FC2ブログ
   
09
1
6
8
9
10
13
14
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
29
   

平和だからこそのピアノの悩み

最近つくづく思うのですが
平和だからこそ趣味のピアノの悩みがありますね。

そもそも平和でなければピアノどころじゃないな、と、素人の私は思います。

「戦場のピアニスト」のように戦時下で生きるか死ぬかという時に普通は弾いていられないですものね。
(あれは強制的に弾かされたわけですが・・・)

例えば私は精神的に軟弱なので、体調が悪い時や大きな悩みがある時はピアノに向かう気持ちになれません。
これがもしプロの方であれば多少悩み事があろうが体調がすぐれなかろうが練習したり舞台に上がらなくてはいけませんね。

でもプロの方ではなくても、体調がすぐれなくても、大きな悩み事があろうと
ピアノに向かって日々研鑽を積んでいらっしゃる方もいらっしゃいますね。

本当に真からの音楽が好き、表現をせずにはいられない、
表現する事=生きる事、生きる意味、というような…
そういう方の演奏からは溢れ出るような外向きのエネルギーを感じます。

芸術家肌というのかな?

趣味のピアノに対して、私達はそれぞれ別の人間ですから
向き合い方に温度差というのは必ずあることですね。
それこそ100人いたら100人とも違います。

みんながみんな、自分と同じ感覚でピアノに向き合っているわけでは無し
そもそもピアノに対する情熱というのも、自分の身の回りに起きる様々な事で変化します。

趣味と一口に言っても、皆さんご存知のようにその幅は広いですね。
その温度差故に、自分のように考えない人はおかしいんじゃない?と思うわけです。
自分ができるんだから、出来ない人はおかしいんじゃないの?とか、
とかく自分を基準にして物事を考えがちになります。

自分に出来る事が、誰にでも出来るのか?
逆に他人に出来る事は自分が必ず出来るのか?
答えは否、ですよね。

アドバイスをしていただくのは先生に習っている方は自分の先生から。
それで足りない場合は弾ける方に直接やり方を聞く事もいいと思います。

でも、頼まれていないアドバイスはどうかな?と思うんです。
それも、「こうした方がもっとよくなるんじゃない?」という提案は嬉しいですが
「私はできるんだからあなた出来ないのはおかしいんじゃないの?」
っていうようなアドバイス?は必要ですかね?
アドバイス・・・ではないですよね。

なんて思ったことが最近ありました(^^;

でもね、最近の世界情勢をニュースなどで見るにつけ、
そんな小さなことであーだこーだといろいろ言ったり書いたりできるって
すごく幸せなことです

平和だからこそ、趣味のピアノのこんな小さなことでやり取りできるんですね。



関連記事
スポンサーサイト

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン アルペジオ
ショパン スケルツォ1番
ソナタ3番1楽章

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中
ショパン プレリュードop.45

♪密かに練習♪
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる