FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

『難しい曲を弾く』のではなく…

なるべく毎日ピアノの練習をしようと思ってはいるものの、どうしてもコンスタントに練習出来ない時もあります。
出来る時は2時間とか出来る時もあれば、出来ない時は0・・・という感じです。
ピアノ的には毎日30分とか一定の時間出来た方が良いかもしれませんね。(なかなかね~(^^;)

さて、今メインでやってる曲も、昨年やった曲も、私の実力からすればかなり無理してる選曲かもしれません。(ていうか、そうです)
多くの教室ではおそらく1年に1回の発表会。
その舞台にちゃんと弾けるかどうかわからないような曲…それってどうよ?
自分だったらそんなの絶対に無理、だって弾きこなせなくて恥をかくのは自分だよ?っていう意見はそれはそれで素直な意見だと思います。(私が言われたわけではありませんが)
私も迷いましたし。

なんていうのか、無難?にちょっと目標下げて弾きこなせそうな曲を…
と、思いました。
けど、よく考えたら「目標下げて弾きこなす」って事自体が土台無理なんですよね。
まず、目標を下げたら弾きこなせるのか?←これ、今「バラード」と同時進行してる「間奏曲」がありますが、弾きこなせてません。バラードより難易度は低いはずですが…ほらね、無理じゃん(^^;
発表会候補だった曲「大洋」、かなり長い間やってましたが弾きこなせませんでした。
「フーガト短調」これもダメダメでしたね。
今までの発表会で弾いた曲。昨年の「ため息」これすごく頑張ったけど本番は壊れたレコードみたいでした。でも、あこがれ曲だったから悔いは無い(^^)
一昨年の「別れの曲」先生からのお勧めで弾いたけど、弾きこなせはしなかった。
その前は「ワルツ14番」これも先生のお勧めで弾いたけど弾きこなせなかった。
その前の「ノクターン1番」「軍隊ポロネーズ」共に全く弾きこなせなかった。(結局毎年ムリしてるからかしら?!)

というわけで、結局どんな曲を選んでも「弾きこなす」域に辿り着くなんて、私程度の人が頑張っても無理なんじゃないの?って思うんですよね。
もちろん努力はするし目標はあって近づきたいと思うけど。

今までの発表会で、弾きこなせなくても納得したっていうのは自分で本当に弾きたい曲を弾いた時だけなのかなって。
でもこれはあくまで私の感じた事であって、そうじゃないって言う方もたくさんいるでしょう。

他の方のblogを拝見してると、実力とかけ離れた曲を弾く事に抵抗を感じる方は結構いらっしゃるんだと感じます。

元々私がピアノを習いたいと思ったのは、憧れの曲達を弾きたいと思ったから。
そして、その憧れ曲たちは揃いも揃って何故か私の実力とはかけ離れた曲だった。
あのレコードで聴いて衝撃を受けた曲たち。
私を一瞬で虜にしたあの曲たち。
こんな曲が弾けたら!(*^^*)
それらは殆どが、たまたま?私にとっての『実力不相応曲』だった訳なのですね(^^;

だから、今の私は
『難しい曲(だから)を弾いてる』
訳ではなく、
『憧れた曲を弾いたら私には難しい曲だった』
ということなんですよね。
スポンサーサイト

No title

ね~み♪さん、こんにちは。
かつです。

『憧れた曲を弾いたら私には難しい曲だった』いい言葉ですね!
『憧れの曲』がないのでうらやましく思いました。

ちなみに私も発表会で『ワルツ14番』『軍隊ポロネーズ』を弾いたことがあります。
ショパンの曲はいつも弾けた気分になりますよ(嘘だろ…)
ゆっくり弾いても崩れたとしても、ショパンのメロディはいつも素敵だから心地がいいのです。
聴いているほうは地獄かもしれませんが。。
「目標が低いから弾きこなしている感がある」って凄くないですか?(笑

かつさんへ

かつさん、コメントありがとうございます(^^)/

そうでしたか、かつさんは特にどうしても弾きたい曲というのは無いのでしょうか?
でも小さい頃ピアノをなさっていて、大人になって再開したという事はきっと何かピアノに向かいたい気持ちやきっかけがあったはずですね。

ショパンの曲はいつも弾けた気分になる、ってすごいです!
私はいつも心の中にある理想の演奏には程遠い演奏しかできないような気持ちになってしまいます(^^;
それでも憧れた曲を自分が弾いてるというだけで気分は上がりますね(#^.^#)


No title

ピアノブログは、○○するべき的な、正解やルールをひとつに絞ろう、みたいな方向の記事もちょぼちょぼありますね。
義務教育のテスト的な発想や、マンションの管理組合みたいなグダグダな空気を感じます。
自転車にシール貼りましょう、そうしましょう、絶対そうしましょう、誰か貼っといて下さい、みたいな。
私は、ガラパゴス現象のひとつなんだろうと解釈してます。笑

No title

憧れの曲ですか~

私の知り合いに、
絶対にショパンのバラ1、という方がいます。
ね~みさんが頑張って練習している曲です。
でも、
「今の私のレベルでは絶対に弾けっこないから、
 私がそのレベルになるまでは楽譜とも対面しない」
って仰ってます。
なるほど、楽譜とも対面しないですか・・・と思いましたが、
本人はそれはそれでワクワク感を味わっているようです。

モル作さんが仰ってますが、正解はひとつじゃないんだなぁって。
本人が楽しめれば、周りに迷惑を掛けなければ、それでいいんだなぁって、思いました(^^♪

モル作さんへ

モル作さん、コメントありがとうございます(^^)/

≫ガラパゴス現象のひとつなんだろうと解釈してます

そうですね、なんとなく、「正当な手順を踏まない者は例え趣味であってもここから先は立ち入り禁止」っていう雰囲気を感じます(^^;
←正当な手順を踏んでない人(笑)
例え先生から見て実力がついてなくても、生徒がやりたいんだったら「やってみましょう!!」って二つ返事でやらせてほしいし、気持ち良くチャレンジさせて欲しいですよね。
CDみたいに弾けないのは自分が一番良くわかっているわけです。
それでも自分が弾く事に意味があるんじゃないかな~。ってちょっと偉そうですね(^^;

大竹さんへ

大竹さん、コメントありがとうございます(^^)/

≫本人が楽しめれば、周りに迷惑を掛けなければ、それでいいんだなぁって、思いました(^^♪

仰る通りだと思いますよ(^^)
もちろんそれが大前提ですよね!
憧れ曲を大事に最後まで取っておくというのもそれはその方の素敵な考え方だと思います。

No title

ね~みさんの先生が勧めるのだから、難易度は合っているのだろうと予想します。
先生は、ね~みさんの秘められた実力に気が付いているはず!

芸術に完成形は無いと考えると、永遠に終わりは来ないとも言えますよね。結局のところ、挑戦し続けるのがピアノ道なのかなと、思います。

憧れの曲に挑戦するなら、歳をとっていろんな能力が衰える前に、若いうちにこした事はないので、今やるしかないですよね(^^
(と、自分にも言い聞かせていますw)

けもネコさんへ

けもネコさん、コメントありがとうございます(^^)/

うちの先生は「大人は弾きたい曲を弾いていい」
と考えるタイプの先生ですよ。難易度が合ってるとかはよくわかりませんが、私にはあちらこちら手に負えない所があるのは事実(;'∀')

≫芸術に完成形は無いと考えると、永遠に終わりは来ないとも言えますよね。

これは本当にそうですよね、完成形なんてないでしょうね。
世の中にはまだ知らない素敵な曲がたくさんあって、その中の一体何曲が自分に弾けるのだろうと思います。
1日でも若いうちに憧れ曲にチャレンジしていきたいですね(#^.^#)

No title

こんにちは。初めまして!全く同感なのでコメントさせてもらいます。私もピアノ2年目ですが、難易度ウルトラCのような曲ばかり練習しています。弾けてませんけどね。でも背伸びしないと、なぜ基礎が大事だとか気づきませんので。結局、自分が楽しくない曲を弾いてもしょうがないと思います。でも、ちょっと背伸びしたところに憧れの曲があるというのは凄くうらやましいです(笑)

ご縁のある曲

私は,発表会が近くなると,弾けないところがすごく気になって,何でこの曲にしたんだろうと自分を責めたりもしました。

しかし,沢山ある曲の中からその曲を選んだのは,何かのご縁かもしれません。迷わずに練習をするしかないのかも。

それと,私が発表会で躓いたのは,それほど難しい箇所ではないけれど,指使いで悩んだところでした。弾きにくいところだけでなく,弾けるようになっても何か問題が隠されているところも要注意だなあ。と反省しました。

発表会を経験するごとに,一皮むけるはずと,私は思っています。

efuさんへ

efuさん、はじめまして。コメントありがとうございます(^^)/

ピアノ始めて2年で難しい曲にチャレンジされていらっしゃるのですね!
頑張って下さいね!

≫でも背伸びしないと、なぜ基礎が大事だとか気づきませんので。

そうですね、何事も自分でやってみないとわからないって事はありますよね。
自分が好きと思う気持ちが結局一番の原動力になりますね。

モモさんへ

モモさん、コメントありがとうございます(^^)/

≫沢山ある曲の中からその曲を選んだのは,何かのご縁かもしれません

そうですね!ピアノを始めてから私も「ご縁」というものを身近に感じるようになりました。

≫私が発表会で躓いたのは,それほど難しい箇所ではないけれど

これ、とてもよくわかります。大抵すごく難しくて何回も練習した所じゃない所でアレ?となりますね(^^;
発表会のような大きな舞台ってきっととても自分に負荷をかけるから成長できる気がします(#^.^#)

No title

こんにちは。
「弾いてみたら難しかった」わたしもほとんどがそれです。ピアニストの演奏かCDを聴き、魅了され、「弾いてみたい」で弾いてみると 、え?難しそうに聞こえなかったという箇所から
難しそうだなって思った箇所まで、あれもこれも。
ピアニストは楽々と弾いてくれちゃってますもの。
最近まで弾いてたスカルラッティもそうでした。
でも先生が一言「この曲 難しいですね。トリルをきれいにとか誰か見本になる演奏のイメージがあってだと思うけど、それより
もっとリズムに乗って軽やかに、技術はまだだけど 歌心はわたしが一番くらいの気持ちで弾いてみて」 で 練習していっ
たら 自分でもずっと音楽になったと。であがりになりました。
ピアニストじゃないんですもの、楽譜を読み 作り手の想いを汲み、自分の音楽を弾く、それでいいんだと思うなぁ。
ね〜みさんと同じようですね。

コペさんへ

コペさん、コメントありがとうございます(^^)/そして、先日はありがとうございました(#^.^#)

先生のお言葉
≫歌心はわたしが一番くらいの気持ちで弾いてみて

これすごくよくわかります…思ってはいても実際どうやれば?ってところでいつも躓いてるような気はするんですけどね(^^;
コペさんはきちんと音楽になって(意思を持った音が出せて)OKになったのですね。

≫楽譜を読み 作り手の想いを汲み、自分の音楽を弾く、それでいいんだと思うなぁ。

そうですよね、自分が納得できる音楽が奏でられたらなぁ…
まだまだその域に達して無いけど理想を追い求めていきたいです!
ありがとうございます~(^^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

鍵コメさん、コメントありがとうございます(^^)/

先日はこちらこそありがとうございました(#^.^#)
そしてここを見て下さっているのもありがとうございます!
鍵コメさんのバラード4番はちゃんと鍵コメさんのものになっていてとても素敵でした。
お聞かせいただいて私もこれからもっとバラードに気持ちを入れていきたいなって思いました。

> モチベーションも上がりました。人前で弾こうかと思っている気持ちを後押ししてもらったような。

そんな風に仰っていただいて嬉しいです。
あんなに素敵に弾けるんだから、どんどん人前の演奏してくださいね!
あのような感じの会でよければまたこれから企画?したいと思っています(^^)/
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン 半音階・アルペジオ
ショパン スケルツォ1番

♪今年の一区切り曲

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示