08
1
2
4
6
11
12
13
14
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Symphony~allegro

弾き終えたスベルマンの額を汗が流れ落ちていた。
息は荒くその端正な顔は上気していた。

まだ初めて人の前で演奏した興奮で手が震え、肩で息をしている。

固唾を飲んで見守っていた主はゆっくりと立ち上がると「ブラヴォー!」と手を叩いた。
先ほどまでの何者か見定める厳しい眼差しから打って変わって賞賛の表情になっていた。
「いや、驚いた、一体君はどこの学校を出たんだ?コンセルヴァトワールか、ジュリアードか?」

スベルマンは主の思ってもみない反応に狼狽えていた。
慌てて椅子から立ち上がると

「い、いえ…、私はどこも出ていません。ピアノを弾いたのは…今が初めてです…」
「…え?初めて??・・・いやいや、君、冗談だろう??…あぁ、ここで弾くのは初めてという事かね」
「あ…いえ、ピアノを弾くのが初めてなのです。」
「いや、君、冗談はよしたまえ。いくらなんでもそれはあり得ない。こんな曲を習ったことも無い人間が弾けるはずが…」

二人はピアノを挟んで向かい合っていた。
主はまじまじとスベルマンの目を見た。
(この若者、嘘をついているようには見えないが…)
だが、にわかに信じ難い光景を今体験しているのか?

「いえ、彼の言葉は真実よ」

突然部屋に入ってきたね~みの声が響き渡った。
外出から戻ってきたのだ。

「あなた、おかえりなさいませ。驚いたでしょう!でもわたくしもあなたには驚かされたから、おあいこね」
「ああ、実は思ったより早く仕事が片付いてね。ところでこの使用人は一体どこのピアニストなんだい?」

二人は同時にスベルマンの方を向いた。
「わたくしも、さっき初めてスベルマンがピアノを弾くのを聞きましたの。驚いて何も言えなかったわ!さ、スベルマン、その美しい音をもっと聞かせてちょうだい」

a0731_000317.jpg


どうしていいかわからず二人のやり取りを聞いていたスベルマンは、
ようやく自分の置かれた状況が理解出来てきた様子だった。
どうやら生まれて初めて弾いたピアノが、奏でた音楽が、主とね~みに受け入れられたらしい事
そしてこの事は普通の人間には信じ難いような事であるらしい…。

促されるままスベルマンはまたピアノの前に座った。
さっき震えながら弾いた鍵盤の上に細く長い指を乗せ、気持ちを集中させる。
スベルマンの知っている曲は1つしかない。
この状況で同じ曲をもう1度弾けるだろうか…さっき弾いたのはもしかしたら奇跡かもしれない…
そう不安になりながらも自分を信じてもう1度、弾き始めた。

その音はさっきより確信に満ちた、朗々とした音であった。
スポンサーサイト
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-39番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
ショパン エチュードOp.25‐12

2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示