FC2ブログ
   
09
1
2
4
6
7
9
11
13
15
16
17
19
21
22
24
25
26
27
29
   

使用人スベルマンの秘密のピアノ日記 volume2

以下、スベルマンの日記より。


○月×日 
今日から初めての仕事を任された。
奥様が毎日ピアノの練習をされているサロンで
奥様の練習を聞いて感想を述べたり、楽譜を整理したりする仕事だ。
その前にサロンにあるピアノについての注意点を教わった。
このピアノに触れる事は特別な許可が無い限り、一流のピアニストと、奥様だけに許されている事。

私はピアノを弾いたことは無いが、ピアノの音を聞くのは好きだ。
今日は奥様の弾いている曲についての感想を伝えた。
右手と左手が別々の動きをしているのが大変驚きます、と述べた。

○月□日
昨日に引き続き、ピアノを聞く仕事が多かった。
話に聞けば、ここの家にあるピアノは大変値段の張るものらしい。
奥様によれば小さな家が買えるくらい?とか。
どおりで触れる事が許されない訳だ。
奥様はピアノの練習をいつも決まった時間にしている。
昼食を召し上がった後で、大変眠いと仰った。
時間を変えればよろしいのではと考えてしまった。

○月△日
奥様の練習の間、本棚にある楽譜を見てもいいと言われたので、手に取った楽譜をパラパラと見てみた。
音符は辛うじて読めるが、これを両手で弾くなど神業ではないだろうか?
ちなみに奥様の弾いてる曲の楽譜はとても音符の数が少ないようだ。
もしかしたら私にも弾けるのかもしれない…。

×月○日
相変わらず奥様は毎日ピアノの練習をしている。
練習の間私は他の楽譜を見ているが、段々と面白くなってきた。
なぜなら音符を見ると頭の中で音が鳴るようになってきたからだ。
奥様の弾いている曲の楽譜を毎日毎日見ていたら、
自然とそうなってきたようだ。
もちろん練習の最後に感想を述べる仕事は続いているのできちんと聞いているつもりだが。
実を言えば頭の中の「音」の方が興味がある。

×月×日
奥様のピアノの練習の仕事を始めてもう二ヶ月経った。
奥様はずっと「チューリップ」の練習をされていらっしゃるが
実は私の頭の中では違う曲が流れている。
だがそんな事は口が避けても言えない。
感想は徐々に「それらしい事を言っているだけ」になってきてしまった。
良心の呵責。

×月△日
私の心の中にある気持ちが芽生えてきた。
それは…この、目の前にある艶々したピアノを自らの手で弾いてみたい、
いや、触ってみたい、「自分の音」を出してみたい。
ピアノを弾くとはどんな感覚だろう?
そしてこの楽譜の音楽を両手で奏でてみたい。

×月?日
奥様のピアノを聞いていると、私の中に芽生えた気持ちがどんどん高まってくるのを感じる。
こんなにずっと同じ曲を練習しているということは、
ピアノを弾くというのは随分と難易度の高いことなのだろう。
その事を自分の手で確認してみたい。
音を出してみたい。
最近は練習中の音も上の空で聞いていて、心はすぐに手に持った楽譜の中に入り込んでしまう。
時には奥様の言葉も聞き逃してしまう事がある。
気をつけなければ。これは仕事なのだ。

×月@日
ここでこんな事を書くことになるとは。
私のピアノへの興味衝動は日毎に高まっていく。
今日、奥様が外出された時に、
私はピアノのあるサロンへ足を踏み入れてしまった。
良くないことだ。 
奥様の許可もないのに。
ピアノの前で心の中の葛藤に苛まされる。
決して触ってはいけない。
触れれば今まで押し殺してきた気持ちが必ずや溢れ出てしまうに違いない。
苦しい。
a0001_007819.jpg


@月○日
ピアノに触りたい。弾いてみたい。
奥様のピアノの音を聴いているのが段々苦しくなってきた。
まるで目の前にご馳走を置かれてお預けをされている犬になった気分だ。
何故こんな気持ちになってしまったのか?
ピアノの音を知らなかった2ヶ月前に戻りたい。
いや・・・・戻りたくない。


@月×日
とても悪いことをしてしまった。
どうしても欲求が抑えきれず、
奥様が外出中にまたピアノのサロンに入ってしまったのだ。
もちろん、ピアノには手を触れていない。
いや、正確にはピアノの鍵盤には、だ。
確か奥様の注意は「ピアノの鍵盤に触れない事」だったはずだ…。
毎日このピアノの音を聞いているのだから、音には毎日触れているのだ。
ピアノの蓋の上でピアノを弾く真似をするくらい、大丈夫なはずだ。
だがこの心の苦しさは更に酷くなっていく。
一体何故?


@月△日
遂にやってしまった。
ピアノの誘惑に勝てなかったのだ。
気がついたらピアノの前にいた。
そして鍵盤の蓋を開けていた。
抗えない衝動。
白と黒の美しい鍵盤。
譜面たてをいつも奥様がなさるように立てる。
そしていつも見ている楽譜をそこに立てかける。
美しい鍵盤の上に手を広げた。
私はこれから何をしようとしているのか。
もうこれ以上は恐ろしくて書けない。



…と、ここまで日記を読んでね~みはそっとそれを元の場所に戻した。

関連記事

使用人スベルマンの秘密のピアノ日記 volume1

ここは日本でも有数のセレブが居住する街、S。
どの家も豪奢な塀と門扉に囲まれ、セキュリティの高さを感じさせる。
そんな高級住宅街にセレブね~みの家はあった。

ここのところね~みは公私共に多忙の日々を送っていた。
家の中の雑務はもちろん使用人にある程度任せてはいるが
完全に任せきりと言う訳には行かない。
抱えている事業もほとんど名ばかりの役ではあったが多少顔を出したりする事もあった。
ピアニストの先生の海外公演に顔を出したり、社交界の付き合いや、もちろん自身のピアノの練習も欠かせない。

そんな中、一番信頼していた長年の使用人が暇を取る事になったのだ。
代わりに今月から新人の男性の使用人が入る事になった。

今までね~みの家に入る使用人は、新人という事は無かった。
今回は例外的に信頼の厚い使用人からの紹介で、
聞けば彼は大変気の毒な生い立ちであった。
何でも身寄りも無く施設で育ったのだが、稀に見る頭脳明晰・容姿端麗・そして性格の良さ。
彼は使用人で終わるのは正直勿体無いくらいの男なのだ。
ただ、彼には財力も、バックアップしてくれる人脈も無かった。

長年務めていた使用人があるチャリティーショーで歌を唄っていた彼を見て興味が湧き
話しかけたことから親交が始まったとの事であった。

ね~みは紹介された新しい使用人に向かって話しかけた。
手にした履歴書を眺めながらチラッとその若者の姿を見た。
「ねぇ、あなた、・・・お名前なんと仰ったかしら?」

ね~みの書斎のデスクの前にその若者は気をつけの姿勢を保ったまま立っている。
長身で細身の体躯、その顔はまるでギリシャ彫刻のようだ。そしてその目は美しいヘーゼル・アイであった。
若者はその目でね~みを見ながら
「シタディスワフ・スベルマンです」
と答えた。
流暢な日本語である。
「日本でお生まれになったの?ああ、もちろん大体の事情は前の使用人から聞いているけれど…」

「ええ、両親ともユダヤ系ポーランド人でしたが、日本には仕事の関係で住んでおりました。」
そう答えた時、彼の目に言い様の無い深い悲しみが垣間見えた気がした。

「そうだったの。今まで大変なご苦労がおありだったようね。」
「もう、20年以上前のことですので…記憶らしい記憶は残っていないんです。」

まだ若いというのに、過酷な生い立ちが彼の心を老成させたかのようであった。
今時のテレビなどで見る同世代の若者とは醸し出す雰囲気が全く違うのだ。
物事に動じないように見える静かな佇まい。
彼の回りにはある種のオーラのようなものが感じられた。

そしてこの日から彼はこの邸宅の使用人として働くことになったのだ。

スベルマンの仕事振りは素晴らしく、1説明すれば10を理解し、ね~みの要望を完璧にこなすようになった。

そうして数ヶ月が過ぎた。

明日は特別な日だ。
なぜならね~みの夫、つまりこの家の主が海外出張から帰宅する日なのだ。
主は普段は仕事で海外に出ていることが多いが
2~3ヶ月に1度は日本に戻ってくる。
 
主についての注意や対応の仕方については
以前の使用人からはもちろん、ね~みからも説明は受けていた。

それによると、主は大変気難しく、少しのことで機嫌を損ねることがあるようだ。
潔癖性の気があり、家の中は塵1つ無い状態を保つのがベストである。
音楽鑑賞が趣味で本物を求める。
音楽は超一流のクラシックに限る。
仕事の話は機嫌が悪くなる事が多いので避けること。
ロマネ・コンティを嗜むのでディナーには必ず用意しておくこと。

a1370_000051.jpg


関連記事

誹謗中傷コメントって


こういうブログをやっていると時折耳にするのが
全く根拠の無い誹謗中傷コメントを入れてくる人がいるということ。

大体、持論を振りかざしたいなら他人のブログでしないで
自分のホームページなりブログなりを立ち上げて、いくらでもやればよろしいかと。
わざわざ人のところまでやってきて嫌がらせのコメントを匿名で入れるなどもっての他。
記事に対しての批判コメントなら堂々と名を名乗ればいいです。

そもそも人が100人いれば100通りの考え方があるわけです。
だからピアノへのスタンスだって人それぞれなわけです。
特に音源などに対しての批判中傷的意見は慎しむべきです。

誹謗中傷のコメントを入れる方は恐らく
リアルの生活が満たされず不満が溜まっていて
それを他人にぶつけることで自分の不満を解消しようとする、歪んだ心になっているんでしょう。

そんな事したってなんの解決にもなりませんけれど。

そして言葉ってとても大事だと思うんです。
人に対して吐いた言葉は必ず自分に返ってくると思っています。
それは書き言葉でも同じでしょう。
悪意のこもった言葉を書けば必ずそれは自分にも返ってきます。

匿名にすればわかんないからいいや、
じゃないんです。

そんなことをすれば自分がスッキリするわけじゃなくて
自分が憐れまれてるんですよ。
人を傷つける事でしか、自分の存在価値を見出せないなんて。

あー、この人憐れな人だねって。

きっとピアノ関係のブログを見ているという事は、
自分と同じようにピアノが好きだったり、音楽が好きなはず。
同じ「音楽が好き」な人なのに、そんな事をするなんて信じられません。
そんな話を聞くだけで気分が悪くなります。

ブログを見たり書いたりする立場として最低限度のマナー・常識は守って欲しいです。

関連記事

レッスン110回目~予想外の展開に(^^;)

と言うタイトルで何事が起こったの??
となってしまいますよね、すみません(;´Д`A ```

私にとってはちょっとまあ予想外だった…という事なんですが

まず今日は旅行やら台風の影響で振り替えした分のレッスンも兼ねて
いつもは30分のところ、1時間でした。

温帯低気圧?の影響で雨が降ったり止んだりの天気の中、レッスンへ。
実はレッスンに行く直前、急に雨足が強まり土砂降りに。
先生が気を利かせてくださり、「○日に振り替えましょうか?」
と言ってくださったのですが、それをすると振り替えの振り替えみたいな、もうわけわかんない状態になりそう。
なので、雨が小康状態になった時にダッシュで先生宅へ。

「今日は1時間でしたね!じゃあ始めましょう(*^▽^*)」
というわけで、レッスン開始です!

ルクーペ ピアノの練習ABC ~F

この曲は予備練習に音階ありません。
なので比較的スムーズに弾けました。
表現もヨシという事でOKとなりました。

ABC~G

1時間レッスンなので念のため家で2~3回ほど弾いてきました。
予備練習も音階ではなく、練習曲も予備と同じような感じの曲なので
2回ほど弾いて、この感じで家で練習しておいてね、となりました。

さあ~、次はツェルニーだわ!!
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー




…というところで…

雑談というか
相談と言うか
そんなようなものが



…で、気がついたら



…( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ナント!!!




…レッスン終了時間に。



…!!( ; ロ)゚ ゚



…まじですか…



…がーん…llllll(-_-



1時間でレッスンしたのABCのみ??( ´д`)ぇ~



え~、一応次回のレッスンに時間を増やして対応くださる事になりましたので、一件落着??!



来週こそ!頑張ろう!!


と、誓ったレッスン110回目でした(^^;)


関連記事

ブロともさん方とのランチ

ブロともMさんが関西からいらしていたので有志でランチをする計画があり、
便乗させていただきました(^^)

東京駅で待ち合わせしましたが、正直東京駅って来たの3回目…くらいかな(´∀`;A
完全におのぼりさんです(笑)

ちょっと(いやかなり)計画通りに行かずに申しわけない事をしました(;´Д`A ```

Mさん、Ⅰさん、Wさんと4人でお茶&ランチ、とにかく休日の東京駅は混んでましたね。

20160904141005830.jpg

カフェラテの向うにWさんが!!(秘密)

20160904141028f55.jpg

たんぱく質過剰メニュー(笑)
プレート左から、マグロ・コロッケ・ステーキ・蒸し鶏
ボリュームあって美味しかったです☆

いやー、女子トーク?しましたね!
Mさんがたくさんいろいろなお話してくださって楽しかったですよ(^^)
以前に少しお話した時も感じましたが頭の回転が早くてお話上手な方です(^^)
ピアノにもお仕事にも一生懸命なところが尊敬します!

ⅠさんWさんは確か4月に練習会でお会いしていますね~
ちょい( ゚д゚)ノ オフィサーッ!!でしたね(^^)
みんなの変わらぬお顔が見られてお話が出来て良かったです。

それにしてもここにピアノがあったらきっと更に盛り上がるに違いない!と言うメンバー。
MさんIさんは前日にばんちゃん会に参加されていたのでプログラムを見せていただいたり
ばんちゃんの演奏の事やご自分の演奏の事を聞かせていただきました。
みなさん、また次の目標に向かってそれぞれ練習を積まれるのですね(^^)

たくさんお話した3時間半ほどでしたが、あっという間でしたねー。
またみんな元気で次回もお会いできますように!
Mさんも少し遠いですけど、またこちらに遊びに来て下さいね~(^^)


関連記事

レッスン109回目~お喋りし過ぎ…(^^;)

2週間ぶりレッスンでした。

も~~、先生と話したい事がたくさんあり過ぎて(^^;)

でも次にすぐ入ってる生徒さんもいたので今回時間の半分ほどしかレッスンできませんでした(>_<)
なにやってんだろう…。
これじゃレッスンじゃなくて、カウンセリングだわ。

とにかく、レッスンは少ししました(´∀`;A

ルクーペ ピアノの練習ABC~E
この曲いつからやってるのか・・・(遠い目・・・)
ま、うちでは練習して無いので時間かかっても仕方ないですかね?
とにかくスケールがダメです。
今回は仕事の後に学校へ行かなくてはならず、全く直前練習ができませんでした。
でも先々週もその前もこれ弾いてるんだよね、確か。
さすがに覚えるよね~??って話ですが、覚えてない(´∀`;A
呆れるほどの記憶力の減退ぶり・・・。
ただ今回、レッスンの前に先生がちょっと席を外してる時に(2~3分?)「練習していていいですよ~」
って言ってくれたので、そこで必死に練習(>_<)
ゆーっくり何度か左右の指を替える部分を確認しながら弾く。
カッコつけて?最初からある程度の速さで弾こうとすると自滅確定なので、ゆっくり。
1発OKというわけじゃないけど、まあもういいよね~って事で次に進む事に。
とにかくスケールができてないんだな~と、再認識。

ABC-F
というわけでEを強制終了したので予想外にFを初見で弾くことに…。
初見といっても
右手と左手を1回ずつ練習してから両手をゆっくり合わせるというやり方だったので厳密には初見じゃないかな?
「ね~み♪さんレッスンで初見やるの初めてじゃない??(*^▽^*)」と、なんか先生嬉しそう。

ツェルニー40番~23番
え~と、もうこれお腹いっぱいです・・・(>_<)
不純な動機ですがもうこの曲練習したくない!!
どうしても今回で終わらせたい!(笑)
という事でこれも強制終了です。
もう一体何が目的なのかわからなくなってます…(;´Д`A ```
先生的には絶対に合格基準に達していない…そんなのわかってますが…。

バッハ 平均律1巻~1番フーガ
お喋りしていたら全然時間が足り無くなってしまい、慌ててこれを見てもらいました。
テーマの32分音符の部分、強くなりすぎないように(強調しすぎない、自然に弾く)
ついつい「ら~ら~ら~ら~らららら~♪」
と言う風に強調して弾いてしまっていた。
刻まないように、自然に、流れるように…弾こう!と思っているんだけどなあ。
まだ全然ダメだわ。

と言う訳でレッスンとしては不完全燃焼で終わりましたが、完全に自業自得です。

来週こそ、頑張ろうっと!!


関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ご来訪ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる