10
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ツェルニーさんを好きになるおまじない。

ツェルニーさんと向き合って、どうしても拒絶反応が出てしまう時

こう考えよう。

私はツェルニーが好きだ・・・・

ハノンのように同じ音型を延々と繰り返す

そういうのだって好きだ。

スケールのようでスケールでないような

半音階のようで半音階じゃないような

アルペジオのようでアルペジオじゃないような

ようやく2ページが終わって、

まさかまさか次のページとかないよね?

と、楽譜をめくる指先が震える。

まさかの4ページ。

私は一瞬目の前が暗くなるような衝撃を受ける。

ようやく右手を酷使するリピートが終わって

次の部分に目をやった時の

さっきの右手のフレーズが、まさかの左手に変わるだけの

そのまさかがリピート記号によって反復を命じられるその絶望感を

気力で乗り越えるのだ。

「先生、時間が無いですし、リピートはしなくていいですよね?」

という私が勝手に決めた暗黙の了解の下に。

これでもかこれでもかと

私の手指と気力の限界を試そうとする

心優しいツェルニー。

彼はどう考えてもSだけど

私はどう考えてもMじゃない。

だから彼の本当の気持はわからない。

でも先生はどSの彼が好きなのよ。

だから私も好きになってやるわ。

正直うんざりする時もあるけれど、

「まったくしつこいよ!!いい加減にしてよ!!」

って言いたくなる時もあるけど

そういうしつこさをあえて好きになってやるわ。





スポンサーサイト

No title

やっぱり私は、ドMなのねと思わされてしまうこの記事に
爆笑。
17番は、すご~く萌え~の曲です(笑)。
だって、保持音付き(笑)。

真由子さんへ

フフフ…
真由子さんはもう、すっかり彼の虜ね。

…って、もう終わったんやないか~い!(羨)

17番萌えですか‼

私には「指を攣らせる為の練習曲」
に思えますが、何かの間違いですかね?



No title

間違いです(笑)。
保持音=バッハフーガあるいはシンフォニア
と思えば楽勝!!。
ふふふ。←意味深w。

No title

私は昔からツェルニーはそんなに嫌いじゃないんですよ。
なにせ、子供の頃はハノンは曲じゃないと思ってましたが、ツェルニーは小さい曲だと思っていたくらいで。笑 実際曲といえば曲ですけど、練習曲とかそういう分類を全然知らなかったんですけどね。

今はもちろん曲だとは思ってないし、弾いててすごく楽しいかと言われるとそうでもないですが(笑)、やはりそんなに嫌いじゃないです。というのは、できないことをできるようにするための「ネタ」だと思うようになったからです。

ツェルニーって終わらせるためにやると思うと辛いと思うんです。
できないことを一つ一つできるようにするためのネタだと思えばいいんじゃないかと。だから、やっただけできるようになるだけで、最後まで終わることが目的じゃないというか。

1つ終わって、ああできるようになったと思っても、次の曲でまたできないことが発覚する・・汗 悔しいけど、そこはまたゼロから練習なんですよね。で、手の使い方が間違っていることが原因ならそこを直す訓練もしなくちゃいけないし。

嫌だなぁと思うのは、毎回こんなこともできないんか、私・・と凹むことですかね。あとは、こんな音楽的にはつまらない曲でも譜読みとしては細かくちゃんと読まなくちゃいけなくて面倒だとか・・ww

くそマジメなコメントですみません。こんな奴なんで許してやってください。なんか、先のこと考えすぎて嫌になってしまってる人が多いなぁと思って、もっと楽な気持ちで向き合えたらいいなぁと。目の前のことに集中すると精神的にも楽ですよ。

真由子さんへ

> 間違いです(笑)。
> 保持音=バッハフーガあるいはシンフォニア
> と思えば楽勝!!。
> ふふふ。←意味深w。

なるほどなるほど、
私は今大好きなバッハを弾いてる…
そう思えば楽勝ということですね~(^^)


……って、思いたいけどやっぱツェルニーなのよー(>_<)‼
あ、好きなんですよ?

粘着系な所とか、
ストーカー的な所とか、
中々仕上げられない癖に
仕上がったとしても持ち曲にできない控え目な所とか。

好きなんです‼(と自分に言い聞かせる)

ねむぴさんへ

ねむぴさんはツェルニーさん「そんなに嫌いじゃない」
んですねー(^^)
ん?でもそんなに…って(笑)
あー、でもわかります!私も「そんなに」嫌いじゃないです(笑)徐々に苦しくなってきてますが(笑)

そうですね、終わらせたいと思うとまだ終われないの⁉
となって更に苦しくなりますよね。
自分の苦手がわかるようになる、じゃ、ここ重点的に練習しよ!
というネタとして活用するのが上手な利用法ですね!
分別のついた大人の癖になかなか
「わーい!合格~!」みたいな気持ちの抜けない私です(^^;)

確かに音楽的に素晴らしい…かと言うと…ゴニョゴニョ
な、所が達成感が薄いって言いますか、ふぅ終わった、としか思えないというか~(^^;)
特にどう見てもハノン?みたいな曲なのに、演奏記号とかいらないよね?と、思ってしまいますよね、うん、いらない(笑)

そうそう、「私こんなことも満足に出来ないんだー」
って毎回思わされます!
普通の曲でももちろん思うんだけど、弾いてて癒される部分があって
それがモチベーションになりますよね。
ツェルニーってそこが薄いから長時間の練習が出来ないんですよね(>_<)
一応やるけど1、2回弾いてオシマイとか結構あります。

あまり先のこと考えない方が良いですね(^^;)
まったりやっていきたいと思います!

まったくしつこいよ!いいかげんにしてよ!ですか〜笑
同じようなことをシューベルトの即興曲90-1でかんじました。
え、また?これどこまで続くの?どんだけー!ちょっと粘着質じゃない?!とか笑
わたしもツェルニー30番君とお付き合いしてますけど…あははあははと笑いながらいじめられているような気になることがしばしばあります笑
ドMなら奴としっとりお付き合いできるのかしら。←チガウダロウ。

ねこぴあのさんへ

> まったくしつこいよ!いいかげんにしてよ!ですか〜笑
> 同じようなことをシューベルトの即興曲90-1でかんじました。
> え、また?これどこまで続くの?どんだけー!ちょっと粘着質じゃない?!とか笑

90-1はかなりシューベルトの粘着体質が現われてますよね(^^;)弾いた事ないですけど…(´∀`;A
聞いてる分には素敵なんですけどね~
マジで10分以上これ続くんかい?!
これ絶対に弾けない自信があります…(;´Д`A
90-2でさえ、遊び弾きの段階で挫けました。ピクピク o(-_-#"))(("#-_-)o…また繰り返しか・・

> わたしもツェルニー30番君とお付き合いしてますけど…あははあははと笑いながらいじめられているような気になることがしばしばあります笑
> ドMなら奴としっとりお付き合いできるのかしら。←チガウダロウ。

あははあははと笑いながら…って!!(笑)
ツェルニー「これ弾いてみ?!ほら、弾けない!ゆっくりなら弾けるでしょ?!あ~~、指転んでるし!!笑」
とか言いそう~!!うわ~~~意地悪~(>_<)
でもドMならそれが快感に…

…なる…か…も…?!(;´Д`)


…いろいろ言ってますけど、これでも結構ツェルニー好きなんですよ(棒読み)(-"-

No title

爆笑~(~0^)
ごめんなさい。大笑いさせていただきました。

モツ、ベト 弾くための基礎づくり、といいますよね。
へそ曲がりな私は、
「じゃぁ、ツェルニーのこの曲、
 他の作曲家のいったいどの曲のために弾くの?」
とか考えたわけですね・・・。

40-26番:
これ、いったい何のための練習?
ストーカーちっくな、これでもかの連符攻撃。
「いい加減にしてよっ!」
実際に曲の中で存在するのはこの1部分だけでしょ?
だったら、ショパンのノクターンでもやったほうがマシ?

40-27番:
まんま、「悲愴」1楽章の推移部分じゃね?
鶴でやるよか、本物でやったほうが楽しいわぁ。

ってことで、40-15番以降、疑問を持ち続けてきたツェルニーと
決別したのが、40-27番でございました。

ぴらふさんへ

> 爆笑~(~0^)
> ごめんなさい。大笑いさせていただきました。

はいはい、笑いは人生のエッセンスですよ(^^)

> モツ、ベト 弾くための基礎づくり、といいますよね。
> へそ曲がりな私は、
> 「じゃぁ、ツェルニーのこの曲、
>  他の作曲家のいったいどの曲のために弾くの?」
> とか考えたわけですね・・・。

なるほどです、確かにどの部分を攻略するための攻略本?と思いますね~。
>
> 40-26番:
> これ、いったい何のための練習?
> ストーカーちっくな、これでもかの連符攻撃。
> 「いい加減にしてよっ!」
> 実際に曲の中で存在するのはこの1部分だけでしょ?
> だったら、ショパンのノクターンでもやったほうがマシ?

きっとこれ作った時、ツェルニー鼻の穴をふくらませて得意げに
「どうだ、誰も作った事のない曲を作ってみたぞ~♪弾き辛いだろう~ふっふっふっ…( ´,_ゝ`)」
って思ったに違いないですね~~!Sだね、S!!
>
> 40-27番:
> まんま、「悲愴」1楽章の推移部分じゃね?
> 鶴でやるよか、本物でやったほうが楽しいわぁ。

「悲愴のあの部分、ちょっと慣れるのに時間がかかるだろうね~♪よ~し、最初から最後までこればっかりの曲にし~ようっと( ´,_ゝ`)プッ」
これもきっとそんな感じですよね~!!
S疑惑→確定、真っ黒。
>
> ってことで、40-15番以降、疑問を持ち続けてきたツェルニーと
> 決別したのが、40-27番でございました。

ぴらふさんは27番までなさったのですね。
そして決定打?が「悲愴モドキ」だったのね。(;´Д`A ```
それにしてもこんなに「必要か必要でないか」って議論される作曲家、ある意味貴重なのかも?!
ツェルニーさんも罪な物作りましたよね(^^;)(だから30番までで良かったのにぃ~~)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1番目の鍵コメさんへ

鍵コメさん、コメントをありがとうございます(^^)

あくまで私の現時点での考えですが、ツェルニーに関してはやった方がいいかと聞かれれば、良いとも悪いとも言い切れないのが本音です。
なぜなら人それぞれだと思うからです。
でも30番は個人的にやって良かったなと思います。40番はまだよくわかりません。

先生に習っておられるなら、鍵コメさんのことをよくご存知の先生にお聞きした方が良いと思います(^^)
ただ、今はツェルニーに代わるテクニック的な曲集というのがたくさんあると思うので、
先生もあえて勧めないのかもしれませんね。
(私の先生の所でも生徒40人ほどいますが、ツェルニーやってるのは私含めて2人との事です。ハノンかツェルニーの二択でツェルニーを選びました)

2番目の鍵コメさんへ

鍵コメさんこんばんは。コメントをありがとうございます(^^)

鍵コメさんの仰りたい事、よくわかります。

「嫌だ」と思うものを無理やり「好きだ」と思い込ませなければモチベーションが保てない状態で
練習になるのか?身に付くのか?
という事ですよね。

この記事に関してはちょっと大袈裟に書いているというのもあります(^^;)

正直ツェルニー40番に対しては、本当に気持の触れ幅が大きくて、
「うわ、つまんない(なんか難しい)、練習する気起きない~~(>_<)」
と言う時もあれば
「結構綺麗な曲じゃん!よ~し頑張って練習しよ!(^^)」
なんて時もあって気持ちは一定しておりません(^^;)

そしてその「つまんない」と思った時、普通の曲集と違って選べないんですよね。
1番から順にやっていくという性質があると思うので…。
抜粋してやっていくのができれば私にとっては嬉しいんですけどね。

いっその事全部がすっごくつまらなくて綺麗な曲が1曲もありません、ただ面倒くさいだけです!
っていうんだったらすっぱり諦めるんですけどね
(と、偉そうに言ってみましたが…笑)

ツェルニーに対しては一言で説明できないいろいろな想いがありまして…
複雑なオバハン心なのです。
ツェルニーの事だけで一つ記事が書けそうなので、また読んでみて下さいね。

ご心配頂きましてありがとうございます(^^)
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示