08
1
2
4
6
11
12
13
14
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

使用人スベルマンの秘密のピアノ日記 volume3

明日はあの気難しい夫が帰宅する日だわ。
家中の掃除をぬかりなく、完璧に。
専属スタイリストに任せるけれど、身だしなみは念入りに。
髪型は今日美容師にお願いしてるから大丈夫ね。
ロマネ・コンティは手配済み。
コンサートの手はずは…

ね~みは頭の中で明日の段取りを考えながら外出着に着替えていた。

「ああスベルマン!頼みたいことがあるのよ」
ね~みはスベルマンを呼び、明日の夫の帰宅に合わせてサロンでコンサートを開くので
自分の外出中に部屋を整えておくようにと申し付けた。

「かしこまりました。」
ね~みを見送ると、スベルマンはサロンに足を踏み入れた。
言いつけ通り、サロンの掃除の後客用の椅子などをコンサート用に並べ、テーブルや調度品などの不具合が無いか確認し、ピアノを磨いた。
鏡のように自分の顔が映り込んだピアノがまるで自分の手の中にあるように感じる。
一通りのチェックを終え、ふと時計に目をやると、調律師が来るまでにまだ時間があった。
目の前の憧れの素晴らしいグランドピアノ。



スベルマンは震える手でピアノの蓋を開けると、
椅子に腰かけた。

(弾く訳じゃない。ピアノの音の確認をするだけだ…)

心の中で言い訳をする。
音の確認などではないのは、自分が一番良くわかっていた。

あれだ、あの、楽譜に書いてあった音符だ。

自分にも弾ける…のだろうか?


そしてスベルマンは曲の最初の一音を鳴らした。
その音は、想像していたよりずっと深く熱い響きだった。

一音一音、響きを確かめながら音を鳴らしていく。

夢にまで見た、自分の手で奏でる音だ。

(奥様の音とは違う・・・!!)

スベルマンは喉の渇いた子供が水を飲むように、貪るように音を拾った。

(この音だ・・・!!)


a0011_000180.jpg






「お前は誰だ!!ここで何をしている!!」

あまりに突然の怒声にスベルマンは全身が硬直した。

恐る恐る声の方を振り返ると、写真で見たこの家の主が立っていた。 

「ご、ご主人様!!私は…スベルマンと申します。ご挨拶が遅れましたこと、お許しください。」

驚きながら椅子から立ち上がり、慌てて頭を下げると、主が言った。

「あぁ、君が新しく入った使用人か。そういえば妻がそんな事を言っていたな」
 
そう言うと、主はつかつかとピアノの方へ歩み寄ってきた。
整っているがどこか冷たい眼差しを感じた。
そしてピアノの屋根の上を指で擦った。
その指をちらと一瞥しながら話を続けた。

「ふむ、手入れは怠っていないようだな。明日のサロンコンサートの準備かね?」
主は指先を見ながら尚も続ける。

「私はね、かねがね一流のクラシックしか音楽とは認めない主義だ。
それには一流の楽器が必要だ。もちろん、このピアノもそれを弾くピアニストもだ。わかるかね?」
「このピアノに触れる資格を持つのは、一流のピアニストと、妻だけだ」

スベルマンはまるで蛇ににらまれたカエルのように
椅子から立ち上がった姿勢のまま硬直していた。

「はい、もちろん、存じております」

震える声で返事をする。

まるで自分のこれからしようとしていた悪事が
すべてこの主に悟られているのでは?と。

「今、何をしようとしていた?ここで」

主は冷たい眼差しをそのままに、スベルマンを問い詰めた。

「………」
スベルマンは答に詰まった。

弾こうとしていたのだ。
楽譜を見て、頭の中で素晴らしい音楽が鳴ったのだ。
その音楽をどうしても確認したかったのだ。この耳で。この手で。
だがなんと答えればいいのだろう。

しばし重苦しい時間が流れた。

スベルマンはようやく搾り出すような声を発した。

「…弾いて確認したかったんです。」

「何をだ?」

「頭の中の…音楽を…」

「音楽?…ふむ。では…今…私に聞かせてみろ」



心臓は破れそうに鼓動を打っていたし、
手も足も震えている。
顔が青ざめ、唇が真っ白になっているのが容易に想像できる。
だが、主からの命令であれば、弾かなければならない。
頭の中の音を響かせなければならない。

スベルマンは主の見ている前で震える手で最初の音を弾いた。




そして、サロンにバラードが響き渡った。













※このお話はフィクションです。



…もしかしたら続く…


かも…?


スポンサーサイト

No title

ね~みさん天才!
スベルマン、長く続くことを熱望!!(*´▽`*)

ねこぴあのさんへ

ねこぴあのさん、コメントありがとう~(^^)v

凡才だけど気が向いたらまた書いてみますね~!
首をなが~~~くしてお待ち下さいませ♪

今回長編だったのに読んでくれてありがとう!
スベルマンだからかなり滑った感ありましたが(´∀`;A
激励嬉しかったデス!

・・・ね~みさんの文才に脱帽w 
セピア色のお話ですね。

全部読みましたけど、構成がやたら練りこまれてて
正直驚きました!笑 ここにひっそり載せておくの
もったいないかも。。

続き気になる~ 早く書いてくださ~い

ゆにくあさんへ

ゆにくあさん、こちらにもコメントありがとう~~(^^)v

セピア色…なんかそんなイメージですかね、ふふふ。

そういえばアルジャーノンってこういう日記形式でしたね!
結構最後が衝撃というか…
なるほど、これからスベルマンシリーズが続いたとして(笑)
ずっと日記形式っていうのも面白いかもですね~(妄想)

何かが下りてこないと書けないんですよ~(って作家かよ!!笑)
これもふとした時にパッとストーリーが浮かんで一気に書きました。
なので次に何かが下りてきたら書きますね!
首を長~~~~~~~~~くしてお待ちくださいませっ!!

No title

ね~みさん やっぱり特別な才能ありますよ❢
>何かが下りてこないと書けないんですよ~(って作家かよ!!笑)
これこそが天才の証明❢天才ってみんな、何かが降りてきて文章なり曲なり絵なりを書けるんだと思います。
盆栽の、じゃなかった凡才の私ですが、その感覚をいっぺん味わってみたいわ~

スベルマンどうなるんでしょう?私も続き熱望❤
それにしてもカテゴリが「妄想系」って・・・(笑)確かにそうだけど‥‥

おはようございます

一気に読めました!
コメントせずにはいられないくらい、本当に面白かったです(*^^*)

すごいなー
ほんと、才能ありますよ~

スベルマンだったんですね。
私、勝手にスペルマンと読んでました…💦

私も続きを楽しみにしてま~す‼

私はタワシさんへ

タワシさん、コメントありがとうーー!!

いやいやいやいや、過大なるお褒め言葉ありがたいですけど
私など盆栽!!の最たるものでございます。
こんな長ったらしい駄作をお目通しいただいて感謝感謝です( T∀T)
下りてくる?のは半年~一年に一度くらいですので
次回があれば半年後くらいかも…???
 
スベルマンどうなるんでしょうねぇ?(^-^;
いっそ皆で?続きを考えて一人ずつ妄想物語を回していくってどうですか?
はい、次タワシさんー!みたいな(^^)
一文ずつでも面白いかも!(笑)

マミさんへ

マミさん、コメントありがとうーー!!

うわぁ、3部作一気に読んでくれたんですねー!
ありがとうございますーー(*^^*)

面白く読んでくれたみたいで嬉しいです~(*^^*)

シュピルマンだからスベルマンでいいかっ!!
と、なんの考えもなく(笑)気持ちの赴くまま書き散らかしました(^-^;

また機会があれは続きを書いていこうと思いますー(^^)
首を長ーーーくしてお待ちくださいませ!

スベルマン氏の緊張感がリアルで、めっちゃハラハラして、読み応えありました!!

話中の人物と書き手、2つの世界で同時に天才が誕生してますね。笑

また続編を楽しみにしてます!!

モル作さんへ

モル作さん、コメントありがとーー!!

スベルマンの緊張感、リアルでしたか??
緊張の桁が違うけど戦場のピアニストのあの場面を思い出しながらパクりました書きました。
ついでに自分の人前演奏の緊張感も思い出しながら(笑)

私は至って盆栽ですけどスベルマンは有り得ない天才かと思われます。まぁ有り得ないから天才なんですけど(^-^;。

またまた私の妄想がじっくり育つまでどのくらいかかるかわかりませんけど、首を長ーーーーくしてお待ちください~~!!
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-39番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
ショパン エチュードOp.25‐12

2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示