06
3
4
5
7
8
9
10
11
13
15
16
17
20
21
24
25
26
27
28
29
30
   

素敵なピアノ弾き・・・

先日先生の伴奏する合唱の発表会があって行って来ました。


先生の大ファンなので先生が出ると聞けば万障繰り合わせの上(大げさやねー)
行くようにしてるんですが
今回は本当に本当に大変失礼な話なのですが
「ふ~~ん、伴奏かぁ・・・」などと、ちょっぴり思わないでもなかったんですよね。

「伴奏」と聞くと完全にトーシローの浅はかな考えで
「メインじゃない」って事は大変失礼な(しつこいね)言い方ですが
添え物みたいな感覚なのかと思ってたんですね。
あくまで合唱がメインで、伴奏は脇役ですよね?と。

で、行って来た訳ですが、案の定脇役でした・・・・
な、わけないでしょー!!ヾ(`Д´*)ノ
先生、すごかったんだから!!
確かに合唱の方が人数多いし人数では負けてるよ?!一人だし(そこかよ・・・)
でもね、存在感があるのよ、ピアノって!!(今更何言ってんのぉ?・・ヽ(´Д`))
合唱を引き立たせる時はちゃんと控えめに弾いて引き立たせ
間奏やソロの部分はバシッとかっこ良く決め決めでしたのよ!!
合唱なのに一人あらぬ方向を向いていたアラフィフおばさんなのでした。

と、まあ半世紀も生きてんのに世の中知らない事だらけですね(´∀`;A
ほ~んと、恥ずかしいわ・・・ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ
                    ↑
       (これが気に入ったらしい・・・)

そう、そしてそれはこれから起こる事のただの序章にすぎなかった事を、ね~みは知るのであった。

その次の日、先生から1通のメールがね~みの元に届いた。
プライバシーの関係で全文は載せられないので抜粋させていただく。

「今日、飲み会だから遅くなる~、夕飯いらないから!」なにーーー!!ヽ(`Д´#)ノ

げ!これはダンナでした、失礼。(しかも全文だし)
じゃなくて

「昨日はありがとう---途中略----ね~みさんもより磨きをかけて素敵なピアノ弾きになってくださいね----略----」

『素敵なピアノ弾き』???

『ピアノ弾き』

そもそもピアノ弾きという意味がよくわからない。
検索してもウィキなんとかとかは載ってない(当たり前)

なんとなく私の勝手な考えだと「ピアノ弾き」というからには
少なくとも「ピアノで稼いでいる」「ピアノを生業としている」
みたいなイメージがあったんですが、
先生のメールの中で使うこの場合の「ピアノ弾き」という言葉、
明らかに私の中の「ピアノ弾き」の意味とは違ってる。

趣味だろうとナンだろうとピアノをちょっと弾いてると「ピアノ弾き」・・・
なんだろうか?
そしたら先生の所に行った時しかピアノ弾かないうちの子だって「ピアノ弾き」だし
子供を習わせてる親の会話なんか
「ちょっとー、うちのピアノ弾きったら全然練習しないのよ!!」
「そうそう、うちのピアノ弾きも同じ!たまにはやりなさいよ!っていつも怒ってるわよ~」
とか楽しすぎませんか?(*^▽^*)

私の勝手な結論=趣味とかお仕事関係なく、ピアノを楽しんでる人を「ピアノ弾き」っていうのかな?

だとすると、このブログも
「ピアノ弾きね~み♪のピアノ再開日記」
とかにしてもいいのかなぁ?
「素敵なピアノ弾きになるためのね~み♪のピアノ再開日記」でもいいか。
(そもそも長過ぎだわ!)
いや、別にしませんけどね・・・・。

妄想妄想・・・
スポンサーサイト

No title

ああそういえば、
今は趣味でピアノを弾いてる人も
自分のことを「ピアノ弾き」って言ってる人いるよなあー
と、思い出しましたが、きっとね~み♪さんのいうとおり
ピアノ楽しんで弾いてる方達はみんなピアノ弾きなんでしょうねえ^^

では私もピアノ弾き!
練習曲をめちゃくちゃ苦しみながら弾いてますが
楽しくて楽しくてしかたないです♪♪♪


No title

ピアノ弾き  それは本当にピアノを弾いて楽しんでる人は
みんな ピアノ弾き ということで良いんじゃないでしょうーーか~?

以前 通っていた教室の先生に 聞いたことがあります。。。
「先生 ピアニストっていうのは 何をもってピアニストと呼ぶんですか?」
と 聞いたら 「あら ピアニストといのは、この私だってピアニストですといえば ピアニストなのよ。 特に資格が必要なわけではないし・・・」
と言ってました。
ピアノのレベルがどうだとか どの曲が弾けるとか そんなこと関係ないということですよね。
ただ お金をわざわざ払ってもらって 聴きにきてくれるお客さんが
たくさんいれば そこに価値があるんでしょうね~。

No title

こんにちは~♪

合奏の伴奏...なんか分かります。
私も合唱の伴奏のピアノって以前はまったく耳に入って無かったというか...気にとめて無かったんです。

でも、今、こうしてピアノ弾きになったら
先日、合唱コンクールのテレビをみて、やたらピアノばかりに耳が行っちゃう!
え?合唱のピアノってこんなにおしゃれなアレンジだったの?
ね~み♪さんおっしゃるとおり、合唱は引き立てソロの部分はバシッとね!
それとも最近の合唱がそうなのかな?

「ピアノ弾き」ってなんか良い響きね♪
私は普段から家族や友達にメールする時
「ピアニストは今日は忙しい..」とか言っちゃってました(^^ゞ
でもこれから「ピアノ弾き」使わせてもらうわ♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うちの先生は歌い手なので、伴奏は難しいよ、と仰います。
良い伴奏者は、ただ弾くだけでなく、
歌い手をどのように歌わせるか、
歌い手のほしい音(音質)を読みとって、その音をくれる伴奏者。
伴奏者も声には出さないけど歌えなきゃねって。
伴奏の上手い人はソロも上手いって。

歌い手を引き立たせる伴奏に、
私も声楽の演奏会を聞きに行った時に感動しました。
伴奏一つで全然違いますからね。

「ピアノ弾き」素敵な言葉ですね。

熟カピさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

ピアノを楽しんでる方はみんな、「ピアノ弾き」なんですね~♪

なんというか自分の中では「ピアノ弾き」ってプロっぽいイメージがあったんで
ちょっとばかりカルチャーショック?を受けましたね~。
ただ単にものを知らないだけか・・・・(´∀`;A
こうやって再開して初めて出会う言葉たち、たくさんあるんですよね。

ピアノ弾き熟カピさんは明日、楽しんでくださいね♪
(ピアノで苦労するのもある意味楽しい!?)

ゆめゆりさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

ピアノを楽しんで弾いてる人=「ピアノ弾き」なんですね♪

ゆめゆりさんはピアノの先生に「ピアニスト」の定義を聞かれたのですね(^^)
ピアニストに明確な定義は無いのでしょうね。
という事は私たちも「ピアニスト」というわけかもしれませんネ♪
そうか~、資格とか無いですからね。
なるほどなあ~、と思いました(^^)

私達は「ピアノ弾き」であり、「ピアニスト」でもあるんですね(^^)

ゆっきさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

ゆっきさんも以前は「伴奏?ふ~ん。。。」
という感じだったのでしょうか。
私もです。(反省)

でも「ピアノ弾き」になったら見方が変わったんですね!
私なんて「ピアノ弾き」になってもまだわからなかったです(´∀`;A
本物を聞く体験するまでは・・・
そうそう、なんていうか合唱の添え物ではなくおしゃれなアレンジがされてるんですよね~。
華やかなソロの見せ場を作ってあってグリッサンドでジャラ~~ン♪
とかね(^^)

呼び方は「ピアニスト」でも「ピアノ弾き」でも良いみたいですよ♪
「ピアニスト」?いや~~ん、テレテレだわニャハハ(*^▽^*)
って人は「ピアノ弾き」でもいいかもですね~(^^)


鍵コメントさんへ

コメントありがとうございます(^^)

メールのほうで返信させていただきました♪

マミさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

マミさんの先生は声楽なさってらっしゃいますものね!
伴奏にはお詳しいでしょうね~!

ソロと違って相手の欲しい音を出さなくてはならない、
高度なテクニックを必要とするんだなあ~と。

本当に無知な私はこの日まで
「伴奏でしょ・・・?」と思っていました(´∀`;A
知らないって恐ろしい^^;
心を込めた丁寧な演奏がどんな場であれ、感動を呼ぶんですね。

先生が送ってくれたメールに
「より磨きをかけて」とありました。
「素敵なピアノ弾き」になる為には、ただ「弾ける」だけではダメなんだよ、とも教えてくれている気がしました(^^)

No title

ピアニストに比べるとピアノ弾きのほうが敷居が低い感じはしますね。
とはいえ私はピアノ弾きですとは言えませんけども・・・。
弾けると言えないレベルだと思ってるので^^;

私の先生もコーラスの伴奏などたまにされてるそうです。
すっごく緊張するっておっしゃってます。
ソロとはまた違ってコーラスを引き立たせるような演奏でないといけないし、呼吸を合わせないといけないから自分の演奏に必死ではダメなんでしょうね。
私にはできないことだな~、すごいな~って思ってるんですよ。

自分からは言わないけどもし趣味は?って聞かれたらピアノを弾くことです、とは言えるかな。

まんまるお月さんへ

おはようございます!
コメントありがとうございます(^^)

そうですよね~、なんとなく「ピアニスト」よりは「ピアノ弾き」の方が言いやすいかもですね(^^)

実生活では私はなかなか「ピアノ弾きだから・・」とか使う場面も無い^^;のが実情ですが・・・

まんまるさんの先生も伴奏をなさるんですね(^^)
ソロで弾くのとは違った難しさがあるんだろうな~(と、経験の無い事なのであくまで想像ですが)
ソロなら間違ってもテヘ♪で済むけど相手のある伴奏はそうはいかないですもんね^^;

自分から「ピアノやってます~」って私もなかなか言えないなあ~。
「え?ね~みさんてそういうことやる人なの?(意外ー)なんかスポーツやってそうだよね」
って言われそうだし~(´∀`;A

No title

わたしは自分のことを「ピアノ弾き」と思ってます(笑)
さすがに「ピアニスト」とは言いませんが(笑)

たとえ趣味であっても、技術がどうであれ、真剣にやる以上はみんなピアノ弾きなのだと思います♪

ねこぴあのさんへ

おはようございます!
コメントありがとうございます(^^)

そうですね!
ピアノを真剣、なおかつ楽しみながら(時に苦しいこともあるが)やっている人、
それは「ピアノ弾き」なんですね♪♪

本当にピアノに関して知らないことが多すぎて(´∀`;A
自分の無知っぷりに呆れている今日この頃です~。

「素敵なピアノ弾き」になるためには手も頭も柔軟にしておかなくてはダメだわぁ~(´∀`;A
む、難しい・・・・・・・ヽ(´Д`)

No title

あれ、ブログ名。「先生みたいな素敵なピアノ弾きになるためのね~み♪のピアノ再開日記」にまだ変わってないですね。

伴奏・・・ひとりで弾くより恐ろしいです~。(私がやったら・・・ミスって全体がフリーズしまうところ・・・なんとも容易に想像出来ます。怖い怖い笑)

ところで、ピアノ弾き=pianistでOKですか?


おはようございます

ピアノ弾きって言葉、
なにか職人のような感じを受けました。
ね〜み♪さんにピアノにうちこんで欲しいと
思ってらっしゃるのでは?^_^
私も今の先生はピアノの先生としてでなく
お人柄も好きで
この先生がいるからピアノも続けてると
思ってます^_^
お互いに良い先生に巡り合えて
ラッキーでしたね(*☻-☻*)

すいません。

上のコメント名前入れ忘れました^_^;
慣れないiPhoneからでの
操作ミスです。ごめんなさいm(._.)m

ゆくにあさんへ

こんばんは!(こんにちは!)
コメントありがとうございます(^^)

そーなんですよ~!!
「先生みたいな素敵なピアノ弾きになりたいけどなかなか難しいね~み♪ピアノ再開日記」
にしようかどうか迷ってるんですよね~ヽ('A`)ノ
昨日久しぶりに自分の演奏?!聞いてまたへこんだわフゥ(o´Å`)=з

確かに伴奏、ミスったら全員に迷惑かけちゃうじゃん・・・と、考えるとおっそろしい・・・(´∀`;
私はそんな大役はこなせそうにありません^^;

「ピアノ弾き」=「ピアニスト」なんでしょうかね?
ピアニストの定義っていうのもよくわかってなかったりします^^;
ざっと調べてみましたが広義では「ピアノを演奏する人のこと」、
狭義では「ピアノの演奏で生計を立てるくらいの収入がある人」
のような捉え方があるようですよ。

どれみさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

私も最初は職人ぽいイメージを持ってました(ピアノ弾き)
なのでプロのピアニストとかピアノの先生などピアノに携わって生計を立ててる人の事?って思っていましたね~(^^)

でもどうやらそういう意味だけではなく(広い意味では)ピアノを弾く人、というザックリした意味も持つみたいな・・・(^^)

どれみさんも相性の良い、お人柄も良い先生に巡り合えて幸せですね♪
この先生だからピアノを続けている・・・って、先生に言ったら先生も喜ぶでしょうね~~(^^)
先生冥利に尽きるというかネ!
私はもう、じゃんじゃん先生に自分の気持ちを伝えておりますよ(^^)
先生のお人柄があるから生徒さんも沢山いらっしゃるんですよ~!!って。
私も大ファンなんですから!って、いつも伝えています♪

No title

「素敵なピアノ弾きになるためのね~み♪のピアノ再開日記」 いいですね!確かにちょっと長いけど。
いろいろ考えてみましたが、私のブログ名には「素敵なピアノ弾き」って言葉を入れるのは難しいですね。
ね~みさんは今のままでも十分素敵なピアノ弾きさんですよ♪でもさらい素敵なピアノ弾きを目指すのですね!

私の場合、伴奏は教会で毎週のようにやってます。(賛美歌の伴奏)
つたないピアノですが、教会の人たちは私の伴奏を喜んでくれてます。
私のほうも、こういう機会が与えられていることを、ピアノのためにいい修行になるという観点からも感謝してます。
でも一度教会でプロの声楽家と合わせたことがあるのですが、そのときは伴奏に対する注文がものすごくく細かくて(しかも私の力量を超えていて)ほんとうに疲れました。今となればそれもいい思い出ですが。

私はタワシさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

タワシさ~ん!

「ようこそ!素敵なピアノ弾きのタワシワールドへ♪」

で、決まりでしょう♪♪(と、勝手に命名(´∀`;)

タワシさんは教会で伴奏のお仕事されてらっしゃるから(先生もやってらっしゃるし)
きっと狭義の「ピアニスト」「ピアノ弾き」でも通用しますよね(^^)♪

プロの声楽家の方と合わせられたんですね~!!
要求する水準が高いでしょうから合わせるのは大変だったのですね。
具体的にどんな要求があったのか、ちょっと興味があります・・・。
きっと大変だったけれど、とても有意義な経験だったのでしょうね(^^)

相手のある事なので、やはりソロとは違った困難さがあるのですね~。

No title

>タワシさんは教会で伴奏のお仕事されてらっしゃるから(先生もやってらっしゃるし)
きっと狭義の「ピアニスト」「ピアノ弾き」でも通用しますよね(^^)♪

あわわ~誤解です、誤解!
礼拝の伴奏は日本ではほとんどの場合奉仕(ボランティア)ですよ~(韓国の大きなキリスト教会では謝礼が出るケースが結構あるらしい)
ピアノの先生というのも、ポピュラーのコード奏・アレンジの基本を、教会の人に頼まれて教えているんですけど、とてもじゃないが先生と呼ばれる資格はないですよ~
小額とはいえ、お金をいただくのが申し訳ないといつも思っているんです。

>具体的にどんな要求があったのか、ちょっと興味があります・・・。

一番苦労したのはやっぱり呼吸を合わせることですね。テンポの揺らし方、抑揚のつけ方、歌い手と伴奏者それぞれ思い描くイメージがあるから(特にプロの人は自由に揺らす傾向が大きいですし)、合わせるのは結構大変でした。特に私は韓国語がほとんどできないので言葉の壁もありました。
牧師先生が私のことを「とっても優秀な伴奏者」と超過大評価で紹介してしまったので、実際にあわせてみて私の実態がわかり、さぞやがっかりされたことでしょうね。

No title

返信のコメントをありがとうございます(^^)

そうなんですか?
では
「ピアノ弾き♪」で(*^▽^*)
ボランティアといっても毎週毎週、頼まれてなさっているわけですから
かなりお仕事の範疇かなと感じますよ~(^^)
私からすればタワシさんはじゅうぶんに「素敵なピアノ弾き」さんですヨ♪

なるほど~、プロの方と呼吸を合わせる、いや難しそうですね~~!!
言葉の壁もあったのですね、それは大変でしたね。
微妙なニュアンスとかお互いに伝えづらかった事でしょうね。
でも牧師さんのお言葉、決して過大評価ではないと思いますよ!(^^)
Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-37/38番
バッハ 平均律2巻 12番プレリュード
リスト ため息


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示