05
2
3
4
6
7
8
10
11
13
15
16
17
18
22
23
24
27
28
29
30
31
   

緊張感のコントロール

…が、出来ればなあ。
緊張という魔物、
人前で演奏する時は必ず付いて回りますね(^^;)

私なんかハートがチキンなので録音や録画するだけでも緊張(;´Д`A ```
先日思い切って?グランドでショパンのop.10-3の録音してみましたが、やっぱりメタメタでした。(いや、それは元からか)

「緊張しないと良い演奏ができない」

って言いますけど
それは“お風呂上りに一杯飲んで足を組んで鼻歌でも歌いながら(ってグールドかいっ)適当に弾く”
レベルの緊張であって
普通は誰しも多少の緊張感というものが人前ではあるはずで。
普段の練習と全然ま~~ったく1mmも気持が変わらないわ~(^^)なんて人の方が珍しいですよね?

緊張感はあるのが当然。
ただし、それが度を越した緊張感かどうか…じゃないでしょうか。
だって緊張しすぎて頭真っ白、楽譜を置いても楽譜のどこ弾いてるかわからなくなる、
手の震えが止まらない、しまいには足も震えてくるとか、本来の目的が達せられないような
そういうのは“度を越した緊張感”というんじゃないかな~と、私は思ってるんです。

緊張感が全く無くてはいい演奏が出来ないというのはそうだと思います。
でも、「度を越した緊張感(頭真っ白。手が震えるとか)」は要らないです。

そうなる手前の程々な緊張感だったら必要なのかな?って思います。

緊張のコントロールは難しいですねー(;´Д`A ```
私はすぐに緊張のメモリがマックスになり、振り切れてしまいます。
緊張度合いを測る機械があったら(例えば青・黄・赤と、目に見えてわかるようなものがあれば)
自分の順番を待っている間から既に赤のランプが付きっぱなしです。
青はムリにしてもせめて黄色くらいで待機できるようになりたいですね。
「良い演奏」っていうのも結局黄色レベルの緊張感があってこそ、なのかなと。

そういえばさかのぼる事だいぶ前に…
出産の陣痛に耐えている時、目をつぶっていたら助産師さんに言われました。
「目を開けてくださいね~、目をつぶると痛みに集中しちゃいますからね」って。
その時、妙に納得しましたね、ふ~~んそうなのかぁって。
外界の刺激をシャットアウトしちゃう事で、逆に自分の身体の発する信号をより強く感じてしまうという事でしょうね。

それ、緊張に応用すると、緊張してる時に目をつぶってしまうと
より自分の緊張感が高まる(緊張感をより一層強く感じる)って事になるのかな?
これは人それぞれかもしれませんね。

よく緊張すると手汗が酷いっていう方がいらっしゃいますが
(というかこの現象は一般的かもしれませんね)
私は全然そういう事がなくて、むしろ手はカッサカサなので汗かいて欲しいくらいです。
カサカサ過ぎて鍵盤が滑りまくるからです。
手汗のかきすぎも滑るかもしれないので(未経験なのでわかりません)どっちが良いというものでもないですが
ピアノの鍵盤には良くないよな~、と思いながらも弾く前にカサカサ過ぎる時は保湿剤を使っています。

話題が脱線しそうなので戻します。
つまり、度を越した緊張はプラスにはならないですね。

以前紹介した「脳に悪い7つの習慣」にも緊張の話があったのですが
著者は脳外科医の方で、手術の時に緊張し過ぎて手が震えるなどという事があってはならないわけで
(人命がかかっているので趣味のピアノ演奏などとは比べ物にならない緊張だと察します)
緊張する時に反応する、震えやその他モロモロの身体の反応は自律神経の仕業で
自律神経は本人の意思とは無関係に働くんですって。
なので緊張したくないのに異常に緊張する(>_<)という方(私も含め笑)は自律神経が過敏に反応してしまうからなのでしょうね。
著者は呼吸法でコントロールされているとのことでした。

まだ私にはその辺りの効果あるコントロールとかよくわかりませんが
少しでも演奏してる時に緊張感が下がってくれれば嬉しいですね。

スポンサーサイト

No title

私、4年前の発表会では、手に汗握るになりまして、
鍵盤がべたつくくらいで、弾きにくかった(笑)。
手も足も震えました。
でも、震えててもちゃんと弾けるんですよ~w。
緊張感が後押ししてくれるのかもしれません。
崩壊せずに、最後どや顔で終わりました(笑)。

真由子さんへ

> 私、4年前の発表会では、手に汗握るになりまして、
> 鍵盤がべたつくくらいで、弾きにくかった(笑)。
> 手も足も震えました。
> でも、震えててもちゃんと弾けるんですよ~w。

緊張しても崩壊せずにちゃんと弾けたのなら良い事ですよね(^^)
私は最初は平気!と思っていても途中から異様にドキドキしてきたりする事があったり。
緊張の仕組みがわかりません(´∀`;A

> 緊張感が後押ししてくれるのかもしれません。
> 崩壊せずに、最後どや顔で終わりました(笑)。

適度な緊張感で演奏に支障がなければ緊張と程好いお付き合いをしてる事になるかも。
どや顔で終われるなら最高ですね!

No title

対策はよく分かりませんが、場数を踏むことが大事な気がして、
弾き合い会には参加しまくってみようかなと思っています。

顔芸してるプロのピアニストって緊張していないように
見えますよね。
もしかして自分の世界に入ることが秘訣だったりして??

No title

私も、子供時代に発表会の経験がないのも影響しているのか、
人前演奏で必要以上に緊張してしまうタイプです・・・。
初めての発表会では、手も足も震えまくり、去年11月の2回目の発表会では、何とか手だけで済みました。
次回は、手が大人しくなってくれればいいなーと思っているのですが、まあ無理でしょうね(+_+)
NHKの「助けて!きわめびと」という番組の、電子オルガンを習っている女性が出る回でやってた方法を参考にしつつ (一応概要はNHKのサイトで今でも見れるのでよかったらご参考にされてください!)
発表会以外の人前演奏の回数をどうにかして増やして場馴れしたいと思っているところです。

No title

ね~み♪さんと同じく、私も緊張しすぎるタイプです。
手の震え、足の震え、頭真っ白・・何度も経験ありますよ~
私はほぼ仲間内でしか人前演奏したことがないのですが、気楽なはずが緊張する度合いは変わらないですね。
ただ、場数を踏むとある程度緊張することには慣れるかも。
対策も考えられるし・・。

緊張のコントロールが上手く出来るようになれればな~(>_<)

No title

ね~み♪さん、こんにちは。いっつも楽しく読ませていただいてます。

私も、手汗をかきません。黒鍵なんてつるつる滑るし嘆きポイントです。
先日の発表会でも、「私、手汗が凄いの!」と本番直前に舞台袖で
大人の生徒さんが仰ったので、

「その手汗、ちょっと私にくれませんか???」

と言いたいのを我慢しました(当たり前)。
適度な湿り気、欲しいです!!
でも、なんでも適度、なんですよね。
手汗かいちゃう方も、悩んでらっしゃいますから。


「だからその手汗をちょっと私に・・・」(以下自粛)



ではでは、また遊びに来ます!

けもネコさんへ

> 対策はよく分かりませんが、場数を踏むことが大事な気がして、
> 弾き合い会には参加しまくってみようかなと思っています。

そうですよね~!
やっぱり慣れは大事だと思います。
場数を踏むのはいろんな意味で良い事だと思っています!
けもネコさんも人前演奏たくさん経験してみてくださいね!楽しみですね(^^)
緊張と上手くお付き合いできるようになりたいですね~(願望)
>
> 顔芸してるプロのピアニストって緊張していないように
> 見えますよね。
> もしかして自分の世界に入ることが秘訣だったりして??

自分の演奏にいかに集中できるか、でしょうねきっと(^^;)
私などは演奏してる時にいろいろな事が気になって集中力散漫になること多いです。
集中力散漫と緊張のダブルパンチですよ~。

ぶんごろさんへ

> 私も、子供時代に発表会の経験がないのも影響しているのか、
> 人前演奏で必要以上に緊張してしまうタイプです・・・。
> 初めての発表会では、手も足も震えまくり、去年11月の2回目の発表会では、何とか手だけで済みました。
> 次回は、手が大人しくなってくれればいいなーと思っているのですが、まあ無理でしょうね(+_+)

そうだったんですね~。
でも徐々に緊張度合いが軽くなっているご様子ですね!
次回はきっと手も大人しくなってくれますよ~。
“慣れ”は大きいんでしょうね(^^)

> NHKの「助けて!きわめびと」という番組の、電子オルガンを習っている女性が出る回でやってた方法を参考にしつつ (一応概要はNHKのサイトで今でも見れるのでよかったらご参考にされてください!)
> 発表会以外の人前演奏の回数をどうにかして増やして場馴れしたいと思っているところです。

情報ありがとうございます!
時間がある時に見てみますね(^^)
やはり人前演奏に慣れるしかないですね!
頑張りましょうね~!

amyさんへ

> ね~み♪さんと同じく、私も緊張しすぎるタイプです。
> 手の震え、足の震え、頭真っ白・・何度も経験ありますよ~

そうなんですね~、皆さん意外と緊張されるって話を聞くと自分だけじゃないって思って心強いです。
手の震え足の震えまではまあまだなんとか頑張れますが、頭真っ白結構マズイですよね(^^;)
私も経験ありますけど…(;´Д`A ```

> 私はほぼ仲間内でしか人前演奏したことがないのですが、気楽なはずが緊張する度合いは変わらないですね。

そうなんですよー。発表会とかなら緊張もわかりますけど意外に仲間内の練習会でも緊張します(>_<)

> ただ、場数を踏むとある程度緊張することには慣れるかも。
> 対策も考えられるし・・。
> 緊張のコントロールが上手く出来るようになれればな~(>_<)

やはり“場数を踏む”これが最強の緊張対策かもしれませんね~。
人前演奏を楽しめるようになりたいですね~(^^)

由美さんへ

> ね~み♪さん、こんにちは。いっつも楽しく読ませていただいてます。
>
> 私も、手汗をかきません。黒鍵なんてつるつる滑るし嘆きポイントです。
> 先日の発表会でも、「私、手汗が凄いの!」と本番直前に舞台袖で
> 大人の生徒さんが仰ったので、
>
> 「その手汗、ちょっと私にくれませんか???」
>
> と言いたいのを我慢しました(当たり前)。

笑笑笑~~!!
それ言ってみたらお互い笑えてもっと緊張がほぐれたかも?!(笑)

> 適度な湿り気、欲しいです!!
> でも、なんでも適度、なんですよね。
> 手汗かいちゃう方も、悩んでらっしゃいますから。
>
由美さんも乾燥系なんですね~。
カサカサも本当に滑りまくりますよね(^^;)
でもウェット過ぎもそれはそれで滑っちゃいそうだしね。
程好い緊張に程好い湿り気、これ必要ですね!

> 「だからその手汗をちょっと私に・・・」(以下自粛>
> ではでは、また遊びに来ます!

笑笑~~!
はいまた来て下さいね~(^^)v

私もつい先日、ド緊張の洗礼を浴びました。笑
とりあえず、場数踏みながら、軽減させる手順を作るか、ド緊張しててもそこそこ安定して弾けるコツを見つけようと思ってます。

呼吸の話は、息を吸うと緊張感が倍増、息を吐くと少し軽減される、みたいな事を聞きました。

楽器演奏って、緊張するものなんですね( ;´Д`)
結構驚いてます。笑

モル作さんへ

> 私もつい先日、ド緊張の洗礼を浴びました。笑
> とりあえず、場数踏みながら、軽減させる手順を作るか、ド緊張しててもそこそこ安定して弾けるコツを見つけようと思ってます。

お~~、ド緊張されましたか!!
ま、でも緊張しても弾ければOKですからね。
やはり場数を踏んで慣れていくしかないのでしょうね。
>
> 呼吸の話は、息を吸うと緊張感が倍増、息を吐くと少し軽減される、みたいな事を聞きました。

長く息を吐く(お腹から)のが良いみたいですね~(^^)
>
> 楽器演奏って、緊張するものなんですね( ;´Д`)
> 結構驚いてます。笑

上手く弾けるかなとかいろいろ雑念が過ぎりますしね~。
メンタルもテクニックも安定させないと難しいですよね。
(そんな日が来るのだろうか…(;´Д`A ```)
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-36番
バッハ 平均律2巻 3番プレリュード
リスト ため息


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・1番 プレリューディウム・インベンション2番
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示