11
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
19
21
22
23
24
26
29
30
   

Ojiba練習会に行ってきました♪

なんじゃ、そりゃ…
ひらがなで表記するとなんとなぁーくわかるかも?っていうネーミングが絶妙です(*^^*)
(その名の通りの練習会でした(笑))

会場はいつもお世話になってるところで
勝手知ったるナンとかで、とてもリラックスできました。
201611281320582e8.jpg

5人の予定が残念ながら4人になってしまいましたが
4時間たっぷりで、最初は時間が持たないかなぁ
なんて思ってたけど意外にあっという間でした。

一人1時間なんて弾く曲ないよ?なんて思ってたんですけどね。
始まってみたら最初こそ自分の持ち曲弾いたりしてたけどそのうち会場の楽譜を持ってきて
初見大会になったり(笑)
いつもは楽譜を見ないKさんやDさんが
そういえば楽譜見て弾いてるけどどうした??なんて思ったら
初見で弾いてたり(笑)
いきなり簡単なはず?の連弾の楽譜で初見連弾してみたり、Hさんはやっぱり初見も上手だなあと感心したり。
Nさん来られなかったのがとても残念だったけど…
Kさん、譜面台にスマホ置いて弾いてたのでみんなが
「あれなに?楽譜のアプリなのかな?」
って話してたら、実はただスマホを読みながら弾いてたっていうオチだったり(笑)
Dさん、私がAIのstoryという曲の初心者用楽譜を見つけて
これ弾いて!とリクエストしたら、左手アレンジで弾いてくれたり
Hさん、ベトソナ告別をほぼ完璧に弾いてるのに「全然適当に弾いてるからレッスンに持っていけないー」とか、次元が違う発言があったり(笑)
まったりだらだらゆる~りとあっという間の4時間でした(笑)

そして二次会でもまったりゆるりといろいろな話ができました!
ピアノ話結構たくさんしましたね(*^^*)
小節を区切っての練習がいいとか
超絶ゆっくりの練習がいいとか
あと、ピアノの集まりのこととかいろんな人がいるよねとか(笑)年内のピアノ関連活動のこととか
まぁよく話題が尽きないなと(笑)
Hさんのピアノ練習に対するストイックさに私はびっくりしました。
最初の1ページだけとか、ここだけ、とか区切っての練習をされているということで
そこがまず完璧に弾けないうちは次のページは見ないというのに驚いたかなぁ。
私なんか真逆で弾けないうちからどんどん最後まで弾いちゃうので、完成度が低いんですよねー。
その姿勢、見習わなくては!!

20161128133215dd3.jpg

いつも一緒(笑)

というわけでいろいろ話してたらあっという間に3時間半ほど経っちゃってそろそろ終電まずいんじゃ?
という時間になってしまいました(*_*)

あー、もっともっと話したかったー。
みんなNさんがいたらもっと楽しかったのにね、
と本当に残念でしたが…
次回は必ずお待ちしてますよー(*^^*)

人が集まればいろいろとあることもありますが
それぞれに相手を思いやり、それぞれにとって居心地の良い場所、それが私にとっての理想です(*^^*)
趣味だからあまり堅苦しく考えるのも嫌ですけどね(*^^*)

今回ご一緒くださった皆さま、残念ながらご一緒できなかった方
また次回ご一緒させてくださいね~(*^^*)
そしていつも会場の予約などフットワーク軽くしていただいてるHさん、ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト

レッスン120回目~肝心なものを忘れた(^^;

と、書いた通り、肝心なものを忘れましたー(>_<)
大体想像つくかと思いますが、楽譜ーーー(^^;

レッスン前に30分ほど時間があったんですが
その時に練習したのがツェルニーと平均律だったので
その楽譜は持っていったんです。
ただあまりにも気持ちが乗らなくて、仕事で疲れてたのもあってその練習時間ちょっとうたた寝しちゃったんですね。
目覚めたらレッスン5分前という非常事態( ̄▽ ̄;)
前にもあったなー、そんなこと。学習しないのねー、私。
慌てて譜面台の楽譜をカバンに放り込んで家を飛び出して行ったはいいけど
メインのため息の楽譜忘れちゃって、代わりにレッスンと関係ないパルティータの楽譜(結局買っちゃったんだ)
持っていっちゃいました(^ー^;A
ため息だけは楽譜の種類が違うので
先生の家についてすぐに
!!やば!!ため息忘れた!!
って気が付いて先生に言ったんですが先生も持ってなくて、ため息のレッスン断念(T-T)
ばかばかばか、私のバカーー(^^;
ま、でも正直このところちょっと練習しておらずだったので、もしかしたら潜在意識がそうさせたのかも?
 
ツェルニー40番~27番
26番と違ってややこしさは無い曲。
ただし両手を合わせて細かい音を弾く、
しかもpでメロディを出す練習。
前の曲が『いったい、なんなの?これ?』
というワケわからん曲だったので、ものすごくわかりやすい。
曲もまぁまぁキレイかなぁ。
うん。でも、やっぱりツェルニーだ。

平均律1巻10番フーガ
残念ながら全く好きになれず終わりそうな予感しかない曲。
練習しても1、2回でこの曲嫌だ!!
弾きたくない!!もうやめたい!!
と、なってしまい、まともに練習できず。
もう、途中でも何でもいいからこの曲やめたいと先生に言おう
と、心に決めてました。 
とりあえず1回弾いて、やっぱり嫌だと思う気持ちが出ちゃうし、間違いだらけつっかえまくりでどうにもならず。
先生が右と左別々に弾いて下さい、と言ったので、
ああいやだ、と思いながら別々に弾いたら
「別々だとちゃんと弾けてますね、じゃあ両手で」
と言われ両手で弾くと集中力も持たないのか間違いまくり。
「これは次ももう1回見せてねー」
と言われ、今だ!!と思い
「この曲全然好きになれないので練習もできないです。弾きたいと思えないです」
と言いました。
「そうですか、わかる気がします、そういう曲ってありますよねー、でもとりあえずは来週もう1度」

えーー、ここまでイヤだって言ってるのにー(T-T)

と、ちょっと悲しくなりました( ;∀;)

1ミリも練習したいと思えません。
多分練習しないと思います。もう嫌です!!
さよならーーー10番のフーガーーー(-_-)/~~~(

大人の趣味のピアノで弾きたくない曲を2曲も持つなんて
私はできません。

と、言うわけでせっかくパルティータの楽譜持っていったんだからということで、先生が
「じゃ、その中で弾いてる曲があるならそれやりましよう」と、言ってくださり
パルティータの6番のアルマンドを弾くことになりました。
アルマンドはゆっくりだしそんなに難しくなく感じます。

バッハ パルティータ6番 アルマンド
最初に通して弾く
その後右手左手別々に弾く。
左手先生、右手私で弾く。
譜読み間違いは無い模様。
「綺麗な曲ですね~、こんな曲弾いちゃうとこっちの方が良くなっちゃうわね~」
なんて先生に言われ(笑)( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
「せっかくだから6番何曲かやってみればいいじゃない!」
って事になりました(#^.^#)

というわけで120回目レッスン終了です!
関連記事

坂東翔一郎さんのリサイタルへ行ってきました♪

昨日、坂東翔一郎さんのリサイタルへブロともさんと行ってきました~(#^.^#)

元々、坂東さんとは「ばんちゃん会」(という坂東さん親子と共に音楽を楽しもうという会)に参加させていただいたのがご縁です。

場所は葉月ホールハウス
ここはばんちゃん会でも何回か行ったことがあるので、さすがにもう行き方はバッチリね!
って思って自信満々に駅で待ち合わせしました♪
「西荻窪からバスだから、バス停の前でね!」

というわけで当日、予想より結構早く西荻窪駅に到着した私。

改札を出たところで

???アレ???(?_?)

なんかこんな風景、見たことない気がするんだけど("^ω^)・・・??
(しかも改札出るまで気が付かない(;´∀`))

ま、まさか??

慌てて待ち合わせのブロトモさんに連絡

「待ち合わせって西荻窪の駅だよね??見たことない景色が広がってるんだけど~(;´Д`A ```いつものバス停も無いし」

「え?西荻窪だよね、合ってるよ~」

「あれ~~(;´Д`)」

なんてやりとりしながら、どうやらいつもは荻窪からバスというルートだったのに
二人とも「西荻窪」駅だと勘違いして下車したというオチ(;´▽`A``

でも間違った割にはその後ブロともさんの野生の感でスンナリ?到着することが出来ました!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

201611231959182bf.jpg

ばんちゃんの演奏、とっても良かったです!

1つ1つ丁寧に紡いだ優しい音の数々。

ああ、やっぱり演奏って性格が出るんだな、すごく感じました。

バッハの後ショパンでしたが、バッハは深くて染み渡るような音、ショパンは羽のように優しく軽やかな音。

バッハ、ショパン、ガーシュイン、バイオリンやお父様とのコラボとプログラム内容も多彩でした。

アンコールで私の大好きなバッハの「G線上のアリア」を弾いてくださいました!

それはまさに、心が洗われるような演奏で…

トータル1時間半くらいのプログラムでしたが、もっともっと聞いていたかった。

心に響く演奏、ありがとうございました!

充実した時間はあっという間に過ぎてしまいますね。
20161125213436432.jpg

20161123195816d11.jpg
(※ご本人の了承を得て載せさせて頂きました)
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

リサイタルが終わったのが丁度お昼くらいだったので、吉祥寺でランチしてきました♪
2016112405254326b.jpg
201611240529559e4.jpg
20161127011651db5.jpg

ご一緒してくださったブロともさん、ありがとうございます!

おかげさまで充実した1日を過ごすことが出来ました~(#^.^#)

関連記事

レッスン119回目~インベンションの悪夢再び

もちろんバッハは好き!

でもでも…

実はちょっとインベンション苦手感があります(;´∀`)

嫌いじゃないの、でもね

あの両手が休みなく最初から最後まで動き続ける感じ。

常に楽譜をガン見しないと弾けない私、

いつだってどこだって暗譜できない私(;´Д`A ```

そんな私は曲を弾くとき、それは例えるなら常に初見状態。(あ、でも本当の初見は出来ないのよね)

楽譜を見ずに弾くなんて事、1小節も出来ないわけです(>_<)

そんなワケで、私にとってはゆっくり弾いても様になり?保持音があって落ち着いて弾けるシンフォニアの方がインベンションより弾きやすいんですね。

それもあってインベンションはほとんど勝手にすっ飛ばしてきたんですが
(先生は自由にやらせて下さるので)

なんと平均律の10番で2声が…っ(;´Д`)
う…、うそ~~ん…(;・∀・)…

に…にが……にがて……(-"-;A ...アセアセ

というわけで、レッスンです。

ツェルニー40番~26番
とりあえず一通り弾く。
割り切れる部分より割り切れない所の方が流れ良く弾いてる、って言われた(;´∀`)
3連符とか4連符で流れが良くないのは意識しすぎて多分刻んじゃってるからかなと。
「あ!そうか~~、なるほどなるほど!」
って感心していたら
「まあでもこんな感じでいいかな?」と先生。
「結構長くやってるものね」と、お情けの合格(;´Д`A ```
そして27番の右手のみ一応ゆっくり譜読み。先生が左手担当。

バッハ 平均律1巻10番 fugue
2声なんだよなぁ…
しかも音覚えられない。
臨時記号を間違う(書いておけばいいのに・・・)
本当はあまりこの曲に魅力を感じない…というのが一番の理由かも。
でも弾けないことは弾けないし、弾きにくいことは確か。
だからそういうのもあって好きにならないだけかもしれない。
他に弾きたい曲もあるし、早く終わらせたい気持ちがあって焦りもあるのかな~。
でも、とりあえずはまともに弾けるまでもう少しお付き合いします~(^^;

リスト ため息
なんとか一通りひいひい状態で通すも、正直ブツ切れで曲にはなっておらず。
ちょっと最近脱線したりしていたので以前よりも後退気味で、ヤバし(-_-;)
先生はなんとか褒めるところを見つけようとしてくださってるのを痛いほど感じる("^ω^)・・・
「うん、でも通して弾けるようになったじゃない!この部分なんかは曲が流れるようになってきましたね」
と、かなり言葉を選んでくれてるのが逆に痛々しい~~~~~~(^^;

「先生~~、もうそんなに無理しないでくださいよぉ~~~」
と、言いたくなったけど、堪える(笑)

物覚えの悪さと反射神経の鈍さを痛感する曲(^^;

まだまだ、これからさっ!!(って思いたい…)

というわけでレッスン119回目終了です!
関連記事

4の指は弱いけれど…

ショパンは4の指は弱い、だからこそあえて弱いタッチの役割がある…
というようなことを言ってましたね。
自分の作曲した曲にもあえて優しく弱いタッチで表現したい音を45指で弾かせる運指を指定したり。

ツェルニーの練習曲はその弱い指を鍛えて?ほかの強い指と同じようなタッチが出来るように練習する曲があります。
確かに、音階やアルペジオなど弾いていても45指の所で転んでしまったり、
45の所だけタッチが弱くて均質な音が出せなかったりしますよね。
その指を鍛えなければ美しいスケールは弾けません。
モーツアルトの真珠がコロコロ転がるような音やベートーベンの強靭な音を出すには、45指の強さとか均質化が必要不可欠なのかもしれません。

もちろん、各指が独立して自由自在に動くようになること、それはピアノを弾く人の理想ですよね(#^.^#)
45が弱点だわ~(>_<)って思ってる人、たくさんいると思います。当然私もです。
特に利き手じゃない方の45指なんて赤ちゃん状態(^^;
どうにもこうにも制御不能です(;´∀`)聞き分けが悪いったらありゃしないです。

でも、人間の手の構造上、45指は他の指よりも上手く使えませんね。

ふと思ったことがありました。
ツェルニーは弱い指を根性で鍛えて?強くするという、ある意味一般の人の発想で
ショパンは弱い指を上手く使おう(弱い指ならではの使い方があるはずだ)、という逆転の発想だったんですよね。

よく考えたらさすがは天才…(いや、ツェルニーさんだってもちろんすごいんですけどー(^^;)

指に限らず人間って自分の弱いところを克服しよう!!!って必死になるところありますね。
だって、その弱い部分が無ければいろいろ有利ですもん。
でも弱いところ(欠点)が無い完全無欠の人間なんてそうそういません。

もちろん、弱い部分を克服しようとする努力や向上心はとっても大事ですよね!
努力すれば少しずつ向上していけるし克服できることもあります(#^.^#)

でも努力がすべて結果につながるとは限りません。
何回も努力してチャレンジして、でも、思うような結果が出せない事もあるかもしれません。
そんな時にショパンのような逆転の発想(自分の弱さをあえて利用する)ができるともしかしたら突破口になったりするのかなと
素人考えですがふと頭に浮かびました。
ピアノに限らず、できないできない(>_<)そう思ってる時、
もしかして発想の転換が必要なのかも?

弱さ=悪ではないのかもしれません。
関連記事

Bさん上京記念弾き合い会に参加しました♪

先日ブログのお友達、Bさんが上京されるとのことで
M作さんからご連絡いただき参加させていただきました(#^.^#)
とても楽しみだったのですが、何分、参加者の方全員が自分にとって初めましての会は泥ビリブートキャンプの初回参加以来のことで。
しかもブートキャンプは会場での待ち合わせだったので、間違えようがないんですけど
今回は駅での待ち合わせということで、かなりスリリング(笑)
参加者の方全員がブログを持っていらっしゃるので、考え方とか状況はなんとなく伝わってきますが
それでも初めて会うってお顔も性格もわからないですしね。
かなりビビりながらの初顔合わせとなりました(ははは、さすがは小心者(;´∀`))

一応ね、前回何かの練習会の時にお顔の広いDさんに
「全く初対面の人との待ち合わせってどうしたらいいんだろ??」と聞いたら
「前にツェルニーの楽譜持って待ち合わせたことある」っておっしゃってたけど~(^^;

で、出来ない~~~っ!!そんなの出来ない~~~(;´Д`A ```
赤いバラを持つのと同じくらい出来ない…(;´Д`)たぶん・・・
いかにも音楽やってます!みたいなの、なんだかちょっと勇気が要るなあ("^ω^)・・・

とかくだらない事考えたりして(笑)
当日になりました。
で、実際はオーソドックスに服装や特徴を伝え合う、みたいな感じでなんとかなるもんなんですよね、あはは(;´∀`)
(え~、”でかいおばさん”ということでわかるもんなんですね~(^^;)

参加者は
Bろさん、M作さん、O竹さん、Yぢまさん、私の5名。

ピアノはヤマハ。癖もなく、鍵盤も指に馴染むような丁度良い弾き心地でした。
201611160910071b2.jpg


皆さん、本当に堂々と弾かれていて素晴らしい演奏でした!

Bろさん、ブログで実力はわかっておりましたが、やはり生演奏も目にもとまらぬ指さばきで圧倒されました。
こう、彼女の意思の強さとかがハッキリ伝わってくる演奏だなって思いました。
お仕事がお忙しくてなかなか練習時間が取れないとおっしゃってましたが
弾ける方っていきなり過去の曲なんかもバッチリ弾けちゃうんですよね~。
エチュードの「黒鍵」、ピアノの前でじっくりと堪能させていただきました(^^♪
ああいう曲が弾けるとかっこいいですねぇ~!
明るくてハッキリとした曲調がとてもお似合いでした(#^.^#)
でも、今度は雰囲気の違う曲にもどんどんトライしていって欲しい~。

M作さん、聞けばピアノ歴2年程?とは思えない腕前で驚きました。
最近はピアノ活動も幅広く、ピアノソロだけでなく、バイオリンの伴奏されたり、オカリナもなさってるという多彩さ。
演奏は丁寧、かつ繊細な感性を遺憾なく発揮されてると思いました。
ブログの印象から「むむ・・・?もしやチャラい人なんじゃ・・・?」と感じた予想は裏切られ(笑)(勝手な想像すみません)
むしろ静か動かで言えば「静」、演奏も落ち着いてしっとりと聞かせる方でした。
改造アラベスク(ヅラベスク)も面白かったけど、ショパンのワルツ19番が素敵でした(^^♪繊細なタッチが曲に合っていらっしゃいました。
あ、全曲暗譜でしたね!かなりの曲数を弾かれましたが驚異的!

O竹さん、(伏字の意味なし!(笑))この方もピアノ始められてまだ3年程だそうですが
コンクールや発表会に意欲的にチャレンジされていらっしゃるだけあって完成度の高い演奏でした。
人前演奏での経験があるからなのか、元々動じない性格の方なのかわかりませんが
本当に堂々とした演奏でした!(見習え、私(;´∀`))
ドラクエなどのゲーム音楽から正統派クラシックまでジャンルにとらわれない選曲で聞いていて楽しかったです。
聞けば「あえて苦手?な曲に挑戦してみる」と仰っていたので、そうやっていろいろ挑戦するのは素晴らしいことですね(#^.^#)
個人的にバッハの(どうやらバッハじゃないらしいけど)メヌエット、良かったです~。
O竹さんも暗譜でしたね!驚異的ー!

Yぢまさん、え~っと今回の初めましての方の中で一番意外性のあったのがYぢまさんです!!(笑)
ブログの印象からすごく物静かな方なのかな~?というまたまた勝手な想像をしておりましたが
めちゃ面白い方でした!
演奏はしっかりとまとめる王道の演奏で、ピアノを楽しんで弾いていらっしゃいましたね(^^♪
「ユーモレスク」発表会に出しただけあって丁寧な演奏でした。優しい音も印象的でした。
そして気を利かせたBろさんが持ってきてくださった「サザエさん」の楽譜から
「タラのテーマ」を初見で弾いていらしてすごいなあと思いました!私初見て出来ないのよね、見習わなくっちゃ。

そして私の演奏はと言えば、お決まりのグダグダっぷり・完成度低い演奏を遺憾なく発揮(>_<)(そんなもん、発揮するな~!)
あまりの酷さにテンション(´・_・`)ガックリ・・・
でも、これが現実、そして実力なのだよ!!・゚・(つД`)・゚・
おそらく今回の参加者の中で一番練習時間がたっぷりあるはずなのに(;´∀`)
解凍失敗失敗大失敗の連続でしたーーー(;_;)/~~~
ま、こんなもんです("^ω^)・・・

というわけで、無事にスタジオを後にし、場所を変えて親睦会?へ
20161116090942bd8.jpg


面白かったです、特にYぢまさん!(しつこくて、許して!(人ω'*)許して!)
皆さん、ブログの印象とは180度違ったねという意見(笑)
は!!良い意味ですよ!!
いろんな話題を提供してくださってましたね。(発表会あるあるとか、ゲームの話とかetc.)
Bろさんからはお土産まで頂いちゃって(;´∀`)気が利くわぁ~~~(#^.^#)(少しは見習え!私)
20161116091203107.jpg

私ったら一番年長なのに気が利かないったらありゃ~しないっ!(自分の不甲斐なさに怒)
M作さんのお若いのにもみんな驚いていましたね!
O竹さんの「自分の顔がすごく真面目なんで・・・」って話も面白かったです。
BろさんとM作さんと私のブログにはある共通点があって((*´ノ3`)ヒミツネ)結構その話で盛り上がりましたね(笑)

なかなかいろんな意味で刺激的な弾き合い会でした!
主催のM作さん、お忙しい中会場の予約やご連絡などいろいろありがとうございました!
そして今回ご一緒していただいた皆様、残念ながら今回ご一緒出来なかった方も、次の機会にはぜひご一緒させていただきたいです♪
関連記事

ここのところのあれこれ(雑記)

10月末あたりからお出掛けが多くてレッスン記のUPもできずバタバタしておりましたー(^ー^;A

レッスン以外の日記的な事をざっとまとめてみました。

まずは下の子の小学校最後の学芸会。
劇をしましたが、正直本人も脇役だし(笑)台詞ほとんど無いよ!って言っていたのであまり期待もなくて、
まぁ最後の学芸会だし見に行くか程度でした。
でも始まってみればやはりみんなの頑張ってる姿を見て
感動。
劇の練習中に先生はかなり厳しく指導したと聞いてたので、生徒たちの台詞や動きにも感情が入っていて良かった。 
小学校入学から知ってる子は成長したなぁ、と別の意味でも感慨深かった(*^^*)
2016111609153078d.jpg


別の日、高校時代の友人の写真展を観に横浜へ。
お天気にも恵まれ、暖かい一日でした。

みなとみらい駅から散歩がてら赤レンガまで。
インターコンチネンタルやコスモワールドの風景をパチリ。
みなとみらい駅はランドマーク直結してるのは知ってるけど、それ以外にもショッピングセンターと直結してたのね、最近できたのかな?
食料品のスーパーとかも入ってて便利。
201611161055229ab.jpg
20161116090803f3a.jpg


同級生4人で会うの久々~(*^^*)
まずはランチということで赤レンガのブッフェのレストランへ。
さぁ、いざお料理取りに出陣♪

20161116090555ccd.jpg

あれも美味しそうこれも美味しそう(^q^)なんてお皿を持ってうろうろしてたら…
なんとー!!
ピアノ友達Lさんご家族にバッタリ!!(o゚Д゚ノ)ノ

えええーっ!!?うそーっ!!?こんなとこで?? しかもピアノ友達…)

かなりな偶然にお互いびっくり!(笑)
昔むかーし、ディズニーランドで会社の人に会った時よりびっくり(笑)
いやぁ、世の中、狭すぎです(^ー^;A
悪いことはできませんな。いや、してないけどー(^-^;
お料理もお喋りも堪能したところでちょうど時間になったので今回の目的、写真展へ☆

20161116090710c8c.jpg
20161116090843d01.jpg

友人のじゃない写真もあるけど(^^;

相変わらずの大人気の猫写真展、昨年もお邪魔したけどすごい混雑でした。
いろいろな猫ちゃん達の写真があって楽しかった(*^^*)
出展してる方達が作品の側にいらっしゃって、
撮影の背景だとか、思い入れなどのお話してくださったりしてなかなか濃い時間を過ごせました。
その後はお茶タイム。
久々に冷たいものが飲みたくなった~

20161116090917141.jpg

で、あっという間に帰る時間になっちゃって(>_<)
楽しいときは過ぎるのが速いですねー。
友人たちの近況もわかって良かった。

またこれからもちょくちょく会いたいわー(*^^*)
関連記事

レッスン117回目&118回目~45分レッスン

記念すべき?45分レッスン第1回目、
でもね、こうなることは予測しないでもなかったー。
大体元から30分レッスンといっても1時間近く見て貰っていたので、実質的にあんまり変わらないのよね(^^;

大した進展があったわけじゃないので
2回分のレッスン記まとめますー。

ツェルニー40番~26番
不規則な連符の練習…
家での譜読みは最初は楽譜の前にある連符の数をまとめてある解説から
不規則じゃない三連符とか四連符のところの小節に連符の数を記入するところから始めて練習開始。
左手は規則的な上に右手の連符を乗せて弾いていきます。
が、右手が速すぎたり遅すぎたりして上手く合わない(>_<)いや、右手と左手は合ってはいけないわけですが
小節の頭は必ず合わせなくてはいけないわけで。
字余りみたいになったり字足らずみたいにならないように均等割りしていかなくちゃいけなくて、
右を気にすると左がつられちゃったりあわわわわ(;´д`)
こんなの何のための練習だよ!!と心の中で毒づいたり(^^;
ショパンも不規則な連符はちょくちょく出てくるけど
ツェルニーのように均等割りする弾き方じゃないので
全然違うんですよね(>_<)ふうう~

バッハ 平均律1巻10番 フーガ苦手だ…こういうの。
なんでこれを選んだ??!私ったら。
確かに調号少なくて譜読みはしやすいけど。
プレリュードは好きだけど、このフーガは正直萌えない。苦手な2声だしねーー(;´д`)
曲調にもあまり惹かれない。なので練習もあまりしたくない。よって全然弾けるようにならない(>_<)いやーー(*_*)
でも頑張らねば、次へ進むため!

リスト ため息
えー、自分の技術の無さと、頭の悪さと、センスの無さに、まさに ため息が出る( ´Д`)
何回弾いても指が覚えてくれない箇所、多数。
ヨチヨチ歩きも出来てない、ハイハイどころかようやく寝返り始めたばかりの赤ちゃん状態が続いてます。
こんなんで弾けるようになるのか、と、疑問が沸いてきます。
今月ホール練習があるので、その時までになんとかヨチヨチまででも持っていきたいけど…
厳しいかなぁ(-ω-;)
練習あるのみ、ですねー!

というわけで117回目・118回目レッスン終了です!
関連記事

バッハ パルティータ第6番

って、私が弾くとか弾いてるとかではないのですが
ピアノのお友達何人かの方から
「パルティータ、いいよぉ~~」と聞いてはおりまして
たまたま持ってるバッハのCDにグールドのパルティータ1番のpreludeが入っていてその曲は知ってたんです。
綺麗だしなぜかとても印象深いメロディーで。

ネットであちこちバッハ関連のブログやら徘徊していた時に
ある方のブログで(かなり前の事なのでHNやブログ名などは失念しましたが)
パルティータの6番に惹かれて猛練習をされた方が手の病気になってしまった事を綴られたものがあり
その頃ちょうど私もバッハにぐんぐん惹かれてはまりかけていたころで
「え~~!バッハってやっぱり指に無理な動きをさせるところがあるからなぁ・・・」
なんて妙に納得したんですね。
だってハマると面白くて何時間も練習しちゃうじゃないですか。
もう少し、もう少し・・・((o(*´∀`*)o))♪
なんてやってるともうキリがないわけで(;´∀`)
で、長時間格闘したらなんか手に違和感を感じたりした事もあったし
ああ、やっぱり、バッハって手には優しくないのかなって。

それにパルティータなんて絶対難しいだろうしインベンションやシンフォニアだって満足に弾けないのに
そんなの無理だから…。
頑張りすぎて指や手を痛める事になったら元も子もないよ。辛すぎるよ…
などと、パルティータ=すごく手に優しくない曲というイメージしかなかったんですね。

思えばすごく単純な発想ですが、これが私だから仕方ない(;´Д`A ```
身体は大きくても気が小さいんだから。
で、ちゃんと曲を聞いてなかった。

だってちゃんと聞いたらもっと好きになりそうだから(笑)
だってみんなが「いいよ!」って言うんだもの。
そんなもの、怖くてちゃんと聞けないよー。
今だってバッハが好きなのに、もっともっと好きになりそうで、
そうすると今やってるツェルニーとかツェルニーとかカールとか…

なんか…

つまんなさすぎるっ!!!


…ってもしなっちゃったら


…(;´Д`)ひぃ~~~


そういうわけです。(どういうわけだ)


責任が取れない。(なんの)


・・・・とりあえず・・・・


聞くべきか?聞かざるべきか?


・・・

そうして私はyoutubeでパルティータを聞いたのでした。


パルティータ6番、手を壊してまでも弾きたかった方の気持ちが少しわかるような気がしました。

何人かのピアニストの6番を聞いてみたけど
私にはなぜか?
グールドの6番が一番しっくりきました。
邪道かもしれないけど。
グールドの平均律は決して好きではないんですけど(平均律はリヒテルが好き)
パルティータ6番はグールドのじゃなくてはダメでした。
ロマン派っぽく綺麗に弾いてる6番、流麗に弾いてる6番
そういうのはどうも惹かれないみたいで。
なんでグールドじゃないとダメなんだろう?
不思議です・・・・。

きっとこれを読んでいる皆さんも
「私はこの曲はこの人じゃないとダメ」
というのがあるんだろうな。


関連記事

バッハの色は白

先日、ピアノの集まりでバッハを好きな方が何人もいらっしゃり
皆さん、本当にバッハを愛して、真剣に取り組んでいらっしゃる方ばかりで
(あ、私ももちろん大好きなんですヨン、バッハ♡でも私のは自己流で言うなればなんちゃってバッハなのです~)
バッハについて(って言っても私は「好き好き~~~♡♡大好きっ!!」というレベルなのですが)
熱く語ってしまいました。(;´∀`)
だってすきなんだも~~ん♪
で、とっても印象的なお話をされた方がいらっしゃって
その方に言わせると
「バッハは嬉しい時も悲しい時も寄り添ってくれる。例えばリストの「愛の夢」なんて失恋した時に弾けない。
バッハは何色にも染まれる。その時の感情を込めることができる」
というような内容でした(ところどころうろ覚えなんですけどね)

へえ~~、なるほどなるほど!w(゚o゚)wと、とっても納得したんですよね。
確かに明るい曲調、暗い曲調とかそういうのはあるけど
明るいから幸せいっぱい(*^▽^*)というだけではなく、暗いから悲しいだけ( ノД`)シクシク…というだけでもなく
どうとでも取れる(その時の感情に合わせられる)寛容な解釈ができる曲が多いのかなって。
ここがp、ここがfとかdim.とか演奏の記号が無いから、ある程度自由に演奏できるというのも理由の一つかもしれません。
題名の無い曲も多いですしね。

弾き手にどう表現するかがゆだねられている、
明るい曲でも元気に素朴に演奏するのか、しっとり綺麗に演奏するのか、楽しくウキウキした感じなのか
暗い曲でも悲しくて泣きたい気持ちなのか、孤独で淋しい気持ちなのか、etc.
いろいろと考えて弾けますよね(#^.^#)
気持ちが盛り上がる時なんかもある程度自分の好きなようにできますよね。
演奏の記号があったら絶対ここで盛り上げなくちゃという部分が最初から決まってます。

もちろんバッハの演奏のおおよその決まり、みたいなものってあるみたいなんですけど
(音階が上がる=段々強くしていく、下がる=だんだん弱く・・など)
速さなどは自由だったり、レガートかノンレガートかも自由だったり。

そういう自由さが人によって同じ曲でも全く違う解釈で弾ける面白いところなのでしょうね。

バッハの曲は弾き手の感情を投影して何色にも染められることができる、白色なのかな?



関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-39番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
ショパン エチュードOp.25‐12

2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示