FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
6
8
9
10
11
13
15
16
17
20
21
24
25
26
27
28
29
30
31
   

当たり前かもしれないけど知らなかったこと。

今の先生に習うまで、ピアノの弾き方について知らない事がたくさんありました。

初めてのレッスンはショパンのワルツ7番。
音符を正確に、楽譜通りに押さえていく事=ピアノを弾くという事だと思っていた私。(それもある意味間違いではないと思うけど)
一番の関心はいかに間違わずに鍵盤を押さえられるのか??っていう事。
ペダルの踏み方もおかしかった(今も良くわかってないけど)

ズンチャッチャ♪ズンチャッチャ♪

ワルツの7番(op.64-2)といえば、ワルツの中でも何とも言えない憂いのある大人な曲。
それをまあとにかくカサカサに乾いた味気無いワルツにしてたのですね。
ペダルの踏み方が短すぎてこの曲には似合わない、たぶん楽譜も見てるようで見てなかった。
ペダルをもう少し長めに踏みましょうと。
ワルツを何曲かやって、ノクターンのop.9-1を。
その時に初めてショパンは音符の長さをきっちり弾かなくてもいいんですよ、と。
私の中で子供の時からピアノの時は完全に止まっていたので、バイエルとかソナチネとかの音符は指示通りの長さを守る…という弾き方しか知りませんでした。
音符の長さが違うってどういうこと?(?_?)
先生はそこで私にもわかりやすく「歌う」ということを教えてくださったんでしょうね。
なるほど…ショパンは特別なのか…目からウロコが落ちました。
ある時は編曲ものだったかな、G線上のアリアだったか。この曲は繰り返しがあるんだけど、1回目と2回目は同じように弾かない方がいいんですよ、と。
繰り返しは全く同じように弾くものだと思っていた私。
え??違っても良いの??そうなの?これも目からウロコ。
先生はどちらかというと1回目はさらっと、2回目はためて弾く方がいいと教えてくれました。
へぇー、あっそうなんだ?!そういうものなのかな?
とにかく1回目と2回目は違う印象を持たせること。
音の強さ大きさも変えましょうとか。
あと、クレッシェンドの仕方。
例えば
f<ff
というような部分があったとして、私は楽譜通り
fからそのままffに強くしていこうと思っていました。というか、そういうものでしょう?と思ってました。
でもその弾き方だと、録音で聴いても正直fからffになってるなー、という感じはあまりしないんですよね。
ずーっとfだねー、と言う感じ。
そういう部分を先生は
fからあえてPくらいに一瞬弱めたところから、徐々にクレッシェンドしてffまで持っていくようにします。
すると、とてもクレッシェンドしてる、迫力を感じる効果があるんですよね。
そういうやり方も、自分では全然考えられなかったし、自分で録音を聞き返してもとても納得できるクレッシェンドになるんですよね。
まさに私にとっては目からウロコ…
自分で頑張って強く弾いてみても、聞いてる人に迫力が伝わらなかったらクレッシェンドじゃないんですよね。

以上、私が先生から教わった、(もしかして当たり前だけど、)知らなかったことです。
他にもあると思うけど、思い出したらまた書いていこう。

まだまだこれからいろんな目からウロコ体験をしていきたいですね!

スポンサーサイト

お久しぶりです!

ぶり大根です~

ピアノ再開で習い始めてから
3年11ヶ月24日
4周年まで4日

って出てました!
あと4日で4周年なのですね、おめでとうございます!
私は今年の8月で丸5年ですが、最近全然上達していません。
もっと弾きたいなぁ!



>fからあえてPくらいに一瞬弱めたところから、徐々にクレッシェンドしてffまで持っていくようにします。

これ、凄くよくわかります!
私もいま練習している曲で、
そのように弾こうと思ってる箇所があります。
上手く弾けたらいいなぁと、
あまり練習していないのに夢見ている自分がいます(^◇^)

初めまして

よい先生についておられるのですね。
私は指先のことよりも呼吸や姿勢についてよく注意されます。
繰り返すところでは一回目をさらっと弾いて二回目をためて、というのは勉強になります。
クレッシェンドの仕方についても私などは全く思いつきもしませんでした。
私も66歳になってやっと信頼できる先生に巡り合い、ピアノを弾くのがとても楽しみになりました。
これからもいろいろと教えてくださいね。
よろしくお願いいたします。

自分なりに解釈

ここ数件の記事は私にはちょっと難しい内容ですが、自分なりに解釈して参考にします。

大竹さんへ

大竹さん、コメントありがとう♪
おひさしブリトニーです!←無理やり感(笑)

そうなんです、何を隠そう(いや、隠してないけど)もうじき再開してから5年目突入です~(^^;
多分ピアノ習って一応10年くらい経つんじゃないかな?

>fからあえてPくらいに一瞬弱めたところから、徐々にクレッシェンドしてffまで持っていくようにします。

これ、大竹さんはご自分で考えてなさってるんですよね、すごい…私は思い付きもせず、先生に言われてやってみたという(^^;
いかに何も考えずに指の運動をしていたかがわかります。

大竹さんはいろいろ考えながら練習されてるし、人前演奏を重ねていらっしゃるので上達が早いと思います!
お互いに頑張りましょー(^-^)/

マリコさんへ

マリコさん、コメントありがとうございます♪

》指先のことよりも呼吸や姿勢についてよく注意されます。

なるほどー、マリコさんは呼吸、姿勢をアドバイスされるのですね。
姿勢はなんとなくわかるのですが、呼吸…
呼吸というのは度々聞くのですが、私は実際にアドバイスされたことが無いのでよくわからないんですよね。

マリコさん、信頼できる先生に巡り会われたとのこと、良かったですね(*^^*)
やはり教えていただく先生の事を信頼できなければいくら素晴らしいこと教えていただいても吸収するのは難しいですよね。
私も今の先生は人間的にも演奏も素晴らしいと思っています(*^^*)
お互い、素晴らしい出会いに感謝ですね!

拙いblogですが、レッスンで気づいたことをなるべく書き留めるようにしていきたいです。

イズラーさんへ

イズラーさん、コメントありがとう♪

なんか私もここのところすごく難しい内容だなって思ってるんですよ。
習い始めは音を並べる事だけで精一杯でしたし、正直今もそうなんですけど…
ピアノって押せば音が出るから一見簡単な楽器のようで、実はとても奥深いんですね…それが最近ようやくわかってきた気がします。

No title

分かります分かります(^^
「クレッシェンドの開始は弱く」とか、松葉記号「<」は直線的な変化では薄いとか、そういう細かなやり方が、音楽のルールというか素敵な演奏の秘密・コツなのですよね。

本で知ったり、レッスンで教わったり、多数のプロや上級者の演奏を聞いているうちに自然に備わったりして、身に付けていくのでしょうね。

繰り返しをどう変えるか、というのは私もこだわっています。
雰囲気をどう変えるか、ということを考えて、「こんなものか」と思わせといて、後半に違いを演出する、という感じとか(^^
易しい曲でも、初心者とは思えない演奏にみせることができるみたいです。

けもネコさんへ

けもネコさん、コメントありがとう♪

≫細かなやり方が、音楽のルールというか素敵な演奏の秘密・コツなのですよね。

そうなんですね、きっと。
それこそ休符の扱い方とか、音符の意味、細かい楽譜の情報…
1つ1つは一見大きな変化に結びつかないような気がしても、少しずつ気を付けていくと全体的な印象がガラッと変わるのかも…なんてことを考えています。

繰り返し部分の変化については大人ならではの見せ場という気もしますね。
いかに変化を付けて楽しめるか…みたいな。
そういう遊び心も大事ですよね。

No title

こんにちはー(^^♪

3回連続で、内容豊富な記事で本当に読み応えがありました!
「そういえばそうだったなぁ」とか「何となく分かってたけど言葉で説明するとそういうことかー!!」とか、新たな発見がいっぱいでした(*^▽^*)

「目から鱗」シリーズ、これからも楽しみにしてます(≧▽≦)

Nekoushiさんへ

Nekoushiさん、コメントありがとう♪ 

この拙blogが少しは役に立った?ようで良かったです(^-^)/
こういうこと、ピアノ弾いてる人は常識的な事なのかなぁ?それとも私みたいに知らないで弾いてる人もいるのかなぁ?と思って記事にしてみました。

目からウロコな事がまたあれば書いていきたいです~(^-^)/
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン アルペジオ
ショパン スケルツォ1番
ソナタ3番1楽章

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中
ショパン プレリュードop.45

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる