06
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

緊急告知です。kazさんの6/30リサイタル中止の件

こちらをご覧になっていらっしゃる方で6/30のkazさんのリサイタルに行かれる予定の方がいらっしゃったら

愛の夢の続き(野谷恵先生のブログ)

を読んでいただき、先生の方へご連絡をお願いしますとのことです。

まだご連絡がつかない方もいらっしゃるようですので、少しでもお手伝いが出来ればと思いました。


kazさんの一日も早いご回復をお祈りしております。


関連記事
スポンサーサイト

Ojiba練習会に参加しました♪

毎度お馴染み?Ojiba練習会に参加してきました。
電車に揺られて1時間半~
いつもの会場へ。
そしていつもの仲間たち、に加え今回は初参加の方を迎えることになりました(#^.^#)

会場はアットホームな雰囲気の、そしてとても素敵なピアノさんがある所。
いつもニッコニコの先生がお出迎えして下さいます。

20180617135201965.jpg

シーズン毎にお部屋の飾り付けに変化があって、毎回ワクワクします。
お馴染み、テーブルの上には楽譜とお菓子の山(笑)

なんとなく適当に誰かが弾き始め笑
そしてお菓子を食べたりコーヒーや紅茶でまったりしたり
誰かが奏でるBGM(笑)の中なんとなくいろいろな話に花が咲いたりしながらあっという間の4時間が・・・
今回は連弾やピアノ伴奏+歌というコラボレーションも新鮮な感じでしたね(#^.^#)
私は初参加の時は
「そんなに何時間もピアノを弾くなんて、まあ大変!!」
って思った記憶が。
でも今回は6人でお喋りしたりしながらというのもあったので本当にあっという間なんですよね。

皆さんの素敵な演奏を聴かせていただき、私も頑張らなくっちゃ!!と気持ちを新たにさせていただきました~~(^^♪

そしておピアノタイムが終わると、いよいよお待ちかねの(??)←私だけか
今日のメイン?!(そうなのか?!)お食事タイムです(。>д<。)ゞ
とはいえ、これもお馴染みのお店のお馴染みのお料理で(1回くらい違うの食べろ~~)

20180617140523f44.jpg
20180617135354797.jpg
これなんですけどね・・・。
ここに来ると絶対これ食べちゃうんだよねぇ。

ここでの話もいつ尽きるのか???!っていうくらい食べて喋っての4時間でしたね。(体重の増加が恐ろしい~~)

今回は結構真面目にピアノ話をしたような記憶がありますが、子供の頃の怖い先生の話とか…
目には見えるのに決して触れられない幻のピアノの話とか、そんな世界があるのねと興味津々でした。

いつもながらとても楽しい時間をすごしたOjiba練習会、会場の手配などしていただいた主催のHさん、そしてご一緒頂いた皆様方ありがとうございました。

また是非ご一緒下さいね(^^)/

関連記事

微妙な間や息継ぎが無い。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

久しぶりに自分の過去音源を聴く

いやぁ~~~、バラードを練習し始めて1か月頃の音源を久々に聴いてみました。

(何の役にも立たないと思ってましたが、記録として取っておくものですねぇ~~~(^^;(^^;)

多分録音してすぐに1回はとりあえず聞いているんですけど、当たり前だけどそれっきりです(^^;

弾きながら自分の耳でちゃんと出してる音?を聴ければいいんですけど…

なんていうかそれは今の所出来ないみたいなんですよね。(^^;(^^;(^^;
何を隠そう(隠して無いけど!)弾くのに精一杯って事です。

で、始めて1か月頃と今、何が変わったか?

いや、驚きました!!

あり得ないような所が異常に速くなってたり、こんなに遅いの有りですかっ?!
っていうほど意味も無く恐ろしくゆっくり弾いてる箇所があったり…どうした、私?!○| ̄|_

まあ遅いのは弾けないからだとわかるとしても、速いって何でしょう?┐(´-`)┌
摩訶不思議・・・・(?_?)

でもその音源聞いていて、自分が本当の意味で楽譜を見ていない、流れを掴んでいない、音楽が流れてないっていうのがよくわかりました。
頭に音楽が流れていたとしたら、いくら技術的に弾けないからって初めからそんな風に弾かないんじゃないかな?
どんな音楽か、知ってるようで知ってなかったか、わかったつもりでわかってないっていうのか…(今も本当の意味でわかってはいないのかもしれないけど)(´・_・`)

と、反省しきりの自分の音源でした。

でも、1つだけ自分を褒めておこう!
それはずっと「進歩が無い!」って思っていたけど、練習始めて1か月の頃よりは今の方がより良くなっているということ。

以前の自分と比べてよく頑張ってるじゃん私。(えい!自分で言っちゃえ!!)

少なくともその頃より今の自分の演奏の方が進歩していると思えるのだから・・・(#^.^#)

関連記事

ほぼお一人様ホール練習会

と、いっても先日に引き続きほぼ一人の練習会?でしたが(笑)
今回は時間があったのでランチをすることが出来ましまた。

いつものホール、観客は誰もいないー。とても静か。
Sさんが前の時間に練習されていたので、終わる15分前くらいに行ってSさんの演奏を聴いていました。
相変わらずの伸びやかで美しい音だなぁ…(*´~`*)
客席で聴いてみたかったので大ホールの客席にポツンと座る。
音が本当に心地好い♪♪
2018061417285664b.jpg


私の演奏は…バラードを3回、間奏曲1回、パルティータを1回弾きました。
ここのピアノは…私が今まで弾いた中では多分、一番弾きやすくて音も最高だと思います。
そんな弾きやすいピアノなんですが、肝心の演奏は…
慌てすぎて全然…でした(ノд`;)
先日のレッスンを意識したつもりが、残念ながら、私が聴く限りでは演奏に反映されていなかったかな…
でも、それは当たり前。
いくらポイントを教えて貰っても、そんなにすぐに自分のモノに出来るわけがない…
一部で良いんだから…ここだけでも…そう思っていた所も余裕が無くて…

でも!

簡単に諦めてる訳じゃありません(^-^)v

こういうことはやっぱり繰り返しやって自分のモノにするものですよね。
毎日意識することでいつか自然にそういう弾き方が出来るようになるわけですよね(^-^)v

一朝一夕にはいかないものです。

がんはろっ!!o(`^´*)

と、いうわけで1時間のホール練習終了の後、ランチへ♪ 201806141731572a7.jpg

ま、普通に大○屋の定食ですが…
美味しかった(^-^)

というわけでほぼお一人様ホール練習会2回目?終了です。
来月もあるかも…
とにかくいろいろな機会で弾いておかないとかな…


関連記事

意思のある音

この間のレッスン番外編でも、先生とのレッスンでも、一体自分の弾く音と何がどうしてこうも違うんだろう?
って思った時、(特にこの間のレッスン番外編で)強く感じたのは
「音に明確な意思を感じる」
って事でした。
自分の弾いたのは、表面上音符通りに弾こう、とその場その場で書いてある音符を鍵盤に移す作業をしていただけ。
流れというのか曲にとって大事なメロディというのか、そういうものを考えずにいました。
とにかく「とりあえず全部の音を鍵盤に移す」という事しか考えていませんでした(^^;(^^;
もちろん表面上は表記通り?に弾いてるつもりなんです。ここはpだから弱く、ここはfだから強くね!って。でもそう言うことじゃなかったのかも…。
なぜそこがpなのかfなのか…それはフレーズを読み取って初めてわかることなのかもしれないなと。
YouTubeやCDを聴いてわかったつもりになっていたけど、実は自分で弾いてる時はメロディやフレーズを考えていなかったんです。
私がやってたのは『作業』だった…。
「意思を感じる音」という事は、当たり前かもしれないけど、ただ音符を鍵盤に移す作業だけでは出せないのですね。
今までそういう事何も考えずにピアノに向かっていました(^^;(^^;

そんな事をずっと考えていて、そういえば何年か前にノクターン1番を弾いた時、先生に繰り返しアドバイスを受けた記憶があります。
ノクターン1番は割とシンプルな伴奏とメロディの曲ですが、最初メロディを淡々と弾いてたんですね。特に出だしは右手だけで始まるんですが、ここを何も考えずにさらっと?弾いてしまい、先生から
『ここから音楽が始まってるんですよ?ということは、ここの弾き方はそういう弾き方ではなくて…』
っていう助言がありました。
その後も気を抜くと?すぐにそういう機械的な、何も考えていない弾き方になってしまっていました。
単旋律だから何も考えてない弾き方だとすぐに私でも『あれ?!』って分かりやすかったです。
なのに何でだろう?いつしかそういう事すっかり忘れてしまっていたような…

でも、これからもっとそういう様々な事に気を配っていけば良くなるはず、というのがわかったので本当に良かったです。

これからは意思のある音で弾きたい!
そう思うとバラードはもちろんだけど、今まで弾いた曲達もとても新鮮に感じます。 
なんだかヤル気を失いつつあった間奏曲もまた新たな気持ちで取り組めそうです(*^^*)
関連記事

レッスン187・188回目+目ウロコレッスン番外編

先週と今週のレッスンをまとめます。
正直最近レッスンは停滞中で中々進歩が見られません。
バラードは当たり前だけど、間奏曲も進歩出来なくて出来上がる前に「好き」という気持ちが消失しそう…。
最近の良くない傾向です。

特に先月、あまりにバラードに煮詰まり、何をどうしていいのか?わからなくなり弱音を吐いていたところ←心が弱すぎ(;'∀')
ブロ友さんが弾き合いがてら私の状態を見て下さる運びになりました。。゚(゚´Д`゚)゚。←喜びのあまり嬉し泣き…
本当に有り難い事です!

レッスン番外編
まず私の弾くところを見ていただきました。基本的な手の使い方が良くない(肘が動く)ため、音が拡散した感じに聴こえる。
左右の手の役割に応じた手の使い方。基本左は伴奏、右はメロディ…それはショパンだからとかベートーヴェンだからとか関係無い、全ての曲に通じるもの。鍵盤へのタッチの仕方、カツーンと弾かない。必ず準備。
その時その時の弾部分ところしか見ていないため、縦に刻んだように聞こえる。フレーズを楽譜からきちんと読み取ること…等等

実際に私の弾き方で曲のある部分を弾いていただき、その後、↑の事を意識して弾く弾き方で同じ部分を弾いていただくと、もう、全然!違って聞こえるんです。←弾いてる手をガン見…(^^;
その後私がその弾き方に習ってゆっくり弾いてみました(頭がフル回転というか軽くパニック(^^;)
でも最初に弾いた時とは明らかに変わったと言っていただきました。嬉しい~(#^.^#)
もちろん、アドバイス全てをすぐに取り入れて自分のモノにするというのは難しいですが、一部分でも良いからこういう弾き方で弾けるようになりたいと思いました(^^)/
本当に貴重なお時間割いてアドバイスを頂き、ブロ友さんには感謝感謝です!!
教えていただいた事、少しでも吸収してこれからの自分の演奏に絶対に活かしたいです(#^.^#)

そして教室のレッスン、実は目ウロコレッスンの次の日に教室レッスンがありました。
(目ウロコレッスンの後、アドバイス頂いたのを忘れないうちにピアノに向かい、復習。)
教室レッスンは仕事の後だったのでほとんど練習は出来なかったのですが、とにかくアドバイスを思い出しながらバラードを弾きました。
いろいろ気を付けながらゆっくりと弾いてみたのですが、弾き終わって先生が
「先週よりとても良くなりましたね、よく歌ってますよ!」
と言ってくださったんですよ!
「えええ~~!!そうですか?!」
もう、とても嬉しくて…。あのアドバイスを頂いたからこその今回の良い変化なのは明らかです。
もちろん、技術的に弾きこなすという事はまた別の話ではありますけど、今私の望んでる事はそういう事じゃなくって、こういう事なんだと…。
全部出来なくていい、一部分でもこういう風に弾けたらなと。

そう思い始めると私、今まで何やってたんだろうと。
楽譜の音符を鍵盤にただ移していただけなんじゃないかな…その作業に必死になって、肝心な事何も考えていなかったです。
ここのスケールが上手く弾けないとか、ここが出来ないとか…
それより大切なモノ、それを考えないままに来てしまっていたのかも。
それでも今気づけて良かった。そして気づかせてくださってありがとうございます。

本当にいろいろな意味で目からウロコが剥がれ落ちたレッスン番外編、そしてその効果を実感できた教室レッスンでした。
ずっと抱えていた行き詰まり感でしたが、これを機に自分でもまだ変われる、そう思えることができました(#^.^#)

関連記事

『難しい曲を弾く』のではなく…

なるべく毎日ピアノの練習をしようと思ってはいるものの、どうしてもコンスタントに練習出来ない時もあります。
出来る時は2時間とか出来る時もあれば、出来ない時は0・・・という感じです。
ピアノ的には毎日30分とか一定の時間出来た方が良いかもしれませんね。(なかなかね~(^^;)

さて、今メインでやってる曲も、昨年やった曲も、私の実力からすればかなり無理してる選曲かもしれません。(ていうか、そうです)
多くの教室ではおそらく1年に1回の発表会。
その舞台にちゃんと弾けるかどうかわからないような曲…それってどうよ?
自分だったらそんなの絶対に無理、だって弾きこなせなくて恥をかくのは自分だよ?っていう意見はそれはそれで素直な意見だと思います。(私が言われたわけではありませんが)
私も迷いましたし。

なんていうのか、無難?にちょっと目標下げて弾きこなせそうな曲を…
と、思いました。
けど、よく考えたら「目標下げて弾きこなす」って事自体が土台無理なんですよね。
まず、目標を下げたら弾きこなせるのか?←これ、今「バラード」と同時進行してる「間奏曲」がありますが、弾きこなせてません。バラードより難易度は低いはずですが…ほらね、無理じゃん(^^;
発表会候補だった曲「大洋」、かなり長い間やってましたが弾きこなせませんでした。
「フーガト短調」これもダメダメでしたね。
今までの発表会で弾いた曲。昨年の「ため息」これすごく頑張ったけど本番は壊れたレコードみたいでした。でも、あこがれ曲だったから悔いは無い(^^)
一昨年の「別れの曲」先生からのお勧めで弾いたけど、弾きこなせはしなかった。
その前は「ワルツ14番」これも先生のお勧めで弾いたけど弾きこなせなかった。
その前の「ノクターン1番」「軍隊ポロネーズ」共に全く弾きこなせなかった。(結局毎年ムリしてるからかしら?!)

というわけで、結局どんな曲を選んでも「弾きこなす」域に辿り着くなんて、私程度の人が頑張っても無理なんじゃないの?って思うんですよね。
もちろん努力はするし目標はあって近づきたいと思うけど。

今までの発表会で、弾きこなせなくても納得したっていうのは自分で本当に弾きたい曲を弾いた時だけなのかなって。
でもこれはあくまで私の感じた事であって、そうじゃないって言う方もたくさんいるでしょう。

他の方のblogを拝見してると、実力とかけ離れた曲を弾く事に抵抗を感じる方は結構いらっしゃるんだと感じます。

元々私がピアノを習いたいと思ったのは、憧れの曲達を弾きたいと思ったから。
そして、その憧れ曲たちは揃いも揃って何故か私の実力とはかけ離れた曲だった。
あのレコードで聴いて衝撃を受けた曲たち。
私を一瞬で虜にしたあの曲たち。
こんな曲が弾けたら!(*^^*)
それらは殆どが、たまたま?私にとっての『実力不相応曲』だった訳なのですね(^^;

だから、今の私は
『難しい曲(だから)を弾いてる』
訳ではなく、
『憧れた曲を弾いたら私には難しい曲だった』
ということなんですよね。
関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示