02
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
21
22
24
25
27
28
   

パルティータ6番 寂寥感漂う音色?

グールドのパルティータ6番を聞いていて思うのは
「なんて寂しい、なんて切ない…」
虚無感というのか、どうしようもない寂しさを感じます。

最初の頃は「この曲かっこいいな~」って思ってたんだけど
何度も聞いてるうちに
寂しい...
に変わってきました。


他のピアニストの演奏聞いてもこんなに寂しくないんです。

弾く人によってこんなに違う。

バッハは速度も指定してないし、強弱も指定していない。

この曲をアシュケナージなどはかなり速く弾いていて、
何を感じるかと言えばむしろ「さっぱりとした明るさ」を感じたりして。

この曲に関してはグールドの演奏じゃなきゃダメというくらいなので
私はグールドの表現が好きなんでしょうね。

テンポはゆっくり。

本当は7連符のところ、溜めたい。
タータタタタタタ・タータタタタタタ♪
と、弾きたい。(でも先生には却下された )

そこは妥協しよう。

普通に弾こう(レッスンでは(笑))

音色は寂しく…

そこでふと、疑問。

寂しい音色・・・・

どうすれば出せるんだろう??

それとも・・・

音色の問題ではないのかな?

もちろん技術的に云々(^^;(^^;というのはよーーーーくわかってる。


関連記事
スポンサーサイト

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-38番
バッハ 平均律2巻 12番プレリュード


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示