10
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Intermezzo~2.Andante non troppo e con molta espressione

あの出来事から気付けば1か月が過ぎていた。
直後のレッスンは先生のスケジュールの都合でどうしても出来ないのだと連絡があったと
ね~みから伝え聞いた。

「O先生もお忙しい方だから…仕方ないわね。あなたに直接代わってお話されるか聞いたら、また時間のある時にっておっしゃっていらしてね。あなたが元気かと気にしていらしたわ。」
ね~みは申し訳なさそうに言った。
「それにしてもわたくし鼻が高いわ。あなたのような天才ピアニストが家にいてくれるんですもの!こんどO先生仕込みのレッスンをわたくしにしてもらおうかしら…おほほ…」
「奥様は素質がおありですよ。私はずっと奥様のピアノを近くで聞いてきましたからわかります。」
「ま、天才ピアニストにそんな事言ってもらえるなんて、光栄ですわ!また練習しなくてはね!」
「ええ、もちろんです。」
スベルマンはニッコリと微笑んでね~みに答えた。

だがその笑みの裏に鉛のような重い塊があるのを振り払うことはできなかった。
スベルマンの美しいヘーゼルアイが悲しみに包まれて曇っている。
何をしていてもふと浮かんでしまうのが先生の事だった。

あの時、自分の感情を抑えることができなかった…。深い後悔。

あれからスベルマンは来る日も来る日もある曲を練習していた。
先生はスケジュールの都合がつかないと、もう何か月も来ていなかった。

そんな日が淡々と続いた、ある日

スベルマンは郵便受けの中に自分宛ての手紙があるのを見つけた。
スベルマンの胸は高鳴り、恐る恐る差出人の名前を確認した。

a0790_000361.jpg


Oより

そこには紛れもなく先生の名前があった。
スベルマンは急いで自分の部屋に戻ると誰にも見られないようにドアを閉め
震える手で封を開けていった。

スベルマンさんへ

先日は急に帰ってしまってごめんなさい。
驚かせてしまったでしょう。
反省しています。
それにあの後レッスンできなくて申し訳ありません。
スケジュールが立て込んでいるのはそうなのですが
一番の理由は主人になるべくドイツ国内で活動して欲しいと請われたからです。

…いえ、それが本当の理由ではありません。

私はあなたが怖かったのです。

そしてそんなあなたにこれ以上惹かれていく自分が怖かったのかもしれません。

だから、もう私はあなたを教える事はできません。

あなたのような将来のある、有望な若者を潰してしまいかねないですもの。

あなたのお気持ちを受け止めることはできないけれど
離れた場所でいつもあなたを応援しています。

あなたの魅力、あなたの音楽は素晴らしい、
それは私が、そしてあなたの音楽を聴く全ての人々が保証できます。

いつかあなたは私を超えていくでしょう。

それでは、お体をお大事になさって。

さようならは書きません。
いつか、また逢う日まで。

~Oより~



それを読み終えた時
スベルマンの瞳から大粒の涙が溢れていた。
膝をつき、手紙を握りしめ、生まれて初めてだろう、あまりの哀しさに胸が押し潰されそうになって
声を上げて泣いていた。


━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

ピアノ室からスベルマンの演奏が聴こえてきた。

「あら、今日も練習してるのね、何の曲かしら…なんていうのかとても…」
ね~みは何かにいざなわれるようにピアノ室に向かった。
そこにはピアノに向かって話しかけるかのようなスベルマンの姿があった。
その姿はね~みには神々しいとさえ思えた。
それは窓から差し込む月の光に、くっきりと映し出されるスベルマンとピアノとの対話であった。





※この物語はフィクションです
スポンサーサイト

ね〜みさん、パロディ上手いですね。
戦場のピアニストから、クララさん話への転換!!
面白くもあり、切なくもありました。笑
ちょっと映画化して欲しいと思いました。

モル作さんへ

お読みいただきありがとうございます♪

どうでもいいけどすっかり脇役が板についた?ね~みさん(笑)

0から何かを生み出すような想像力は無いですからね~(^_-)-☆

いろんな話(実在のピアニストの話もふわっと入ってます)をつぎはぎしてやっとこさここまで来ました。
脳内映画で我慢してください♪

ようやく一段落したので(笑)今日からまた真面目に練習しなくちゃです。

No title

ね~み♪さんへ 

こんにちは
読み進めて行くが何の事か???の連続でした。
最後で「※この物語はフィクションです」で締めくくられて
いたので、やっと、私の頭が正常に戻りました。 

ねーみさんのこの分野の才能を覗かして頂いて面白かったです。(^_^)
何時か又、発表して下さいね。
怪談話は嫌ですが、それ以外であれば何でもイイです。
(シンミより)

No title

シンミさん、お読みいただきありがとうございます♪。

途中から読まれた方は??ですよね(^^;
blogのカテゴリ欄の 妄想系 というカテゴリに私の今までの妄想話(笑)がいくつかありますので
もしご興味がございましたらどうぞ(*^^*)

たまに気が向いた時にこういうのも書いております。
今回の物語はシリアスな感じで書いてますが
元々はお笑い路線の話を書いてました。
またアイデアが浮かんだら書きますね~(*^^*)
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ 平均律2巻 8番フーガ
フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示