07
1
3
5
8
10
12
15
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最後はやっぱり泣くんだ、教室発表会。

今年の教室発表会、終了しました!

遡って前日の夜くらいから緊張感(^^;(^^;(^^;
落ち着かず、集中力ナシ。
ああ、練習しなくちゃ、明日なんだし…と思いながら数回弾いてみたけど続ける気力無く。
(もう今更どう足掻いても劇的に何か変わるわけでもないし・・・)
なんてちょっと無力感でした。
本当はギリギリまで諦めずに根気強く練習すれば良いんでしょうけどね。

部分部分でちゃんと弾けない所が数か所あって
その問題が解消されないままの本番を迎える事に(-_-;)

当日は当たり前だけど胃のあたりの何とも言えない違和感というのかな~
子供たちのお弁当作りがあったので(上の子はトレッキング、下の子は練習試合)早起きして
9時にはリハーサルの為会場に。

リハは先生しかいなかったので緊張はほとんどせずに終了。
10分間のみなので1回通して後は部分練習をする。
リハはそれほど破たんも無く普段通り弾けたかな。
ま、これが本番になると勝手が違うって言うかね~(^^;

出番まではまだ3時間~4時間ほどあるんだけど、Sさんと話したり練習室で練習したりしながら時間を潰すことに。
練習室は他の出演する人たちももちろん練習したいので、1曲弾いたら待ってる人を確認して譲り合う形です。
1度開演時間に客席に戻ってみたんですが、人の演奏を聴いていると余計に緊張してきてしまって。
多分出てる方を見ると、どうしても自分があの舞台に立つのを考えてしまうし
どんどん不安になってくるからかと。
というわけで順番を確認するために客席に戻ったり練習室に行ったりとしているうちに
聴きに来てくれた高校時代の友人たちと会う事が出来ました(^^)
嬉しくて少し喋っていたら・・・
そんな事をしてるうちにあっという間にそろそろ舞台袖に待機する時間に。

うう・・・・いよいよか・・・
今回先生の計らいがあって出番をAさん、Sさん、私の順にして下さったので、袖で待っている間も二人と話すことが出来て
少しだけ緊張がほぐれたかな。
やっぱり一人で黙って待っているとかなりの緊張感なのでその点は嬉しかったです(^^)
だがしかし(笑)そうは言ってもAさんが終わり、Sさんが舞台に行ってしまうと先生とアナウンス役のお嬢さんとお手伝いの先生だけに。
最高に落ち着きが無くなってしまい、ドラマとかの「出産を待ちわびて病院の廊下をウロウロするお父さん」状態に(笑)
いや、私は待ちわびてないんですけど(^^;
居てもたってもいられず、ウロウロと歩き回り手や腕のストレッチやなんかを試みる。
(でも傍から見たらストレスの溜まった動物園のゴリラにしか見えないと思う。)

舞台と舞台袖は完全に防音の扉で隔てられているので演奏の音はモニター越しにしか聞こえないんだけど
Sさんの演奏が終わり胃のあたりの不快感と緊張感が最高潮になった所で、いよいよ(@_@)

自信が無くても自信あるようないかにも余裕のあるような堂々とした感じで挨拶してみる。
来てくれた友人たちの方を確認してみる。

椅子の高さを確認。
1度座ってみたらまあこんな感じでok。
椅子の位置確認。
ペダルと足と鍵盤の位置関係確認。
楽譜は開く場所を決めてあるのでそこを間違えないように確認。
出だしの鍵盤の位置を目で確認。
201707170835432c7.jpg


リハに比べたらたくさん間違えました。
ありえない音も出しました。
つっかえたりもしました。
当たり前ですが練習で弾けてない所は弾けませんでした。
両手のスケールは合わない、結局最後まで合いませんでした。
最後、アルペジオで綺麗に弾きたいところ、音外しました。


でも、これが今の実力だと思うし、チャレンジして良かった(#^.^#)

他のみんなも本当に頑張りました。
Aさん、チャレンジ曲だったけど最後まで弾けました。
Aさんのお子さんも素晴らしい連弾でした。
Bさんのお子さんたちも。
Sさん、相変わらずの綺麗な音でした。
去年私に声を掛けてくれた女の子、とても表現豊かになったなぁ。優しい音だった。
うちの子と同級生の女の子、ジャズアレンジのすごく難しそうな曲、暗譜で2曲も弾いてたわ。
みんな、すごい。

自分の演奏は決して満足する出来では無かったけど、
皆が頑張ってる経過を見られて、先生の〆の言葉に感動して泣いて
練習会で聞いてくれた方々がいて、友達が応援に来てくれて、ブロともさんが応援してくれて嬉しかった。
(最初行かないと言ってたダンナも趣味を切り上げ、私の出番を見てくれた。)

と、某SNSで呟いたら、
「結果、良かったなあと思えるのがいいです。」
と返してくださった方が居て、本当にそうだよなあ・・・って。

先生の〆のお言葉

「みなさんそれぞれ、弾けないと悩んだり、いろいろな困難がありました。
でもその困難を乗り越えて今日があります。
私は今日来てくださった全員に心からの拍手を送りたいです。」


ああ、参加出来て良かった!!
感動の発表会。
みんなに支えられてピアノが出来てるなぁ。
ありがとう、みんな!

20170717084509071.jpg




関連記事
スポンサーサイト

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-38番
バッハ 平均律2巻 12番プレリュード


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示