02
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
21
22
24
25
27
28
   

熱い思いが伝わる演奏ってある!(kazさんのリサイタルへ)


昨日、ブログピアノのある生活、ピアノと歩む人生を書かれている、kazさんのリサイタルに行ってきました。

きっかけは、いつも記事を読ませていただいて書かれている内容にとても共感するとともに
(ピアノを弾く事は歌を歌う事であり、聴く人と感情を共有する事…ざっくばらんですみません)
そのような考えのもと、ピアノと向き合っていらっしゃる方の演奏をぜひ聴きたい!
と、強く思ったからです。

音源を上げていらっしゃるなら聴いてみたい!

そう思ってブログの中を探しましたが見当たりません。
ピアノのサークルを主宰されていらっしゃるとのことなので、これは発表会に行くしかない!
と思っていましたが、昨年は日程が合わず。
あー残念、1年待つのか~と思っていたら、なんとリサイタルをされるというのを記事に書かれていて
これはなんとしても行かなくては!と。

(前置きが長いですね(^^;)


そして昨日行ってきました!!

場所は都内の会場。
201702252254521ff.jpg

201702252253533e3.jpg
こんなにたくさんの曲を演奏されました。
しかもアンコールも2曲!(ドヴォルザークのユーモレスク、チャイコフスキーの眠れる森の美女によるパラフレーズ、圧巻でした)


20170226204513770.jpg


座った位置はなんと、一番前の鍵盤がバッチリ見える特等席でした。
ピアノからは2~3mしか離れてません。

間近で聞かせていただいたkazさんの演奏は…

もう終始、心臓がバクバクものでした。

プログラムの曲の説明など間に丁寧に時間を割いてお話していただき、
その曲の作られた時代背景であったり、作曲者の心境であったり
私のような素人にもわかりやすく写真なども見せていただき、
普通のコンサートであったらプログラム曲だけどんどん進んでいって、聞いてる方は置いてけぼり
なんてこともあるでしょうけど、
今回そんな事はなく、kazさんの曲に対する思い入れなどもよく理解できました。

哀しい気持ちが詰まった曲は聞いていてこちらも悲しくなって
華やかで楽しくて明るいワルツはこちらもウキウキした気持ちになって
情熱的で激しい曲はすごくドキドキして

多分会場で聞いていらっしゃた方、皆さん同じ気持ちだったんじゃないかなと思います。

熱い思いが伝わる演奏って本当にあるんだ!
聞いていてこんなにドキドキする演奏ってあるんだ!


偶然ですが、ご一緒させていただいたピアノのお友達(本当にお世話になりました)や、
お隣に座っていらっしゃった方と、興奮を分かち合い
感動で胸が一杯になりました。

演奏の後は、軽食やお茶を頂きながらの歓談の時間を設けていただき
ピアノを愛する周りの方やkazさんご本人とお話することが出来ました。
お疲れだったはずなのに、私の不躾な質問にも快くお答え下さり
とても嬉しかったです。

思いが伝わる演奏、演奏される方と思いを共有できる演奏…を聞かせていただき
本当に素晴らしいひと時でした。

昨日の事ですけど、これを書いてる今もまだ余韻が残っています。

私の拙い言葉ではとても表現しきれないのですが、
多くの方に演奏聞いていただきたいな~
この感動、共有できたらな~と思いました。


胸に迫る数々の演奏、とっても素晴らしかったです!


関連記事
スポンサーサイト

練習の停滞感を打ち破るには?

…いったいどうしたらいいんだろうねぇ?

もうこれ以上どうやったら弾けるようになるのかな?

ため息、練習開始からもうすぐ5か月経とうとしているけど(^^;

イメトレとして好きな演奏を繰り返し弾く。



あーーーー、音が綺麗だ、輝いてるな~。
キラキラキラキラ…☆☆
星屑がふんわりと優しく散らばる感じ(言語で表現できない(>_<))
力強い所は艶のある、深くて良い響き。

そして何とも言えない表現力。

一見何でもなく弾けるような部分、そういうところを決してサクッと弾くわけでなく
間合いとか、タメとか緩急強弱全てが納得というか、
この曲にはこれが最上の表現なんじゃないか

いや、何度聞いてもこれが最高だなと。


あー。

この感動した感覚を少しでも自分の演奏に取り込みたい。


でも、残念ながら自分の演奏は今、それどころじゃなくって

ドタッドタドタ…
ジャンジャンジャンっ!!(爆音(^^;)
ドタバタドタバタ。
ドスンドスン
グシャグシャ~~~

力んで音は詰まる、
粒はそろわない
指は転ぶ
つっかえる
何度練習しても間違う,
覚えられない
etc.…

まともに1曲通すこともできないよ。

ひぃぃ~~~~(|| ゚Д゚)
おちこむわーーー○| ̄|_


気を取り直してゆっくり練習。

気持ちを新たに…





関連記事

レッスン129回目~身の丈に合った弾き方

レッスンでした。

このところツェルニーは最初に2回ほどやって
インベンションは面白くなってきたのでついつい何度も弾いちゃって
ため息は完全に練習に行き詰まっていて、
この状況をどうやって乗り越えていけばいいのか全く分からなくなってました。
為すすべもなく時間だけが経っていく感じ。

もちろん全く練習してないわけじゃないんだけど
始めの頃より確実にモチベーションは下がっているし
練習もしない日も出てきていて。

練習もグダグダ→演奏もグダグダ→ヤル気が無くなる→更に下手

という完全に負のループ。

頭の中にあるピアニストの素敵な演奏のイメージ
に対する
実際の自分のグダグダ演奏

この差が大きすぎて(当たり前だけどー)
圧倒され過ぎて頭がついて行かないみたいです(^^;
すぐに頭がいっぱいになっちゃうんですよね(^^;

ツェルニー40番~32番
まだ速度は上げられない状態。
仕方がないのでゆっくり弾かせていただく。
音のつながりをなめらかに…を意識。
1つの事を意識すると他に意識が行かなくなる私(^^;
なめらかに…を意識しすぎて強弱がほとんどついていないのであった。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
次回も頑張れ~←他人事。

バッハ インベンション2番
無理なく弾けるだろう速さを頭に入れて心持ゆっくり目に弾く。
弾き終わると先生が
「いいんですけど、もう少しこれくらいの速度で弾けるかしら?パンパンパン・・・」(と、手を叩く)
あ~、やっぱり私の中の曲よりちょっと速めの感じなんだなー。
あー、多分そんな速く弾けないな・・・
とか思いながらもとりあえず先生の拍子に合わせて弾いてみる。
インベンションの楽譜は市田版なのではっきりと今はこっちが主旋律、とか主題とかって書いてあるんだけど
それを見て先生が
「この楽譜はどっちを出すか書いてあるのでわかりやすいわね」って言ってました。
…ってちゃんと書いてあるのなぜか2番だけなんだけどね(^^;
という豆知識はさておいて、レッスン。
速度を速めるとトリルが上手くいかなかったり、どうしてもぎこちなくなっちゃって。
これも次回も頑張れ~

リスト ため息
相変わらずだよな~、先週から何一つ良い方に変わってないだろうしなー
どよーーーん。
そう思いながらもレッスンで何か練習のヒントを貰えるかもというかすかな希望が。
「それでは今日は…」と、先生。
「最初にね、ちょっとゆっくり弾いてみて欲しいんですよ。このくらいの速さ。」
と歌ってくれたんですが、♪=50くらいかな。
それで最後まで弾きました。
「今度はね~みさんが弾ける速さで」
と、言われたんだけど、最初にゆっくりで弾いてるし、ちゃんと弾けてるわけじゃないので
「弾ける速さ」といってもそんなに速く弾けないし、なんとなくゆっくり目で弾いたんですね。
そしたら今の弾いた感じが今までで一番良かったですよ、と。
ちゃんと弾けてないのにインテンポで弾いてグチャグチャになるより、ゆっくりと丁寧に弾いた方が良いです、と。

そうだよね、そうそう。
自分でもそう思う。
なのになんで勝手にスピードアップしちゃうんだろうね?
謙遜でもなんでもなく決して弾けてるわけじゃないのに。

ゆっくりでも丁寧に。
綺麗に弾く事。

基本なのになー。
いつの間にか忘れちゃうんだよね。

なんかこれだけじゃ何なので
癒されてください。
関連記事

ピアノ&フードファイターに参加しました!

ピアノ&フードファイターに行ってきました!
ちょっと変わったネーミングですが
立派な(人は立派(笑)ピアノ練習会です。
文字通りピアノ弾きながら大食い大会を…する…
わけではなく、
比重がピアノより食事に片寄った?人もいる(私とか)
練習会です、多分。

まずは会場入り前に腹ごしらえ、ということで
練習会前に
「オバサン一人でランチやだーーーやだやだ、誰か付き合って、いや、付き合えぇっ!いや一生のお願い!!」
と騒いでいたら仕方なくご一緒してくださった心温かいファイターズが何名か…(嬉(´;ω;`)ウッ…)
そしてセレブな私にふさわしい大変オサレな ル・なんたらかんたら というレストランにin!
いきなり外国の店員さんに席を案内されるという徹底ぶりさ。
オサレなテーブル席に着くとメニューがほぼ「カタカナ」

先に席に着いた私ともう一方とで

「カタカナと英語ばかりで読めないネ…(^^;う~~~~ん、何があるんだろう」

と、しばし悩みメニューの端っこに小さく書いてあった山盛りパン注文

201702182245467cc.jpg

201702182241389fb.jpg
山盛りパンとコーヒーを無言で食す、ファイターズの面々。
フードファイターズというネーミングの割には意外にこんだけでお腹いっぱいに(^-^;(^^;ゲフっ

ほんの少し後から来られたフードファイター1号様に残りのパンを献上し笑、みんなで会場へ。

ふと気が付いたけど、このファイターズの面々の中で私ったら一番年上じゃ("^ω^)・・・??

というほのかな疑問が沸いてきたけど、フーファイ(略語)に年齢とか関係ないし!!
と、急に開き直る私でした(;´▽`A``
ふっ・・・・最近集まりの中で私が一番年上なんていつもの事なのさっ!!

大体ねー、私のピアノの演奏のへっぽこぶりはいつも最上級なんだから(泣)

20170218224629575.jpg


と、いうわけで噂に聞いていたけど来るの初めての会場へ♪

お~~~、ここが名前はよく聞くけど初めてのとこなのね。
ふう~ん、ピアノはヤマハかー。ほうほう。
2017021822402323f.jpg

そしてみんなで順番を譲り合い精神で

「お先にどうぞ~」
「いえいえ、どうぞどうぞ!」
「いやいややっぱ〇〇さんしかいないでしょ!」
「え~、そんなそんな。××さんどうぞ~」

とか順番を決めない練習会にありがちな(って私の参加するのってほとんどこれだけど笑)
素敵なご奉仕の美しい光景が繰り広げられたのでした。

私はその光景を見ながら

「さすがはフードファイターズ。食べるが1番、ピアノは2番、3時のおやつは2次会だ!!」

と思ったとは口が裂けても言えません。てへへ。

こんなふざけた風に書いてますけど
いやーー、そうはいっても演奏はすごいんですよ、皆さん!!
食べるが1番なフードファイターなのにさ
ピアノが2番だったのは私くらいでさ

「練習させて」
「間違いばかり」
「いや、譜読みだから」

と、謙遜されてても
おおおお~~~!!!遠吠え??

いやーーーん
いつものパターンじゃん!!(わかってるくせに)
みんなめっちゃ上手!

・・・・・ほほほ。(笑って誤魔化そう("^ω^)・・・)

と、いうわけで非常にゆるりと4時間経過(笑)

誰ともなく「なんかお腹すいたよね~」
とか言いながら2次会へ。

某ビル53階の眺望抜群(らしい)の居酒屋さん☆

だがしかし、案内された席は窓無し~~~~(笑)
でも仕切りバッチリで個室気分の味わえるお・と・なの空間

セレブの多いフードファイターズにはピッタリのセレクトでした♪

ここでもたくさんのピアノ話(・・・したっけ・・・?)
や雑談で盛り上がり・・・・
(何の話したんだっけ・・・・・本気で忘れてる・・・・)
次々と繰り出される宴会コースをガツガツ平らげたしなみ、
あっという間にお開きの時間に…

ああ、シンデレラの夢は覚めるのね・・・・

楽しかったわ、みなさま。

フードファイターズの皆さま、ありがとう(´;ω;`)ウッ…

めちゃ素敵な1日でした!!


~つづく・・・といいなっ!~



※このお話は実話に基づいたギャグです。笑





関連記事

レッスン128回目~う~ん、イマイチ

先週はあーだこーだとつぶやいてるうちに
そろそろ次のレッスンが迫っていることに気づき(;^_^A

前回のレッスン。

ツェルニー40番~31番
これ正直全然進歩無しだと思うんだけど
それでも何回か先生の前で弾いて
ゆっくりでしかも間違いもあったんだけど
次に行くことになりました(^-^;
恐らくこれ以上やっても意欲が低下するだろうなと
先生が判断されたと思います。
半音階、基礎の基礎だろうけど上手く弾けなかったなー。
他の曲でもこういうのはまた出てくるからね、そのときまた練習しましょうね(^-^)

とのお言葉でした(^-^;(^-^;

バッハ パルティータ6番 トッカータ
仕上げというには正直まだまだなんだけど(ほんと、こればっかですが)
だいぶスムーズに弾けるようになったし、これは好きな曲だから家でも弾き続けてね、とのお言葉。

バッハ インベンション 2番
装飾音について悩んでいた分とりかかりが遅かったけど
ゆっくり通して弾く。
声のバランスとか何人かの音源を参考に考えながら。
速さについては人によって違いますよねー。
めっちゃガツガツ速く弾いてる音源あり。
私のイメージとはちょっと違うな~、と思ったけど
私のイメージで弾いて良いのか(^-^;
レッスンではまだちゃんと弾けてないのもあり
ゆっくりゆっくり弾いたら先生が、
「次回はもう少しテンポアップしてね、そんなに難しいところは無いでしょ?」
とかーー(^^;
え?!
いや、私インベンションニガテなんですが…
前々から書いてるけど、休みなく両手がパラパラ動く感じがどうも…
保持音あってゆっくりドッシリ弾ける方が弾きやすいんですよね。
まー、単純に反射神経がニブイからかもしれませんが。

リスト ため息
なんでこんな無謀曲選んじゃったんだろう、と弱気になるここ最近。
だってちっとも進歩してないし、逆に退化してる気がする。
気づくと弾きやすいところは速度が速くなっていき
弾けないところは当然グチャグチャ(>_<)
やはりとにかくゆっくり丁寧に練習しか無いんだろうな。
弾けないところの部分練習、してるつもりが結局全部弾けないので通し練習になってしまうという。
弾けるところの方が少ないから…
なんだかんだでどんどん時間が無くなっていき
気ばかり焦る。

ppの2回目小さい音符部分、弱音ペダルを使うかどうか、
楽譜に指示はないけど、上手く弾けないからというのもあり、かといって誤魔化す事もできない部分でもあり
音色を変えて変化を出した方が良いかもね、とのこと。
ただし、踏むとなったらその練習をしなければならない。
弱音のペダルってあまり使わないので左足に意識がいかないのよね。
ただでさえいっぱいいっぱいなのにこれ以上考えることがあるというのも迷うところ。

とにかく課題が山積み(>_<)





関連記事

自分の演奏が好きですか?

以前練習会に参加させてもらった時、ブロ友Nさんが
「自分の演奏って好きですか?」
って聞いていて、その場にいた私以外の方がお二人とも
「好き!」
って即答されていて、それがすごく印象深かったんですね。
で、私は多分その頃今よりもっと劣等感が強くて(笑)
素直に好きとは言えない気分でした。
だってさ、何度弾いてもどこか間違うしつっかえるし
緊張すると自分がどこ弾いてるかわかんなくなったり
オロオロビクビクしててねー、
とても自分の演奏が好きと胸を張って言える心境じゃなかったんですよね。
再開して初めての発表会だってまぁいろいろ恥ずかしかったしねー(;^_^Aホホ…
それに音についても、うーん、なんか力が入ってて固くて重い音で、これってどうなの?
明るくてキラキラと輝くような音や、温かくてホッとするような音、柔らかくて優しい音
そんな音を練習会などで聞いていると
良いなぁ、素敵な音で…。
って思ったりして。
で、先生に音って弾く人によって違いますよね、って聞いたら
そうですよ、同じピアノ弾いても人それぞれ持ってる音が違うんですよって言われて。
ねーみさんは重くて、決して明るい音じゃないわね、って。
ふーん、そうかぁ、ふーん…( ̄▽ ̄;)
とか、微妙にショックだったり(笑)

でもあれからだいぶ?月日が流れて自分の演奏を録音して聞いたりしてるうちに
だんだんとそれでもいいじゃんと
思うようになってきたのよねー。
開き直りとかじゃなくて、諦めたとかでもなくて(慣れ?)

これが自分の持ち味かもね!?

って思えるようになってきたのよね。
肯定的に受け止められるようになってきたっていうか。
確かに間違いだらけでつっかえつっかえだけどさ。
それは段々改善していきたいけど。

だってまぁ、自分のために弾くピアノでもあるし。
自分の演奏と音を少しは認めてあげないと。

だから今は自分の演奏も、音も嫌いじゃないです。
そりゃー、憧れるような音も演奏も理想はあるけど

何かわかんないけど
良いところだってあるはず。
多分ね、
みんなそうだと思うし、
だから弾いてると思う。

関連記事

趣味のピアノは何のために弾くの?

ふと、そんなことを考えることがあります。

ピアノって、なかなかレッスンだけで完結する趣味じゃなくて
家でも練習しなくちゃだし
発表会やその他のステージに上がったとして、そこでは一人。
つまづいたって止まったって誰も助けてくれない。
わざわざ安くないお金払って発表会当日や前日なんか、ご飯もろくに味わえないほど緊張する。
出番の前なんか、他の人の演奏ちゃんと聞きたいのに自分の演奏が気になってまともに聞けない。
そんでもって、毎回後悔する。

「なんで発表会出るって言っちゃったんだろう」って。

実際大失敗をやらかした時もあるし、
顔から火が出て、穴があったら入りたいって思って
しばらく立ち直れなかったりしたけど
でも結局毎回出てる(笑)誰に強制されるわけでもないのに。

で、趣味でピアノを弾くって何のためだろうと考えた時

何のためって、そりゃー自分の為でしょと。

期間限定で友人の結婚式のために とか
そういう特殊な事情はまぁ例外として

自分で弾きたい曲があるから弾く、

に、他なりません。

どんな曲だって良いんです。
自分のため、なんだから。

他人に聴いてもらいたい
自分で自分の音を聞きたい
1つの曲をじっくり弾きたい
いろんな曲を弾きたい
無謀曲を弾きたい
遊び弾きしたい

全部自分のためにすることです。

無駄なことなんて無いと思うな(*^^*)



関連記事

インベンション2番、知らないことだらけ

バッハは大好きですが、いざ弾くとなると正直わからない事が多いです(;'∀')

一時参考までに平均律の校訂版(解釈版)が欲しいなと思って探してたのですが
どれがいいのかわからないのでそのままになっていて。
(いい本があれば欲しいんですけど
じゃあバッハの弾き方っていうのかそういう解説本を持った方が良いのかな?
って思ったんですが、結局それもどれがいいのかわからず(^^;

結局バッハで読んだ本ってこれ一冊
20161010185157e49.jpg
という現状です。(お粗末(>_<))

辛うじて「インベンションとシンフォニア」の楽譜はバッハの解説で名高い市田版なので
装飾音などどう弾けばいいのか割と詳しく載っているのでじっくり読んでみました。

今回レッスンに持っていく予定はインベンション2番。
早速2小節目トリルの弾き方わからず(^^;
これは解説に書いてある通りに弾けばいいらしい。ふむふむ。ミレミレミレドレね。
3小節目の短いトリルは
ラソラソファ ね。
4小節目の左手のトリルは・・・・っと・・・・?
音の形は2小節目のと同じなんだけどトリルの記号が違う・・・?

20170206202053824.jpg

解説を読むとどうやら表記が違っても同じように演奏するらしい。 
お手本演奏を何人かで聞いたら同じように弾いてる。
まったくもー、ややこしいなっ!
同じように書いといてくださいよー、バッハお父様(>_<)
えー、でもミレミレミレドレって弾くの?(--;)

解説を読んでいたらわからない言葉がいくつも出てくる(;´д`)

「ため息の動機」…
一瞬頭の中が???
私の事知ってる??(・・・訳がなかろう(笑)
「ため息が弾けなさすぎて動悸が…(;´д`)」
という私の胸中を当時のバッハお父様が知る由もない(^^;「「
「ターラ」、という音の形をこう呼ぶらしい?
「は~ぁ」というため息に似ているからか。
なーるほど。知らんかった。

「連続8度の禁則」
なんじゃらほい???
頭の中を???が駆け巡る世界(>_<)

意味がわかんないのでとにかくパソコンで調べる。
ふむふむ…。

と、なるとラソラソファのところ、ラソラソファじゃだめで
ソラソファ、って弾くのかな?
でも「この場合はそれほどに気にしなくてもよい」的な事書いてあるけど(気にするの?気にしないの?どっち?)
あ、でもそうすると13小節目の3拍目が演奏できないので…って書いてあるけど??(だから一体どうしろと?)

今度は調べてる途中で
「和声」と「和音」という言葉に出会い、
なんとなくよく聞く言葉なのに違いがわからなくて
また調べる。
そんな具合にどんどん脱線していく(;^_^A

あーーーー、
私、基本的なこと全然わかってないな(・・;)

だから解説読んでも全然理解できないはずだわ。

このトリルとか一音一音全部ちゃんと細かく書いてある楽譜買った方が良いのかな?

でもそれじゃ勉強にならない気もするから
解説読んでプロの音源聞いて弾くしかないか。


というわけで
結局トリルの入れ方につまづいたまま、肝心の練習ほとんど出来てないのでした( ;∀;)

そーいえば「ゴルトベルク」のアリアも装飾音わからなさすぎて弾けなくて「やーめたっ!!」
ってなったことあるもんなぁ( ̄▽ ̄;)・・・・

装飾音わかんないなーー(´;ω;`)ウッ…
関連記事

ピアノ弾かない人にはわからない事

ってたくさんありますよね。

その1
過去に弾いた曲はいつでも弾けると思ってる

人によりますが私は練習しないと弾けませんったら(>_<)
ジュークボックスみたいにリクエストされて弾ける方も居ますが私は弾けません。
ある程度の練習が必要です。

その2
難しそうな曲とかどうでもいいから
自分の聞いたことある曲で綺麗な曲が聞きたい。


ショパンのエチュードとかより「エリーゼのために」とかCMやドラマで聴くポップスが好き。
バッハは全く関心が無いしつまらない。
(「ちゃらりー、鼻から牛乳」とかは除く。)

その3
誰もが暗譜で弾けると思っている。

楽譜が無くてもどこでも何曲か弾けると思っている。
実際レストランにピアノがあると
「弾いてよ」と無茶ぶられる。
無理だってば。
暗譜で弾けるのは悲しいかな私は「ねこふんじゃった」くらい。
しかもそんな場所で弾けませんよ…気が小さいんだから(;^_^A

その4
ちょっと練習すればすぐに1曲弾けると思ってる。

ピアノは毎日何時間も(人によっては何分も)練習し続けないと維持できません(>_<)
何日も休めばそれだけ後退しちゃうし1曲を何ヵ月も何年も練習します。
それでも思う通りに弾けないという効率の悪い趣味です(;´д`)


と、まぁ思いつくままにあげてみました。 
(ソースは主にうちのダンナですが(;´д`))
他にもいろいろあるんだろうなぁ。
どなたか、こういうのも「あるある」じゃない?
っていうのがあったら教えてくださいね(笑)
関連記事

レッスン127回目~相変わらずのツェルニーさん(^^;

とうわけで先に言いますが、相変わらずのツェルニーさんでした○| ̄|_
まーねー、やっぱり半音階とか臨時記号的なの苦手なんですよね、基礎がなってないというか(^^;

話は違いますが最近自分のピアノに向かう姿勢(心ではなく体の)
が悪い事に気がつき、気を付けて座るようにしています。
これはどうやら基本のキのようですが、私は出来てない。
姿勢良く座る癖をつけないとダメですね!

レッスン!

ツェルニー40番~31番
とりあえず一通り弾いたんですが、よく考えたら弾けない所割とそのままスルーしてしまってました。
どこに行ったんだ、区切って練習(^^;
この何週間かその練習すっかり忘れてました。
なので弾けてない所はことごとく引っかかり、さすがにこれでは…(*>д<*)ムリー!だ。
山は越えたと思ったけどまだ全然超えてないみたい。
早くも曲に飽きてきたわけですが…(^^;
どうしたものか

バッハ パルティータ6番 トッカータ
こっちは飽きませんよ~~~!!
むしろ弾けば弾くほど楽しくなってきます!
一通り弾いて
「先週よりよくなった、楽しそうに弾いてるのがわかる」
と、言われました(#^.^#)
やっぱり楽しんで弾くのってわかるんだねーーー
(って、ツェルニーがよほどつまらなさそうに弾いてるんでしょうか(;´▽`A``)
これは次仕上げで聞きたいのでもう1回で、
次は何を弾く?という話になって…
「バッハはレッスンに入れたいわよね~」と言われ
「はい!」と、即答したものの、6番ほど弾きたい曲は他には無くて強いて言えば元々弾きたかった
「フーガト短調」なんだけど
アレも結構長いしため息と並行してやっていくのにはもっと短い曲が良いかなと。
「インベンションかシンフォニアはどう?」
ということになり、
先生が「ね~みさんは短調が好きだから・・・・2番はどう?こんな曲よ」
と弾いてくださいました♪
という事でインベンション2番かシンフォニア2番どちらか好きな方を弾く事になりました(#^.^#)
どっちにしよ~~~(#^.^#)ウキウキ♪
どっちも良い曲だし…悩

リスト ため息

どよ~~~~~~ん○| ̄|_

弾く前からドヨヨ~~~ンな気持ち(;´Д`A ```

好きで選んだ曲なのにーーー(>_<)
弾けなさ過ぎてドンヨリしてしまうじゃないか( ノД`)

もう、自分の事なのに「どうやって練習したらいいんでしょう??」という根本的なところに今います(´・_・`)

落ち着け~~~落ち着け~~~

落ち着け~~~~(。Д゚; 三 ;゚Д゚)(←落ち着いてない)

まだ、時間はある・・・・はず・・・・多分。




関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示