10
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ピアノの表現力って

ピアノでの表現って、すごく難しいなと感じる今日この頃です。

だいたい、表現力っていうのはもちろんピアノだけじゃないわけで
文章の表現力もあれば、絵の表現力、音楽の表現力、
スポーツでも採点演技というのかな、フィギュアスケートとか体操とかダンスとかバレエとか(これはスポーツなのか、芸術なのか?)
文化的な事であれば演劇や活け花とか、陶芸とか、パントマイムとか?
もうありとあらゆるところについて回る事ですね~。

人との円滑なコミュニケーションでも表現力って必要なのかもしれません。
同じ「こんにちは」でも

1)目も合わさず、表情も変えず、ボソっと「こんにちは」と
2)目を合わせてにっこり笑って大きな声で「こんにちは」

では、当たり前ですが180度印象が違いますね(^^)

気心の知れた友人と会う時は自然に2番の「笑いながらこんにちは」が出ると思うけど
初めて会う方や、それほど親しい間柄じゃない方に接する時は緊張して1番になりがちな私です。
(;´Д`A ```(;´Д`A ```(;´Д`A ```
それめっちゃ印象悪いでしょ(>_<)
で、それでは非常にいろいろとまずいですよね。(ほら、仕事だってご近所さんだって…)
自然に「ニッコリ」が出れば何も問題はないんですけど
それがなかなかできない人もいるんですよね(え~、私とか・・・( ´д`)
それなのに非常に向いてない接客的な仕事も少しやってるんですが
そういう仕事だと「挨拶の練習」とか「笑顔を作る」とか、接客の訓練をやるんですけど正直全然できてません(>_<)
結構な確率で「もっと笑顔で!」とか「もっと大きな声で」とか注意される私です(;´Д`A ```(;´Д`A ```
でもね、自分では頑張って笑ってるつもりだし声も出してるつもりだったりするんですよ。
でも人から見たら足りない。
笑ってないし、声も小さいんです。
笑顔・声の表現力は完全に足りてませんね(^^;)

それでふと思ったんです。
笑顔や声の表現が私には足りない…
自分では笑ってるつもりだし、声も出してるつもり…
これってピアノの表現にも通じてるかも?と。

自分では表情をつけて歌って弾いてるつもり
ここは弱く、ここは強く!と、メリハリつけて弾いてるつもり。
でも先生が聞くとまだ足りない。
録音してもなんか生き生きした演奏じゃない。メリハリが無い。

先生が「もっとこんな感じで・・・」って弾いてくれる生き生きとした演奏とは違う。
(先生と違うのは当たり前だけど、そうは言っても・・・)
自分だけで弾いてると「コレで十分表現できてるんじゃ?」って勘違いするんですけど
人と比べるとわかるんですねぇ…自分の演奏がいかにのっぺりしたものかが(^^;)

ピアノの表現力、これはどうやったらついてくるんでしょうね~?

親しい人と接するように、自然に湧き上がるような気持ちを表現できたらなあ。


スポンサーサイト

こんにちはー(・▽・)

よくコンクールで日本人が指摘されることですね~(=▽=;)
もっと 自分を解放して!! てとか←私じゃ崩壊しちゃいそう・・・


心情を言葉で表現するの 私もとっても苦手ですねぇ
でも 顔にめっちゃでているらしく
相手の方が色々と汲んでくださって なんとかやってます(;▽;)
本当に皆さんに感謝感謝です!!

ということで 顔芸から入ってもいいかもしれませんね(>▽<;)!!
有名なピアニストもスンゴイ顔で弾いてますもんね!

いもコンさんへ

> よくコンクールで日本人が指摘されることですね~(=▽=;)
> もっと 自分を解放して!! てとか←私じゃ崩壊しちゃいそう・・・

いもコンさんは十分解放してるから大丈夫よん!(笑)
>
> 心情を言葉で表現するの 私もとっても苦手ですねぇ
> でも 顔にめっちゃでているらしく
> 相手の方が色々と汲んでくださって なんとかやってます(;▽;)
> 本当に皆さんに感謝感謝です!!

それはそれでいいかもですね~(^^)v
人徳ということで!

> ということで 顔芸から入ってもいいかもしれませんね(>▽<;)!!
> 有名なピアニストもスンゴイ顔で弾いてますもんね!

そうっかぁ~~、顔芸からね!
何事も形から入るって大事ですもんね!
って、全然弾けないのに顔だけすごい事になってる自分を想像して笑った~~ノヽッノヽッノヽ!:・(≧∇≦)

No title

どうやったら表現力が身に付くのか、知りたいですね~

レッスンで「もっと自分を出して」とか「もっと自由に表現して」とか言われます。

これはやっぱり曲に入り込むしかないんですかね(^^;

No title

ね~みさんの演奏が自分で言うほどのっぺりしているとは思えないですけど・・・
でも自分のうちにもっと解放したいものを感じているのなら、きっとまだ何かその障害になっている「殻」があるんでしょうかね。それを破れたらいいですね。

ピアノに関して言えば、私自身はあまりそういう悩みはないですね。メリハリが足りないって言われたことは、たぶんほとんどないです。もちろん思ったような表現ができないのはしょっちゅうですけど、すくなくとも「表情が乏しい」ってことはないらしいです。
むしろ表現がオーバーなので時と場合によってはもっと自制しないと、と思ってます。特に古典派やバロックではそれがマズイことも多いので。

けもネコさんへ

> どうやったら表現力が身に付くのか、知りたいですね~
> レッスンで「もっと自分を出して」とか「もっと自由に表現して」とか言われます。

「もっと自由に表現して」「自分を出して」
ってコレ結構ハードル高いですよね?!
自分を出す…感情的になれとかそういう事?
自由に表現…殻を破れ!!みたいな?

> これはやっぱり曲に入り込むしかないんですかね(^^;

そうですよね~。
この曲は多分こんな感じを表現したいんだろう…というのを考えて自分の気持ちを乗せるとか、ですかね?
まだまだ修行中なのでその辺はわからないんですけど…(´∀`;A

私はタワシさんへ

> ね~みさんの演奏が自分で言うほどのっぺりしているとは思えないですけど・・・

う~ん、自分でも弾いてる時は感情入れてるつもりで弾いてるんですけど、
先生が弾くと、あ~~~、まだまだ全然だわって思うんですよ。(当たり前といえば当たり前なんだけど)

> でも自分のうちにもっと解放したいものを感じているのなら、きっとまだ何かその障害になっている「殻」があるんでしょうかね。それを破れたらいいですね。

そうですね!なんていうかもっと幅が出るんじゃないかって思うんですよね。
というか、もっと幅を出したいなって。
>
> ピアノに関して言えば、私自身はあまりそういう悩みはないですね。メリハリが足りないって言われたことは、たぶんほとんどないです。もちろん思ったような表現ができないのはしょっちゅうですけど、すくなくとも「表情が乏しい」ってことはないらしいです。
> むしろ表現がオーバーなので時と場合によってはもっと自制しないと、と思ってます。特に古典派やバロックではそれがマズイことも多いので。

タワシさんは「のっぺり」とは対極の演奏ですもんね!
表現がオーバーなくらいの方が良いと思います(^^)
バロックって淡々と…というイメージはありますけど、それを生き生きと演奏するのも素敵だなって思いますよ。

No title

気になってしまって遅いお節介なコメント、ごめんなさい。

別れの曲で考えてみます。

楽譜に書かれている事を、自分の意志できちんとそう弾き、楽譜を見ていない聴き手に作者の意図を伝えるという気持ちを持つと良いです。

例えば拍子

4分の2拍子、つまり1拍が4分音符だと聴き手に解る様に弾かねばなりません。
4分音符は、タン、この曲でよくある間違いは、1拍がタァ~ンと2分音符の表現になりがちです。

ゆっくりでも、タン、タン、と歩いている様な、地に足がついている様に弾かなくてはなりません。まずこれを考えている方は大変少ないです。

2拍子は1拍目が上から下に指揮棒が下りる下拍
2拍目は上に上がる上拍

2つの拍を同じ様に弾いてしまう方が多いです。

拍子が表現する事があります。だからショパンはこの拍子を選んだのです。

他にもスラー、強弱記号、音符の長さもきちんと読み取って、自分で味わって、それを聴き手に伝えて下さい。

楽譜は作曲者の手紙の様なものかなぁ~。一緒に読んで、ショパンの作品の素晴らしさを、ご自身が味わい、それを聴く人に伝える。

表現とはコミュニュケーションでもあるかな?と思います。(#^^#)

おゆきさんへ

> 気になってしまって遅いお節介なコメント、ごめんなさい。

とんでもないです!
ブログを読んで頂き、コメントをありがとうございます(^^)
>
> 別れの曲で考えてみます。
> 楽譜に書かれている事を、自分の意志できちんとそう弾き、楽譜を見ていない聴き手に作者の意図を伝えるという気持ちを持つと良いです。
> 例えば拍子
> 4分の2拍子、つまり1拍が4分音符だと聴き手に解る様に弾かねばなりません。
> 4分音符は、タン、この曲でよくある間違いは、1拍がタァ~ンと2分音符の表現になりがちです。

正直拍子についてほとんど考えていませんでした(^^;)
なんとなく感覚で弾いておりました(というかその感覚も全くアテにならない感覚です)
タァ~ンと弾いてました。
>
> ゆっくりでも、タン、タン、と歩いている様な、地に足がついている様に弾かなくてはなりません。まずこれを考えている方は大変少ないです。
> 2拍子は1拍目が上から下に指揮棒が下りる下拍
> 2拍目は上に上がる上拍
> 2つの拍を同じ様に弾いてしまう方が多いです。

2つの拍、同じものだと思っていました(^^;)
なんというか、完全に2分の1、という事だと…。
Vの字のように真ん中からパッカリ割れる感じで。

> 拍子が表現する事があります。だからショパンはこの拍子を選んだのです。
> 他にもスラー、強弱記号、音符の長さもきちんと読み取って、自分で味わって、それを聴き手に伝えて下さい。>
> 楽譜は作曲者の手紙の様なものかなぁ~。一緒に読んで、ショパンの作品の素晴らしさを、ご自身が味わい、それを聴く人に伝える。>

う~~ん!!なるほどです…。
いかに自分が何も考えずにただ音を出そうと思っていたか。
ショパンはこの曲で何を表現したかったんだろう、この手紙で何を言いたかったんだろう…
ショパンがなぜこの拍子を選んだのか?(わかってません(>_<))
本当ならそういう事まで考えて楽譜を見なくては、という事なんですね!
今の私は「ショパンからの手紙のコピーをサラッと見てみたけど、字が綺麗なのはわかるけど書いてある意味がわからないなあ~?」
という状態なんだな、という事がわかりました。
雰囲気だけで弾いているというか。(弾けてませんけど…)

> 表現とはコミュニュケーションでもあるかな?と思います。(#^^#)

そうなんですね!
作曲者の意図?を汲み取りそれを聞いてる人に伝える…というのがピアノでの表現という事なのでしょうか?
そう考えるとすっっっっっごく深い事ですよね!演奏って…
私はまだまだまだまだまだ…その域には足元にも及ばないわけですが、少しでも近づけるように考えて行きたいと思います!
もういろいろと目からウロコのような事をアドバイスいただきまして、ありがとうございます!
頑張ろうっっと!

Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・8番フーガ、
パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示