11
1
2
4
5
7
8
11
13
14
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

レッスン35回目~いろんな音があるのね

1週間って本当に早いですね~~!
あっという間にレッスン日が。
先生にも「あら~!なんだかついこの前会ったばかりよね~!本当に早いわね~!」なんて言われ。
先生の心の中…(だから大人で週1って~・・・フー ( ̄‥ ̄) = =3・・・2週に1回でいいのにさ~。ちょこまか面倒くさいわ、
まとめてきやがれって~の・・・)
と、思っているかは謎のままにしておこう^^;(←空気を読みやがれ)
ちょいと雑談など交わし、真面目にレッスン開始。

ツェルニー30番~21番
半音階を滑らかに弾く練習。
私「すみません、あまり練習してなくて・・・」
先生「いいのよ~(^^)」
一通り弾くが全体的にたどたどしい(´∀`;A
先生「特に左手のこの部分と、右手左手を合わせるこの部分がポイントですね」
うんうん、そこ全然出来てないですものね・・・・(●´・ω・`)
来週までにはなんとか・・・・il||li _| ̄|○ il||l

ハンガリー舞曲第5番(ブラームス)
とりあえず弾く。
相変わらず例の私にとっての難所がまともに弾けず・・・
1回通して弾くも難所で躓き・・・从´_υ`从ショボーン
なんていうかこの曲、出だしとかカコイイじゃないですか。
うわ、ブラームス~!!って感じで。(ってどんな感じよ?!)
重厚な感じで。
あと、緩急の差と重さと軽さの対比っていうか、そこがまた面白い曲なんですね。
私の出来ない所は、例の難所が弾けないのはもちろんですが、
加えてその部分てずっとfできてて、急にpの指示なんですけど、ハッキリ言ってそれどころじゃない
強弱記号なんてところにまで注意が向かないくらい弾けない…llllll(-_-
って言ってても仕方ないから練習あるのみですね。
先生も「せっかくここまで形になってきてるからもう少し粘りましょう!」
と、言って貰えてるので後は練習あるのみ。
来週までにその部分をなんとか弾けるように・・・します!

G線上のアリア(バッハ)
バッハの曲って何回聴いても飽きない曲が多いんですけど、この曲も飽きない。
何回聴いても、何回弾いても飽きない。
1週間前難しくて頭が混乱状態だったけど、とにかくひたすら練習。
(ブロともさんに教わった練習法も試しました~ありがとうございます)
それでなんとか通して弾けるまでに持っていきました。
(早い話がこの曲にかかりきりになった為、他の2曲がおろそかになったのね~~!わかりやすっ!)
先生「これは・・・練習したでしょ?!」
おお~!!先生は全てお見通しじゃ・・・(^^;)
「ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイこれは練習しました~~!!」
先生「やっぱり・・・これは先週とは全然違いますね~!」
そうでしょそうでしょ、先週って全然弾けなくて先生と一緒に譜読みしてたもんね・・・il||li(つд-。)il||li
頑張って良かったあ・・・(他の2曲を捨てたようなもんだったけど・・・(^^;))
先生「ね~みさんてこういう曲得意だったっけ?」
私「いえ・・・どっちかっていうと苦手かも・・・」
先生「そうだったよね~、ノクターンとかハキハキした感じで弾いてたものね~」
「・・・・・・・(^(^(^(^(^(^ω^;lll)そうですね~」
先生「随分変わったわよ~(^^)」
私「ありがとうございます!!」
先生、さすが!どんなにアレがアレでも(トシはとりたくないのう・・・・)褒める事は絶対に忘れません。
しかしよっぽど私のパキパキノクターン(op.9-2)の印象が強かったらしい(^^;)
しっとり感0・・・・
「♪チャンチャーン、チャンチャンチャーンチャン♪って感じだったものね~(^^)」
(※チャンチャンの所はノクターン9-2の音を当てはめて陽気に歌ってくださいネ!)

と言うわけで「G線上のアリア」も近いうちに終わるみたいなことを言われ(^^;)
次の曲考えておいて下さいね~(^^)と今日のレッスンは終了。
ちなみに「プレストアジタート」の楽譜は持っていったんですが、そこまで到達できずに時間切れ~。
これはもう少ししてからさらい直しましょうとのこと。

レッスン後、少しピアノの「音」についてお話しました。
ちょうど昨日Dさんのレッスンだったという話から
Dさんの音がキレイだという話へ。
私「Dさんの音って澄んでるっていうか、キレイな音ですよね~!なんであんな音が出るのかな?」
先生「本当に優しくて綺麗な音よね~。Dさんは私のところで習い始めてもう10年以上になるのよ。
なので何回も発表会に出てるし、そういう経験の積み重ねで音も変わってくるのよね」
私「肩に力が入ってないっていうか、そういうのもありますよね・・・?」
先生「そういうのもあるよね。本当に一人一人音が全然違うのよね。ね~みさんの音はね、いろいろな色が見える音なのよ。明るい音ではない、(え?!∑(゚ロ゚〃)なんていうのかしら~深い音・・・」
先生、それ・・・褒めてます・・・・?!彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

明るくない音・・・・?!

そのお言葉、非常に気になりますが、音にはその人の性格が出るという人もいる・・・・
ってことは~~!!il||li(つд-。)il||li
基本暗い曲LOVEだもんな・・・^^;
スポンサーサイト

No title

おはようございます!
一週間ってあっという間ですよね(>_<)

>先生の心の中…(だから大人で週1って~・・・フー ( ̄‥ ̄) = =3・・・2週に1回でいいのにさ~。ちょこまか面倒くさいわ、
まとめてきやがれって~の・・・)

フッッ、大丈夫ですよ。
私なんか2日連続していっちゃいました・・・^_^;

レッスン順調ですね~。
練習してきた成果を認められるのは嬉しいですねー。
G線上のアリアも、もう合格なんですね!!!
またアップして下さいね★

ね~み♪さん進むのが速いので、すごく譜読みが大変そうですねー。
私なんて今年譜読みした曲(練習曲以外で)、2曲、いや正確には1曲だけです。。。
夢は去年からしてたし、アラベスク2番だけですね。
連弾曲はちらほらありますけど。。。
なんか、あまりにも自分の遅くて、今更ながらガーン。。。

明るいというわけではなく、深い音ですか~~。
大人な音じゃないですか!?
喜びましょう♪
ね~み♪さんのこと、先生とても理解して下さってるようですね(^^)

マミさんへ

いつもコメントありがとうございます(^^)

マミさん、2日連続レッスンでしたか~!
上には上がいるなあ~~(^^)
うちの先生、本当は大人は2週に1回1時間で教えたいみたいなんですよね~。
ま、私が無理言って週1にしていただいてますが・・・・(´∀`;A
途中で倍お金払って週2にしていただこうかと考えたのですが、
さすがにこれ以上無理だよなあ・・・・(ビョーキでしょ・・・)

マミさんロンドカプリチオーソもなさってませんでしたっけ?
アラベスク2番もそうですけど、難しい曲ですよね?
ロンドはかなり長いでしょう?時間をかけて当然だと思いますよ。
ロンドはうちに楽譜あって見ましたが、うわ~~(´∀`;A・・・無理。
ってそのまま閉じるパターンです^^;

マミさんは連弾も多いし、伴奏も・・・!ハンドメイドも!!
私からしたらいろいろなパターンの事を同時にこなしていらっしゃってすごいです!
ほら、私のは一人で黙々と練習しているだけですから(^^)

先生いわく、本当に一人一人「音」が違うから面白いんですって♪
ピアノって奥深いですよね~♪

そういえば以前、オンショクと音質は違うことを知り驚いたのですが、オンショクはいわゆる音色で、かえられるそうなのですが、音質はその人それぞれ違う、歌でいうところの地声のようなものだそうです。
自分の音質って、自分ではわからないですから、知りたいです!
今度先生に聞いてみようかな・・でも聞くのが怖い気もします(笑)

ねこぴあのさんへ

いつもコメントありがとうございます(^^)

「音色」と「音質」・・・
なるほど~~!
「音質」は「体質」みたいなものでしょうか・・・。
「生まれつき丈夫な体質」「虚弱体質」のような(^^;)
でも「音色」は変える事が出来るんですね!
私はそっちの方を(自分の努力で)変える事ができるなら理想の音を追求するのも有りだな~と思います!
確かに地声ももともと持ってる声の質ですもんね。変えられない。
うちの先生が言う所の「持って生まれた体格から来る音」が多分「音質」ですね。
それはそれで「個性」と割り切って、「音色」を工夫するっていうのが必要かもですね。

今度先生にご自分の「音質」聞いてみては・・・?
なんだかドキドキですね・・・!!

こんばんは。

レッスン お疲れ様でした^^

バッハ。
弾けば弾くほど馴染む、飽きない、本当に不思議ですよね。

なので私も今、まだ弾けてないバッハばかりi-7
ツェルニー、あまりやってません(笑)
それほどにバッハは魅力があるって事ですねi-229

「深い音」って、なかなか出せないと思うので
一番いいのではないかと思いますi-236

悲愴も聴かせていただきました。
速さもありますし、とてもまとまってて良かったですi-185
全然ヒステリックではなかったですよ。

どれみさんへ

いつもコメントありがとうございます(^^)

どれみさんもですか?
バッハの曲って、何回聞いても飽きないですよね~(^^)
これほど同じ曲を何回も聴けば、普通飽きるんじゃない?
ってというくらい聞いても飽きない。耳に馴染むっていうのか・・・。
そして皆さんのブログなどで「弾くとはまる」っていう方が多かったので、正直本当に?!って思ってたんです。
自分で弾いてみて、ああ、なるほど!弾けるまでは大変だけど弾けるようになると面白いかも!!って思いました(^^)
(でも良く考えたらこの曲は編曲なのよね~(^^;))
といってもインベンションとかましてやシンフォニアなんてやった事も見たこともないので他の曲の事はわからないんですけどネ!

たくさんバッハの曲をなさっていらっしゃるどれみさんが言うんだから、
間違いなくバッハははまるんですね♪

自分の「音」ってなんだか自分ではわからないですよね~。
ただ、「明るい音ではない」と言われたのが結構印象的でした。
多分、技術的に不安定なので音が変化しやすいというのがあるのかな?って感じました。

演奏聴いていただいたのですね~、ありがとうございます(^^)
ヒステリックじゃなかったですか?
私も後から「ヒステリック」っていうより「暴走」って感じかもな~、
なんて思いました(^^;)
なんかオバチャンが髪振り乱して一心不乱に演奏=「ヒステリック」
ってイメージで命名??したけど・・・・(*^▽^*)


No title

ね~み♪さん、こんばんは。

「きれいな音で弾きたい」と思うようになったのは
恥ずかしいのですが、ここ最近です(^^ゞ
それまでは「間違えない=上手」、
「気持ちを込めて弾く=歌うように弾けている」と勘違いしてました。
でも、きれいな音で弾くのってきちんと理屈があるんですよね。
それと、先生に教えて頂いても私と体格が違うから
先生のアドバイスはあくまでも一例で
最後は自分で考えてきれいに弾くコツを見つけないと
いけないんですよね(*_*)フウ~~

先生がね~み♪さんにおっしゃった
「いろいろな色が見える音」「深い音」って褒め言葉だと思いますよ~
新しい記事のピアノを聴かせて頂いたのですが、
いろいろな表情があって、聞き入ってしまいましたよ(^^)

あ、私も基本暗い曲LOVE、です♪

のんほほさんへ

いつもコメントありがとうございます(^^)

そうなんですか~。
のんほほさんが「綺麗な音」を意識されたのは何がきっかけだったのでしょうね?
私は発表会の前先生にffの音の出し方を教わった時、先生が
「大きい音、といっても大きくて汚い音もあるし・・・」と、言われた時にちょっと(いやかなり)ドキッとしました(^^;)
でもじゃあ綺麗な音は?と具体的に意識したのはDさんの音を聞いた時です。
素人ながら「同じピアノを使って弾いてるのにこの差は一体なんだろう?」
って思ったのがきっかけなんです(^^;)
「明るくない音」っていうのが、地声みたいなものだとしたら、例えばモーツアルトの曲のコロコロキラキラ☆した感じなんかは苦手な分野なのかなあ~とか。
苦手以前に弾けないけど~
(でも暗い曲LOVEなんで(^^)まあいいか!ですけどね)
「綺麗な音」で弾くのには理屈がある・・・そうですよね!
気持ちだけでは弾けない、ちゃんとした技術(基礎)があってこその感情表現だったり、「音色」なんですよね。
勘が良かったり、元々体格的に恵まれていたりすれば努力せずに狙った「音色」が出せるだろうし・・・。

録音聞いていただいてありがとうございます。
本当にノリで録音して公開して後から聞いたら・・・(´∀`;Aハハハ~!
いろいろな表情があるなんて言っていただいて嬉しいです♪
のんほほさんもまたアップして下さいね(^^)楽しみにしています!

Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-40番
バッハ フーガト短調
ショパン エチュードOp.25‐12


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・8番フーガ、
パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示