09
1
6
8
9
10
13
14
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
29
   

グールドのパルティータ6番トッカータ

グールドの弾くパルティータ6番のトッカータが好き。

考え事がまとまらなくて頭の中がとっ散らかってる時
この曲を聴く。

ゆっくりゆっくり語り掛けてくるようなグールドのトッカータ。

決して社交的とは言えなかったグールドの孤独と寂しさを湛えた演奏だな・・・・と感じる。

出だしからもうノックアウト。

何回も何回も繰り返し聞いていたら
子供に言われた。

「何ずっと聞いてるの?」
「うん、この曲大好きだからね」
「え?何この曲、つまんない」
「そう?」

そうだろうねぇ・・・

あなたにはまだまだこの曲の良さはわかんないかもねぇ・・・

何もかも輝いて見える10代にはわかんないだろうな・・・



心の中でそう思った。

グールドには遠く及ばないけど、やっぱり今日も弾こう。


悩んだり迷った時、バッハは私をクールダウンさせてくれる。




関連記事
スポンサーサイト

バッハにハマったきっかけ

私がバッハにハマったきっかけ、

それは遡ること2年前。

それまでバッハは聴き専門で、自分で弾くなんて思ってもいなかった!

インベンション?シンフォニア??

多声音楽???

なんじゃそれ??

とりあえずそれって練習曲の類だよねぇ?

練習曲はツェルニーやってるしこれ以上練習曲が増えるのは勘弁だなぁ。

私が弾きたいのはショパンなんだから。

そう思ってました。

ただ、その肝心のショパンは自分の演奏会の前に必ずバッハを弾いていたとか・・・

そして「ショパンを弾くならバッハは必須」というような事をどこかで見ました。

聴くのはいいんだ、ブランデンブルグ協奏曲やチェロの組曲、荘厳なオルガン曲、2つのバイオリンのための協奏曲、G線上のアリア・・・

どの曲も美しい。

でも音質的にあまり受け入れられなかったのがチェンバロの音。

で、インベンションのCDも持っていたけど全部チェンバロでの演奏で、ほとんど聞いていなかったかな。

その頃鍵盤曲でとても気に入っていたのが「フーガト短調」

これはオルガン曲だけどピアノ用に編曲した楽譜があるんですね。

早速見つけて手に入れて弾いてみたけど、その頃は今より更に何もわからなかったので

適当にざっくり弾いて「あーこんな感じね」と・・・

YouTubeでピアノの編曲版を聴いたりするとどうやら自分の持ってる楽譜とは演奏が違うみたい。

よくよく調べると編曲者が違うのでした。

とりあえず手持ちの楽譜で良いからちゃんと弾いてみようかな?

そう思ってあるレッスンの時、思い切って先生に聞いてみたのでした。

「先生、私バッハのフーガト短調、弾いてみたいんですよね」と。

すると先生は

「バッハの?うーーん・・・あれは何声の曲かしら・・・今迄バッハ弾いたことないのにいきなりはちょっと難しいかも・・・」と仰った。

その時「インベンション」という練習曲が頭に浮かんだかな。

ブロトモさんがインベンション弾いていて、

その録音を聞いて初めて「この曲なら弾いてもいいや!」

ってなって

まずはインベンションをレッスンへ。

そこからシンフォニアや平均律、フランス組曲、パルティータ・・・と、好きな曲をつまみ食い(^^)/して今に至るわけですが

つまり?

当初の目的って、「フーガト短調」を弾きたいと思った事なんですよね!



あっちこっち寄り道ばかりで結局まだ弾いてないじゃん!(*゚Q゚*)


あれから楽譜も探して。

そろそろ私にもあの曲弾けるかな?

2年前にトライできなかった…





関連記事

レッスン後

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

レッスン154回目~新しい曲見直し

あまり練習できなくてもレッスンは確実に週1でやってきます(^^;

ま、先生にお会いできるだけでもモチベーションなんとかアップできるんで
やっぱり当分週1レッスンで頑張ろう♪

とはいえ持ち曲が弾けてない状況はあまり変わっておらず(-_-;)
(持ち曲が難しすぎるから・・・(-"-;A ...アセアセ)

あ~~~、

先生には会いたいけど(* ´ ▽ ` *)

弾けてない~~~。゚(゚´Д`゚)゚。という矛盾

というわけでレッスンでした♪


ツェルニー40番~40番
とても全部は弾ききれておらず、最初のリピートまででお願いしました(^^;
後半は次回~って間に合うかわかんないけど。
ゆっくり弾いて譜読み間違いなどチェックしてもらい、次回も。

バッハ 平均律2巻8番フーガ
こちらはゆっくりと両手で通して弾く。
最後まで弾いて先週よりよなってる、テーマも出てきてるし(*^^*)
と言って貰えた。
本当に少しずつだけど曲らしくなってきてるみたいで頑張ろう!

ショパンエチュードop.25-12大洋
一通り前回より少し速度あげて弾く。
でも速度を上げるには音を覚えないとダメで楽譜ガン見状態で速度を上げて弾くのは至難の技(^_^;) 
楽譜を見ると手の移動が追い付かず、これは暗譜しないとまともに弾けない気が…(^^;
で、先生からこの曲発表会に弾く?
と聞かれ、
うーん、弾けたらカッコいいですけどね、暗譜しないと無理ですよねー
って言ったら
でもため息暗譜できたんだから無理じゃないとは思うけど
ただ、全体的に似たようなメロディだからあれ?どこ弾いてたっけ?
という感じにはなりやすい曲かもねって事で…
もし発表会に、となっても現時点でこのくらいの状況なら一旦寝かせてもう少し近くなったらまた取り組むのでも間に合うと思うよ?
と言うことで新しい曲を追加することになりました。

「先生、ラフマニノフ…って思ったんですけど…やっぱりこの曲を弾いてみたいんですよね~」
「ん?何?あー、いいんじゃないですか?」

と、他の曲をやる事決定です(*^^*)

まだちゃんと練習してないので(←こればっか)
難しいけど頑張ろう!すごく楽しみです(^-^)/
何年も前から弾きたかった曲。
遂にトライするわ♪

というわけで今回のレッスン終了です。



関連記事

レッスン153回目~そろそろ新たな曲へ

最近レッスンの日は、

仕事から帰宅→朝出来なかった家事→結局ピアノに触れずレッスン

という流れから抜け出せません(^^;

早起きができな・・・い(´;ω;`)ウゥゥ

時間の使い方をなんとかせねば("^ω^)・・・

というわけで、ノー練でレッスンでした(^^;(^^;(^^;

ツェルニー40番~39番・40番
前回「もう終わっても良いですよ?」←すっかり諦められている・・・(^^;
って言われたんだけど、とりあえずもう1回見てもらい、
完成度は度外視だけど、私比では今迄で一番まともに弾けたのでは??
っていう事で、okになりました。
前回40番も見てきてねと言われたので、40番もゆっくり譜読みのみ。
長いしいろいろなテクニックの集大成的曲だけど、唯一譜読みはすごく楽(^^)/
それだけはとても気持ちが軽くなった!!

バッハ 平均律2巻8番フーガ
基本的に暗くて重苦しい曲は大好物のはずですが
いかんせん譜読み段階で苦戦中です(-_-;)
徐々に出だしの暗いテーマを弾くところ、気持ちが重くなりつつあります。
ここは弾けるからと速度を上げたくなるわけだけど、上げたら3声になったあたりからついて行けなくなるのよね。
なのではやる気持ちを抑えつつ?ゆっくりと弾きます。
片手で練習してるとダンナに
「それ、子供が弾くより酷いよね??」
って言われるんだよねー(;'∀')
心の中で
(ぐううう~~、あなたにバッハの何がわかるのさ~~難しいんだから~~(♯`∧´))
とか思いながら暴言に耐えます( ノД`)…
(自分が弾いてみろ~~~弾いてみろ~~~(#^ω^)ビキビキ)
とか思いながら悔しい仕打ちに耐えます。
そんな苦節1ヶ月くらいの成果が多少出てきたのか、なんとか両手を合わせて弾けるように。
途中でテーマをうっかり見落としてしまう事もあるので、初めて自分の手で楽譜にテーマの部分を印つけたりしました。
もう、なりふり構っていられない状況(;´Д`A ```
でもそうやって少しずつではあるけど、前回よりはテーマが出てきてるし良くなってきましたね!と。
全体的には全くまだまだの状態だし、♯6個にもまだ慣れてないので
この曲はもう少ししっかりやって行きましょうとの事。

ショパンエチュードop,25-12「大洋」
ゆっくりと一通り弾く。
ミスタッチをあまりしないように弾くためにはどうしてもゆっくりになってしまう。
もう少しテンポアップできるんじゃないかと思いますよ?
って言われたけど、そのためには楽譜を見ながらえっちらおっちら弾くというわけにはいかないのかな。
ある程度の暗譜が必要な気がする。
強弱のバランスは良い感じだと思うし、力んで弾いてないのが良いと思う、
アクセントをあまり強調してない所が一部あるのでそこを気を付けて弾くともっと良いのでは?
との事を言われました。
そしてそろそろ次の曲を考えますか?と。
私としては「大洋」はまだまだ全然ちゃんと弾けてないからもう少しきちんとやりたいなって、
でもこれが終わったらやりたい曲として
ラフマニノフの3曲(パガニーニ第18変奏、エレジー、ヴォカリーズ)の内どれか。
どの曲がお勧めですか?と聞いたら
「今の曲が割と強い音で弾く曲だから、全然雰囲気の違う曲が良いかもね、ヴォカリーズ…とか」
という事になりました。
「内声とかちょっと複雑ですけどね・・・」

時間があれば見てくる・・・という事に。


関連記事

平和だからこそのピアノの悩み

最近つくづく思うのですが
平和だからこそ趣味のピアノの悩みがありますね。

そもそも平和でなければピアノどころじゃないな、と、素人の私は思います。

「戦場のピアニスト」のように戦時下で生きるか死ぬかという時に普通は弾いていられないですものね。
(あれは強制的に弾かされたわけですが・・・)

例えば私は精神的に軟弱なので、体調が悪い時や大きな悩みがある時はピアノに向かう気持ちになれません。
これがもしプロの方であれば多少悩み事があろうが体調がすぐれなかろうが練習したり舞台に上がらなくてはいけませんね。

でもプロの方ではなくても、体調がすぐれなくても、大きな悩み事があろうと
ピアノに向かって日々研鑽を積んでいらっしゃる方もいらっしゃいますね。

本当に真からの音楽が好き、表現をせずにはいられない、
表現する事=生きる事、生きる意味、というような…
そういう方の演奏からは溢れ出るような外向きのエネルギーを感じます。

芸術家肌というのかな?

趣味のピアノに対して、私達はそれぞれ別の人間ですから
向き合い方に温度差というのは必ずあることですね。
それこそ100人いたら100人とも違います。

みんながみんな、自分と同じ感覚でピアノに向き合っているわけでは無し
そもそもピアノに対する情熱というのも、自分の身の回りに起きる様々な事で変化します。

趣味と一口に言っても、皆さんご存知のようにその幅は広いですね。
その温度差故に、自分のように考えない人はおかしいんじゃない?と思うわけです。
自分ができるんだから、出来ない人はおかしいんじゃないの?とか、
とかく自分を基準にして物事を考えがちになります。

自分に出来る事が、誰にでも出来るのか?
逆に他人に出来る事は自分が必ず出来るのか?
答えは否、ですよね。

アドバイスをしていただくのは先生に習っている方は自分の先生から。
それで足りない場合は弾ける方に直接やり方を聞く事もいいと思います。

でも、頼まれていないアドバイスはどうかな?と思うんです。
それも、「こうした方がもっとよくなるんじゃない?」という提案は嬉しいですが
「私はできるんだからあなた出来ないのはおかしいんじゃないの?」
っていうようなアドバイス?は必要ですかね?
アドバイス・・・ではないですよね。

なんて思ったことが最近ありました(^^;

でもね、最近の世界情勢をニュースなどで見るにつけ、
そんな小さなことであーだこーだといろいろ言ったり書いたりできるって
すごく幸せなことです

平和だからこそ、趣味のピアノのこんな小さなことでやり取りできるんですね。



関連記事

大きい声では言えないけれど・・・

はい、大きい声では言えないけど
ひそかに思ってる事、ちょっと書きます(^^;

これは私だけが思ってる事なので
「そうじゃないでしょ!」とか「「そう思ってるのはあなただけだから!」
って思われたらその通りですので批判のコメントはご遠慮ください。
(そう思う方はたくさんいらっしゃると思われますが、持論はご自分のブログなりホームページなり、SNSなどで展開くださいませ)

先日「舞台映えする曲、報われない曲」というテーマでブロトモさんが記事を書かれていて
とっても納得。
そしてたくさんの曲を実際に弾かれているからこその説得力になるほどなあと感心しました(#^.^#)

それに比べて私は経験も浅いですし、実力も無いので
あくまでも良く知らないんだけど、この作曲家に対してはこう感じる
表面的に感じる好きか、嫌いか
というものすごく偏見に満ちた内容かもしれません。

まず最初に

変奏曲
基本的に嫌いです(^^;
大体長いですよね。
1つのテーマなのにそれを引っ張って引っ張ってこねくり回して分解・改造する。
結局シンプルイズベストでテーマが一番綺麗だし、耳にす~っと入ってきます。
5分くらいまでなら楽しんで聞けますが、それ以上となると・・・ごめんなさい。
ゴルトベルクなんかもバッハは好きですが、さすがに全部ガッツリ聴くとなると辛いです。
(BGMとして流し聞きとかはたまにしますが、結局テーマのアリアが一番好きです)
どうしてもしつこく感じてしまうんですよね・・・。
飽き性の私にはハードルが高いです。

シューベルト
長いし繰り返しが多すぎる。
曲想は綺麗だしいいなあ、って思う。
だから他人様が弾いているのは気持ち良く聞けるんだけど
自分が弾くのはちょっと・・。即興曲とか・・・。
「また繰り返し??」ってどうしても思っちゃう。
まあでも「アヴェマリア」は好きなんですけどね。

モーツァルト
ごめんなさい。
ほぼほぼ曲の違いが分からないです。
なんかみんな同じように聞こえてしまう。
明るくて軽くてコロコロしてるみたいなイメージ。
聞いていて心地は良いものの、自分で弾きたい!とか思えない作曲家です。
(ファンの方ごめんなさい)
難しいですしねーーーー(^^;(^^;誤魔化しはきかないですし。
幻想曲とかはカッコいいですけどこれまた難しいイメージ。
唯一弾きたい曲がk310でしたが玉砕しました(笑)

ベートーヴェン
はい、これまた誤魔化しが効かない&強弱の対比とか難しい。
急に強くなったり弱くなったりが多い(^^;
ここまでフォルテなのにここから急にピアノ?!みたいなの。
疲れます・・・・。
割と入門編と言われる悲愴の3楽章で玉砕して以来良いイメージが持てない。
極め付けが1番の4楽章では頑張ったけど曲にならずにフェードアウト(^^;(^^;
上級者の方々が「後期のソナタが良い!!」と嬉しそうに語るのを聞くと複雑な気持ちになってしまう。
後期どころか前期?ソナタもまともに弾けないので当たり前だけど話についていけない(^^;(^^;
いつか1番の4楽章をまともに弾けるようになりたい(^^;・・・・という希望はまだ残しておこう。

ドビュッシー
元々あまり興味が無い。
ただし
上手な方が弾くのを聞くとても綺麗だな~と感じる事もある。
でも月の光とか楽譜見ても拍がわからないし???譜読みがきつい。
自分で弾きたいな~とか思えない。
(後ろ向きな発言ですみませんが、正直な自分の気持ちなので)
自分で弾いてみると気持ちが変わったりするんだろうけど、特にきっかけもないし。

シューマン
曲を知らないな。
予言の鳥は結構好きだけど、それ以外はトロイメライと異国よりくらいしか。
いずれにしろ耳にタコができるくらいいろいろなピアニストが弾いていて
わざわざ自分で弾きたいと思えない。
トロイメライは「1ページしかないのに難しい。本当に難しい」
とか良く聞くけど、ふーん・・・・と思ってしまう。ごめんなさい。
自分で弾かないからわからない。
正直1流ピアニストがコンサートの箸休めに聴かせる曲というイメージが頭から離れない。

長い曲
10分以上はきつい。
特に繰り返しが多い曲。
余程変化を付ける繰り返しなら飽きずに聞けるのだろうけど
単純にリピートが多い曲はきつい。
自分が弾く曲で10分超えっていうのは無いけど、聞く方も10分超えはきついかな。
すごくドラマティックな曲での10分超えならたのしいかもしれないけど。

近現代の曲
聴かないしあまり聴きたいとも思わないのでわからない。
ましてや弾こうとは思わない。
弾く人も私の周りにはあまりいない印象。

というわけで、こうしてみると私ったらかなり興味の幅が狭いんですね(^^;
食わず嫌いもあったりするので最初のイメージというのがかなり大きく影響するのかな。

まあ趣味なので自分の弾きたく無い曲は弾きませんし(ツェルニー除く)
弾きたい曲はたくさんあるしで、当分どころか一生困らないでしょう。
好きなショパンやバッハの曲だけでも現世で弾き切れないのはもちろんのこと
来世(があるとして)でも弾き切れないだろうなぁ・・・。






関連記事

SNSピアノの集まりin都内

参加してきました。

時間がちょうど午後からだったので
まずは腹ごしらえで。
201709110957131a3.jpg

久々にホットサンド食べたわ。

初めての会場には贅沢にも2台のピアノ。
2017091109561314c.jpg
201709110956397fa.jpg

ベヒシュタインとスタインウェイです。
どちらを選んでも良いという。
うひよ!やっぱ贅沢!
私はスタインウェイしか弾かなかったけど笑

そして皆様すごく弾ける方ばかりで
最近の怠けまくった自分とピアノに刺激刺激…!!
いろいろな方の素敵な演奏聞いて
自分も頑張ろう!と思いました。
12名ということで各々バラエティに富んだ選曲も面白かったです。
たくさんお話してくれた方もいて話も面白かったなぁ。
初めてお会いする方も多くて、この歳で新しい方と知り合えるというのもなかなか無いですよね。
4時間のピアノ会が終わった後は
二次会へ。
20170911100159bcd.jpg

すごーくボリュームのあるコースでお腹いっぱいでした。
ここでもたくさんお話したけどピアノ以外の話だったような笑
人数の関係でお話できない人もいたのでそれが残念でしたが、年齢の話は盛り上がりましたね。
44はアラフォーなのか?とか笑
どこからアラフィフなのかとか。
女の人はねー、年齢が不祥なのよね笑

ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました(^-^)/


関連記事

レッスン152回目~ツェルニーの楽譜忘れた(;´Д`A ```

もちろんわざとじゃないですよ。
ツェルニーの楽譜と間違えて平均律(全音)持ってきちゃいました(;・∀・)
あー、ツェルニー忘れたの2度目だ(>_<)バカバカ(;´Д`A ```

ふふふ

でも私は知っていた!!
先生のお家にはツェルニーの楽譜があることを!!
だから実は途中で気づいたんだけど、戻ると遅れちゃうし、先生の所にあったはずだからいっかー、
って思ってしまいました。ちゃんちゃん。

てなわけでレッスン~。

「先生~~~(;´Д`A ```ツェルニーの楽譜忘れてしまって・・・」
「あら?うちに確かあったはずだから。。。ちょっと待ってね」
ガサゴソ・・・(山積みの楽譜から探し出す先生)

ツェルニー40番~39番
2017091109301781d.jpg
20170911092846a32.jpg
>

どうしてもここがこうなっちゃうとすごく弾きづらいんですけど・・・
(すみません、ゴツ過ぎで女の手じゃないですよね(^^;)
と、先生に見てもらう。
先生も弾いてみるけど先生はそもそも手が小さくて一番下の音を繋げられない事が判明。
和音はアルペジオで弾いて一番下の音を残すのですが、私は2の指が関係ない黒鍵に当たってしまう。
家でいろいろ指を曲げてみたり手首の角度を調整してみたり?したけどどうしても弾きにくさは変わらず。
なんだろう?手はでかいのにさ(-_-;)手に柔軟性が無いのかしら。

でもそもそも先生も弾けないんだからもうここはいいわ。

弾きづらいのは仕方ないとして全体の事を考える事にします。

実はもう終わっても良いですよ、って言われたんだけど
全然まともに弾けずに終わるのがなんだかね・・・・。

バッハ 平均律2巻8番 フーガ

これもゆっくりゆっくりなんとか両手で弾いている状態。
まだ合わせるのに必死すぎて音楽としては全く・・・
テーマが重なるように出てきて難しい。
でもそこが綺麗な所っていうね。
難しい部分が萌えどころ。
まだまだやります。

ショパン エチュードop.25-12「大洋」
これもまだまだまだ・・・
ゆっくり確実に弾きたい
というかそうしないとミスタッチだらけの演奏になってしまう。
というわけで引き続きやります。
いつになったら他の曲を弾けるのか。

レッスン後、先生から
「今度ね、連弾だけの発表会をやりたいなーって思っているんですよね~」
と言われました。
なんでも今の発表会は人数が多すぎてソロしかできない。
でも生徒の中には連弾をやってみたいという声がある。
なので普段の発表会とは別に連弾のみの発表会を企画しようかとの事です。

いつもの発表会は夏なので連弾は冬になるのかなー。
そんなに練習しなくても良いような曲(あるのか?)とかで楽しく参加出来ればな~
と思っています(^^)/
関連記事

ツェルニー40-39、ここが苦手。

ツェルニー40-39、ここが苦手です。
(いや、全体的に苦手なんだけどね、特に)
20170905062223a25.jpg

ここの1段目の左手の和音と、それに続く単音の音。
とにかく弾きにくい。
いぢわるツェルニーさんのことだから
わざと弾きにくい音形というのかな?
そういう風に作ってるんだろうけど…
なんでこんな和音なのよ(;´д`)
手が上手く届かないんだけど?
女にしては手が大きい私でもここを押さえるのは四苦八苦状態なのに
手が小さい人はかなり苦労するのではないでしょうか…
柔軟性があれば大丈夫なんだろうけれど。

とか思いながら1日1回は弾いておかなくちゃなー、と。

でも目の前に差し迫った弾き合い会の方の選曲にほぼ練習時間を取られています。

過去曲で弾きたいなー、と思った曲があったんですけど
やはり急な解凍は無理と悟りました。 
思い立って急に弾いてみたところで、人前で演奏できるレベルには持っていけない事を実感。
やはり普段から少しでも弾いてないといきなりは無理ですね(;´д`)

そうでなくても人前ではボロボロなのに。

というわけで前々から少しずつ弾いてる曲で何回か人前でも演奏した曲を持っていくしかありません。

あれ?ツェルニーの話してたのにいつの間にか選曲の話になっちゃった(^-^;

ツェルニーの曲ですが、苦手ながらも徐々に曲らしくなってきました。
 
頭の中の回線が繋がってきたみたいで、最初は自分が一体何を弾いてるのか、
どこに行くのかわからないまま弾いてたのが
ようやく全体像が見えてきて、曲として自分のなかに入ってきた感じです。

仕上げるべきゴールが理解できた、というような。

それにしてもそうなるまでに長くかかったなぁ。

普通はもっとサクサクと進めるんでしょうけど、
やはり実力が伴ってないのかなぁと感じますね。
ちょっと先の事も見てみようという気持ちが出てきて、40番を見てみたら
39より明らかにハード、かつ40番の集大成的な曲のようです。

今からガクブル…(笑)





関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示