FC2ブログ
   
11
1
4
5
6
8
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
28
29
30
   

2割3割弾けると大体弾けた気になってしまう(^^;

タイトル通り、2割3割あたりで大体弾けた気になってしまうんですよ(^^;

ざっくりと間違いながらでも弾けたら「あ~弾けた~」って気持ちになってしまう…。

なので完成度の低い演奏になるんですよね~~~(;´Д`A ```

ハッキリ言って「この曲はこんな感じ~~?」っていう程度で「弾けたじゃん!!」と脳内変換されてしまう…のはどうしたらいいのでしょう??

それもピアノを再開してからようやく気が付いたわけで、ン10年前にはそれすら気付かなかったのですから、ある意味進歩したと言えるかもしれません。

気付いた、でも、じゃあさてこれからどうして行こう?

となるとそれはまた別の問題です。

自分の問題に気が付いた。でもどうやって克服すればいい?

レッスンには通っている、だから誰が聴いてもおかしいでしょ?って所は(技術的に追いつけない部分はさて置き)指摘していただける。

指摘されればそれなりには直そうとか気を付けようという気持ちになる。

2割3割じゃなくってそこを4割5割にして行こうと思える…。

でも自分の気質的なモノはレッスンに行ったからと言ってそうそう変えられないわけで…。

例えば8割9割弾けていても、残りの1割2割を埋めるというか増やして行こうと頑張れる、そしてその緻密な作業的な事が楽しめる人。

そう言う人に私はなりたい…

だから自分の「ああ勘違い!!!(>_<)」みたいな性格を直せれば良いんでしょうけど、これまた難しい。

なので今の自分は

「自分では弾けてたと思っていたけど実際他人から見れば全く弾けておらず、それに気づいて直したいけど直す根性も無い」

っていう中途半端な人間になってますね(-_-;)

もうこれ、ピアノのレッスン頑張ろう!とかいう話じゃ無くて、性格直しましょう!というレベルの話になっちゃった(^^;(^^;

ま、でもとりあえずはピアノの練習しなくっちゃね!!

さあ~気持ちを入れ替えて?頑張ろう♪



関連記事
スポンサーサイト



子供の事

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
関連記事

脳トレ曲進まず・・・

脳トレ曲2曲、ショパンソナタの後半とラフマニノフのヴォカリーズ。

今主に練習しているのがヴォカリーズとバラード2番。
ヴォカリーズとソナタの後にバラードを弾くと譜読みのしやすさにホッとするんですよね(^^;
臨時記号少ないし・・・技術的に弾けるという事とは別問題だけど(^^;
とにかく楽譜を見るのにストレスが少ない事は確かです(#^.^#)
ソナタは脳トレ+技術的にも難しく、早くも挫けそう(;´Д`)アップアップ状態。とても練習時間が足りない。
前回のレッスンから1週間じゃほぼ何も進歩しておらず。
家では1音ずつ拾っているような有様で、譜読みしてきました~(^^)/とかも言えないような・・・

というわけで、練習も自然とバラードとヴォカリーズメインになっています(-"-;A ...アセアセ

ヴォカリーズの方はたどたどしくですが、つっかえつっかえようやく・・・という感じ。
左右の役割分担的なものがまだ完全に覚えられてません。
臨時記号が結構あるので楽譜に書きこんだりしてますが、それでも一瞬「ん??」と考えてしまう。
音が覚えられなかったら鍵盤に対する手の形で覚えようかと。
多声なのである意味バッハっぽいとも思えるのでもう少し弾き込めばスイッチ入るみたいに楽しくなってくるのかな??
メロディーは綺麗なので脳トレ期を過ぎてスムーズに弾けるようになって来ればいいんだけど。

バラード2番の方はヴォカリーズやソナタに比べるとすごくストレスなく弾ける感じが嬉しい(#^.^#)
もちろん、突き詰めればまともに弾く事はとても難しいんだろうけれど、脳トレ的な意味ではストレスが無い♪
静かな部分のメロディも綺麗。でも意外とここの表現が難しいような気がします。ppとか、苦手だし。
ショパンの曲って静かな部分から急激に大音響で激しく弾く所が出てきたりしますが、(そういう曲が結構好きですが)練習する時に困るんですよね。
騒音系・・・好きなんだけど、やっぱりご近所迷惑になるわけで、デジピで練習するしかない・・・
デジピはヘッドホンすると耳に悪いし、かといってヘッドホン無しだと音がすこぶる悪いし、ついついタッチは乱雑になるしペダルの感覚も全然違うし、長時間練習すると手に違和感。
最近の悩みはこれも大きいんですよね。

というわけで脳トレ曲はあまり進展無し。
特にソナタは・・・どうしようかなと。
バラードやってヴォカリーズやってソナタ・・・なんてさすがにそんな時間も無ければ実力も無く・・・なので、ソナタはまた一旦寝かせるかも?です。



関連記事

レッスン~とにかくいろいろ弾いてみよう!

先日のレッスン。

ヴォカリーズとソナタを見てもらいましたが、とにかくゆっくりたどたどしくどころか、一音一音確認しながら(なのに間違いながら)しか弾けないという(^^;
脳トレ曲2曲は結構キツイ・・・(^^;(^^;

まあ気長にやって行こうと思っていますが・・・

練習量が足りないのもあるとは思いますが、やっぱり難しいというのがあるんだと思います。

なので来年の発表会がいつになるのか?を先生に聞いたところ、恐らく10月になるとの事。

という事は後約1年か・・・。

私が発表会について聞いたため、来年の発表会に何を弾きたいのか決めて行きましょうという話になりました。

高い目標を立てて頑張るのは嫌いじゃないんですけど、今年の発表会は親の事や子供の事などこなしながら練習して行くのが大変だったこともあり、ようやく終わった~って気持ちの方が強かったし、来年・・・はまだ全然考えていない状態(^^;

でもそろそろ?!考えて行かなきゃな~って話でした。

ザックリ言うと、本命曲は出来れば前倒しで弾けてる状態に持って行き、その間に違う曲も弾きつつ、発表会曲を決めて行こう!

みたいな感じでやって行きましょうという事になりました。

ソナタとヴォカリーズは弾いてみる、でも来年どうなるかはわからないので他にもいろいろ弾いて行きましょう・・・

という事で、ショパンのバラード2番とスケルツォ2番も弾いてみる事になりました。

スケルツォ2番は遊び弾き?で途中の複雑では無い部分はなんとなく弾いてみた事がある程度。

途中から転調して臨時記号がたくさん出てきますよね。そこらへんはほぼ弾いた事が無いんです。

バラード2番もほぼ弾いた事が無い・・・(^^;

とりあえず、次回のレッスンまでに少しでもゆっくりでも弾けるようにしておきたい。

でもどの曲もいつかは弾いてみたいな~と思っていた曲なので、今のこのあれこれ欲張りな状態は楽しい♪♪

とにかくいろいろ弾いてみよう!(#^.^#)(#^.^#)な週間になりそうです(^^♪







関連記事

レッスン~頭の体操ヴォカリーズとソナタ(^^;

先日のレッスン。

ヴォカリーズも練習しています。

この曲バッハっぽい多声音楽の曲なんですよね。

ちょっとメンデルスゾーンを彷彿させる(両手で伴奏弾いたりメロディー弾いたりする)ので大混乱です( ;∀;)

メンデルスゾーンのエチュードを途中でギブアップした身としてはこの曲は思った以上に難敵と感じています。

楽譜をパッと見た感じはそんなに難しく無さそうに見えていたんですが、聴くと弾くとじゃ大違い(^^;

しかも苦手とする臨時記号が結構あり・・・脳トレ状態…(>_<)

これ、結構マズイパターンです。

が、救いはゆっくりでそんなに長くない曲ってこと。

ページにして3ページなので頑張れば弾けそうな気もします・・・

日々の練習は左右別々の練習を必ずしてから両手で合わせてみようと思っています。

ショパン ソナタ3番1楽章

後半中心にゆっくり弾く。
もちろん家で練習してからレッスンに臨んだ訳だけど…

ヴォカリーズを弾いた後で、脳トレから解放された~(*^^*)
と、思ったけど、実際レッスンで弾いたらこの曲も軽く脳トレな事に気づきました(^^;

前半と違って後半は臨時記号が多く、譜面も前半よりごちゃごちゃしています。

ぐうぅ~(>_<)
こっちも弾きにくい~(>_<)
ゆっくり弾いても音間違っちゃったり(^^;

練習したつもりでしたが、私にとっては脳トレ2曲という組み合わせのため、レッスンでは全然まともには弾けませんでした(;´д`)

『それにしてもヴォカリーズもソナタも本当に綺麗な曲ね~』(*^^*)
 
と、先生。ソナタのメロディアスな部分は
『あー、ここはショパン!!って感じよね』

と、言っておられましたが、(ちゃんと弾けたらね!)という心の声が聞こえてきます~~~(^-^;

とにかくこんな美しい2曲を同時に練習できるなんて、もしかして(もしかしなくても)ジワジワ幸せを感じる瞬間です(^-^)v

まぁ、最終的にちゃんと弾けるかはともかく、大好きな曲をこうしてレッスンして貰える、やっぱこれって嬉しいことですね!

これが煮詰まってくるとまた、気持ちが変わって来るんだろうけど、今は練習し始めのワクワクな気持ちに浸っています(*^^*)


関連記事

楽譜の書き込みについて

そういえば今回の発表会直前、今まで以上に弾けてなくて焦ったわけですが、
苦肉の策?として直前に自分なりに今までと違うことをしました。

まず、一部の運指を直前に変えました。恐らく去年までだったらそんな事はしなかったと思います。
本当に、10日ほど前に変えました。
結果、本番ではその部分はまともに弾けませんでした。(とは言え全体的に弾けなかったのでそれほど目立ちませんでした…って良いのか悪いのか(^^;)
本番前日に楽譜にいろいろ書き込みしました。
いつもは楽譜に書き込みをほとんどしませんが、なり振り構っていられませんでした(笑)
気持ちを入れ換えたりする場所にブレス記号とか、表示されてないリタルダンドとか書き込みました。
絶対間違いたくない所に音名をカタカナで書き込みました。
頭の中真っ白になっても音名を書いておけばなんとかなるかもしれないと思ったからです。
書き込むことでここでこうする、という確認はできたのかなと思います。

とは言え結局書き込みが役に立ったのかは・・・?(^-^;

やっぱり本番ではいくら楽譜を見てるつもりでも隅々まで見て弾いてるわけでは無いんですよね。

しかもゆっくりな曲ならともかく速かったので尚更注意をしっかり見て反応する時間は無かったですね。

ただ、これが本番直前じゃなかったら、もう少し意識ができたかもしれないなと。

書き込むなら注意を受けた時点や、自分で思い付いた時点で書き込んだ方が定着もしやすいかなと思いました。

今まで楽譜には極力書き込まない主義?だったのですが、書き込んで速くきちんと弾けるようになるのであれば、その方が良いのかなと思います。
これは人それぞれでしょうね。

ま、今までが書き込まなかったので、急に書き込もうと思っても中々実行できないかもしれないけど…
関連記事

譜読みってどういうこと?

度々疑問に思う言葉、それは「譜読み」です。

「譜読み」が速い、遅い、とか良く聞くんだけど、実際の所、どこまでやるのが「譜読み」なのかな?

ちなみ私の先生は「譜読みしてきてくださいね~」とは言いませんね。聞いた事が無いかもしれません。
なので具体的に先生に「譜読みって何ですか?どういう事が譜読みなんですか?」ときいたこともありません。
子供の頃に習った先生からも「譜読み」って言葉を聞いた記憶が無いですね。
なので再開してからネットで知った言葉だと思います。

私はなんとなく・・・

「譜読みってなんとなくつっかえたり間違えたりしながらも両手で最後まで弾ける(速度や表現の細かい完成度は抜きにして)」

って状態かな?っというような受け止め方をしていました。
というのはそういう状態で録音などをupすると「譜読みが速いですね」と言われる事があったからです。
決してちゃんと弾けてるわけでは無く、ダラダラと通しで音を拾っている状態でです。

でもネットでよくよく調べてみると「譜読み」というのはきちんとした定義があるわけでは無く、使う人によって状態が異なるようだというのがわかりました。

一口に「譜読みした」と言っても

・片手ずつ通して弾ける
・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む
・ある程度の流れで曲を一通り弾ける
・速度・表現など細かい部分も含めてきちんと弾ける

等、いろいろなパターンが考えられるのかな?と思います。

私自身は
・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む

所から中々進歩が見られないのが悩みの種なんですが、「譜読み」の定義がはっきりしていない以上、それを「譜読みが速い」と言ってしまって良いのか?は抵抗がある所です(^^;

「譜読みが速い」「遅い」って一体どういう事なんでしょうね?

・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む

のを「譜読みした」とするならば、速いか遅いか普通かはわかりませんけど、その段階は私は「好き」です(#^.^#)

でも、実際人前で演奏したりする時は、「・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む」
では今までの経験上ちゃんとした演奏には程遠い状態なのは確かです(^^;

・ある程度の流れで曲を一通り弾ける

状態で初めて練習会などで多少聞かせられる演奏になるのかな?

私の場合は申し訳ないな~と思いながらも譜読み初期段階でも練習会で弾いちゃったりして、その場で部分練習とかさせてもらったりという勿体無いことをしてしまいますが(^^;(聞いてる人にも申し訳ないんですが)

というわけで、人それぞれに『譜読みした』という言葉の意味が違うというの、結局なんだかよくわかりませんね(^^;(^^;

で、一体『譜読み』って何なの?
譜読みが速い、譜読みが遅い、って具体的にどういう事?
という疑問は全く解決されず…(^-^;

皆さんはこの言葉をどう捉えているのでしょうか?

関連記事

楽譜は見かけが大事?

ショパンのソナタ3番1楽章をゆ~っくり弾いてみています。

人それぞれでしょうけど私は譜読み期?が一番ドキドキワクワク(((o(*゚▽゚*)o)))するのは相変わらずです(^^;
特にこの曲は昨年途中までやってその後寝かせ中~o(≧ω≦)oという状態で4楽章に入ってしまったので(4楽章をやっている時も実は未練がたっぷりあって(^^;)4楽章に行き詰ると「あ~1楽章の後半もやってみたいな、でもなんだか後半難しいし今やってる場合じゃ無いし・・・」
なんてずっと頭の中にあった曲。
4楽章の練習中、実はいろんな曲がふっと頭に流れていたんです。
1楽章もそうなんだけど、なぜかスケルツォの2番が良く流れていました。なんでだろう~~(@_@)??

練習会で誰かが弾いていたわけでもなく、YouTubeとかで聞いたわけでもなく、何故か頭にふと浮かぶメロディーがスケルツォの2番。そうだ、ブロともさんが自主練していたかも??
なんでこんなに頭に浮かぶのかな~?ちょっと弾いてみるか?と思ってさわりだけ弾いてみたりして・・・そして完全に脱線コース(笑)
でも1楽章は後半を弾いてみようとしたけど、結局全然弾きませんでした。

昨年ソナタの前半を練習していた時は最初、全○の楽譜でやっていたんですけど、結局その後パデレフスキ版を購入しました。(エキエルは高くて・・・(^^;)
以前も記事にしたんですけど、全○の楽譜は安価だし必ず売ってるし手に入れやすいんだけど、時々音が違ったりスラーや表記が違ったりするんですよね。
それにこれは良い面悪い面どっちとも取れるんですが、小節が狭いのでページ数が少ない。
そのかわり装飾音や小さい音符が見え辛い。
ローガン(X-Menか?!)が進んでるお年頃にはキツイんですよ(^^;
でもページ数が少ないっていうのは本番に楽譜を見る私にとっては譜めくりが少なくて済むので有り難くもあります。
なので一長一短ではありますが、譜読みの段階ではやはり「見やすい=弾きやすい理解しやすい」なんですよね。

なのでソナタは後半部分からパデレフスキ版で譜読みを再開しました。
全○で後半を見るとごちゃごちゃしていて臨時記号も何の音についてるかパッと見わからなかったりして譜読みが難しそうで諦めかけていたのですが、パデレフスキ版では小節にゆとりを持たせていて音符と音符の間も空白が多いため、読みやすい(^^♪
ず~っとヤル気にならなかった後半の譜読みが、一気に捗ります!!!
(とあるブロ友さんの話によると、エキエル版は更に見やすいそうです)

ショパンと言えば今は標準的にはエキエル版なのでしょうが、私はそこまで気にしていないので(高いし(^^;)パデレフスキで良いかなと思っています。

とにかく、やっぱり楽譜は見た目が大事なような。
あっもちろん、表紙がカッコいい!とかでは無く、中身の見た目ですね、見やすいか否か。
見た目がわかりやすいとすごくヤル気が出てきます。

・・・まっ、それも大好きな譜読み期間だけかもしれませんが…(^^;

関連記事

レッスン~なんとなく新曲決めた(#^.^#)

発表会終わってすぐのレッスンに行ってきました。

発表会後は2~3日放心状態だったので「次何弾こうかな~~」なんて思っていましたが中々ピアノに触る余裕も無く、レッスン前日に慌てて←いつものギリギリ癖が発動
いろんな楽譜を広げて見るも・・・

う~~ん

まずは中途半端になっているショパンのソナタ3番1楽章、これは昨年前半部分だけやってレッスンから外してしまってるので今度は最後まで見てもらいたいな~。というわけでまずはソナタ3番1楽章をやろうと思います!
後半部分はほとんど弾いてないのでゆっくり片手練習からやってみています。
この曲はゆっくり弾いても片手だけでも超絶美しいフレーズが満載(*゚Q゚*)
レッスンでは前半ゆっくり、後半はゆっくり&片手で弾いてみました。

2曲目はいろいろ迷ったのですが・・・
前々から弾いてみたかったし楽譜も買っていたラフマニノフのヴォカリーズ。
アールワイルドやコチシュ版では無く全音の編曲のものです。
こちらもメロディーが綺麗なのでぜひ丁寧に取り組みたいな。
確かこの曲以前1回だけレッスンに楽譜を持って行ったのですが、それだけで終わってレッスンにはならなかったんですよね。
自分で1~2回は弾いてみたような気がします・・・もちろんたどたどしくですが。
レッスンでは初見で先生に弾いていただきました。
さすがは先生、初見なのにすごく情感たっぷりでいい雰囲気~

きゃー、やっぱり素敵♪

なんて惚れ惚れしながら聴きまして、そしたら念の為持って行った
ノクターン5番とエレジーを弾いてみて下さい(#^.^#)
と、言われ2曲を弾いてみました。
「エレジーはだいぶ流れも良くなって来ていますね、自然な感じで感情を込めて弾いてますね」
と嬉しいお言葉。
「ノクターンの方は、エレジーより後からやっていますよね。エレジーの方が自然に弾けている気がしますね」

との事で、ノクターンはまだまだもう少し弾きこまないとかな・・・

短調が好きっていうのが演奏に出るのかな(^^;
私の音は短調の方が合ってるようなのです。

感情が込めやすいというのはやっぱり短調。

穏やか幸せ長調系も最近は良いなぁ~と思えるようにはなってきたんですけど、でも弾くとどうも良い感じに弾けない(^^;

というわけで早速新たな気持ちで練習を始める事になりました(#^.^#)





関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。

♪ただいま練習中♪

ショパン ソナタ3番1楽章
ラフマニノフ エレジー・ヴォカリーズ
ショパン ノクターン5番

♪終了した曲♪

ショパン ソナタ3番4楽章・ワルツ3番
メンデルスゾーン デュエット
リスト コンソレーション3番
ドヴォルザーク ユーモレスク

♪寝かせ中

ショパン  プレリュードop.45・スケルツォ1番
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ
メンデルスゾーン 3つのエチュード1番

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる