06
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

歌うように弾く

歌うように弾く、リズムを大事に、音のエネルギーを感じて…etc,etc,

いろいろな事を考えながらの練習。(私にしては珍しい…(^^;)
1週間前、正直何かすごく行き詰ってしまった感じがあって(まだ取り組んでたったの2か月なのに(>_<))
弾けない弾けない、難しい所ばかりで全然弾けないぃ~っ
と壁にぶち当たっていたんですけど…

「歌うように」という言葉が実はわかっているようで全然わかっていなかった事がわかりました。(って結局どっちなの?!)

「歌でしょ?歌…うん、歌だよね?たま~にカラオケとかで歌ったり鼻歌歌ったりするよね?」
うん、わかるよ、歌、歌ったことあるもん…

今までそこで思考がストップしてました。←なんでっ

でも人間、切羽詰まるといろいろ考えるものなんですね( ;∀;)

そう言えば一口に「歌う」って言ってもいろんな歌い方があるよね、と気付きました。

小さな子が童謡を歌うような歌い方もあれば、ソウル歌手が魂込めて歌う歌い方もあるじゃない?

純真無垢な子供が歌う歌い方と様々な人生経験を積んできた大人が歌う歌い方、同じかな?

これを無理矢理ピアノの曲に例えると(まあ無理やり例えなくてもいいんだけど…(;'∀'))
子供の歌い方=モーツァルト
大人の歌い方=ショパン
非常に無理矢理・乱暴感(#^ω^)ハハ…

そう、ショパンって大人の歌い方なわけね?!←今更気づく
穢れ無き子供の澄み切った声で童謡を歌うように歌うのはショパンじゃない・・・よね?
ショパンのワルツって、ズンチャッチャ♪ズンチャッチャ♪明るくて楽しくてウッキウキv(o゚∀゚o)v♪だけじゃない・・・よね?

私もしかしたらずっと童謡を歌うようにショパンを弾いていたかも?
私の耳はフシアナか??!!

今まで毎年のようにショパンを発表会で弾いてきたのに、何をいまさら気づいたんだろ?
こんな根本的な事、なんで今までピンと来なかったんだろう…(それは私がにb…)

よく考えたら今まで根本的な事わかってなくて、先生に
「ショパンはこうやって弾くのよ~」
って言われて
「そうか~、そうやって弾くのか~」と、表面だけ形作っていたような気がするんだけど…

ブロトモさんの記事を読んだり、いろんなピアニストのバラードの音源を聴いたり
先生のレッスンを思いだしたり…

実は理解してるようで理解できてなかった「歌うように弾く」

自慢じゃないけど、1を聴いて10を理解できるほどの能力は無いけど、今、10を聞いてようやく1を理解できたかもしれません。



スポンサーサイト

No title

私、以前歌の先生に習ってた時に、歌うってことを知って歌ってたつもりだったんですけど、今の先生になって、歌うっていうのが自分が思ってたのとちょっと違うかも!?って思ったことがあります。
うまくは言えないんですけどね。

今の先生は、歌うように、とは仰いますが、具体的な指示はありません。
足りないときは、歌が足りません、と仰いますが、
あまり具体的な指示はなく、自由な感じです。
あまりにも・・・の時はお手本弾いてくだいますが。。。
子供に対してもそうなんですよね。
だからこそ、みんなそれぞれの歌い方なのかな、とも思います。

歌う系は好きなんですけど、ほんと奥深いなぁと思います(>_<)

マミさんへ

マミさん、コメントありがとうございます(^^)/

≫歌うってことを知って歌ってたつもりだったんですけど、今の先生になって、歌うっていうのが自分が思ってたのとちょっと違うかも!?

「歌う」って先生が意味するところの「歌う」なのか、自分が思ってる「歌う」なのか?
「歌う」という言葉の中にも実はいろいろな意味があると思うんですよね。
私は表面上の「歌う」という事ばかり考えていて、ずーっとピンと来なかったんですよね。

今回たくさんピアニストの音源を聴いていて、技術云々の前に何か決定的に違うな、って思いました。←当たり前ですけど~(^^;
それが「歌う」…。

ピアノの先生はもう既に「ピアノで歌う」事は当たり前の事で、レッスンはそれを前提に行われている…ような気がするんですよね。
当たり前の事だから、ここをこうすれば歌うように聞こえる、みたいな具体的な事はあまり教えてくださらない(というか説明するまでもない?)のかもしれません(^^;

奥が深くて一筋縄ではいかないけど、そこが魅力なのかもですね!

No title

ピアノを歌わせる・・・
言うのは簡単だけれども、これがどれだけ難しいことなのか、
ということをレッスンの度に感じています^^;

私が先生によく言われるのは、
伴奏(左手や内声部)で表現する ということです。
メロディが歌いやすいように伴奏を弾き、
音価の大きい音等は内声部で表現する。
「歌うように」というと、どうしても主旋律ばかりに気持ちがいってしまいますが、実は主旋律の陰に隠れた伴奏や内声がとても大切なのだと思います。
それと呼吸も大切だと思います。
ピアノはついつい呼吸を忘れがち・・💦

どうぞ、”ね~み♪さんの「バラード1番」”を目指して頑張って下さいね♪

amyさんへ

amyさん、コメントありがとう♪

》メロディが歌いやすいように伴奏を弾き、
音価の大きい音等は内声部で表現する。

うわ、そうなんですね!メロディが歌いやすいように伴奏を弾く…例えばメロデイが盛り上がる所は伴奏も盛り上げる、とかでしょうか(もしやそんな単純な事ではなく?)
音価の大きい音、というのはメロディの音価が大きい場合ですか?
立て続けに質問ばかりすみません、ほんと、理解力が足りてない私(^^;(^^;
もし良かったら教えてくださいね。

呼吸というのは実際にピアノのお友だちが言ってたのを何回か聞いたことがあるのですが、具体的にはよくわからないまま今日に至っています(^^;
フレーズと言うことなのかな?自分の実際の呼吸なのかな?
これも良くわからないことの1つです。
言葉で説明するというのも難しいことかもしれませんが…

まだまだ知識も経験も足りないわ(^^;(^^;

追伸で~す^^

メロディが歌いやすいように・・は、歌の伴奏を思い浮かべるとよいかな?レッスンで 例え としてよく話に出ます。
メロディと一緒に抑揚等をつける、というよりは伴奏がリードしてメロディを歌わせる という感じです。

音価が大きいは、この場合はメロディにある長い音のことです。
例えば、バラードの主旋律9~10小節のメロディは付点2分音符ですね。ピアノは他の楽器のように音を出してから音量等変化をつけることはできないので、その長い音の表現は内声部と伴奏でつける と教わりました。

呼吸は手の呼吸ですね。手首で呼吸します(・・だったはずです💦)
フレーズの始めは鍵盤の真上に指を持っていき打鍵しますが、その時手首が少し上がっていて打鍵する時に手首も下ろします。
よく手が浮いている と言われるんですが、その時は手首が上がっているんですよ。手首が浮くと息が入ってフレーズの流れが切れちゃうんです。
自分の実際の呼吸?も、手が呼吸する時にしますよ^^
息を入れるタイミングを覚えるために声を出して歌いながら息継ぎすると良いと思います。

まだ他にも”自分なりのコツ”がありますが長くなったので。
言葉で説明するのは難しくて、わかりにくくてごめんなさいね。
お近くなら、ピアノを囲んでピアノ談議出来るのにな~なんて思いました。
ではまた~~(*^^)v

amy さんへ

amy さん、お忙しいのに丁寧にお答えいただいてありがとうございます(^^)/m(__)m

≫伴奏がリードしてメロディを歌わせる

むむむ…歌いやすいように伴奏がリードする…ですか…伴奏経験が無いのでわかるようなわからないような…(^^;(^^;(^^
考えてみます!

メロディの音価が大きい時、なるほど、これはよくわかりました!!

呼吸<実際の呼吸)は手首の呼吸なのですね、うんうん、手首が浮いているとフレーズの流れが切れるのですね。なるほど。
今まで意識したことは無かったですが、意識してみようと思います。
歌いながら、チャレンジしてみよう。

こういう事って文字にして説明って本当に難しいですよね。
詳しく教えてくださってありがとうございます(#^.^#)
本当にお近くだったらピアノ借りて弾きながらコツ教えて欲しい&ピアノ話したいです~~!!
今年関西遠征しようかな~~(#^.^#)
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示