
来週はこの速度で良いから両手で出来るようであれば両手で弾いてきてね!との事でした。

バッハ シンフォニア6番
何日か練習しないとすっかり退化・・・(;´Д`A ```
1回目弾いたけど、予想以上にボロボロ状態~~~(>_<)
あまりに悲しかったので泣きました・・・・んなわけないです。
でも顔で笑って心で泣きました(^^;)・・・っていうくらい酷かったです。
なのでもう1回弾かせてください!!と言って弾いたけど、凡ミスの嵐~~~( 。-ω-)-ω-)-ω-)・・・
めちゃめちゃ不本意・・・だけど、覚えてるようで覚えてない部分がたくさんあるんだなあ~(←他人事?!)
というわけでまた来週~~~。

バッハ フランス組曲2番(アルマンド)
もう今の私はこの曲の虜!!(マイブームがコロコロ変わる自分の体質が恨めしい・・・)
一通り弾く・・・こればっかやってたから譜読みはバッチリ?!
先生「だいたい弾けてるわね(^^)」
私「はい!!すごく練習しました!!これしかやってないけど・・・・(´∀`;A」
先生「後は盛り上げる所をもう少し盛り上げて、後この音とこの音はすごく大事だと思うから丁寧に弾いて・・・」
私「はい!わかりました!」
私「この曲だけだとちょっと短いかなあと思うんで・・・例えばこの曲の5番から1曲を一緒に弾くとか・・・ありですか?」
先生「はい、いいんじゃないかしら。5番のアルマンドも綺麗よ~」
私「え~と、5番のガボットかブーレはどうでしょうか~?あ、5番のアルマンドってちゃんと聞いたこと無いんですけど・・」・(と、それとなく先生弾いて~オーラを醸し出す私)
先生「あ、ちょっと弾いてみましょうか。」(ぐふふふ・・・・)
~先生の演奏~
(●・´艸`・)(・´艸`・)(・´艸`・●)
先生「2番のアルマンドと5番のアルマンドとガボットとか3曲弾いたら?」
私「え?!え(゚○゚)!」
私「え~~~、(確かに短い曲だけど、さ、さすがに3曲は・・体力気力共に限界ですっ!!)・・・・多分持ち時間そんなに無いと思うんですよね~~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・」
来週までにガボットかブーレを練習します。
いずれフランス組曲全部やったらいいんじゃない?とのこと。

モーツァルト ソナタk310-1楽章
一通り弾く。
まあ~、この曲は地道にやって行きましょうとの事。
部分練習を続けながらやって行きます。
少し早いけど次回の発表会にこの曲を弾くかどうかの意思確認がありました。
「怖すぎるので弾きません・・ていうか弾けません~~!!(>_<)」
以上です。

もう来年の発表会・・・ボヤボヤしてるとすぐにそんな時期になっちゃうんだよね。
何にしよ・・・

ちなみに先生は「子供」には今弾いてるレベル以上の曲を頑張ってトライさせる主義だと仰ってました。
なので特別どうしてもこの曲!っていうのが無い場合、先生が曲を指定するそうです。
子供は吸収力がありますし、発表会で頑張った分、その後すごく伸びるんですよね、きっと。
私は大人なので自分の弾きたい曲というパターンですけどね!^^)

というわけで80回目レッスン終了~~

相変わらず何の役にも立たないレッスンレポートでしたスマソッ _| ̄|○)) ((○| ̄|_ イヤイヤ、コチラコ・・・

関連記事

友人とおでかけ~横浜

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

バッハに首ったけ

今、頭の中はバッハonly。
寝ても覚めても、仕事中でも頭の中でバッハが鳴り響いてる。
もちろんシンフォニアも好きだけど
この何日か、頭の中を占めてる曲がある。 
8月にバッハをかじり始めた時は全く興味無かった曲だ。

なんで急に良いなと思ったかというと
ブロともさんが弾いてらしたのを聴いたのがきっかけ。
とっても印象的なメロディーで、
聞いたときもかなり頭の中で鳴り響いてたんだけど
楽譜が無かったのでしばらくして鎮まり。

で、前回レッスンの時、2月に弾く曲相談して
シンフォニアよりノクターンの方がって話になって。
そうかあ、ノクターンねぇ…なんて思った訳だったけど。
ふとその時ブロともさんが弾いた曲を思い出した!
速攻で楽譜を買ってとりあえず弾いてみた。
で、すぐに先生にメール。
そしたらいいと思いますよ~、と了解してくれた!
.やったー+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.
それから毎日狂ったかのように弾いていて(笑)
萌えポイントがあちこちに散りばめられて 
もう何回弾いても飽きるどころか
暇さえあればずっと弾いていたい。
片手で練習していても楽しくて楽しくて何回も弾いてしまって
気が付けばその曲ばかりずーっと弾いてしまって他の曲を全然練習していない、という有り様。
移動中はずっとその曲を聴いている。

ふと思った。

こんなに弾いていてあと3ヶ月飽きてしまわないだろうか。
でもバッハだから恐らく大丈夫な気がする。
最初に習ったシンフォニアもまだ弾いてるし
それでもあきてないから。

関連記事

セレブなピアノ・レッスン♪

ここは日本でも有数のセレブが居住している地区S。
セレブね~みはピアノレッスンのため、1階のリビングでピアニストN先生を待っていた。
リビングは2部屋あるのだが、そのうちの1部屋はスタインウェイのフルコンサートグランドが置いてある。
室内楽やピアノの演奏など、少人数のコンサートが出来るような設備が整っている。
ロココ調のインテリアが煌びやかな部屋だ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
程なくしてチャイムが鳴り先生がお見えになった。
「いらっしゃいませ!先生、1ヶ月ぶりですけどごきげんいかがですか?」
N先生はそれとわかるブランドの真紅のワンピースのすそをたなびかせながら
「あら、お蔭様で、カーネギーのコンサートも大盛況でしたわ。」
「そうでしたわね!もちろん耳に入ってきてますわよ、先生のご活躍は!」
「いえいえ、そんな大それた事は何もしてないんですけれどねぇ」
「とんでもないですわよ!あちらでも大反響だったのを日本ではもう皆さんご存知なのよ~。私もこんな素晴らしい先生に教えていただけるなんて。わたくしだって鼻が高いのよ~、ささ、疲れましたでしょ、まずはちょっとお休みになって」
そう言うと側にいた使用人にお茶の用意をさせた。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
シリックの白いロココ調のソファに二人は腰掛けた。
マイセンのティーカップに美しい色の紅茶が注がれる。
「ニューヨーク帰りでお疲れでしょうに、呼び立ててしまってごめんなさいね。ほら、レッスンも間があいてしまうと不安でしょう。そのかわりというわけではないけれど、今日はなかなか手に入らないスイーツをご用意しましたのよ。お口に合うとよろしいんですけれど・・・」
と、ケーキの焼き型に入ったチーズケーキを取り出した。
「あら!これ!もしかしてあのお高い?・・・」
「ええ、ケーキにしてはね。でも、全然、味が違うのよ~。もうこれ食べたら他のチーズケーキなんて食べられなくなっちゃうわよ。これで15000円ならお安いものだわ。さ、お召し上がりくださいな」
「本当に、美味しいわ~!ね~みさんたら、相変わらずグルメでいらっしゃること!」
ひとしきり、N・Yの土産話を楽しみながらの贅沢なティータイムだ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

「そろそろレッスンを始めましょうか」
「はい、先生、お手柔らかにお願いしますわね」

「え~と、ね~みさんが今なさってるのはあの曲でよろしいかしら?」
「はい、先生、まだ譜読みが完全でなくて・・・・」
「まあ、でもね~みさんはお忙しいでしょうから、仕方がありませんわ。では、弾いてみてくださる?」

スタインウェイの前に座り弾き始めるね~み。


「ドーレーミー、ドーレーミー、ソミレドレミファ・・・」
「あっ!!先生、ごめんなさい、譜読みが・・・っ!!ああ~~、私とした事が!!ああ~~」

「ね~みさん、いいんですよ、間違いは誰にでも、どんなピアニストにだってあるのよ。」

「でも私!!こんなに簡単な曲なのにっ!!」

「いいえ、この曲はね、一見簡単そうに見えるの。でも、奥が深くてとても難しい曲なの。あのホロビッツだってそう言ってたわ。」

「え?ホロビッツが・・・?この曲を・・・・?!チューリップを?・・・」

※「そうよ、この曲を美しく弾く事は簡単ではないのよ。だからね~みさんが間違うのは全然恥ずかしい事じゃないのよ。
それに間違っても、もう一度聞きたい演奏というのがあるんですよ。」

「え・・・・間違ってももう一度聞きたい・・・・?」

「では、最初からもう一度、弾いてみましょうね」

「はい・・・・ドーレーミー、ドーレーファー・・・・・・あ!!!また間違ってしまったわ!!あ~~~!!」

「ね~みさん、いいんですよ、間違ってももう一度・・・・(-"-」

以下、繰り返し



※このお話は、もちろんフィクションです。

関連記事

レッスン79回目~意外な曲

遅ればせながら2月の発表の曲を決めなくちゃと思い、
今日のレッスンで相談させていただきました。

ここまで非常に丁寧な言葉で表現していますが、実際の会話は

私「ね~、先生~、そういえばさ~、今度~2月に~仲間内の発表会があるんだけど~
あと3ヶ月しかないし~、何弾けばいいかなあ~~??」(←かなりアホっぽい)

先生「あら!そうなの!そうねえ~3ヶ月だったら今までやってきた曲はどう?」

私「あ、やっぱそうだよね~~、時間無いもんね~、私もそう思う~~、でも何にしよっかなあ~?」(←友達?)

先生「ね~みさんは弾きたい曲ないの?」

私「う~~~ん、シンフォニアが好きだからシンフォニアでもいいかなあ~って思ったり~」

先生「う~~ん、せっかくだからちゃんとした曲がいいんじゃないかしら・・・メンデルスゾーンとか」

(先生!!それは、シンフォニアがちゃんとした曲じゃないって事ですか!!?( ;∀;) )・・・私の恋人なのに・・・

先生「いや、シンフォニアでもいいんだけど、練習じゃなくてせっかくの発表の場だし、聞き栄えする曲の方がいいかしら?
あ、でもバッハでも良いと思いますけどね・・・ね~みさんが弾くんだから好きな方が良いわ!」

私「そっか・・・メンデルスゾーンだとベニスのゴンドラの歌とかかなあ~?」

先生「あ、今ふっと浮かんだけど、ショパンのノクターン1番なんか、どう?発表会にも出てるし、1からって訳じゃないし」

私「ノクターン1番!!わあ~懐かしいなあ~」

先生「あんなにたくさん練習したんだから、すぐ思い出せると思うわよ。新しい発見もあるかもしれないし」

私「あ~~~、そうだよね!そうか~、そういう選曲もありかも!」

先生「ちょっとお家で練習してみればどう?」

私「は~~い、了解で~~~す」

ま、本当のところ、ここまでぶっちゃけた会話じゃないですから!!
友達じゃないんですから!!師弟関係ですから!!
最低限の礼儀をわきまえて会話してますから!(って誰もそんな事は気にしてないと思うけど・・・)

という、大変重要な会話でレッスン開始です。

ツェルニー40番~14番
あんまり弾けてない速度も出てないし間違いも多発。けどとりあえずOKに・・・
レッスンでは繰り返しもちゃんと弾いてますが、正直面倒くさくなってきました・・・
ツェルニー30番の時からこのスタイルだけど、徐々に曲が長くなってきて、繰り返すのかあと思うと時間が勿体無いとか思ってしまいます。
先生に今度聞いてみよう・・・。

バッハ シンフォニア 6番
私の恋人です。(ドーでもいい情報だな)
練習するたびに癒されます・・・。(これもどーでもいい情報だな)
初☆レッスン!
はい、この曲はず~~っとレガートで弾いてね!
音階的に上っていく時はクレシシェンド、下がっていく時はデクレッシェンドで。
ただ音を並べずに膨らます。
途中1-1のように親指だけで移動する所があるが、そこもカクカクならないようにレガートで滑らかに。
「先生、この曲弾いてると癒されるんです・・・」(いちいち報告せんでもよろしい)

モーツァルトピアノソナタ k310-1楽章
先週よりも流れが出てきていいんじゃない?とのこと。
(センセ~、本当に何かちょっとでも絶対に褒めてくれるよね・・・でも、でも、結構酷い演奏だったよ(>_<)
心が痛いよ~~、でも先生は絆創膏を貼ってくれるんだよね。大丈夫大丈夫と慰めてくれるんだよね(>_<))
ま、引き続き左手のトリル部分や他にもたくさんちゃんと弾けてないところがあるんで(;´Д`A ```
練習しましょう!とのことです。

気が早いですが、シンフォニア6番の次の曲を先生が選んでくれました。
あ、もちろんシンフォニア6番まだ終わってませんよ!
目の前で14番と4番を弾いてくださり、(14番はややこしそう~~~(>_<))
4番が良さそうね!とのことで。どの曲も本当に綺麗・・・・






関連記事

やっぱり好きかも・・・いや、かもじゃない!!

と言うタイトルどおり・・・です・・・


今まで多くは無いものの、いろいろな方に出会いました。

それぞれに、いろいろなカラーがありました。

優しい方、厳格な方、活発な方、穏やかな方、楽しい方、オシャレな方、情熱的な方・・・・

それぞれに輝いていて魅力的で。

けれどもこんな私なので、

つれなくされたり、想いが通じなかったり

会えば会うほど苦しくなったり。

それでも素敵な時間を共有させていただきました・・・

でも・・・・

上辺だけでなく、

実際にお付き合いしてみて、こんなにもしみじみと心惹かれる方が過去にいたでしょうか・・・・。

こんなにも心穏やかに過ごせる事があったでしょうか・・・・。

明日は会えるだろうか。

明日、会えなかったらどうしよう・・・

毎日毎日会いたくて

仕事をしていても気もそぞろで

会える時を考えるだけで鼓動が早まる

今度会ったら・・・

一緒にいる時は夢のようで

嬉しくて心臓が踊りだして

そしてあっという間に時間が経って。

お別れの時間が近づいて

別れ際は後ろ髪を引かれながら、

気持ちはもっともっと一緒にいたいのに・・・・

いつまでも・・・・

時間が許す限り・・・・


でも、また明日も会えるよね。

大好きな大好きなあの・・・・







シンフォニアに!(*^ー^*)




。。。て結局ピアノかい~~~~(;´Д`A ```



関連記事

そろそろ2月の曲を決めないと・・・(^^;)

来年の2月末に音楽のお仲間さんたちの前での発表会があります。
いい加減曲を決めなくては・・・
いや、もちろん忘れていた訳ではなく、
ど~しよ~どしよ~、でもまだ何ヶ月もあるし~
まだいいかあ~、でもどう~しよ~
と、悩んではいたんです(←基本的に優柔不断な人です)

そんな事、うじうじうじうじ考えていたらいつの間にかあと3ヶ月だし!!(>_<)
今からじゃ1から新しい曲って結構厳しい気がするし
レッスンでやった曲を仕上げる感じが無難かな~。
でもそうすると、ツェルニー・インベンション(シンフォニア)・モツソナ
の3本立て+発表曲って時間的にかなり厳しい。(レッスン時間も練習時間も)
ツェルニーもインベンションも休みたくない、となると必然的にモツソナ終了?!(中止?!もしくは休止?!)
何かそれも中途半端でいやだしなあ・・・
かといってモツは発表曲としてありえない気がするし・・・(^^;)

遅ればせながら次のレッスンで先生に相談してみようっと。

私の弾きたい曲ってなんだっけ・・・(^^)
ず~っと弾いても飽きない曲って・・・
やっぱりバッハかなあ・・・

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

選曲には全然関係ないですが、
最近ブログをお休みになる方が多くていらっしゃって、読者としては淋しい限りです。
私も短期間ではありますがお休みさせていただいた事もあるのでわかるのですが
皆さんいろいろとお忙しいようですね。
一読者としての勝手な望みではありますが、無理なく、休み休みでもできるだけ長く続けて行って欲しいです(^^)
お休み中の方も、再開していただけるのを首を長くして待っていますよ~♪



関連記事

どうでもいい話


20151116101748adb.jpg

写真が下手くそすぎ( ̄▽ ̄;)

パート先のバイト君、スイーツを作るのが趣味でチーズケーキを焼いたからと同じ部署の人達に持ってきてくれた。
ちゃんと一人分にカットしてあり、アルミの(売り物のケーキの下に敷いてあるやつ)で1つずつ分けてあり、
焼き色も綺麗で美味しかった♪
そういえば以前にレモンケーキのレシピを持ってきていて、たまたま荷物の上においてあったので何?と聞いたらレモンケーキを作ったらレシピ欲しいと言われたので持ってきたんです~
と言っててちょっとびっくり。
先輩パートさんも彼の焼いたケーキが気に入り、クリスマスにシフォンケーキを焼いてもらった(材料費は出したそう)んですと。
何でもご両親の結婚記念日にはお手製のケーキで御祝いしたとの事で。
仕事中に一切れ頂いたのだが、余ってしまったのでもう一切れお持ち帰りさせてもらいました。
女子力高すぎ。

関係ないけど仕事先の話しついでに、私の上司(30代)は独身なんだけど、たまたま家族の話になった時に「ね~みさんてやさしそうじゃん」と!?言われたんですが
「え?!全然やさしくないですよ。鬼嫁ですよ。あ、子供には優しいかも」と、本当の事を話しました。(本当?!)
そしたら近くにいた先輩パートさんが、
「そういえば、○さん(上司)って何で結婚しないの?」(ここでいきなり聞いていいのか~~~??)
と、すかさず上司に聞いたんです。
それを受けて
「いや、だって結婚したらないがしろにされそうじゃん(私の方をジロ)」と。
「いや、それは相手によりでしょう!ほら、ずっと結婚しても仲の良い夫婦も優しい奥さんもいますよ~、ね!△さん(先輩パートさんに話をふる)!!」
そしたら居合わせた後輩パートさんが話に乱入。
「え~~うちは失敗ですよー!結婚前は肉食系だと思ったのにめちゃくちゃ草食系なんです!騙されました~」(オイオイ、まだ結婚に夢を持ってる若者?の前でそんな事・・・(^^;))
という、くだらない話を仕事中にしていました。
あ、遊んでる訳じゃないんですよ?コミュニケーション?!
ほら、仕事は楽しくやっていかなくちゃ。(もちろん職種によりますけどね。それほどシビアな仕事ではないのでできる事かも…)

本当にどうでもいい話でしたね(´∀`;A


2015111610200666d.jpg

駅前のクリスマスツリー。
もうクリスマスかあ・・・・
1年が早いよ~(>_<)


関連記事

教室練習会

先日に引き続き?一昨々日もピアノの練習会でした。
と言っても同じ教室に通うSさんと二人~です。
Sさんのお仕事と私の仕事と練習室の空きが合う日にちがなかなかなく、本当はもっと間をあけたかったんですけどね。
理想を言えば、ピアノの集まりって1ヶ月に1~2回がベストかなあ?
発表会的な本番は半年に1回くらいのペースがいいような気がしてます。
練習会について欲を言えば人数も6人くらいまで。
こじんまりとした集まりが良いかな~。
全員と話が出来て、適度にピアノを弾く順番も回ってきて。
少なすぎてもなんていうか、間が持たない気もするし…まあガッツリとは弾けますけどね(^^;)
地元にはピアノのサークルもあるんですけど、(そしてすぐ近くで活動しているのも知ってるんですが)
メンバーの構成もわからないし、皆さんの弾かれている曲もレベルが高すぎて(セミプロかっ?!)
こんな所に私行ったら場違いすぎ~~(>_<)な気がして敷居が高すぎます。
その点ブログつながりの方だと、普段から交流があってなんとなく人となりが伝わってきて安心だし、
自分の事も前もって多少は伝わっていると思うので、なんちゃってでも許してね!!って感じで(←要は自分に甘いのね)

というわけで(どういうわけだ)、Sさんと久し振りにお会いしました~。
同じ教室の利点というのがあって、先生の情報を共有できる事。
個人教室なので、この先生は他の生徒に対してはどうなんだろう?
というのがわかりません。
これって私にだけこんな対応なのかな?とか、人間ですから多少気になります・・・よね?!
ま、そんな疑問をちょっとお話できます。
ぶっちゃけお月謝の話とかもしましたね。
Sさんはお忙しい方なので月1回レッスンなんですが、微妙にお高かったです。
(ご自分から月謝を上げてと仰ったそう・・・)

私もそうなんですが、Sさんも発表会以外の曲は本当にサラッと一通り譜読みできたらOKな感じなんです。
今までずっとそのスタイルでやっていらしたそうなんですが、今回習っている曲に関しては発表会には出さないけど
ちゃんと完成させたいと仰っていて、先生にもそう言って見ていただいているそう。
なのでいつも1曲を1ヶ月くらいのペースだったものを、今の曲はもう何ヶ月も練習してると仰ってました。
私よりずっと先輩なんですけど、手先が器用でお仕事の合間に洋服を作られたりご主人のお仕事の手伝いをされたり!
そんな多忙な中、ピアノの練習・・・本当にマメでフットワークの軽い方です・・・・見習わなくちゃです。

私は先日間違いだらけで撃沈状態だったモツソナをとりあえず練習したんですが、
弾き終わって席に戻った時に、
「こういう曲(ソナタ)は今、やっておいた方が良いわよ。歳を取ってからだとこういう曲弾けなくなってくるから。あなたはまだ若いから、こういう曲を練習しておけば後でいろいろな曲が弾けるようになるわよ」
と言われました。
ま、そんなに若くも無いんですけどね・・・(;´Д`A ```それに間違えるわつっかえるわの散々なものです。
曲として成立してるかって言えばしてないし。
でも、今日という日が一番若い、今この瞬間が一番若いわけです。
基礎基礎基礎の曲に取り組むのなら、1日でも早いに越した事無いですよね。
その想いとは裏腹に停滞気味というか後退気味のモツ様ですが、やっぱり弾けなかったな・・・(;´Д`A ```

Sさんは相変わらずの綺麗な音で、ショパンのノクターン18番op.62-2の練習をされていました。
Sさんの明るい綺麗な音が18番の幸せに満ち溢れた曲調にとても合っていて彼女らしい選曲だなあと思いました。
明るい綺麗な音が出せるって羨ましいなあ~。
(余談ですが、彼女のお子さん(音大出てピアノの先生)も、学生時代、「あなたは綺麗な音が出せるからすごく得よ~」
と言われていたそうなんです。ピアノの音も遺伝なのか?)
無いものねだりなんだろうけど。
なんだろうね、綺麗な音が出せるって。
ご本人はそれほど意識されているという感覚は無いようなんですけどね。
でもやはり、長く弾かれていらっしゃるので、経験、そういうのが大きいのかな?

いっぺんにあれもこれもはできない。
1つずつ、一歩一歩やっていくしかないですね~(^^)
関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・8番フーガ、
パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示