FC2ブログ
   
08
1
2
3
5
7
8
9
12
13
15
16
17
18
20
21
25
26
28
29
30
31
   

なんとなく弾けてるけど何かが違う時

「なんとなくは弾けている・・・でも、何かが自分の思う演奏と違う」

そう感じる事が多々あります。

まぁ、「なんとなく弾けている」の基準は人それぞれなんでしょうが、モチロン自分基準ですよ?

多少間違ったりしながらも、なんとなくはそれらしく弾けている気がする。

今現在がそんな感じなのですが、うーん、何だろう?音を押さえるのに必死になっている状態ではあります(;´Д`A ```

バラード1番の時もそうでしたが、必死になって弾けないフレーズを練習したりしながらも、「物理的に弾けない」というよりも、「何か決定的なものが足りない」という感じがずっとしていました。

自分の演奏も「なんとなく弾いてる」「大体こんな感じで弾いてる」

そしてそれが何から来ている感覚なのかが掴めないまま、恐らく「弾けないフレーズ」から来てるものだと思い込んでいました。

つまり、「このフレーズがまともに弾けないうちは、この曲で自分らしさは表現できないんだ、自分の演奏が好きになれないんだ」

と思っていました。

練習段階で自分の演奏を好きになるなんてことは無かったし、憧れの曲なのに全然好きになれないなんて?!

よく考えたら悲しい事です。

ある方に教わったことによって「好きになれない原因」が私の物理的な「弾き方」によるものと、「フレーズ感の欠如」によるものだとわかったのですが、教わった時は理解できていたけど、あれから1年程経ち、今やまたその事を忘れそうになっていました。

一般的な理想の演奏というわけにはいかなくても、自分なりの理想の演奏をしたい。

全部思い通りに弾けないのはわかっているけど、一部だけでも自分が好きになれる演奏が出来たらな(#^.^#)


関連記事
スポンサーサイト



無謀曲に手を出すタイミング

一般的には発表会などの大きなイベントの終わったあたりで「さて何にしよう?」となる事が多そうですね。

って言うか私はそうでしたし、今迄は手一杯というのか気持ちがいっぱいいっぱいだったのでなんだか余裕が無かったです。

でもソナタについてあれこれ悩んだりしてるうちに、

「プロみたいにカッコよく」とか「CDみたいな粒の揃った理想の弾き方」とか・・・

無意識にそんな風に理想を思い描いていたんだな~と気付きました。

理想は理想としてもちろんあるけど、それはそれで自分のベストを尽くした演奏になればいいわけで。

そう思い始めたら少し気が軽くなって

出来ない事にばかり着目しないで、出来てる事もあるからそれを励みにやって行こう♪と思えるようになってきました。

自分に甘いのかもしれませんけど(^^;

そしたら急に「次に何弾こうかな??」(#^.^#)

なんて考えるようになって(笑)現金なモノですね。

私はやっぱり常に新たな気持ちでいろんな曲に取り組んでいたい。

その方が私にとっては楽しいし、他人からどう思われようとそっちの方が好きなんだと思う。

全部中途半端であちこち手を出して・・・って言うとすごくだらしない人なので嫌われちゃうかもしれないけど、趣味なんだから趣味くらい自分の好きにやらせてと思ってしまう。

先生には迷惑をかけるけれども・・・



関連記事

久しぶりレッスン

2週間振りレッスンでした。

メンデルスゾーン 3つのエチュード1番はまだつっかえながら弾いてる有り様で(^^;
とにかく全然覚えられず。
この曲弾くならショパンエチュード大洋の方が全然弾きやすい気がします←まっ、気のせいだけどね!
進歩0過ぎてさすがになんだか段々飽きてきました(^^;
全く弾けてませんが飽きてきたので違う曲が弾きたいです。さすがに先生も聞き飽きてきたと思う。
強制終了または寝かせに入るかもしれません。
お休み~(;´д`)

ラフマニノフ エレジーは前回より感情を込めて弾いているのが伝わってきた、と言っていただけました。
もう少し楽譜を良く見て細かい強弱を表現しましょう、クレッシェンドと書いてあっても楽譜に<や>など細かく書いてあるのでよく見て表現できるようにと。

ショパン ソナタ3番4楽章は、自分の中ではかなりゆっくり弾きました。
最初はゆっくり、最後は多少速度を上げて一気にと言う感じです。
やはり最後までゆっくりと言うのはあまりにも迫力に欠ける気がしてしまって。
とは言え左手6連符の所はどう頑張っても速度が上げられないのでここはメロディで迫力を出す…というようにメリハリをつけて行こうかと。

さて、メンデルスゾーンを強制終了すると次に何を弾こうかなとなります。
 
エレジーもソナタもがっつり暗い、激しい系なので穏やか系を入れた方がいいのかどうなのか。
しばらく悩んでみようと思います。





関連記事

理想に囚われすぎない

理想に囚われ過ぎない…これはどんなことにも言えるかもしれません。

一日1時間くらいの練習で目覚ましい進化(自分の理想にグンと近づく)がある・・・って言うのは現状難しい。
(ただし、本当にどうにかしたいならもう少し時間を増やすのは可能なはず、だけど、それをしていないという時点で自分に甘いんですよね(^^;)

あまり無理してその他いろんな事が犠牲になってしまうのも考え物だし、一家のぐうたら主婦たるものやはり出来る時に無理ない範囲でやるしかないわけで。

あまり「上手く弾けない、進歩が感じられない!!」という考えに囚われてしまうのも良く無いな~と。
(大体、この時期になるとそう言う考えが頭の中を支配するようになります(^^;)

押してダメなら引いてみな

っていう考え方もあるわけで、今一歩「引く」事で何か新しく気付く事は無いのか?

今まで力づくで「押して」きたような気がするけど、結局「押して押してこの現状」という事で、「押した結果あまり進化見られず」なわけですよ。

自分の速さ+技術的な事には限界がある。

でも、速さ以外にプラスα何か大人のピアノとして表現できるものが多分・・・あるはず。

もちろん、ゆっくり弾く事の難しさっていうのもあって…

ただ、理想の速さだけに囚われず、速さとは違う軸の雰囲気のようなもの(曖昧過ぎだけど)を表現するという事を模索してみたい気がしています。

全体的にゆっくり弾くのか、それとも部分的にゆっくり弾くのか、それとももっと違うやり方があるのか?

関連記事

頑張っても練習が上手く行かない時

自分では頑張ってるつもり・・・だけど中々成果が見えなかったり上達が感じられない事ってありますよね?
(というか私は年中そんな感じなんですけど(^^;)

まあいわゆる自分のレベルに合って無い曲を選んでるので仕方ないんですが、ここまで自分の思う演奏が出来ないと(そして曲自体の変更はしないという前提で)もう頭の中の理想を完全に捨てて「ガチャガチャでも速度を落とさない曲の雰囲気を出す」「なるべく丁寧に弾き速度は犠牲にする」
という二者択一しかないのかな~と考えるようになってきました。

「理想の速度かつ丁寧に」というのはもうほぼ無理かなと…←弱気

私の先生は絶対に「丁寧に弾き速度は犠牲」派だと思います。

そして恐らくですが、大体の方々はどっちを取るって言ったら「丁寧」であろうと思います。

私は・・・結局それしか選択肢は無さそうかなと思います。

現在ある程度の速さで練習していますが、まともに通せる状態では無いんですよね。

この曲に関しては私の頭の中ではやはりある程度の速さが無いとダメな曲と言う気がしていて、でもそれは今現在自分の理想の速さではものすごく雑になってしまいます。

元々丁寧に弾けない私が「ものすごく雑」と言っているわけですから、その雑さ加減は言うまでもありません(^^;(^^;

自分の理想は理想として横に置いておき、せめて聴く人に不快感を与えない演奏を目指すしかないなと思っています。

ただね、ゆっくり弾くと言ってもその「ゆっくり」が私にとって難しかったりするんですが…(^^;(^^;

それはそれで新たな問題が出そうな気がしています(;´Д`)

関連記事

今頃気付く事

お盆ですね。世間はお休みの方が多いですね。
西日本は大型台風直撃という事で在住されてる方や帰省などの方は心配ですね。
関東でもゲリラ豪雨のような雨が降ったりやんだりで外出しにくいです。

私は今日明日の休みだけですが、特に予定の無い今日はグランド練習に行ってきました(#^.^#)

…と言っても特に報告するような発見があるわけでは無いのですが…録音もしてないし…

私は運指をあまり楽譜を見ずに自分で適当に弾いているのですが(;^ω^)上手く弾けない所は楽譜の運指を参考にします。
でも上手く弾けないくせに楽譜の運指を無視してる部分があって、基本かもしれないけど、オクターブで素早く隣の鍵盤に移動する時に、(5-1→4-1とか、4-1→5-1とか)ちゃんとその通りに引いてない部分があったんですね。
弱い4の指を使う事を極力避けていたんですけど、5-1→5-1で移動ってよく考えたらどうしてもフレーズが切れちゃうししかも速度が遅くなるという悪いことづくめ(>_<)
そんな事を最近(!!)気づきまして…(;´Д`)
・・・いやー、半年も練習していて今頃気付くって(◎_◎;)
いろいろ思う事はありますけど、今更ながら5-1→4-1の指かえの練習をしています。
それでも急には変えられないので
まぁ・・・

千里の道も一歩から

って言いますし(^^;(いやいや今頃何言ってるという感じですが…)

あと2か月ほどですがなんとかな・・・・ると思いたいです。

来週は教室の仲間と久しぶりの練習会をします。
それまでに少しでもまともに弾けるようになりたい…
いや、1週間でどうこうできないのはわかっているけど、気持ちだけですね(^^;

いまだに全くまともに弾けないメンデルスゾーンの「3つの練習曲1番」ピアノの練習する時は最初に1回は弾くようにしています。
好きなんだけどどうもこの曲は全然弾けるようになりません(^^;
もうそろそろ打ち切り~とも思うんだけど、ここまでやったんだからまともに弾けるようになりたい気持ちもあって。
だらだらと続けていますがそろそろ区切りを付けなければ。

ラフマニノフ「エレジー」
中間部の速さが変わるところからの重音をppで弾くのが難しいのとその後のクロスリズムの部分がわけわからなくなる(^^;
♭6個の為「ドがシに変わる」という事を中々呑み込めずにいつまで経っても混乱する。

自主練~ショパン「大洋」
ちょっと久々に弾いてみたんですが、思ったよりも楽しい♪
また折を見て復活させたいな~と思いました。




関連記事

DVD鑑賞

家族が夏休みの為DVDを見る機会が多くなりました。
割と最近のものからかなり昔の作品まで洋邦問わず観ました。

邦画「いぬやしき」「桐島、部活やめるってよ」「空飛ぶタイヤ」「万引き家族」「コーヒーがさめないうちに」「スマホを落としただけなのに」
洋画「天使にラブソングを」「グレイテストショーマン」「レナードの朝」

それぞれ面白いな~と思ったりなるほど・・・と思ったりしましたが、特に印象深かったのが「桐島・・・」そして「レナードの朝」。

「桐島・・」は題名である「桐島君」がほぼ?出てこない。(原作は未読です)
最初の方は「え?で、桐島君って誰の事?」とずっと考えながら見ることになりました。
そして中盤あたりから「あ~、これって桐島君は最後まで出ない作りなんだ?・・」とうっすらわかってくる。
同じ日の出来事をそれぞれの登場人物の視点から見させるというちょっと斬新な?作りであることもわかってきます。
最後まで「桐島君は?」という期待を持って見ていられます。でも実は主役は桐島君では無くて。
細かく見ていくといろいろ?な所もあったんですが、(起承転結あってわかりやすいというストーリーでは無いため後から考えると腑に落ちたり落ちなかったり)
私は結局この映画の言いたい事は「不器用でも一生懸命になれる事を持っている人と、持っていない人」
という事なのかなと思いました。
充実した時間を過ごせているのかいないのか?
見る人によって顕著に感じ方が変わる映画かも。

「レナードの朝」
ストーリーは実話をもとにした映画です。細かくは書きませんがロバートデニーロ演ずる嗜眠性脳炎の患者レナードをロビンウィリアムズ演ずる医師セイヤーが新薬を使って治療を試み、それは劇的な効果があり、患者は30年ぶりに普通に動けるようになるが…という内容。
ロバートデニーロの演技がすごいと感じたのと、彼を必死に治療し、見守り、友情をはぐくむロビンウィリアムズの温かい眼差しにグッときます。
レナードと入院患者の娘ポーラとのダンスのシーンが泣けました。
レナードの言葉によってセイヤー医師の心境にも変化があって、このお話自体は決してハッピーな話ではないと思うんですが、でもただただ悲しい話では無く、ほんの少しの救いもあって、とにかくいろいろ考えさせられた映画でした。
話題になった当時は観なかったんだけど、今になってみて良かった。
今だからこそ、この話の深い意味が感じられたかなと思う。
もしまだ見ていない方がいらっしゃったらお勧めの映画です。


関連記事

理想と現実の

随分前からハマっている停滞期、どう乗り切ろうか・・・

というか乗り切るというよりとにかく練習するしかない!と、思えば思うほど練習が苦しくなってくるという(^^;

あまりにも弾けなさ過ぎて情けなくなってくるんですよね(^^;

別に完璧を目指しているわけじゃないし、コンクールで賞を取りたいわけでもない、大勢の人達が聞きに来るわけでもない、教室の発表会で弾くだけなのに…。

憧れを目指して弾けば良いだけ。拍手喝采が欲しいというわけでもない。

でも自分が納得できる位の演奏はしたい・・・気持ちがあるんですよね(^^;

その「納得できる」っていうのは、もちろん理想に近づけたいけどそれは技術的に無理があるので自分の今持てる技術の中で理想に少しでも近づけたい…というわけですね。

が、とにかく難しい…譜面は決してややこしいわけでもなくむしろショパンにしては簡潔っていうのかな?
臨時記号満載というわけでもなく小さい音符がずら~~~っと並んでるわけでもなく。
でも、やっぱりソナタだ。

基礎基礎基礎・・・

基礎が。

物を言う(>_<)

いや、結局ソナタじゃなくてもどの曲だって基礎が大事なのは大事だけれども、多分。

う~~~~ん、袋小路に入り込んでて出口が見つからない気分。

多分・・・ゆっくり弾けば弾けるでしょうけど、それではこの曲の持ち味が生かされない。

かと言って自分の理想とする速度で弾けば破綻してしまう。

理想と現実のすり合わせの着地点を探りながら弾けてない部分の練習をする・・・

そのうち漢字の練習しているみたいになってきて、何弾いてるのかわからなくなってきてゲシュタルト崩壊?しそうになる。

私、この曲舞台で弾けるのかしら(;´Д`A ```

段々すごく自信が無くなっていく(;´Д`

何か1つでも上達感が欲しい。

そんな行き止まりのどん詰まりの状況に、思わず小さな子供みたいに癇癪を起しそうになる(;^ω^)

はぁ・・・癇癪起こせたら楽になるのかな??

ううん、きっとならない事はわかってる。

昨日より何か、1年前より何か、少しでもいいから何かが良くなっていきたい。

理想と現実の落としどころ・・・?妥協する・・・?

何に妥協するの・・・?

私は「破綻無く綺麗に弾きたい」のか「憧れを追い求めたい」のか?




関連記事

♭6個苦手なのに今やってるのは♭6個だと気付く

「エレジー」を練習していて気付きました。♭6個だという事に…!!

昔のピアノ教育の弊害なのか、再開してからも調号の多い楽譜はニガテ感が拭えません(^^;

でも、慣れというのは絶対にあると思ってるので、調号の多い楽譜に慣れるしかないとも思っています。

ハノンの音階をやればいいと頭でわかっていても、結局は何度もやる必要があるし、ならば興味の無いものをイヤイヤ続けるよりは弾きたい曲の中で覚えていく方が効率的なんじゃないかな~と考えているんですが、まあ中々慣れないものですね(^^;

子供のうちに基本の基本を教わっていたら覚えも良かっただろうな~、なんて遠い目をしていても始まりません!

やるしかない、練習するしかない。

子供だったら1日で覚えられるものでも大人は1か月かかるかもしれないけど、慣れるしかないわけです。

周りの誰かと比べたりしても意味が無いわけだから、自分の1が月前、1年前、5年前と比べよう。

歳と共に指の動きが悪くなったりするのは仕方がないけれど、でも歳と共に何もかもが悪くなるわけじゃない。

表現が少し上手くできるようになったり、曲への感じ方が以前と変わったり。知らなかった曲を知ったり。

悪い事ばかりじゃないさ。

そんな風に今だからできる演奏というのもきっとあるはず。

調号の多い少ないって大した問題じゃないのかもしれない。弾きたい曲かどうかが全てかも!






楽譜作りは難航。練習も難航…(^^;

本番用楽譜パターン1(A4横4枚バージョン)を作り、何度か練習してみたのですが、結局そのまま本番で使うのはかなり難しいかなという所で止まったまま、先生にレッスンしてもらう事に。
その楽譜を更に縮小してみて表紙になる紙を買ってきた…という所までが現在の進捗状況です(^^;

A44枚バージョンをレッスンで使ってみたのですが、どうしても上手く捲れない(練習でさえできてないのに当たり前)
しかも、見る位置が変わったことにより、演奏自体が混乱してしまって。
不思議な事に「目線が楽譜のこの位置の時手はこの位置」というように目線と手の動きをセットで記憶しているみたいなんですよね。
(どうせ記憶してるなら暗譜が出来れば良いのに~~~音符は覚えられない~~)
だから目線が変わると手の動きが変な感じになるんです(^^;(^^;ちぐはぐ感半端ない。
これは新しい楽譜で練習を更に続ければ改善していくんでしょうけど…。

というわけでレッスンで使ったんですけど、全然ダメで。
むしろ今まで使っていた楽譜原本?をそのまま使った方が良いのでは?と言われてしまいました。
その後、先生がこの楽譜を使って捲り方を変えてみるとかいろいろ案を出していただきました。
ただ、まだ縮小版完成して無いのでそれを作ってみるのもアリと。

とにかくあらゆる可能性を考えて本番用楽譜で練習していきましょうということになりました。
縮小版を試してダメだったら元の楽譜を使うという事になりそう。
例えばコンクールなどならまず暗譜が前提でしょうし、勝手なrit.などは出来ないでしょうけど、私が出るのは発表会ですし「自分が納得できる演奏」に近づければ良いと私自身は思っています。(もっとぶっちゃけて言えば完走が出来ればいいんじゃないかと)
もちろん、いい加減な演奏という事では無いですよ。
自分なりに頑張って納得できる演奏にしたい思いはありますからね!(#^.^#)





関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。

♪ただいま練習中♪

ショパン ソナタ3番1楽章
ラフマニノフ エレジー・ヴォカリーズ
ショパン ノクターン5番

♪終了した曲♪

ショパン ソナタ3番4楽章・ワルツ3番
メンデルスゾーン デュエット
リスト コンソレーション3番
ドヴォルザーク ユーモレスク

♪寝かせ中

ショパン  プレリュードop.45・スケルツォ1番
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ
メンデルスゾーン 3つのエチュード1番

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる