FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

発表会での失敗って何?

「発表会で失敗する」「発表会で失敗した」

よくそんな風に言いますよね。

失敗とは?
ネットで調べてみると

物事をやりそこなうこと。方法や目的を誤って良い結果が得られないこと。しくじること。

つまり演奏に当てはめると、練習の方法を間違えて良い結果が出なかった、となるのでしょうか?
演奏をしくじった・・・とか?

個人的な感覚なのでどうしようもないですけど、私は

「発表会で失敗した」

という表現にはとても抵抗があります。

例えば演奏が止まってしまった、間違ってしまった、弾き直しをした…

こういう事ってプロの演奏会ならいざ知らず、素人の発表会ではよくあることだと思うんですよね。
現に私は正直毎回そんな感じです。

それって「失敗」なんですかね・・・・?

なんか、いやだなぁ・・・

私の感覚がおかしいのかもしれないですけど…

「失敗」の対義語って確か「成功」だと思いますが、

失敗=目的を誤って良い結果が得られないこととすると、

成功=計画などがうまくいき目標が達成できたこと

となります。

じゃあ発表会で演奏することの目標って一体何でしょう?
これは人それぞれとしか言えないと思います。

ミスタッチが一つも無い、表現的にも素晴らしい演奏、が目標ならば、私の演奏は成功したとは言えないと思います。
でも、私の発表会での目標はそういう事ではありません。

自分の好きな曲を舞台の上でたとえ間違っても止まってもいいから最後まで弾く

というのが私の目標なのです。
そういう意味では実は毎回成功してるのかもしれません。
毎回目標は達成していますからね。

思えば最初の発表会の時は弾いてる所がわからなくなっちゃって何度も演奏が止まったな、
次の時はいわゆる難易度が低めの曲?というのを弾いたけど、それでも間違った、
その次はやっぱり弾いてる所がわからなくなって止まっちゃった、
そして昨年は壊れたレコードのように同じ所を何回も弾き直したりしたな(^^;

でも、毎年最後まで弾き切りました。
子供には「お母さん、失敗したよね?」って言われましたけど、私は失敗したとは思いません。
聴いてる人は不快だったのかな?
正直聴く人の事を考えていないんだと思います。
「どう思われても良いや、この演奏が今の私だ」とかそんな感じかも。

そしてつくづく思います。
素人の発表会での失敗って何なのでしょう…?

きっと目標のハードルが高ければ高い程、自分が苦しくなりますよね。

音も美しくて、ミスタッチ一つ無く、聴く人を感動させられる演奏。
それはもはや、プロ。

そんなストイックな向き合い方も実はちょっと憧れますけどね…

スポンサーサイト

No title

なるほど、確かにそうですね。

人前で演奏するにあたってどうしても「ミスしたくない」って強く思ってしまって、でもその結果緊張しちゃって余計ミスを呼び込むみたいなところはありますね。

ありのままの自分でいいじゃないか、聴いていただいてありがとう、って気持ちで演奏した方がなんか気が楽かもしれませんね。

もちろん聴いている人を不快にさせるような演奏はしたくないけど、それは弾き直したり止まったから不快になるってわけじゃないですもんね。

今自分ができることを精一杯やろうって気持ちの方がいいかな。
発表会が近づいてきて肩に力がグググっと入ってしまってましたが、ね~み♪さんのおかげでちょっと気持ちを楽に出来そうです。

素人の演奏ですし、みなさんお互い様、温かい目で見守ってくれてるし、コンクールじゃないんだしね。
あまりストイックに頑張り過ぎないようにします。

No title

ね~み♪さんこんにちは^^
前記事を含め、いろいろと考えました。
素人の発表会での失敗ね。人により考え方が違いますものね。

私の目標もね~み♪さんと同じです。
再開して18年、何度も本番演奏を経験しましたが、ノーミスで弾けたことは皆無、何度も途中で左手迷子になったり楽譜が飛んで数分止まってしまったり、いろいろありましたけど途中で演奏を止めたことは一度もありませんでした。
ある人に「(毎回ミスしても)よく頑張って弾けるね。」なんて言われたこともありましたよ。
日本人特有なのかなぁ~?
ミスする=失敗=恥ずかしい という風に考えてしまうんですよね。
私はこの ミスする=恥ずかしい という気持ちが薄いのだと思います。

以前習っていた先生は欧州で長く生活されていて、そちらでアマチュアのピアノの集まりに参加されていたそうです。
その集まりは本当に音楽が好きな普通の人達が楽器演奏を披露して楽しんでおられたとか。
演奏自体は、ミスだらけだったりたどたどしかったりで聴いていると正直言って・・・だったそうですが、演奏されている方は本当に楽しそうで、参加されている方全員楽しんでおられたことが印象深かったと言われてました。
文化の違い、なんですかね?

こう考えると、日本人の方で、
発表会で失敗する=恥ずかしい だから本人が可哀そう(??)と考える方がおられてもおかしくないかと。
・・・・・まぁ~そんな理由じゃないだろう、たぶんね。。。
などと思っています(笑)

No title

ね~み♪さんの「自分の好きな曲を舞台の上でたとえ間違っても止まってもいいから最後まで弾く」という目標、よく理解でき共感できますし、素敵だと思います!
「この曲好き!」というのが聴いてくださる方に伝われば成功なのでは?と思いました。
本人的には「弾いてみたけどイマイチ萌えなかった」とか「乗れなかった」だったら失敗になるのでしょうけど、好きな曲を弾いてそうなることはあんまりないかなぁ。
私は大昔、学校の文化祭で弾いたとき、音外しまくって「やらかした」ことがあるのですが、客席では好評だったと後で聞かされて、かなりビックリしたことがあります。その時に選んだ曲は、やっぱり、好きな曲でした。
というわけで、前記事で書かれていた選曲とも深く関係がありそうですよね。Nekoushi音楽院(笑)では、明らかに手を痛める曲以外は自由に弾かせると思いますし、生徒としては、そういうのだけは止めてほしい気はします。

No title

いつも読み逃げばかりですみません。m(__)m

発表会の失敗の、息子にも言い聞かせているウチの定義は
日時を間違える。
集合時刻(リハとか写真撮影も含め)に遅れる。
などの、迷惑行為だけですね(爆)
自分でもどうかという気がしてきました、、、(^-^;

まんまるお月さんへ

まんまるさん、コメントありがとうございます(^^)/

≫ありのままの自分でいいじゃないか、聴いていただいてありがとう、って気持ちで演奏

本当にそうですよね、頭ではわかっていて納得しているはずなんですけど、それでも直前までは葛藤しますよね。

≫今自分ができることを精一杯やろうって気持ちの方がいいかな

そうですよね、そんな気持ちでいつもいられたらいいなぁと思います(#^.^#)

ストイックに頑張るのもとても素晴らしい事ですよね。
自分のやれる範囲でストイックに・・・

まんまるさんも発表会もうじきなのですね。
お互いに悔いの無い発表会になりますように(^^)/

amyさんへ

amyさん、コメントありがとうございます(^^)/

≫ミスする=失敗=恥ずかしい という風に考えてしまう

はい、私もそう考えがちです(^^;
特に最初の発表会はそんな気持ちがとってもとっても強かったです。

なるほど、amyさんは割とそういうお気持ちが薄いのですね!それはすごい強みだと思います!
私は発表会の数は少ないですが、やはり初めての時よりはだいぶ気持ちが変化してきました。
慣れというのもあるのかもしれないですよね(#^.^#)

以前の先生の海外でのお話、何か良いですね~読んでいてその方達の笑顔が浮かぶようで…良い話だな~。
ありがとうございます。

≫そんな理由じゃないだろう、たぶんね。。。

そうですね~、ほんとうにこればっかりは想像の域を出ないですけどね・・・まさか・・・ね・・・?


のんびりくろねこさんへ

くろねこさん、読み逃げでも全然大歓迎ですよ!
コメントありがとうございます(^^)/

ふむふむなるほど・・・・

くろねこ家の失敗の定義、納得です!
確かにそれは・・・息子さんちょっと失敗したかもですね?(^^;(^^;
でもこれに懲りて?いやその失敗を糧に?
きっと身も心も演奏も一回りBigに成長されるのでしょうね!
将来が楽しみ楽しみ♪

目標

ノーミスクリアが目標だったら、いまだかつて「成功」したことがないのですけど(o_o)

レベル1: 聞く人がなにかしら「素敵」と思う瞬間があればとりあえず成功
レベル2: 聞く人が、「この演奏はやく終わってほしい」じゃなく「もっと聞きたい」と思ってくれたらめっちゃ成功
レベル3: あの人の演奏をまた聞きたいと思ってもらえたら…まぁ一生なさそうだわなそんなこと

レベル1の成功をとりあえずは目指してて、それはちょくちょく成功している、ような気がします。たとえばバルトークのバラードを弾いたときに、ハッとするような休符から絶妙なタイミング(と、自分で思っている)で次につなげたときに、ふと、聞いてる人の心がついてきた感じがして、それはすごくうれしかった。

生きてるうちにレベル2が体験できたらイイネ

Nekoushiさんへ

Nekoushiさん、コメントが前後してしまい申し訳ありません!
いつもコメントをありがとうございますm(__)m

「この曲好き!」というのが聴いてくださる方に伝われば成功なのでは?と思いました

そうですよね、本当にそう思います。聞いて下さった人の一人でも伝わっているなら大成功ということかもしれませんね。

≫明らかに手を痛める曲以外は自由に弾かせると思いますし、生徒としては、そういうのだけは止めてほしい気はします

それは確かにそうですね。
物理的に弾くのが難しい場合がありますよね。その場合無理して弾いたら取り返しのつかない事にもなりかねませんよね。
そういう意味ではその理由を説明した上で止めさせるのはやむを得ないですね。

Nekoushiさんは文化祭でピアノを弾かれたのですか~!すごいですね。
そのような経験をされている事って貴重な心の財産ですよね(#^.^#)

アンダンテさんへ

アンダンテさん、コメントありがとうございます(^^)/

成功の基準をどこに置くか、何を持って成功とするか、で変わってきますよね~。
アンダンテさんのレベル分け、さすが目標がお高いなぁと感じました(#^.^#)

≫聞く人がなにかしら「素敵」と思う瞬間があればとりあえず成功

そうですね~私からすればこれはもう大成功と言っていいんじゃないかと思いますよ!

良くなかった事に焦点を当てるのではなく、こうなれたらいいなと考える所がいいですね(#^.^#)
実際の自分の演奏で気に入ってる所が、聴いてる方に伝わるような事があればとても嬉しいですよね。

レベル2、体験できたら最高ですね!
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン 半音階・アルペジオ
ショパン スケルツォ1番

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示