08
1
2
4
6
11
12
13
14
16
18
20
22
24
25
26
28
29
31
   

久しぶりのフーガに大苦戦中

平均律2巻8番、久しぶりのフーガを弾いてみてます。

印象的なテーマが折り重なる曲で♯が6個。
♯に頭が大混乱してるのに加え、臨時記号がちょこちょこ入ってて更に混乱中(笑)
私の頭の中でなぜか
「シがドでミはミ」
という変換が起こっていて
「ミがファでドはド」
が正解?なのにシをドと弾いてしまい
ミをミと弾いてしまいます(>_<)
なんでだろ。
どうも♯のたくさんあるのはすごくすごーく苦手です(>_<)
普通は多分『シだけ普通に弾く』
って覚えればいいのかと思うんだけど?頭の中の誤変換がなかなか修正されないの。
というわけで、久しぶりのフーガは4声だとかそういうの以前に譜読みの段階で大苦戦してます。
割と楽譜を見てすぐに音を押さえられる方かな?と思っていたけど、この曲は全然ダメで1音1音確認しないと音がわからないというまさに脳トレやってる状態。
しかもツェルニーもツェルニーなのに(笑)譜読みがヤヤコシイ(;´д`)
(あのさ、ツェルニーだったら譜読みは簡単にして欲しいのよね・・・(^^;)

あーー、臨時記号本当にニガテ、
頭が追い付かない。
1つの音を、
「えっとこれ・・・・♯つくんだっけ?待てよ、ミだから♯がつくとファで・・・・
シは♯じゃないんだっけ?だからシのままで・・・ここはファにダブルシャープだから普通のソ・・・」

ってなことを頭の中でやったり、実際に混乱したまま弾いちゃって
「???え???何???すごい不協和音な気がするけど・・・・???おかしいな??」
とか多分もしかしたらピアノを習い始めた方はこんな感じなのではないかと想像するんですが
こんなに1音1音これでいいんだっけ?と考えながら弾くのは本当に疲れますね。
それもこれも♯たくさん系の曲をあえて今まで避けてきた結果なんだろうけど。
こういう時に基本的なスケールをやってる方は違うんだろうな。
でもこの曲で臨時記号・調号たくさんアレルギーが改善されますように。

フーガがたった3ページの曲を通すのに20分近くかかってます。
ツェルニーも…( ̄▽ ̄;)

この2曲を弾いた後でエチュード25-12の楽譜を見るとこの曲の譜読みのしやすさについついこればかり練習しちゃう(^^;

ツェルニーはともかく、フーガは自分で選んだ曲なのに弾けるようになるのかなぁ?

というわけでいつもバッハは練習してると中毒的に楽しくなってくるんだけど、まだ楽しくなってこない(笑)



関連記事
スポンサーサイト

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示