FC2ブログ
   
09
3
4
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

譜読みってどういうこと?

度々疑問に思う言葉、それは「譜読み」です。

「譜読み」が速い、遅い、とか良く聞くんだけど、実際の所、どこまでやるのが「譜読み」なのかな?

ちなみ私の先生は「譜読みしてきてくださいね~」とは言いませんね。聞いた事が無いかもしれません。
なので具体的に先生に「譜読みって何ですか?どういう事が譜読みなんですか?」ときいたこともありません。
子供の頃に習った先生からも「譜読み」って言葉を聞いた記憶が無いですね。
なので再開してからネットで知った言葉だと思います。

私はなんとなく・・・

「譜読みってなんとなくつっかえたり間違えたりしながらも両手で最後まで弾ける(速度や表現の細かい完成度は抜きにして)」

って状態かな?っというような受け止め方をしていました。
というのはそういう状態で録音などをupすると「譜読みが速いですね」と言われる事があったからです。
決してちゃんと弾けてるわけでは無く、ダラダラと通しで音を拾っている状態でです。

でもネットでよくよく調べてみると「譜読み」というのはきちんとした定義があるわけでは無く、使う人によって状態が異なるようだというのがわかりました。

一口に「譜読みした」と言っても

・片手ずつ通して弾ける
・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む
・ある程度の流れで曲を一通り弾ける
・速度・表現など細かい部分も含めてきちんと弾ける

等、いろいろなパターンが考えられるのかな?と思います。

私自身は
・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む

所から中々進歩が見られないのが悩みの種なんですが、「譜読み」の定義がはっきりしていない以上、それを「譜読みが速い」と言ってしまって良いのか?は抵抗がある所です(^^;

「譜読みが速い」「遅い」って一体どういう事なんでしょうね?

・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む

のを「譜読みした」とするならば、速いか遅いか普通かはわかりませんけど、その段階は私は「好き」です(#^.^#)

でも、実際人前で演奏したりする時は、「・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む」
では今までの経験上ちゃんとした演奏には程遠い状態なのは確かです(^^;

・ある程度の流れで曲を一通り弾ける

状態で初めて練習会などで多少聞かせられる演奏になるのかな?

私の場合は申し訳ないな~と思いながらも譜読み初期段階でも練習会で弾いちゃったりして、その場で部分練習とかさせてもらったりという勿体無いことをしてしまいますが(^^;(聞いてる人にも申し訳ないんですが)

というわけで、人それぞれに『譜読みした』という言葉の意味が違うというの、結局なんだかよくわかりませんね(^^;(^^;

で、一体『譜読み』って何なの?
譜読みが速い、譜読みが遅い、って具体的にどういう事?
という疑問は全く解決されず…(^-^;

皆さんはこの言葉をどう捉えているのでしょうか?

スポンサーサイト



No title

私も最近、言葉を使い分けたほうがいいかなと思いました。
初見と譜読みは違うらしいです、私は結構適当に使ってましたが。

初見は初めて見た楽譜を弾くことで、譜読みはちゃんと音楽的にも弾くことだとか、、私は譜読み=一応最後まで弾くこととしてました(音楽的じゃなくていいと)。私の譜読みでは、人前では弾けません。

一人でコツコツ譜面を追うのが得意ですが、曲を仕上げるのが苦手です。どの曲も不完全です。
今の強みを生かしつつ、苦手な部分も改善できればと思います。

・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む
→私も大好きです、これやると頭が活性化した気がします!

ピンポ~ン♪

仰るとおり。
言葉がひとり歩きしている感じです。
国会で十分に審議して、法律に明記してほしいです(笑)。

そうだったのですか

ね~み♪さん、こんばんは。

私もブログを始める前までは、「譜読み」という言葉は知りませんでしたので、ずっと気にはなっておりました。最初は、一通りなんとか弾ける程度と思っていたのですが・・・。

しかし、みなさまのブログを拝見するにつれ私なりに感じたというか一応解釈したのは、4番目の「速度・表現など細かい部分も含めてきちんと弾ける」に近いものでした。

ただ、「きちんと弾ける」の部分は、人によってのレベル解釈もあるような気がいたしますので、私の場合はつっかえても通しで弾ける程度 (^_^;) になります。

楽譜に記載してあるすべての情報はある段階で一度は一通り押さえ、余力があれば? その曲の背景なども含めて・・・ということなのかなと、私は感じました。

実際のところ、そこまでできないことが圧倒的なのですが・・・。自分で自分の首を締めてしまっている原因かも (^_^;)

No title

ね~み♪さん、こんにちは
かつです。

子供のころは
譜読み=とりあえず両手で弾ける状態
現在は
譜読み=アーティキュレーション全般を(だいたい)守り演奏できる状態

ただし、1、2か月譜読みをしてレッスンに持って行っても結局ダメ出しの嵐…
難しいですね。

りんさんへ

りんさん、コメントをありがとうございます(#^.^#)

≫初見は初めて見た楽譜を弾くことで、譜読みはちゃんと音楽的にも弾くことだとか

なるほどです~。
譜読み=ちゃんと音楽的に弾く事

それを聴いて自分は最初の頃は音楽的に弾けてないな~、と思いました(;'∀')

≫一人でコツコツ譜面を追うのが得意ですが、曲を仕上げるのが苦手です。どの曲も不完全です

おお~~(^^;(^^;(^^;
私もです・・・どの曲も不完全、耳が痛いお言葉です(>_<)

・不完全だが両手で弾いて曲の雰囲気を掴む

って楽しいんですよね~~(#^.^#)いろんな曲の好きな所だけ弾いて弾けた気になって楽しんでしまいます(#^.^#)
でもそう言う楽しみ方もありかもしれないなーなんて思う事もあるんですよね。

だいさんへ

だいさん、コメントをありがとうございます(#^.^#)

≫国会で十分に審議して、法律に明記してほしいです(笑)。

笑笑笑、良く良く考えれば超重要な事ではないのでしょうけど、なぜか気になる言葉なんですよね(#^.^#)
本当に言葉だけが独り歩きしていますよね(^^;

madeinrさんへ

madeinrさん、コメントをありがとうございます(#^.^#)

≫きちんと弾ける」の部分は、人によってのレベル解釈もあるような気がいたしますので、私の場合はつっかえても通しで弾ける程度 (^_^;) になります

そうなのですね、「きちんと弾ける」っていう状態も、人それぞれ違いますもんね・・・

私はずっと「譜読みが好きだ~」なんて書いてきたリしちゃってますが、自分では「つっかえつっかえヨロヨロ最後まで両手で弾くのが好き」と書いてるつもりでも、譜読み基準?の厳しい方が読めば
「この人バリバリ弾ける人なのね」と勘違いされるのでは・・・とか考えてしまいました(;'∀')(笑)

≫楽譜に記載してあるすべての情報はある段階で一度は一通り押さえ、余力があれば? その曲の背景なども含めて・

う~ん、私もそこまで行ける曲はほぼ無いですね(^^;
でも、そこまで行かなくても楽しいから良いですかね?(#^.^#)
それにしても本当にピアノってキリがない世界ですよね(#^.^#)

かつさんへ

かつさん、コメントをありがとうございます(#^.^#)

子供のころは
譜読み=とりあえず両手で弾ける状態
現在は
譜読み=アーティキュレーション全般を(だいたい)守り演奏できる状態

なるほどです~。
私の認識はかつさんの子供の頃という感じですね(^^;

かつさんの場合、アーティキュレーション全般を(だいたい)守り演奏できる状態でレッスンに持って行ってもダメだしの嵐・・・
という事は、先生がかなり厳しいのでしょうか。
ピアノってつくづく奥深いですよね・・・
上を求めれば終わりが無い、キリが無いというか・・・
ピアニストだって鍛錬に鍛錬を重ねるわけですもんね!

No title

ははです。こんばんは。

とても興味深く読ませていただきました。
なるほどですね。
何にも考えていませんでした~^^;
あらためて聞かれると
きちんと答えられません。

ははさんへ

ははさん、返信が遅くなり申し訳ありません。
コメントありがとうございます♪

いやいや、私もあまり?考えてはいないんですよね~(^^;
ただ、ブログではよく見る言葉っていうのかな?でも言葉の意味は具体的にはわからない…
一体どこら辺までが『譜読み』と言うのか?
調べてもよくわからない…そして、人それぞれいろいろな意味で使っていますよね。
単純に疑問で、結局今もよくわかっていないけど、なんとなく使っています笑

Secret

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

※管理人が不快に思うコメントがありましたら予告なく削除させていただきます。


♪ただいま練習中♪

ショパン エオリアンハープ・ノクターン4番・8番
バッハ 平均律1-18

♪練習お休み中♪

ショパン バラード2番
ラフマニノフ ヴォカリーズ
グルック メロディ
ショパン ノクターン12番

♪発表会で弾いた曲♪

2019年 ショパン ピアノソナタ3番4楽章
2018年 ショパン バラード1番
2017年 リスト ため息
2016年 ショパン エチュードop.10-3
2015年 バッハ G線上のアリア、 ショパン ワルツ14番
2014年 ショパン ノクターン1番、 軍隊ポロネーズ 


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ご来訪ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる