07
1
3
5
8
10
12
15
16
18
20
21
23
24
25
26
29
30
   

手の大きさ

私は女性としては手が大きい方でしょう。
(まっ、身体も大きいですからねっ(^^;)
左右とも目いっぱい手を広げて21㎝と数mm(誤差の範囲?)あります。
ピアノでは大体9度ほどは普通に届きます。
なのでオクターブの中に数音入っている和音でもばらさずに弾く事が出来ます。

いつも先生に
「ね~みさんは手が大きいから良いわね~」
と言われます。
先生は小指が短くて、オクターブが辛いと仰っていて、
「あと5mm長かったら良いのにっていつも思うわよ」
と、羨ましがられます。
私はピアノを再開するまで自分の大きくてゴツイ手があまり好きではありませんでした。
お店なんかで婦人用のシュッとした素敵な手袋を見ると

(この手袋が入る手って良いなあ・・・・)

って思って手袋をはめようと試みるんですが、途中まで入れて手袋が破けそうになるので断念(^^;

私の体形は完全に父親譲りで(^^;(昭和14年生まれなのに183㎝ある大男("^ω^)・・・)
骨太頑丈ゴツゴツ・・・と言った言葉がピッタリ。
母はお目目パッチリ、華奢でスラッとして女性らしい体形なのに、それをちっとも受け継いでない自分が悲しかったです笑

で現金なモノで、ピアノを始めたら
この手にまず感謝しなければと思うようになりました。
ピアノではオクターブを楽に押さえられますし
(これは手が小さい方はすごいハードルになるらしいというのをあちこちのブログで拝見します。)
先生もやはりオクターブはギリギリで、でもなんとか押さえているという状況らしく
和音ともなるとかなり難しいと仰っていました。
大体はバラシて弾くそうですが・・・。
「まだ教えてもらっていた頃は先生からお風呂で手を広げるストレッチをちゃんとしておいてね」
と言われていたそうですが、元々そんなに素直じゃなかった先生は(笑)
言いつけを守らずストレッチをしなかったそうです。
そして今になって「あの時もっと先生の言ったことを真剣に考えて毎日ストレッチしていたらもっと広がるようになったかもね」
と仰っているので
手が小さい事でピアノに於いてはいろいろと不利な事もあるんだなって思いました。

ゴッツゴツでカッコ悪いけど、ピアノの時は感謝の私の手。
これからも大事にしていきたいなと思っています(#^.^#)




関連記事
スポンサーサイト

レッスン149回目~新曲にチャレンジ♪

文字色発表会後、最初のレッスンに行ってきました(^^)/

全く弾いてなかったツェルニーの38番を焦って直前練習。
幸い?嫌いな曲ではないのでもう1週となっても頑張れるけど
あまりたくさんの曲を持つと結局練習が出来ないというか手が回らないし
本当に弾きたい曲に集中したいのでとっとと終わらせたい気もするし・・・(^^;

平均律もほとんど弾いてなかったので(こればっか)慌てて練習。
これは好きだからまだやってもいいんだけどね!

そして今回初めての曲としてショパンエチュードop,25-12
を練習していきました(#^.^#)
かねてより憧れだった曲です。
私はどうやらアルペジオ系の曲が結構好みみたい。
いつかop10-1も弾きたいなぁ~(^^)

というわけで、レッスンへ。

先生「こんにちは~、暑いわね~!ささどうぞ~(#^.^#)」
「こんにちは~お願いします~♪」
先生「発表会お疲れさまでしたね~!うちの主人が録音してるから聞いてみる?」
「あ、私Bさんにお願いして録音していただいてたので家で聞きましたよ~。
なんかすっごい間違いだらけだったけど止まらなかったのが奇跡でした(^^;」
先生「そうよ!ちゃんと曲が流れていたから全然大丈夫よ~(#^.^#)」
「あ、そうですよね!止まらなかったから良かったって思いました!(←開き直ってる(^^;)」
先生「そうそう、お写真出来たから確認してね~。遠くから撮ったのと近くで撮ったのとありますからね」
(ぐっ!!(;´Д`)「ち、近くで・・・?!」(ま、まさか間違って必死の形相してる顔とか真剣になり過ぎてお口ポカ──(゚д゚)──ン状態のアホ面とかじゃないでしょうねぇ・・・・(;´Д`A )ヤナ予感(;´Д`A ```
恐る恐る写真を確認・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・


この日の為に顔が隠れるような髪型にしていて、大正解!!

髪に隠れて顔があまり見えてません!!ラッキー\(^o^)/


前置きが長くなりましたが、ようやくレッスンです。

ツェルニー40番~38番
ゆっくり2度ほど弾いてokに。
次は39番ですが、全く譜読みも何もしてない状態。
で、1度ゆっくり右手だけ先生の前で弾く事になりました。
臨時記号が結構出てきて黒鍵率がかなり高い曲で手が滑りまくり笑

バッハ 平均律2巻12番プレリュード
こちらも2回ほど弾いていいんじゃない?となりました。
次は8番のフーガにトライします。
4声だけどゆっくりの3ページなのでなんとかなるかな・・・?手強そうですが、結構好きな曲なのです。
発表会が終わったらフーガをやりたいなと思っていたのでじっくりやってみようと思っています。

ショパン エチュードop.25-12
憧れていた曲です!
発表会後、ほぼこの曲しか練習してませんでした(^^;
とりあえずゆっくりと通して弾きました(#^.^#)
やっぱりカッコいい曲だわ~(*´∀`人 ♪
ゆっくり弾いてもカッコいい。
先生からは
指を5-1とか1-5と、換える時に変なアクセントをつけないように気を付ける事
fからfffまでの音の大きさの中でどうやって盛り上げるか、を考える。
(Crescendoする前に一旦音量下げるようなこと?)

先生からはため息をやったことでこの曲にもとてもいい影響を与えてる気がすると言われました(#^.^#)

というわけでレッスン149回目終了です(^^)/
関連記事

『葡萄が目にしみるオフ会』に参加しました。

「葡萄が目にしみる ピアノオフ会」に参加させていただきました(*^^*)

ブログのご縁で主催のNKさんからお誘い頂き、甲府まで行ってきました♪

参加者さんはオフ会名付け親のKさん、NKさんの同門のFさんとRさん、そのお友だちのAさん、Lさん、Tさん、私の8名でした。

なんとなく、気軽な練習会みたいな感じかなぁと思っていた所があって
しかも発表会が終わって腑抜けの状態だったもので(^^;
ここ10日ほどまともな練習をほとんどしてませんでした。
(次に弾きたい曲があってそれしか弾いてない状態で)

駅で待ち合わせた方々とランチを頂き、(↓下の写真はおざらというほうとうの冷たいバージョン料理です)

15011550140.jpeg

会場に向かう道すがら
どうやらスタジオのような所ではなくホールであることが判明。(・・;)
え。心の準備が・・・・(;´Д`A ```

会場に入るとピカピカ☆デデーンと舞台の上に鎮座するシゲルカワイさん。
おお!これが噂のシゲルさんですか?
初めてでございます!写真写真(笑)
他の方がいらっしゃる前にちょびっと指ならしをさせていただくと、癖が無くて鍵盤の重さもちょうどいい加減。
自分の方にはあまり音が聞こえないんだけど客席の方にはとっても良く響く。
カワイのピアノは渋い音のイメージだけど、シゲルさんは艶っぽく響く感じ。良い音です。
15011549700.jpeg
15011586110.jpeg

Lさんに提供していただいたピアノ写真♪ありがとうございます。

主催のNKさんはマメにプログラムまで作っていただいていて、さすが気の利く方です。(会の進行まで全部考えていただいてて…驚きました。写真提供もありがとうございます)
葡萄が目にしみるオフ会

順番決めのくじ引きでなぜかKさんの後に私という・・・(^o^;)
まぁそういうのは慣れております(笑)

ざっくり感想ですが…
皆さん、すごいっ!!!
天才的な表現力、卓越した技術、キラキラと華麗な演奏、歌うような心が洗われるような音の演奏、
カッコイイメリハリある演奏、
弾いてる人が心から楽しんでて見てるこっちも嬉しくなるような連弾や6手連弾、
もう、皆さんの素晴らしい演奏に、自分が上手く弾けないとかそんなちっぽけな事なんてまぁ、どうでもいいやって気になりました(笑)
たくさん間違ったり止まったりとか、そういうのがこういった練習会とか出始めの頃は気になって上手な人達と比べて落ち込んだりした事もあったけど
人の間違いとか上手く弾ける弾けないって、聞いてる方はそんなに気にならないですもんね。
って開き直ってるわけじゃないけど(^^;←いや開き直ってる

で、皆さん私が足元に及ばないくらいの方々なのですが、その中でもやはりスゴかったのはKさん。
本当にその場に居合わせた私たちは
奇跡を見た!聞いた!
という感想が恐らく一致してるかと。

えー、あまりにも興奮しすぎて
年甲斐もなく?次々とリクエストしてしまった私(^^;(呆)
目の前で憧れのショパンソナタ3番4楽章やバラード4番やラ・カンパネラや熱情や英雄やらあれやこれや弾いてくださりありがとうございました。もちろん楽譜ナシで(@_@)
目の前で起きてることがにわかに信じられませんでした…が、本当です。
次から次へと繰り出される名曲の数々、もちろんKさんお気に入りの曲達もたくさん聞くことができました(*^^*)
最初の曲から心臓がバクバクしておりました(笑)運動した覚えはないんだけど・・・(^^;?

Kさん流練習法?!
私の頭では完全に理解は出来なかったのですが、なんとなくわかったような雰囲気が伝わってきたような気がします。(気がするだけかもしれません(^^;)
全然変なんかじゃないと思います。

途中で主催NKさんからお茶と美味しい葡萄の差し入れでのどを潤し(#^.^#)
4時間たっぷり良いピアノで皆様の素晴らしい演奏を堪能し
また新たな曲をたくさん知ることが出来ました。
あまりたくさん曲を知らない私は、こういう場所で弾きたい曲が見つかる事も多いです。
わあいいなあ、と思った曲が何曲かありました。
やはり生演奏というのはCDやYouTubeで音楽を聴くのとは違うんですよね。
これは確かに言える事で、どんな有名ピアニストさんの音源よりもピアノの友達の音が胸に響く事があるんです。
生演奏の醍醐味とでもいうのでしょうかね(#^.^#)
最初はもしかして長いんじゃない?なんて思った4時間でしたが、最後はまだまだ足りない、
もっとたくさん聴いていたい、もう時間かあ、速いなぁ・・・・
に変わっていました。

帰りはTさんと方向が一緒という事で、話し相手になっていただき、あっという間の1時間の旅。
お疲れでしょうにおばちゃんの長話にお付き合いいただきありがとうございました。

良い音に囲まれて楽しくて幸せに満ち足りた1日。
ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。
そして主催のNKさん、企画から会場手配、連絡から移動など最初から最後まで気を遣っていただいて本当にありがとうございました。
お陰様でとっても充実した1日でした!
またぜひご一緒させて下さいね(#^.^#)



関連記事

憧れのショパンエチュード

ピアノ弾く人にとって憧れ曲は人それぞれあると思うけど
中でもやっぱりショパンが憧れって言う人は結構多いんじゃないかなと思います。
統計取ったわけじゃないのであくまで想像ですが・・・。
昔一度だけ出た発表会、大人の生徒の演目は
幻想即興曲、ノクターン1番、革命
とショパンばかり並んでいた記憶です。

私にとってショパンの一番最初に聞いたちゃんとしたレコードはアシュケナージのエチュード集。
今のようにYouTubeでいろんなピアニストの演奏を聴ける時代じゃなかったから
レコード屋さんに行って、一番たくさんのレコードを出してるように見えたのがアシュケナージでした、という理由。
その当時アシュケナージがどんなピアニストかとか全然わかんなかったけど
「なんかちょっとかっこいいし、いかにもすごそうじゃん?」くらいな感じで買ってみました。

そもそもなぜいきなり練習曲集を買ったのかというと、その前にショパンのオムニバス盤で「木枯らし」を聞いたから。

そのオムニバス盤は曲の良いところ取りで1曲丸々聞けないのがとっても残念、でもその頃は何も考えずに聞いてたのですね。

でもそれがきっかけでちゃんとしたものを聞きたいという気持ちが芽生えたんだから、それはそれで良かったのかも。

そのオムニバス盤に入った木枯らしを弾きたくて楽譜を買い、
当たり前だけど目が点になり(笑)
じゃあ、1番最初の曲はどうなのよ?と思って(えーと、一見、簡単そうに見えたんですよね)
これなら弾けるんじゃない??だって右手だけ頑張れば…
なんてよくわからないから音を出してみたりして
ゆっくり音をポツポツ出しても全然ピンと来なくて(^^;
ふーん……何か別に面白い曲じゃ無さそうじゃない?
なんて思って、他の曲を音出してみたけどなんだか全然わからない。
楽譜を見て音楽が描けなかったから。

だからとにかく、「木枯し」を1曲きちんと聞きたかったので、そのためには練習曲集を買うしかなかったわけです。

面白いかどうかはわからないけど、とりあえず楽譜と見比べながら聞こう。
そう思って楽譜を開き、レコードに針を落とし…
いきなり怒濤のごとくop.10-1が流れました。
あれは衝撃的でした(笑)
だって早すぎて楽譜が追えないんですもん。

うそうそ!この楽譜をピアニストが弾くとこうなるの???!w(゜o゜)w

2曲目以降もほとんどすごい速さ(*_*)
そして、どの曲も本当に綺麗、カッコいい!!
その時以来、そのレコードは私の愛聴盤になりました。
1曲1曲が短いのにそれぞれ物語があってドラマチックなのもいい。
激しい曲、美しい曲、明るい曲、暗い曲、バラエティに富んだ曲の配置も何度聞いて飽きません。

さすがショパン、(何を偉そうに(^^;)
外れの曲が無い。

まだ10-3しかレッスンで見てもらってないけど、これから少しずつ弾ける曲を増やしたいな(*^^*)
そんな憧れのショパンエチュードです。


関連記事

2017年発表会、反省点

発表会から少し経って恐る恐る録音を聞くことが出来ました(;・∀・)

今回の反省点

リハーサルは自分でもまあまあに流れて弾けてたのですが、本番はやっぱり緊張からか間違いだらけでした(◎_◎;)

練習で弾けていなかったところは漏れなく弾けなかったし
練習では弾けていても本番で大きく間違った箇所が何か所もありました。

焦りからか全体的に速度が速くなっていて、勢いで弾いてるので思った表現がほとんど出来ていませんでした。

「ここはダイナミックに盛り上げたい、ここは段々と落ち着いてくる冷静な感じ。。。」

とか自分で考えていた事はほとんど出来ておらず、最初から最後までガチャガチャとmf~fの間で弾いていた感じ(-_-;)

9か月取り組んできましたが、やっぱり私には難しい曲でした。

こういう機会があるたび痛感するのが、「基礎力の無さ」。

スケールやアルペジオといった基本をマスター出来てない事。

部分的な練習の不足。

特に最後の2週間ほどはじっくり基本をやるべきだったかなと思いました。(順序が逆かもしれないけど)

反省ばかりじゃ何なので、
今回チャレンジして良かった点を(#^.^#)

楽譜は置いたけど、結局見ませんでした。
「暗譜出来ない出来ない」と思い込んでいたけど、やればできるじゃんと思う事が出来ました。

最初この曲で発表会は無理だろう、と思っていましたが、出来はともかく舞台に出せた事は単純に嬉しかった。

こんなに1曲を長く練習するのは初めてでしたが、好きな曲だったので飽きずに弾く事が出来ました。


こんなところでしょうか。

これからの改善点

ツェルニーが終わったらスケールとアルペジオをレッスンで見てもらう。

譜読みの段階で速度を上げない(ミスタッチがあるうちは速度を上げない。ミスタッチをしない練習)

レッスンはスケールアルペジオ・バッハ・その他曲という構成でいく。

人前演奏の経験は緊張対策には有効
(今回いっぱいミスったけど、直前の練習会などの成果で異常な緊張は無かった。練習会が無かったらもっと酷かったかも)

今思いつく技術的な改善点はこんな感じでしょうか。

さっ!気持ちを新たにまたピアノに向かいたいと思います(#^.^#)




続きを読む

関連記事

最後はやっぱり泣くんだ、教室発表会。

今年の教室発表会、終了しました!

遡って前日の夜くらいから緊張感(^^;(^^;(^^;
落ち着かず、集中力ナシ。
ああ、練習しなくちゃ、明日なんだし…と思いながら数回弾いてみたけど続ける気力無く。
(もう今更どう足掻いても劇的に何か変わるわけでもないし・・・)
なんてちょっと無力感でした。
本当はギリギリまで諦めずに根気強く練習すれば良いんでしょうけどね。

部分部分でちゃんと弾けない所が数か所あって
その問題が解消されないままの本番を迎える事に(-_-;)

当日は当たり前だけど胃のあたりの何とも言えない違和感というのかな~
子供たちのお弁当作りがあったので(上の子はトレッキング、下の子は練習試合)早起きして
9時にはリハーサルの為会場に。

リハは先生しかいなかったので緊張はほとんどせずに終了。
10分間のみなので1回通して後は部分練習をする。
リハはそれほど破たんも無く普段通り弾けたかな。
ま、これが本番になると勝手が違うって言うかね~(^^;

出番まではまだ3時間~4時間ほどあるんだけど、Sさんと話したり練習室で練習したりしながら時間を潰すことに。
練習室は他の出演する人たちももちろん練習したいので、1曲弾いたら待ってる人を確認して譲り合う形です。
1度開演時間に客席に戻ってみたんですが、人の演奏を聴いていると余計に緊張してきてしまって。
多分出てる方を見ると、どうしても自分があの舞台に立つのを考えてしまうし
どんどん不安になってくるからかと。
というわけで順番を確認するために客席に戻ったり練習室に行ったりとしているうちに
聴きに来てくれた高校時代の友人たちと会う事が出来ました(^^)
嬉しくて少し喋っていたら・・・
そんな事をしてるうちにあっという間にそろそろ舞台袖に待機する時間に。

うう・・・・いよいよか・・・
今回先生の計らいがあって出番をAさん、Sさん、私の順にして下さったので、袖で待っている間も二人と話すことが出来て
少しだけ緊張がほぐれたかな。
やっぱり一人で黙って待っているとかなりの緊張感なのでその点は嬉しかったです(^^)
だがしかし(笑)そうは言ってもAさんが終わり、Sさんが舞台に行ってしまうと先生とアナウンス役のお嬢さんとお手伝いの先生だけに。
最高に落ち着きが無くなってしまい、ドラマとかの「出産を待ちわびて病院の廊下をウロウロするお父さん」状態に(笑)
いや、私は待ちわびてないんですけど(^^;
居てもたってもいられず、ウロウロと歩き回り手や腕のストレッチやなんかを試みる。
(でも傍から見たらストレスの溜まった動物園のゴリラにしか見えないと思う。)

舞台と舞台袖は完全に防音の扉で隔てられているので演奏の音はモニター越しにしか聞こえないんだけど
Sさんの演奏が終わり胃のあたりの不快感と緊張感が最高潮になった所で、いよいよ(@_@)

自信が無くても自信あるようないかにも余裕のあるような堂々とした感じで挨拶してみる。
来てくれた友人たちの方を確認してみる。

椅子の高さを確認。
1度座ってみたらまあこんな感じでok。
椅子の位置確認。
ペダルと足と鍵盤の位置関係確認。
楽譜は開く場所を決めてあるのでそこを間違えないように確認。
出だしの鍵盤の位置を目で確認。
201707170835432c7.jpg


リハに比べたらたくさん間違えました。
ありえない音も出しました。
つっかえたりもしました。
当たり前ですが練習で弾けてない所は弾けませんでした。
両手のスケールは合わない、結局最後まで合いませんでした。
最後、アルペジオで綺麗に弾きたいところ、音外しました。


でも、これが今の実力だと思うし、チャレンジして良かった(#^.^#)

他のみんなも本当に頑張りました。
Aさん、チャレンジ曲だったけど最後まで弾けました。
Aさんのお子さんも素晴らしい連弾でした。
Bさんのお子さんたちも。
Sさん、相変わらずの綺麗な音でした。
去年私に声を掛けてくれた女の子、とても表現豊かになったなぁ。優しい音だった。
うちの子と同級生の女の子、ジャズアレンジのすごく難しそうな曲、暗譜で2曲も弾いてたわ。
みんな、すごい。

自分の演奏は決して満足する出来では無かったけど、
皆が頑張ってる経過を見られて、先生の〆の言葉に感動して泣いて
練習会で聞いてくれた方々がいて、友達が応援に来てくれて、ブロともさんが応援してくれて嬉しかった。
(最初行かないと言ってたダンナも趣味を切り上げ、私の出番を見てくれた。)

と、某SNSで呟いたら、
「結果、良かったなあと思えるのがいいです。」
と返してくださった方が居て、本当にそうだよなあ・・・って。

先生の〆のお言葉

「みなさんそれぞれ、弾けないと悩んだり、いろいろな困難がありました。
でもその困難を乗り越えて今日があります。
私は今日来てくださった全員に心からの拍手を送りたいです。」


ああ、参加出来て良かった!!
感動の発表会。
みんなに支えられてピアノが出来てるなぁ。
ありがとう、みんな!

20170717084509071.jpg




関連記事

ホール練習&レッスン148回目

午前中にホール練習、午後レッスンというピアノ漬けの1日でした。
教室のピアノ友達Sさんとホールを借り…

ため息と平均律の楽譜を持って行ったので、少しですが平均律も弾きました。
「でもいま、これやってる場合じゃないんだよね・・・」
とも思ったのですが午後からのレッスンは普通に他の曲もやるので少しは弾いておかなくっちゃ(;´∀`)




なんかかなりな前傾姿勢(^^;
これって椅子の位置が良くないのかも。
ピアノから遠すぎるのかな。
もしくは深く腰掛けすぎ?
腕に体重が乗っちゃってる感じに見える!?
実際に体重が乗ってるのかもしれない。
だから音が重いのかも・・・?
姿勢については改善の余地あり・・・かも。

さすがについこの間ここに来たばかりだし、Sさんもいるので緊張しなかった。
緊張しなくても間違いは多々ありの音外しの難ありだったけど
でもやっぱり音は最高だし弾き心地も素晴らしい~~~(^^)/
あっという間に時間が過ぎてしまったわ(>_<)

ホール練習後、レッスンへ。

ツェルニーは今回持って行かなかったので、平均律から。

バッハ 平均律2巻12番プレリュード
一通り弾いて右手だけと左手だけ何回か。
やっぱり良いなあこの曲好きだわ。
まだ手が覚えるほど弾いてないというか、馴染んでなくて全然・・・なんだけどね
これは次回も。

リスト ため息

先生がお母さまを呼んできてくださり、一緒に聞いて下さった(#^.^#)
初めてお会いしたんだけど、なんていうか先生にそっくりな温かい眼差しにとっても嬉しくなっちゃって。
初めての感情、
「ああ~!お母さまに聴いてもらえるんだ!嬉しいな!」
って、自然に思えたんですよ。
初めてお会いする方にこんな風に感じる事は今までにない事で自分でも自分の気持ちに驚きました!
決して「頑張らなきゃ!」とか構えた気持ちでもなく、
不思議なのですが、「気持ちよ、届け!」みたいな。

3回弾いたんですけど、
先生のお母さまが同席して下さったときの演奏が私の中ではベストだなと思えました。

レッスン後、先生が
「これ終わったら何弾くか考えておいてね~(#^.^#)」
「ツェルニーはやるとして、バッハは弾きたいでしょ?もう1曲、曲の方ね(#^.^#)」
なんて・・・。

当分考えられないんだろうな。





関連記事

ゲリラ練習

よくゲリラライブとかゲリラ豪雨とか言いますね。

今日仕事が休みで特に予定が入ってなかったのでちょっと買い物がてら最寄りの駅前のショッピングセンターへ。
そこには大手の音楽教室が入っていて、たまに楽譜などを見に行ったりしていました。
ふらふらとウインドウショッピングしていた時、ふと、

「そうだ、あの音楽教室って空きがあれば練習室貸してもらえるんだっけ・・・」

と、頭に浮かびました。
何年か前にやはり発表会前にそこの練習室を借りたことがあったんです。
でもお値段がお高い。
数回借りたけど、今良く借りてる練習室(公共の)の方が近いし安いことがわかって利用しなくなりました。

「違うピアノを弾いておくのもいいかも・・。」

と、思って部屋が空いてたら借りようと思いつき、いざ受け付けへ。

グランドの部屋が開いているとの事だったので30分だけ(笑)借りる事にしました。

急に思いついたのでもちろん楽譜は無し。
暗譜が出来ているかの確認にもなるし丁度いいかも。
もし度忘れしていたら1時間は長いので30分っていうのも丁度いいかも?

ということで、ゲリラ練習に。
20170713185851628.jpg

最初屋根を開けずに弾きましたが、〈部屋が狭いので開けると音が響きすぎる気もして)
途中で開けて弾いてみたりもしましいた。
やはり屋根を開けると音が大きすぎて耳障り(-_-;)
まあ一人で弾いてるので取り立てて緊張するわけでもなく、暗譜の方はまずまずでした。
(いくらここで弾けていても本番でどうなるかわからないのが怖さですが)

30分間ひたすら繰り返し弾く。
それしか暗譜で弾けないからですけどね(^^
ひたすら弾いても5回くらいでしょうか。

それにしてもゲリラ練習には暗譜って便利ですね。
楽譜が無くてもいつでもどこでも弾こうと思えば弾けるなんて、今まで考えられませんでした。
関連記事

好きなJ-.Pops①

私が20代の頃・・・

新人ОLだった頃、カラオケなるものが流行り出し?
会社の飲み会などの2次会ではカラオケが定番でした。

10代から洋楽にどっぷりと使っていた私でしたが、カラオケで洋楽は英語の問題があってなかなか歌えないし
そもそも私の好きなへヴィメタルやハードロックなんて知ってる人もそうそういなかったし(^^;

そういう場所で歌うには日本の歌しか無いんですよね。

というわけで「カラオケで歌うために」日本のポップスを聞くようになりました。

YouTubeなんてものやそもそもPCが
無かった?時代なので専らCDやカセットやなんかを借りたり(好きなものは買ったり)
して歌詞カードをコピーしたり歌詞カードが無いものは何度も聞いて歌詞を書き取ったりと涙ぐましいまでの努力をしていたことを思い出します(笑)

初めてのカラオケデビュー曲(笑)はなぜが杏里さんの「悲しみが止まらない」
でした。

大ファンというわけでは無かったんですが(ゴメンナサイ)
カラオケに合わせて歌うには男性ボーカルじゃあまりにも音域が合わなくて苦しいし
女性ボーカルでも私にとっては声が高すぎて辛いんですが、男性のボーカルよりはなんとかなったわけです。
(サザンオールスターズやB’zも流行っていて好きだったけど、単純に歌えないんですよね(^^;)

カラオケをきっかけにいわゆるJPopsも結構聴きましたね~。

今になって思えばカラオケも音楽と親しむ素晴らしいツールというか
多分カラオケが流行らなかったらJPopsだって聞かなかっただろうし、自分で歌うなんて考えもしなかったでしょうね。

杏里の曲結構好きです。
you are not alone
関連記事

パニック( ;∀;)そして教室練習会2連チャン

昨日今日と役員仕事→練習会
本当のお仕事→練習会→学校から連絡→塾に子供を迎えに行く→ヘロヘロ

と、立て続けに何かの後に練習会というパターンで、しかも予約の関係で私が遅れて行くわけにいかず(´;ω;`)ウッ…
まあ人それぞれいろいろな事情があることは仕方がないんですけどね~

とりあえず身体的と精神的にダブルで疲れました。_| ̄|○
でも練習会は楽しかったです(#^.^#)

昨日は役員仕事が予定より早目に終わり(ラッキー!)
いつもの練習場所じゃない所でちょっと遠かったので間に合うか?と思っていたのですが思いの外早く会場に着けました。
時間が早すぎたのでランチタイム
20170709172359060.jpg

久々のコメダです。
でもまったり(*´ω`)するほどの時間は無かったので、そそくさと食べ会場へ。


今回はAさん親子、Cさん親子、Sさん、私の6名。
201707091752575b0.jpg

初めて使う会場だったのですが、お部屋はとても広々としてるんだけど
ピアノが小さい(^^;(文句は言えないけど~~~(^^;)
ヤマハのC1クラスでしょうか?
比較的新しいもののようで使い込んでない感じ。
鍵盤はかなり重い。(でも先生の所よりは軽い!)
でも響きは良かったかな、最初に弾いた時は鍵盤の重さに戸惑いましたが何回か弾いてるうちに慣れてきました。
会場自体が割と新しい所だったので設備は整っているんだけど(飲食のスペースや休憩するソファやテーブルはたくさんあるのよ)
もうちょっと大きなピアノが良かったかも。・・・まあ贅沢は言えないね~。気分転換にはいいかも。

時間の関係で4時間取っていたのですが、私はちょっと早目に帰宅したかったので(子供の塾があるので)
途中で退席。
でも5回くらいは弾けたかな。

帰宅して慌てて夕食を作り(>_<)子供に食べさせ塾に送り出し、ホッとしていたら…
7時過ぎに学校から電話

・・・・(;´Д`A ```

いつも言ってますが、学校から電話で
「お宅のお子さん、素晴らしいですよ!!」
な~~~~んてあるわけないんですよ(-_-;)・・・・(大体逆なんですよ・・・)

「〇〇中学校の○○ですが・・・」
と、先生。
私「!!・・・(嫌な予感)いつもお世話になっております・・・・」
先生「実はですね~、×君の提出物なんですけど・・・」
私「!!・・・え??どうしましたか??・・・(嫌な予感は確信に変わる)」
先生「アレもコレも出てないんですよ・・・本人に確認してもらえますか?」
私「ええ~~?先日本人に出したか確認した時は出したと言ってたのですが・・・」
先生「う~~ん、出てないんですよ。これで1学期の成績が決まりますので・・・」
私「ええ~~~(>_<)そうですよね・・・すみません、すぐに確認して月曜朝一番で提出させます!」
先生「そうですか・・・これ出してもらわないと非常にまずいので・・・」
私「そうですよね。わかりました・・・・」

非常にまずい事が起きてパニックです(@_@)

今塾に行ったばかりなんだけど、塾どころじゃない状況になってしまい、
やむを得ず塾まで迎えに行き本人に確認して帰宅。

帰宅してからは未提出物をずっとやらせ、当然当日には終わらず…。

でも今日は私も仕事だし、仕事の後間髪入れず練習会(◎_◎;)
日曜日は仕事がハードで朝からヘロヘロになってしまったんですが、予約の関係で私が時間に間に合わないわけにもいかず
正直泣きそうでした。
しかもこれ私が予約したわけでは無いのに予約票を渡され「私間に合わないかもしれないのでお願いします!」と("^ω^)・・・
「え。でも私もこの日仕事が入っていて間に合うかわからないんだけど」
と言ったのですが
「でも、私も間にあわないんで・・・」って(^^;(^^;

そんな日に限って仕事が定時で終われず焦りまくり・・・・(;´Д`)

大汗をかきながらなんとか予約時刻に練習室に到着。

するとロビーでAさんがお昼を食べていて・・・・工工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工工・・・・・_| ̄|○

私お昼も食べずに仕事場から直行したんですけど("^ω^)・・・疲労困憊。HPは1くらい(笑)

気を取り直して?練習タイムです!!

Aさん親子、Bさん親子、私の6名で順番に弾いていきました。
全員ピアノを習っているわけですが、みなさん今練習中の曲も弾いて下さいました。
Bさんがとっても上達されていたのが(@ ̄□ ̄@;)!!ビックリ
ショパンのノクターンop.9-2を弾かれてました!

というわけで、今回の連続教室練習会は終了。
(いろんな意味で)疲れたーーーーー!!



関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-39番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
ショパン エチュードOp.25‐12

2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示