06
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

いつだって「私に弾けるかな?」と考える

ピアノ再開前の頃と再開後の今、ピアノ曲(演奏)に対していろいろ考えが変わってきました。

昔は今ほど情報が発達していなかったから、ピアノの曲を知る手段が少なかったです。
ラジオかテレビかレコードかコンサート…くらいでしょうか。

ラジオやテレビで演奏を聴くという事は時間にも限りがあったし、エアチェックというのかな?わざわざ新聞等で放送時間を調べて視聴するとか、偶然流れてくるとか、とにかくそうそう頻繁に聴けませんでした。
コンサートなんて当然コンサートが開けるくらい有名な方じゃないと一般人には情報すら入らないし、当然有名な方だとチケット代は高額です。
親がクラシックピアノに興味があるとかでコンサートに行くのが当たり前な環境でない限り、思いつきもしないでしょう。
レコード、これも当時1枚2500円とか3000円する代物でした。
そんな高額な物をこの曲素敵~~~だけで子供が毎回買うわけにもいきません。
それにピアニストをよく知らないで買うってかなり冒険というのか、自分の気に入る演奏かどうか聴いてみるまで分からないなんてことがあります。

私のピアノは何回かブランクがありますが、子供の頃は2年やって何年か休んで…みたいな感じでした。
その頃はもちろんショパンのいろいろな曲を聴いて「すごいなぁ!綺麗な曲だな~カッコいいな~!」なんて思いましたが、その曲が自分で弾けるか弾けないかはあまり考えなかった気がします。

大人で再開後ですね、良いなぁと思ったらまず
「自分で弾けそう?弾け無さそう?」
ってすぐに考えてしまいます。
聞いただけでは弾けそうでも楽譜を見たら「うっ("^ω^)・・・無理」ってなるのもあるし、
逆に複雑そうでも意外に弾けそうなものもあったり、聞くだけではわからないものですよね。

とにかく今は
「自分で奏でる事が出来るのか否か」
という目線?で曲を捉える事が多くなった気がします。

そして現代ならではのYouTube活用法。
モチロン普通に好きな曲のいろんな人バージョンを聞き比べするっていうのもあるけど、
「この曲ってどんな譜面なの?」
っていう時も結構役立ちます。
音源と共に親切に譜面が載ってる動画もあるんですよね。有名な曲ならほぼあるし、私は耳から入るタイプではないのでまず譜面を確認したいのです。

いやあ、便利な時代だわ~。



スポンサーサイト
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示