09
1
2
4
6
7
9
11
13
15
16
17
19
21
22
24
25
26
27
29
   

ミがファなのよ!!(>_<)

ちょっとまたいろいろ脱線曲にトライしていました。
♯が6個の曲を弾いてみました。

♯が6個。

(´・ω・`)・・・・・??


なに長調とかはわかりません。(←勉強不足)

まずは、いつもの癖で何の音に♯がついているかを確認。

ラ・ド・レ・ミ・ファ・ソ!!

ドレミファソラ??


・・・・う~~~ん、う~~~ん・・・・(-_-;)・・・・・


・・・・・要は♯つかないのがシ!だけってこと???だよね~~~~サッサと気付け私(;´∀`)


そっか。


え??ミの♯・・・・??

ファの♯は黒鍵だけどミの♯って♮ファだよね・・・・。(当たり前だろうが頭が働かない(;'∀'))

つまりこの曲はこういう決まりがある。

・普通に弾くのはシだけ
・ミはファである
・あとは全部♯


う~~~~~~む・・・・・

慣れないなぁ。(;´Д`)

音を出してみるがものすごく頭を使う。

途中で何度も「ミがファ、ミがファ、ミがファ」と、頭の中で唱える。

それもこれもこういうたくさんの調号に慣れていないから。

曲を選ぶのもなるべく調号が少ないものを選んでいたかもしれない。


こういう曲を練習する時は呪文を唱えなければならない



「みがふぁ~、みがふぁ~、みがふぁ~!!」!(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
「しがど~~、しがど~~、しがど~~~!!」(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

まだフラットのバージョンもあるんだよね・・・・・(^-^;


関連記事
スポンサーサイト

ピアノのランチ☆ピアノじゃないランチ

ピアノじゃない方のランチ!

先日高校からの友人とランチしてきました!(^^)!
出かける前に「〇〇(友人の名前)とランチに行ってくるわ~」と旦那に告げたら
「よくそんなに話すことあるね・・・」って言われました。

ありますとも!!!!(@゚Д゚)@。Д。)!!!!!!

「で、一体何を話すの?」


・・・・・・え??(゚∀゚)


・・・・・・・・それは・・・・・お察しくだされ。

とかまあその、いろいろあるんですよ(´_ゝ`)女同士の話し合いって。ね!!!

一晩中でも話せるんですよ、多分ね。(徹夜したら翌日使い物にならないだろうけど)

というわけでたったの6時間くらいでしたが喋り倒して(倒されて?)きました♪

あ~~、楽しかった!いつも付き合ってくれる友人に感謝です(^^♪


ピアノのランチ!

ピアノ教室のピアノ友&先生でランチしてきました。


20160926173719345.jpg

リーズナブルに日替わりランチ♪

私以外は全員子供も習わせてる方なので、子供のピアノの話とか
まだ今年のが終わったばかりなのに、来年の発表会に弾く曲をもう決めたとか
そんな話が出ましたね~。
そしてもう、先生に予約まで(^^;
でも子供なのにえらいなあ、ちゃんと来年の目標があって。(うちの子に爪の垢を煎じて飲ませてやりたい、あ、私も飲まなくちゃ)
と、思ったおばちゃんでした。

私も今年は半年前に決めたけど次はもっと早めに決めようかな。
(長く弾いても飽きない曲・・・ってやっぱりバッハしかないかも(;´・ω・))
とか思いながらも結局なかなか決まらないんでしょうね。

なんとなく先生もいるからか、そんな感じでピアノ話も出たんですが
とにかく全然気取りのない先生のこと、ざっくばらんにいろんな話ができて楽しかったです(#^^#)

次回はいよいよカラオケランチを予定しています♪

うわ~~~~、このメンバーでカラオケは初めて!!
ちょっとどんな感じか面白そう&楽しみ~~( *´艸`)


関連記事

激しい曲が弾きたい日もある

元々気分屋な方かなあと思うけど
気分によって弾きたい曲って変わります。

しっとりとした曲をしんみり感情込めて弾きたい時もあれば
激しい曲をバリバリと弾いてみたい時もありますね。

それが一日単位だったり時間単位であったりしますが、
曲の感じで精神的なバランスを取ろうとするんでしょうか?

このところあまりガッツリ練習が出来てなかったんですが、昨日は久々にピアノのスイッチが入った日で(^-^;
2時間くらい弾けました(*^^*)
ずーっと練習のモチベーションが上がらなかったツェルニーもなんとか3.~4回練習できました。
正直言いますが、練習は決して面白くはないです。
完成度が高くなればそれなりに美しい曲なのかもしれませんが(^^;;(まあ私ごときの不完成度では推して知るべし…)
指の練習指の練習!!と割り切るしかないですね(^^; 

というわけで最初はツェルニー、そしてバッハ=ケンプの曲、平均律1番、とレッスン曲を練習。
その後はお待ちかね?の好きな曲勝手に練習タイムです(*^^*)
いやぁこの時間が楽しくてピアノやってるんだもんなぁ。
ただし、昨日はちょうどその時間に家にダンナがいたのでアンドレさんを弾かねばなるまい…
という状況があり、アンドレさんの曲の中から2~3曲弾いて(彼はショパンのノクターン遺作も好きなのでリクエストされるのですが全く練習してない上に連符のところもメチャクチャになるのでなるべく弾きません(^^;)
私の持ってるアンドレさんの曲集はそれほど難しくはないので間が開いていてもごまかしながら弾けちゃうんですよね。
発表会以来完全に遠ざかっていたショパン。
ショパンもたまにはいいよねぇ~
などと思いながら教室友達Sさんの影響でワルツを弾いてみたりして。
でも13番はやっぱり綺麗に弾けないなぁ。
14番は相変わらず外しまくりだわ。でも、カッコいいよね、なんてちょっとさわりを弾いたら
バリバリした曲が突然弾きたくなりました。

今までレッスンした曲でバリバリした感じ…
思いついたのがベートーベンソナタの1番4楽章。

まあハッキリ言って1度はレッスンにかけた曲、今でも少しくらいは弾けるんじゃないの?
と、楽譜を取り出しいきなり弾きだす私。



・・・・・(^^;



・・・・・・・(;´・ω・)



・・・・・・・・・・・(;´Д`)



・・・・・弾けないじゃん・・・・・○| ̄|_・・・・


そうだよね、レッスンの時だってまともに弾けてなかったじゃない。
練習もせずに弾けるわけもない。
それにしても全然全く歯が立たないわ(-_-;)
他の曲他の曲…

あ、あれはどうだろう、モーツァルトソナタk310。
私の中では結構激しい気がする。
しかも同じ楽譜にあるんだった。
これはベトに比べれば最近習ったしね。
最初はベトよりは一見簡単なはず…はず…


・・・・・・・・・・・上手く弾けないなあ・・・・・


・・・・( ノД`)・・・・


・・・・他になんかなかったっけ??


・・・・・ずいぶん前のだけど軍隊はどうだろう?


あれはかなりバリバリしてるよね。


大音響だし。

割と繰り返しが多いし。(っていうかほとんど繰り返しばかりだし(^^;)

和音地獄だけど。



久しぶりに弾いてみよう。


・・・・・・・・和音地獄は雑音地獄。


・・・・・・・(;´・ω・)



・・・・・・(´;ω;`)



ぐうう~~~~~!!

激しい曲が(気持ち良く)弾きたいのっ!!!








関連記事

レッスン112回目~ノー練で挑む(>_<)


月曜からちょっと体調が整わずグダグダしていました。
どうやらカフェイン断ちをした反動?でかなり強い眠気と頭痛に何日か悩まされていました。
元々コーヒー党で以前は1日何杯も飲んでいたんですけど、さすがに飲みすぎかな~
と思って1度やめたんですね。
そしたら1週間くらい猛烈に眠くて眠くて…
で、なんとかやめたんですが、でもやっぱりコーヒーの味や匂いが好きなのでカフェインレスのものを飲むようにしていました。
夏はアイスのカフェインレスのボトルコーヒーを飲んでたんですが
それが切れちゃって、少しくらいなら大丈夫かな?と普通のアイスコーヒーを飲んだんです。(1~2週間ほど)
それも何杯もというわけでもなく1日2杯くらいかな。
それでもやはり毎日連続で飲んでたのが良くなかったかも。
やめて2日目くらいで強い眠気と頭痛が起こりました(>_<)
熱があるわけでもないのに異常な眠気…
最初は気が付かなかったんですけどどうにもこうにも眠くて昼間にガッツリ寝たんですがそれでも眠い。
耐えられなくて夜も9時ごろに寝たんですけど朝も眠い。
そうこうしてたら頭痛まで(-_-;)
3日間頭痛と眠気が続きました…。
あ~~~、コーヒー大好きなんだけどな…。
多分毎日飲むのがダメみたいなので、たまになら大丈夫だと…思いたい(^^;
今までも家では飲まないようにしてたけど外食の時は飲んだりしてたので。
カフェインはアルコールやたばこに比べて依存性はかなり低いらしいですし、
アルコールもたばこもやらない身としては、コーヒーくらい飲みたいよ!!って思うんですけど
今回のようなことがあるともううちでは絶対に飲まないようにしないと。
とにかくやめた時の猛烈な眠気と頭痛が生活クオリティを下げますね。

というわけで要は全然練習してなかったんでした…(-_-;)
それでも容赦なくレッスン日はやってきます。
予期せずノー練で挑むレッスン…(;´Д`)
それにしても練習しない言い訳が長かった。

ルクーペ ピアノの練習ABC~G
予備練習、クレシェンドとデクレシェンドの差がハッキリしない。
もっと明らかにわかるようにね、とのこと。
練習曲の方は次きちんと仕上げてねと。
次の曲Hと一緒に次回見てくることに。

ツェルニー40番~24番
もうね~、これ本当にいつになったら終わるんだろう。
っていってもとにかく練習しなくちゃ始まらない。
でも今週は全然練習できなかったので、レッスン前30分くらい直前練習したんですが、ちょっとつっかえが多すぎでした(;´Д`)
次回も頑張れということで頑張ります(>_<)

平均律1巻1番preludeとfugue
問題はfugue(;・∀・)
もっとゆっくり、もっとゆっくりと言われる。
悪い癖で弾けてないのに速度を上げたがるんですよね(^^;
とにかく左右別々にゆっくり練習してと言われました。
これもバッハを弾くときは鉄板のルールらしいですね。
左右別々(というか声部を別々に)に練習する。
どうも私はそれをすっ飛ばして両手で弾きたくなっちゃうんですよね。
声部別、ゆっくりを心掛けなくては。
次回も1番fugue、余裕があれば10番preludeも、ということに。

以上、112回目レッスン終了です♪
次回こそ、練習頑張ろう!

関連記事

ショパンのワルツに思う

練習会って程じゃないんですけど同じ教室のSさんと練習してきました。
といっても夏休み入る前以来お会いしてなくて、近況報告も兼ね。

Sさんはショパン大好きな方なので今はワルツの13番と7番を練習中との事。

13番も7番もショパンのワルツの中では大好きな曲。

7番は再開した時に一番最初に持っていったレッスン曲だったな~。

でも最後まで上手く弾けなかった曲でもあります。

なんかあの速くなるところがねぇ~~~(´∀`;A(´∀`;A

で、実は13番もすご~く好きな曲なんですよね。
超短調好きなのに珍しいです。(^^;)
一体何が好き?何がいいか?(短調じゃないのに・・・)

この曲って本当に幸せに満ち溢れた曲調ですよね。

過ぎ去った瑞々しい気持ちとか記憶とか(あんまり無いけど~~)
子供の頃の何気ない幸せとか
なんかそういう気持ちを呼び起こすかのような。

もちろん過去に自主練習したこともありました。

ですけど、ど~~~も、思ったようには弾けない(´∀`;A

重音が多いのが結構難しい。揃わないし上の音が出ない。がちゃがちゃになる。
優雅なワルツとは程遠い。
ゴツゴツワルツ・・・・(>_<)

この曲ってショパンには珍しくもしかしてツェルニーの練習曲が役立つ曲?かもなぁ。
(え?でもそういう練習ってあったかな?)

でもSさんの練習聞いてやっぱりこの曲、好きだわ~って再認識。
キレイな音で優しく弾いてくれると最高ですね!
改めてのこの曲の良さに気づかせていただきました。

私もいつかこの曲もレッスンに…
(と、言ってそのままになってる曲が多数ありますけどーー)

珍しく好きな長調の曲のお話でした♪


関連記事

ミスだらけを無くすには?

と、いかにもノウハウを書いてるようなタイトルでスミマセンが

ミスだらけを改善するにはどうしたら良いんだろう?ってことです。

本当は暗譜をすれば(完全に暗譜だけでなくても暗譜の努力をすること)だいぶマシになると思うんですけど。

この2年半で本番演奏も数回ですが経験させていただき、
本当に初期の頃(初めての発表会)に比べてだいぶマシになったかなー?
と、思うこともあるんですけど、
練習会などに出るとやっぱり多少の緊張があってミスだらけだし
家で好き勝手に弾いてるのとは感覚が違うんですよね~。
練習だからと言う甘えがあってか、なんか皆さんきっと気にせず聞き流してくれるだろう~、みたいな。
そんな感覚でミスだらけだけど笑って誤魔化せ!!という悪い癖が。
そして当然私程度が笑っても誤魔化せないんだけど(^^;)反省せず、同じことの繰り返し。
ちょっと気持ちを引き締めないとな、と思いました。

練習でミスなしで弾けないものΣ(´Д`;) (そりゃ無理)
当然人前ではミス無しで弾ける訳無いですね。
特に譜読みしてる程度の段階で人前で弾くとほぼ必ずコケコケです(´∀`;A
録音してる訳じゃないし、発表会じゃないし、みんな楽しみで聞いたり弾いたりしてるんだし
と、思わないでもないのですが、やはり丁寧に弾いてらっしゃる方の演奏はその曲を知らなくても
いいなあ~
って思いますし、
ミスがあっても一生懸命さが伝わる演奏は心に沁みます。
それを考えるとあまりにも「ザ・譜読み段階」の曲はやめた方がいいのかなぁ…って、結構やっちゃってますが。

練習不足・弾き込みが足りない曲( ´д`)ぇ~
長くやっているつもりでもトータルの練習時間の足りない曲はやはり不安定。
ずっと維持するために弾いてる曲でも、やはり1日1回程度じゃ私はダメです。
集中して何回も弾いておかないと維持が出来ません。
という事は1曲維持するのにかなり練習に時間を割かなければなりません。
レッスン曲もあるのでレッスン曲=維持する曲となればいいのですが、
過去の曲を弾きたいってこともあるんで=にはならないし、タイミング的に今レッスンしてる曲は間に合わないとかもあります。
大体弾きたい曲がありすぎなんですよね(^^;)
幅広く弾きたい曲があって、それを維持するだけの時間も頭もテクニックも無い。ショボ━(´・ω・`)━ン
となると、弾く曲を絞っていくしかない。
そこら辺がジレンマっていうか…。
なかなか絞れません(>_<)
よく練習して無いのに弾けるって人がいますけど、あれは私には信じられない事です…オオーw(*゚o゚*)w
初見とかもやはり過去にそういう訓練的なものを経験していないと難しいんじゃないでしょうか。

話が逸れましたが、ミスが増える原因
緊張(>_<)
これは大きな要因ですよね。緊張で頭真っ白。弾けてた所まで弾けなくなる。
自分がどこ弾いてるかわからなくなる。
あれ?何してたんだっけ??となる。ヾ(@~▽~@)ノほへぇ?
これって集中力が関わっているのかな?とも思いました。
集中力が無いとかじゃなくて、緊張の為に集中力が削がれるような気がするんです。
ピアノを弾くって、すごい集中力が必要だと思うんですよ。
特に自分の苦手かな?と思うような箇所って意識してたくさん練習しますよね?
ここでミスしたらまずいっ(>_<)!!とか思って。
意外に本番ではそういう難所は気を張ってるからミスしながらもなんとか切り抜ける事が出来るような気がします。
で、全然関係無い場所(練習で1回も問題にならなかったような)でやっちまいます…Σ(゚皿゚) ガビーン
前回の発表会もそうでした。
練習時に間違った事も無かったような所。
難所を切り抜けた所で安心して集中が途切れたんでしょうね。
もちろんベースに緊張感があって、難所で集中力を使い果たしたんじゃないかなと推測(-"-

他にも
初めてのピアノだと慣れないとか(癖の強いピアノ)
会場での聞こえ方が練習と違って戸惑うなど
ま、いろいろありますよね。

上記のような事を頭に入れて人前演奏に臨みたいです。
(って、結局無理なんだろうな・・・)(;´Д`A ```
関連記事

ブートキャンプに参加してきました(^^)

もう何回目の参加だっけ?と、すっかり常連化させていただいてるブートキャンプ。
今回はお初の方お二人が参加してくださり
9名での開催となりました(*^^*)

会場はいつも使わせていただいてるとあるピアノ教室さんの一室。
先生もいつもニコニコ素敵な方で、会場も明るくて綺麗で、しかもスタインウェイ♪
弾きやすくて音もとても美しいです~。

20160917230626cb5.jpg

毎度お馴染みモデルはkさん。(掲載許可いただいてます)
小学校から続けていらっしゃると言う合唱で鍛えた歌声はいつ聞いても素晴らしいです。今回はシューマン2曲、とても美しく弾かれましたね(^^)ミュージカルにとてもお詳しく、いろいろなミュージカル曲を弾いて解説もしていただきました!お忙しい中でも練習を続けていらっしゃる努力に脱帽です!

Nぴあのさんのベトソナ、すごくメリハリがあって確実に前より進化してました!カッコよかったです♪アラベスク、ゆっくりでも音がとてもキレイで素敵でした♪♪あんなにごちゃごちゃした楽譜を読むって本当にすごい!そういえばアヴェマリア聴きたかった~(>_<)スタインウェイでツェルニーのガチ練、らしいなと思いました♪相変わらずのピアノ愛を感じますね!

Hさん、本番直前モードということでベトソナをかっこ良く弾かれました。楽譜を見せていただきましたがあんなに難しそうな2楽章をバリバリと歯切れ良く弾いていてもうビックリ( *゚A゚)「キャー!ミスだらけなの!」と仰ってましたが、いつものように私が聞いても全くわかりません!!完成度が高すぎます!エオリアン、新エチュードもさすがの完成度!きっと本番もバッチリ決めてくださること間違いなしですね(^^)vあ、新境地のカスキ、キレイでした(^^)

Dさん、ノクターン2曲に彼方の光、しっとりとDさんの世界でしたね。今回は新境地?インベンションを開拓!バッハ萌えの私としてはもっとバッハ弾いてほしかったー(*^^*)ノクはとても雰囲気に似合っていて進化してました!!Dさんとは選曲の趣味が似ているんです~。今私の弾いてる「主よ...」初めて聞いたのがDさんの演奏でした!そういえばツェルニー話の時にツェルニー30番の16番までやった!って仰ってたのが印象的でした。

Sさん、相変わらずのオールマイティぶりを遺憾なく発揮されてました。2台ピアノ、歌の伴奏、リクエスト何でもござれ状態でこなしていく様は私には理解不能の域まで達しております(>_<)うん、きっと頭の中の構造がちがうんですね(^^;)(当たり前だ!!)

Yさん、私は無知がゆえ全く知らなかった作曲家、ヤナーチェクの曲、不思議な感じで素敵でした(^^)以前弾かれた預言の鳥もそうでしたが、ご本人の雰囲気に似合ってらっしゃる選曲ですね~。いつもながらの安定した演奏で羨ましいです!いいなあ基礎があるって…!

Iさん、ブートキャンプではお初でしたがもう何回もご一緒させていただいてるのでその腕前は知ってるつもりなんですけど…でもやっぱり今回すごかったっ(*^^*)大好きなラフ協の2台ピアノ、カッコ良すぎました!!編曲された「ららあらかると」も聞かせていただきましたが、なんであんなに弾けるの~~~((T_T))もう感激で泣くわ~~~またぜひ聞かせて下さいね!

Nぴさん、お久しぶりでした!ベトソナの2楽章、静かな中に激しさもあって素敵でした!もちろんシンフォニアもマズルカもとても落ち着いて完成度高く弾いていて…(^^)実はベトソナの演奏の時に楽譜を追いながら聞かせていただきました♪なんであんなにミスなく弾けるのかな~~いいな~~
しっかり練習されている演奏ですねー!(見習え私(^^;))

というわけで、今回も本当にあっ!!という間に過ぎ去った5時間でした!
5時間あるとかなりゆったりたっぷりと弾いて聞いて(笑)話もできるし食べたり飲んだりもできて楽しかった♪

でね、こういう練習会でいっつも思うんですけど、
みんな練習してないしてないっていう割には完成度高いんですよね…(^^;)
もちろん実力が違うから仕方ないんだけど、
あれですね、学生の頃「全然勉強してないから~」って言ってるのに100点とか取っちゃう感じに似てますね(^^;)
で、私ってばみい~~~んな顔見知りの方ばかりなのに、かなり緊張・・・(;´Д`A ```(;´Д`A ```(;´Д`A ```
なんで??なんで??
もうどうしたら緊張しなくなるの??…il||li_| ̄|○il||li
とか思いました!
ま、でもあれが実力だな。

そして二次会はお馴染み

2016091723092951b.jpg

最寄りのファミレスで(*^^*)
人数の関係で中々全員とお話ができなかったんですけど
私達3人(笑)?はピアノと全然関係ない話ばかりしてましたね(´∀`;A
今回もたくさんの深イイ話や人間だもの話や爆弾発言?もあって面白かったです。笑った笑ったー!
(↑酒を飲まなくても酔える体質)
あ、でも途中でNぴあのさん&Sさんが乱入してきて真面目なツェルニーの話になったのも楽しかったです!
で、二次会もあっ!!という間にお開きの時間に(>_<)

それにしても楽しい時間は過ぎるのが早いですねー
そういえば毎回そう思うんだよね(^-^;

と言う訳で今回もとても充実した時間を過ごさせていただきました。
ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました!!
今回ご一緒出来なかった方も、次回はぜひお会いしましょう(^^)
そしてお忙しい中、主催&会場の手配などNぴあのさん・Hうめさん、ありがとうございました!


関連記事

レッスン111回目~ガッツリレッスン♪

今回はお喋りし過ぎずガッツリレッスンしました!(*^▽^*)
このところいろいろ都合が合わずにレッスンが変則的になっていたのですが
そろそろきちんと今まで通りに通えるかな~と思っています。

(そろそろ私のモチベーションももっと上がってくるかな~~~(^^;))

というわけで、レッスンです!

まずは
ル・クーペ ピアノの練習ABC~G
指使いややこしいスケールが無いので2回ほど弾いてokでした。
次はHです~。

ツェルニー40番~24番
23番に比べればきっと難しくないんだろうなぁ~~
と、思いながらやっぱり食指の動かない曲なんですよね…
弾ける方ならサッと通り過ぎてしまうような曲なんでしょうけど…
練習しない→弾けない→進まない→面白くない→練習しない…のループにはまりそうな予感(;´Д`A ```
だがしかし、頑張ろう!
レッスンでは一通りゆっくり弾いて見ましたが練習してないのがバレバレ。
先生には「それほど難しい…って曲じゃ…ないわよね?」と、言われ、
「そうですかね・・・(^^;)(^^;)(^^;)ははは・・・」と、誤魔化して次週持ち越しです彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

バッハ 平均律1巻1番プレリュード&フーガ
正直フーガまだまだです・・・
っていうかどの曲もまだまだ全然ダメなんだけど、1番のフーガは結構難しい…(;´Д`A ```
ピアニストが弾いてるような軽やかな速度で~
なんて思って弾けてないのにスピードアップしたら、案の定、トリルとか上手くはまらなくて(当たり前~)
「ここのトリルが~~~!!」と騒いでいたら先生が
「じゃあ、プレリュードをもっとサラッと速目に弾いて、フーガは思い切ってゆっくり弾きましょう!」
と、お手本演奏して下さいました。
先生が弾くとゆっくりでもすごく表情がついていて、綺麗なんだよね~。
はい、私のはただ単に音をなぞってるだけです~~~(>_<)
テンポを落として1回弾いてみたんだけど、段々段々速くなってきて(笑)
真ん中あたりでさっき弾いたのと全然変わらないくらいまで速くなっちゃって
慌ててゆっくりにして帳尻合わせようとしたりして~~~・・・・はぁー・・・(*´Д`)=зダメじゃん。
「フーガはこんな感じで、ゆっくり丁寧に弾いて…どう?そろそろ次の曲に行きますか??」
ってとりあえずはそろそろ区切りをつけましょう、という事に。
で、次回見れるかどうかはわからないけど10番をやってみる事になりました~(^^)
フーガはよくわからないけどプレリュードは綺麗な曲。
短調だし頑張れるかな!!

バッハ=ケンプ 主よ我汝を呼ぶ
これは相変わらず間違いながらですが、2回ほど弾いて
「これは大体弾けてるからもういいんじゃないでしょうか?(^^)」
と言って下さり、次に弾きたい曲があれば次回までに練習してきてね♪と言われました。
次回は同じケンプ編曲の楽譜の中から
「シチリアーノ」を練習していくことになりました。
作曲がバッハじゃない疑惑がある曲ですが、メランコリックでキレイな曲です。
「シチリアーノ」もいっぺんに押さえられない音が結構あるんですよね。
その弾き方を聞いたんですけど、やっぱりずらして弾くわけだけど(♪♪)、
最初の音がバス音で残す音なのに、
次の音を同じ手で弾かなきゃならない…って事は、バス音を押さえていられないわけで・・・
なんかそこが私的に「それでいいの??」って感じだったんです。
で、結局「そこのバス音はペダルで響かせて」っていう事になりました。
もしかして無理やり左手で取る音を右で取るとか、そういう奥の手があるのかな~って思ってたけど
とりあえず自分の想像していたやり方で良いらしい~

というわけで、111回目レッスン終了です!
関連記事

やっぱり短調が好き!!

バッハが何故好きか?って考えて答えは出ないし
出す必要も無いけど

短調が何故好きか?
これも常々疑問に思うこと。

この前ピアノ教室の仲間とみんなでカラオケ行く?
って話が出て、
結局ランチにしようか・・・と話がまとまったんだけど
カラオケだったらそれなりの人数の前?で盛り上げるような歌なんてレパートリーに無いなあって思った。
だって私の唄う歌って昔の暗い歌しかないもん。

何が言いたいのかというと、
つまり自分の短調好きっていうのは、今に始まった事じゃないということ。
何十年も前から短調が好きだったんだなと。

そしてその嗜好は音楽全体に及んでいて
昔好きだった洋楽popsもヘヴィメタルも、より強く惹かれるなあと思うものは短調。
その後のカラオケを唄うのに好きになった?邦楽popsももちろん短調。
ビリージョエルなら『アップタウンガール』よりも断然『オネスティ』
カーペンターズなら『トップオブザワールド』よりも断然『スーパースター』
いきものがかりなら『ありがとう』よりも『yell』







好きな長調の曲をあげろって言われたら、う~~~~ん・・・・
と、悩むなぁ・・・(;´Д`A ```
長調で好きな曲あったっけ?あったっけ?

と、ここまで書いて思ったけど、
決して長調の曲が嫌いなわけじゃないのです。
良い曲は無数にあるし。
ただ、どうしても惹かれてしまう曲ってやっぱり短調。
もちろん曲によっては途中で転調があって、長調で始まっても短調になったり。
その逆もあるので、そういう部分がすごく好き!というような曲もありますね~。

で、やっぱり性格的なものなのかなぁ?
とも思うんですね。
深層心理で、暗い、翳りのある曲を求めてしまうのかな?

続きを読む

関連記事

使用人スベルマンの秘密のピアノ日記 volume3

明日はあの気難しい夫が帰宅する日だわ。
家中の掃除をぬかりなく、完璧に。
専属スタイリストに任せるけれど、身だしなみは念入りに。
髪型は今日美容師にお願いしてるから大丈夫ね。
ロマネ・コンティは手配済み。
コンサートの手はずは…

ね~みは頭の中で明日の段取りを考えながら外出着に着替えていた。

「ああスベルマン!頼みたいことがあるのよ」
ね~みはスベルマンを呼び、明日の夫の帰宅に合わせてサロンでコンサートを開くので
自分の外出中に部屋を整えておくようにと申し付けた。

「かしこまりました。」
ね~みを見送ると、スベルマンはサロンに足を踏み入れた。
言いつけ通り、サロンの掃除の後客用の椅子などをコンサート用に並べ、テーブルや調度品などの不具合が無いか確認し、ピアノを磨いた。
鏡のように自分の顔が映り込んだピアノがまるで自分の手の中にあるように感じる。
一通りのチェックを終え、ふと時計に目をやると、調律師が来るまでにまだ時間があった。
目の前の憧れの素晴らしいグランドピアノ。



スベルマンは震える手でピアノの蓋を開けると、
椅子に腰かけた。

(弾く訳じゃない。ピアノの音の確認をするだけだ…)

心の中で言い訳をする。
音の確認などではないのは、自分が一番良くわかっていた。

あれだ、あの、楽譜に書いてあった音符だ。

自分にも弾ける…のだろうか?


そしてスベルマンは曲の最初の一音を鳴らした。
その音は、想像していたよりずっと深く熱い響きだった。

一音一音、響きを確かめながら音を鳴らしていく。

夢にまで見た、自分の手で奏でる音だ。

(奥様の音とは違う・・・!!)

スベルマンは喉の渇いた子供が水を飲むように、貪るように音を拾った。

(この音だ・・・!!)


a0011_000180.jpg






「お前は誰だ!!ここで何をしている!!」

あまりに突然の怒声にスベルマンは全身が硬直した。

恐る恐る声の方を振り返ると、写真で見たこの家の主が立っていた。 

「ご、ご主人様!!私は…スベルマンと申します。ご挨拶が遅れましたこと、お許しください。」

驚きながら椅子から立ち上がり、慌てて頭を下げると、主が言った。

「あぁ、君が新しく入った使用人か。そういえば妻がそんな事を言っていたな」
 
そう言うと、主はつかつかとピアノの方へ歩み寄ってきた。
整っているがどこか冷たい眼差しを感じた。
そしてピアノの屋根の上を指で擦った。
その指をちらと一瞥しながら話を続けた。

「ふむ、手入れは怠っていないようだな。明日のサロンコンサートの準備かね?」
主は指先を見ながら尚も続ける。

「私はね、かねがね一流のクラシックしか音楽とは認めない主義だ。
それには一流の楽器が必要だ。もちろん、このピアノもそれを弾くピアニストもだ。わかるかね?」
「このピアノに触れる資格を持つのは、一流のピアニストと、妻だけだ」

スベルマンはまるで蛇ににらまれたカエルのように
椅子から立ち上がった姿勢のまま硬直していた。

「はい、もちろん、存じております」

震える声で返事をする。

まるで自分のこれからしようとしていた悪事が
すべてこの主に悟られているのでは?と。

「今、何をしようとしていた?ここで」

主は冷たい眼差しをそのままに、スベルマンを問い詰めた。

「………」
スベルマンは答に詰まった。

弾こうとしていたのだ。
楽譜を見て、頭の中で素晴らしい音楽が鳴ったのだ。
その音楽をどうしても確認したかったのだ。この耳で。この手で。
だがなんと答えればいいのだろう。

しばし重苦しい時間が流れた。

スベルマンはようやく搾り出すような声を発した。

「…弾いて確認したかったんです。」

「何をだ?」

「頭の中の…音楽を…」

「音楽?…ふむ。では…今…私に聞かせてみろ」



心臓は破れそうに鼓動を打っていたし、
手も足も震えている。
顔が青ざめ、唇が真っ白になっているのが容易に想像できる。
だが、主からの命令であれば、弾かなければならない。
頭の中の音を響かせなければならない。

スベルマンは主の見ている前で震える手で最初の音を弾いた。




そして、サロンにバラードが響き渡った。













※このお話はフィクションです。



…もしかしたら続く…


かも…?


関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
ショパン エチュードOp.25‐12

2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示