10
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今年最初の練習会(あるピアノとの出会い)

ある晴れた日のことだった。
Nは、子供たちの昼食の用意もそこそこに、外出前の身支度を整えている。
身支度・・・といっても彼女の場合、髪をざっと梳かし、パッとファンデーションを塗るだけだ。
しかも髪の毛はいつも寝癖がついている。
その寝癖をごまかすようにサイドをピンで留めるのがいつもの彼女のスタイルだ。
今日は彼女にとって少しばかり特別な日であった。

先月、ピアノを習っている友人Dから
「ちゃんとしたホールでスタインウェイというピアノで1時間弾けるのよ。申し込むから一緒に行ってみましょうか?」
という話があったのだ。
(スタインウェイ・・・名前はよく聞くけどそんなに良いピアノなのかな・・・)
どうやらとても音が良いらしいという話は聞いたことがある。
しかし、果たして自分ごときの素人に音の違いなどわかるのだろうか?…Nはそう思っていた。

待ち合わせの喫茶店で軽く昼食を取りながら、DとNはピアノについて語り合った。
「最近練習してる?」「ううん、なんだか練習の時間も中々取れないし・・・」
「そうか~、忙しいよね。発表会の曲ってもう決めてる?」「いえ、まだまだよ。そちらは?」
「ううん、全然。」・・・とりとめの無い話だが、ピアノについていろいろ語り合える、それだけでNは嬉しいのだ。

二人は更にバスに20分ほど揺られ、会場へ到着した。
係員に案内され、ホールに入る。
そこは想像していたより大きなホールだった。
十分なスペースの舞台の中央には1台のピアノがライトを浴びていた。
係員が二人をピアノのすぐ側まで誘導してくれる。
それは見た感じどうやら最近のものではなさそうな古めかしいものであった。
Nは思わず
「なんだかつや消しみたいな感じですね」と、言ってしまった。
ピアノといえば黒光りしているものだと思っていたが、そのピアノのボディはまるで艶をわざと消しているように見えたのだ。
「ああ、そうですねぇ、古いものですからね。ここに来て20年くらいになりますか。」
係員が笑いながら答えた。
(ごめんなさい、そういう意味じゃなくて・・・)と、Nは心の中で弁解した。

「では、お時間の5分くらい前にまた来ますので。ごゆっくり。」
係員がそう言って立ち去ると誰も居ない大ホールにDとN二人きりになった。
DはNに先にどうぞ、と声をかけてくれ、舞台の袖の方にある椅子に腰掛けた。

Nは最初、物珍しさもあり写真を撮ったりしていたが、
実物のスタインウェイを目の前にした時、不思議な事にピアノが人のように思えた。
(これから弾かせていただきます・・・)
なぜだろう、以前発表会に出た時はピアノに対してそういう気持ちを持てなかったのに。
この時は、何も考えずに自然とそんな気持ちになったのだ。
きっと練習だからそれ程緊張していなかったからだろう。
でもまるで、初めて会う人のような感情になっていた。
(私は今日初めてあなたに会いました。やはり少し緊張してきました・・・)
場所が場所だからだろうか。

(あなたがあの、噂の・・・・音を聞かせてください)
そう思いながら、そして少し緊張しながらNは黒い革張りのどっしりした椅子に腰掛けた。
そしてショパンのノクターンを弾き始めた。
最初の音を出した時、彼女の気持ちは高ぶった。

深い・・・そしてまろやかな・・・・限りなく優しい音が。

それは今までの彼女の弾いたピアノとは、全く違う響きを持った、なんとも形容しがたい素晴らしい音だった。

Nのピアノはお世辞にも上手ではなかった。
非常に多くのミスタッチや、ふいに演奏が止まってしまう事さえあった。
弾きながら彼女は思ったのだ。
(スタインウェイさん、ごめんね。こんな演奏しかできなくて。
あなたは弾く人が素晴らしければもっともっと、素晴らしい音色を出せるのに・・・。)

Nは後悔していた。上手でないのは構わないのだ。
それよりも、『練習していない状態でこの場に臨んだ』ことだ。
さながら好きな人に逢いに行くのに、すっぴんジャージとサンダルで行ったようなものだ。
相手に申し訳なかった。

弾きながらNはまだ対話していた。

「きっと、この次来る時はたくさん練習して、あなたが今よりいい音を響かせられるようにするね」
「そうだね、私はその時を待っていますよ・・・」


※このお話はフィクション・・・です??



と、いうお話の後でこの音源って・・・(´∀`;A
なんか超恥ずかしいんですけど・・・。
あ、でもお話の中でも『Nは上手ではない』って書いてあるし、当たり前だけどミスタッチとかつっかえたりとかしてます。
演奏ではなく、このピアノの音の響きっていうか音色を感じ取っていただければ・・・
と、思って載せました。

ひさ~しぶりに弾いた
ノクターンop.9-1です。


スポンサーサイト

No title

ひさ~しぶりとは思えない演奏ですね!
さすが、発表会で弾かれた曲は完成度が高いだけあって、
忘れないんですね^^
私はもうたぶん弾けないと思います(笑)
そしてピアノのよさ、音響のよさ、とってもよくわかります!
いいな、いいな、いいな~~~(しつこい?!・・・笑)
次回れんしゅうかいのときに、ぜひお話きかせてくださませ~

ふくうめさんへ

ふくうめさん、いつもコメントありがとうございます♪

4ヶ月ぶりに引っ張り出してきて弾いちゃいました
何百回弾いたかな~、この曲・・・(´∀`;A
なのに一向に暗譜できませんね。
自分の壊滅的な記憶力の無さに驚くやら呆れるやら。
もちろん楽譜見て弾いてますが、たくさん間違ってるし・・・
と、言い訳はさておき、音の良さがなんとなくでも伝わってくれていれば
嬉しいです(^^)

練習会の時にホールにあったチラシ持って行きますね~(^^)♪

No title

演奏前後の音に臨場感を感じます~。 (なんか本当にピアノにブツブツ言ってましたか?笑

しっかし素敵な演奏ですね~ さすがです~。
音がどこまでもす~っと伸びていて、聴いていてとても心地よかった。
これがスタインウェイでございますか~ 素敵~☆

ミスがあるとのことですが、楽譜を見たことのない私にはどこが間違っているのかよくわからなかったので、セーフですっ笑 またいろんな曲をきかせてくださいね。ありがとうございました!

ゆにくあさんへ

ゆにくあさん、こちらの記事にもコメントありがとうございます(^^)

あれ、なんかしゃべってましたっけ?
あ、Dさんに話しかけていたかも・・・
いや、実はスタインウェイさんに話しかけていました♪♪
多分たくさんの方がこのピアノに思いを寄せながら弾いていると思うんですよ。
なのでただの無機質なピアノという物体ではなく、本当に意思を持っているように感じました。(ある意味オカルト??)
なので、「きっと、また会おうね!」っていう感じでした(^^)

褒めていただいて嬉しいですけど、なんだか恥ずかしいです(´∀`;A
この曲実は持ち時間の1時間の中では弾く予定なかったんです。
Dさんが、気を利かせてくださって・・・
私に譲ってくれた時間で弾かせていただいたんです。

ゆにくあさんもこれからも演奏たくさん聞かせてくださいね♪
楽しみにしています(^^)

スタインウェイ

ね~み♪ さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

いろいろなブログを見ているとグランドピアノのある貸しスタジオって、皆さんよく使っていらっしゃいますよね。

私の住んでいるところではそういうのは全くなくて(海外在住なのです)、とてもうらやましかったのです。ピアノの先生のご自宅の古いヤマハグランドでもとても音がよくて上手に聞こえるので、スタインウェイだったらどんなに良い気持ちになれるんだろーか。。。。と

と思っていたところに、帰国予定ができましたので、早速実家近くのスタジオにメールで問い合わせてみました。スタインウェイのコンサートグランド1時間2000円。もう今からとーっても楽しみです。こんな私でも上手に聞こえると思うけれど、その日に向けて、もっと精進します!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あやこさんへ

あやこさん、いつもコメントありがとうございます(^^)

あやこさんは海外でいらっしゃいましたか。
お近くにはピアノのスタジオなどは無いんですね。

音の違いって大きいですよねー。
私の下手な演奏でさえ3割り増し??位に聞こえたので
上手な方が弾けば相当素晴らしく聞こえますよね(^^)

音だけでなく、打鍵のしやすさもありました。
いつも借りているグランドではトリルが全然できないんですけど
このピアノではちゃんとトリルができたり。

初スタインウェイ体験、あやこさんにとって素晴らしい体験になりますように(^^)

鍵コメさんへ

鍵コメさん、お久しぶりです!
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします(^^)
どうなさったのかな?と思いながら、きっとお忙しいんだろうな~って思っていました。
そんな中、お越しくださってありがとうございます!

スタインウェイ、やっぱり音が全然違いました~~!!
いや、『音が違う』って聞いてはいたんですよ。
でも、実際耳にしないとなかなか実感としてわからないですよね^^;

スキーの例え、分かっていただけて嬉しいです(^^)
私達世代はスキー全盛期でしたよね~~。
毎週のように行ったりしてましたね。

発表会、気になっていました。
確か今頃だよね~って。
頑張って(楽しんで)下さいね♪
応援しています(^^)

再び

先のコメント入れたのは職場だったので録音聞けなかったのですが、
今聞かせていただきました。

すっごく素敵です。このくらい完成されていればスタインウェイさんにあやまることはぜーんぜんないですよ。いいなー。
また他の曲も聞かせてくださいね。

あやこさんへ

再びのコメント、嬉しいです♪♪

聞いて下さってありがとうございます(^^)

この曲以外にも何曲か弾いたんですけど、恥ずかしいくらいのボロボロ状態でした(´∀`;A
これでも一番まともに(私比で)弾けたのがこの曲だったんです・・・ホホホ(^^;)
素敵と仰っていただいて嬉しいです。ありがとう!

私の中では他の曲ももっと練習しておけば良かった・・・って後悔。
いくら練習だからってせっかくのスタインウェイさんで練習できるチャンス、勿体無かったです。
次に会う時はもっと練習してから・・・と言う気持ちです(^^)

No title

録音折りたたまなくてもいいのに~
堂々と公開しちゃってぜんぜん恥ずかしくないではないですか?
私なんて毎週平気で(ときどきあまりにひどくて、平気でもなかったりするけど)騒音の垂れ流ししてますよ。
スタインウェイの音の美しさ十二分に伝わってきましたよ。
近いうちにまたお会いするチャンスがあるといいですね。

それにしてもね~みさん、文章うますぎる!
どっかで文章修行しましたか?
このストーリー、「事実に基づいたフィクション」ということにしておきましょうか。歴史モノなどでよくありますよね(笑)
係員さんとの会話 なにげに面白かったです。
結局つや消しではなかったのですか?

No title

ス、スタインウェイ!!!
すごいすごいっっ!!! いいないいなっっ!!! (←大興奮)
それも広いホールで、1時間も~~♪
演奏を聴かせて頂きましたが、
ピアノのよさが録音でもよくわかりました。
すばらしいピアノを囲んでの練習会、
本当によかったですね(^^)♪

私はタワシさんへ

タワシさん、いつもコメントありがとうございます(*^^*)

ホホホ( *´艸`)
妄想小説の後の録音アップだったので
折り畳んじゃいました…(^_^;)
散々いままで晒してきたから良いんですが、
なんとなく。
タワシさんの演奏とは違いとんでもなくミスが多いですし…
でも音の綺麗さが伝わってくれて嬉しいです♪

妄想系小説?
褒めていただいてありかとうございます(^^)

いつもなにも考えずノリで書いています。
ある意味ピアノと一緒かも(;´∀`)

艶消しの車とかあるからこのピアノさんもそうなの?
とおもったんですが、どうやら違うみたいですね。
多分古いから?だと…。

のんほほさんへ

のんほほさん、いつもコメントありがとうございます(^^)

そうなんです。
本当に滅多に無い贅沢な時間を過ごせました(^^)
(本当に予約していただいたDさんには感謝です・・・)
噂には聞いていたけど(大げさ?!)音が素晴らしかったです~
もちろんホールの音響のよさもあると思います。
それにとっても弾きやすかった!
私のようなものが聞いても素晴らしいって思ったので、分かる方にはもっともっと感じられるんだろうな~
って(^^)
のんほほさんくらい弾ける方なら一層素敵な音が出るに違いないです・・・!!

ピアノのご縁に、感謝感激です(^^)
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・8番フーガ、
パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示