FC2ブログ
   
02
2
3
5
7
9
11
12
14
15
16
18
20
21
24
26
27
28
   

レッスン172回目~休符も音楽です。タメは呼吸です。

『休符も音楽なんですよ」(#^.^#)

っていつも言われます。
間、呼吸・・・

どうも私は間を大事にしてないみたい。
急ぎ過ぎてしまう傾向があるみたいです。

あと、伸ばす音の時に拍を数えるんですが、これが機械的になっちゃうんですよね。
自分でも頭の中で「1,2,3・・・」と数えてる時に、なんか機械的だなー??変だよなー?
って思うんです。
でもまだ慣れてないから、どうしても数えてしまう。
今回はその事も先生に指摘されました。

ハノン スケール イ短調 ヘ長調
イ短調はゆっくり弾いてOK、ヘ長調はまた次回も。ツェルニーと違い、こちらはどんどん進んでいきましょうというスタンスのよう。
家でほとんど練習してないのでレッスンで初めて弾く…みたいになっている。いけないいけない(^_^;)

バッハ フーガト短調
一通り弾く。これもほとんど練習しておらず、だけどそろそろ終わりにする?何か他に弾きたい曲あったら持ってきて良いよ、と言われる。
どうも最近子供のことと仕事、役員の仕事、やらなにやら(笑)でバタバタしててピアノに触ってない。
他にも何も…という感じ。

ショパン バラード1番
一通り弾く。ヨレヨレ演奏を黙って最後まで聞いてくれる先生に感謝。
『難しい所が弾けてて、そうでもないところが弾けてなかったりしますね?』
と、言われた(^_^;)
多分好きな部分はたくさん練習するので思ったより弾けてるよう。
でも一見なんでもないような?次のテーマに移り変わる部分の演奏があまりに稚拙なんだと思う。
でももちろん大事な部分と大事じゃない部分があるわけないのよね。
すべてを引っくるめてのひとつの作品なんだから。
冒頭のユニゾン部分、初回よりはだいぶ良くなってきたけど、それでもまだまだもっと良くなるはずだよ!と言われました。
ユニゾンからテーマに移り変わる間際の右手だけになるところ、ここは右手を響かせて残す事に意味がある。この右手の残った響きの中から次のテーマが始まることに意味があると。
ここを私は頭の中で拍を数えてしまうんだけど、左手の響きが終わって右手だけになり、右手の響きが残っている…そしてテーマが始まる。ここは1,2,3…と機械的に数えるんじゃなくて、十分に間を取る、呼吸のようなものです、と。
『1234,123,はい、始まります』、みたいな演奏になっていると。
次に右手だけになる部分、ここも急ぎすぎている。もっと次に何か来る予感を感じさせるような弾き方(もっとタメる)で。これ割といつも言われているような…あっさり弾きすぎ。

コーダの右手。特にフレーズの最後の重音。これを次のフレーズの始まりを意識しすぎるからか、おざなりになりがち。ここはしっかりハッキリと弾く。

最後のスケール、ユニゾンのもだけど、次の10度のが難しい。特に左手はやはりどうしても遅れがち。まずは左右別々に要練習。
どうしても速度が上がらなかったら、最初ゆっくり目、後半に速度上げるという方法もある。
プロのようには弾けなくてもいいんですよと。

以上、172回目レッスン終了です!
関連記事
スポンサーサイト

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン アルペジオ
ショパン スケルツォ1番
ソナタ3番1楽章

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中
ショパン プレリュードop.45

♪密かに練習♪
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる