fc2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

kazさんの残してくれたもの④

kazさんののこしてくれたもの③の続きの記事です。
(こちらを読んでいただいてる方には今更かもしれませんが、kazさんについてはこちら→ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

そんなワケで私は憧れの曲であるバラード1番に飛び込むことになりました。
でも最初、この曲を発表会で弾こうとは思っていませんでした。
他にも弾いていた曲もあったし、第一最後までまともに通せるかどうかもその時点ではわかりませんでしたので…。(結局弾きこなすという観点からは中々離れられないものなんですよね…(^^;)
自分でも逃げ道を用意していましたね。

「弾けなくても別に発表会じゃないんだし、いいんだ~。適当に楽しみで弾いていればいいんだ~」

と、その時点では思っていた気がします。
そしてどんな考えでピアノに向かうのも決して悪い事じゃないと思うし、向き合い方は人それぞれで間違いは無いと思うし。
いろんな人が居ていろんなピアノへの向き合い方があって楽しんでいればそれで良いと思うのです(#^.^#)

そんな時、レッスンの時先生にバラード1番を発表会で弾けば?と言われ、嬉しさ半分・不安半分な複雑な気持ちになっていました。
憧れた曲を発表会で・・・
先生がそう言ってくれた素直に嬉しい気持ち。
でも10分もの曲を舞台で弾くという不安。
正直どうなるのかわからないけど、でもやってみよう!
そう決めて参考の音源を求めてYouTubeをさすらう毎日。
有名どころ?のピアニストの演奏はかなり聞きました。
でも何故か・・・ピンとくる演奏が無かったんですね。

たまたまその頃、kazさんの記事のコメントに、「上手なんだけど自分の心に響かない演奏があるという事がわかるような気がする」と書いたら、
「現代のスターピアニストでは無くて、往年のピアニストの演奏を聴いてみれば?」
とアドバイスがありました。
そしてYouTubeを更に渡り歩き、途中で得意の脱線。バラードとは全然関係無い曲にハマりました。
私は本当にあまり曲やピアニストを知らないもので、
その時初めて知った曲が「水車小屋の娘」という曲の中の「水車屋と小川」という1曲。
ウラジミールソフロニッキーというピアニストの演奏がとても気に入ったんです。

(「水車屋と小川」は1曲目)

バラードの音源を探していたのにいつの間にか脱線してこの有様は実に私らしいんですけど(笑)
久しぶりに「わぁ~いいなぁ」と思えた曲(演奏)だったので、kazさんに報告したんですね、なんとなく...だったんですが。歌曲だし。
それに対して「水車小屋の娘」のあらすじなどを詳しく解説した返信を頂きました。

スポンサーサイト



Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ご来訪ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる