10
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

録音練習に思うこと


録音練習を始めるまで

私の場合、ピアノのレッスンを受け始めてから
 ↓
みなさんのブログを見始める
 ↓
ブログを始める
 ↓
そこでもっとブログを見て回るようになる
 ↓
録音で記録を残したり、練習の過程を載せている方がいる事を知る
 ↓
自分の演奏って聞いてるようでちゃんと聞けてない事に気づく
 ↓
じゃあ自分でも録音してみよう!

という事で始めてみました。
その頃はデジピで録音機能がついていたのでレコーダーを買ってどうこう、というのもなかったので
ボタン一つで録音出来るところは敷居が低かったですね。
ただ、私のデジピの録音機能は正直な所音がとても小さく、聞き返してみてかなり不満足でした。

発表会前にデジピだけでの練習に不安を感じてスタジオを借りるようになって、
そこでアコースティックピアノを初めて録音して聞いた時の衝撃たるや…Σ(´Д`;) うあ゙

今思えばレコーダーを近くに置きすぎて音が割れていたり、そこのピアノ自体の音が狂っていたり(多分)
いろいろな要因があったと思いますが、
とにかく録音は自分が弾いてる時に聞いた音とあまりにも違いすぎました。
デジピで録音した演奏とは全く持って別物としか言いようがありませんでした。

そこでいかに「デジピの音と、アコースティックピアノの音が違うか」という事が実感としてわかり
最初はピアノのせいにしてましたが(笑)
最近ようやく同じピアノを弾いてるのに人それぞれ音が違う事に気がつき、
「ピアノじゃなくて自分の弾き方の問題なんだな」と思うようになりました。
とにかく音が汚い~~~(>_<)
ペダルで濁りが酷い。
打鍵が悪いのだろうけど音が硬い、汚い、pやppが出せない。
かといってf、ffが出せるかって言ったらやはり汚いし、伸びが悪い音しか出ない。
デジピだとこの上も無く美しい音が出せるのに、アコースティックピアノではそうはいかない。
(デジピではどんな打鍵の仕方でも綺麗な音が出てしまうので)
そういうモロモロの事が録音でわかってきました(-"-

音の問題以前に、どの曲も間違いが多い、完成度が低いというのもすごく気になりました。(というかなってます)
弾いてる時は自分では「あ!間違った」と思ってもその後大体無理やり最後まで弾き通す事がほとんどなのと、
(これは強引かなと思うんですが、間違ってすぐに止めてしまうとその癖が舞台で出てしまうんじゃないかと思うからです)
「弾く事」に夢中なので「自分の音を聞く」ところまで神経が回らないという事でなんとなく流して弾いてしまうという事。
発表会以外の曲は「ある程度弾きました」っていう所でレッスンが終了するので1つの曲を深める所まで行かないという事。
(この問題の根源?は主に私の飽きっぽさにあるわけですが)
これは性格を直さないと?解決は難しいのかなあ~(;´Д`A ```

過去の音源を整理しなくちゃと思い聞いていると、中には
「間違わない事」を意識しすぎて
「間違いはほとんどないけど、つまんない演奏」になってる演奏もありました。
私にしては間違いが目立たず、「お~!間違って無いじゃん!」と嬉しい気持ちになるんですが
その次に弾いてる「間違いがあるけど生き生きしてる演奏」と比べると
断然「間違いがあるけど生き生きしてる演奏」の方が聞いていて楽しいんです。
そういえばこっちの録音してた時の方が曲に気持ちが入っていたな~、乗って弾いていたな~
なんて思い返してみたり。
(話が脱線しますがパソコンで作る音楽?というのを聞いていて、作っている方には本当に申し訳ないのですが
私はそれを聞いて感動しないんですね。綺麗な音で綺麗な音楽だなと思っても。
曲の大体のイメージを掴んだり作曲をするなどの使い道としてはとても便利な物だと思うんですが…。)
もちろん理想は「間違いが無く、生き生きしてる演奏」ですよ~(そんな日が来るのか?)

発表会に出す曲は割と最初の頃から意識的に録音して聞いています。
録音して聞いて、直す・・・
という推敲作業のような事を繰り返して行きます。
これが録音しなくても弾いてる時に自分の中で修正が出来るようになればいいんでしょうけど
私はまだまだまだまだその域には達していませんね(^^;)

いずれにしろ、録音練習はこれからもずっと続けて行こうと思います(^^)


スポンサーサイト

記事を読んでなるほどと思いました。
わたしも最初は電子ピアノだったのでよくわかります。それからアップライトになったのですが、レッスンではグランドなので、あらが出るわ出るわで、毎回毎回戸惑いました。
完成度を高めるには(自分なりにですけど)やっぱりある程度の期間弾き込んで行くしかないように思います。譜面を追って音を出すのは楽しいですけど、弾き込むことは時には苦しくてやめたくなったりなげだしたくなったりします。でもそれを乗り越えて本番で弾いた時の楽しさはかけがえのないものです、あくまでもわたしの場合ですけど(;^_^A
どこまでやるかって、本人の意思ももちろんですけど、先生の意向も大きいかなと思います。
もうここら辺でやめたいと言ってもレッスンで通らなかったりするので、わたしは(;^_^A
そうこうするうちに、人生でほんの数曲でもいいから手に入れたいと思うようになりました。もちろん、手に入ることはないんですけど(;^_^A
たくさんの曲を弾きたい、数曲でいいから自分なりでいいからある程度にしたい、その辺は人によりで、どちらもいいと思うんですよねえ。
個人的には、ね〜みさんは弾ける方ですから、じっくり取り組んだ一曲を、味わいながら、聴かせていただきたいですが(*^^*)




ねこぴあのさんへ

> 記事を読んでなるほどと思いました。
> わたしも最初は電子ピアノだったのでよくわかります。それからアップライトになったのですが、レッスンではグランドなので、あらが出るわ出るわで、毎回毎回戸惑いました。

理想の音を出すのがこんなに難しいモノだって事最初は全然わかりませんでしたね~~。
極端に例えれば
「だみ声で歌うオペラ」みたいな感じになりますよね…(;´Д`A ```
ピアノの違いって本当に戸惑いますねー(>_<)

> 完成度を高めるには(自分なりにですけど)やっぱりある程度の期間弾き込んで行くしかないように思います。譜面を追って音を出すのは楽しいですけど、弾き込むことは時には苦しくてやめたくなったりなげだしたくなったりします。でもそれを乗り越えて本番で弾いた時の楽しさはかけがえのないものです、あくまでもわたしの場合ですけど(;^_^A
> どこまでやるかって、本人の意思ももちろんですけど、先生の意向も大きいかなと思います。
> もうここら辺でやめたいと言ってもレッスンで通らなかったりするので、わたしは(;^_^A
> そうこうするうちに、人生でほんの数曲でもいいから手に入れたいと思うようになりました。もちろん、手に入ることはないんですけど(;^_^A

ねこぴあのさんの先生は教えている相手によって教え方を加減されてると思いますよ。
(これはどの先生も多かれ少なかれそうかな~と思います)
うちの先生ももっと根性ある生徒だったら私みたいな教え方はしないと思います。
ねこさんが苦しくても投げ出さない性格だと言うのがわかっているからこその愛の鞭なんでしょうね!
(え~、私は苦しいとすぐに投げ出します(^^;))

> たくさんの曲を弾きたい、数曲でいいから自分なりでいいからある程度にしたい、その辺は人によりで、どちらもいいと思うんですよねえ。
> 個人的には、ね〜みさんは弾ける方ですから、じっくり取り組んだ一曲を、味わいながら、聴かせていただきたいですが(*^^*)

いろいろな楽しみ方があって、どれが正解でどれが間違ってるとかは無いですね、きっと。
弾いてる本人が納得しているのならそれで良いのかなと思います。
いろんなタイプの曲をこなしていくうちに見えてくるものもあるのかなとも思うし
「どうしてもこの曲じゃなくちゃ!」とじっくり1曲を追求して行きたい!これも大いにありますね!
がんばったからこそモノにできた自分の曲、素晴らしい(そしていとおしい)と思います。
私もそういうどうしても弾きたい曲があるんですけど、あまりに無謀すぎてチャレンジしたいと言い出せないし
多分年単位になってしまうのでもっと実力つけてから…
って一体いつ~~~~?!って感じですね。
本当に悩ましい。
でもこんな事で悩めるってやっぱり幸せなんです!!(って話が逸れちゃった笑)
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・8番フーガ、
パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示