04
3
4
6
7
9
10
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

レッスン176回目~音の変化?

レッスンでした。

とにかく練習が…出来てない~~~(ノД`)・゜・。

あまりにも身の回りがゴタゴタしていて練習する気になれない…(^^;(^^;

そして泣いても笑っても容赦無く(笑)週1回のレッスンはやってきます。

まずは
ハノン スケール
ゆっくり弾く。カデンツァの音がぼやけている。
ここは必ずハッキリくっきりと音を集めるように弾く事(注意されたの2回目かな…(^^;)
とりあえず次に行きます。

バッハ フーガト短調
これはさらっと一通り弾いたのみ。少しずつでもよくなっていればいいかなぁと。
とうしても弾きたい曲が出てくるまでは弾き続けるか…
それにしても上手くならない(-_-;)

ショパン バラード1番
最初に一通り弾いて、先生は少し離れた場所から聞いてくれる。
この時ちょうど天気は曇りで湿度はあったと思うけど、今日はピアノが良く鳴る(響く)なぁと感じた。
時々、天気の関係か気圧の関係か?わからないけど音が良く鳴る時と鳴りにくい時があるのを感じる。
(ピアノと湿度の関係についてちょっと調べたところ、湿度が高い状態が続くと音がこもるみたいなので、この時のピアノの鳴りやすさは湿度とは関係なかったかも。)
出すべき音とそれほど頑張って出さなくても良い音って言うのがあるから、出すべき音をきちんと出すこと。
コーダからの力の抜き加減はかなり良くなってきた。
この部分は力を入れずに弾く練習をしたので、成果が感じられて嬉しかったかな!
ただ、完全に全ての音が鳴っていなくて雑になってしまってる部分(特にフレーズの終わり部分)があるので気を付けて。
でも全体的に音が変わってきた、以前は固い音だったけれど、今は響く良い音になってきましたよ!
って言ってくださり、めちゃめちゃ嬉しかったです(^-^)/(私比ですが…)

さて、ダンナピアノ
もちろん仕事もあるし、テニスもやってるので毎日と言うわけにはいかないけど、少しずつ弾いてます。
目標はショパンのノクターン遺作



とりあえず、この1小節目までを弾きました。
鍵盤に付箋を貼り付け、どの位置の鍵盤を押さえるか、とかやりながら弾いてました。

同時進行していた『ちょうちょう』は、なんとか弾けましたので、終了。


こちらは全部音階名を書き入れているのと、両手が単音だから割と弾きやすいみたいです。
まだヘ音記号とト音記号の音の位置が違うのが混乱するようでした。
確かにややこしいですよね(^^;
導入の教本でバーナムを持ってるので、それを見せながら教えましたが、教えるっていろいろ難しいなと…私は向いてないなぁ…(^-^;

次の曲は『よろこびのうた』ベートーヴェンの第九の合唱のです。

レッスン175回目~ホンの少しの前進でも

心配していた子供の進路がなんとか決まり、少しだけホッとしたのも束の間、まぁ次から次へと懸案事項が出てくる今日この頃を過ごしております…(^^;(^^;
生死に関わるような事では無いのが救いではありますが、心はなかなか穏やかになれないものですね。
が、そんな中でも平等に時はどんどん過ぎていき…

って、随分文学的な真面目くさった?書き方ですが、
要は

練習はかどらんのよ~~~~!!!(>_<) 

の、言い訳と、

ここにこんな事書いてる暇あったら練習しろーーーー!!(*`皿´*)ノ

って事ですね(^^;(^^;(^^;…
うっ、わかってる、わかってるけど、書きたい!!!
だって独りで練習してると煮詰まるんだもん…
それに、書いてることで頭のなかが整理されていくっていうのもあるし…
(結局書きたいのね…f(^_^;)

というわけで、レッスンでした!

ハノン スケール
これはとにかくゆっくり弾いてOK、速さは求められず、凸凹せずに弾ければ良いという感じで全調をさらうことを目的にしてるようです。

バッハ フーガト短調
これは指ならしも兼ねて弾くという形になってるような気がします。
徐々に良くなってると言われるけど、正直あちこちミスタッチが多発。
完成度をあげて終わりにしたい…が、完成度上がらず。○| ̄|_

ショパン バラード1番
最初に一通り弾く。
コルトー版買ったけど、まだきちんと目を通してない。
1箇所指使いを変えて練習したところは少しスムーズに弾けるようになったかな。
ここが上手く弾けない、という部分は少し絞れてきたけど、正直たくさんあって、まだまだ曲としてまとまらない感じ(-_-;)
音を覚えきってないというところもあって、最初の頃は弾けてたのに最近は必ず迷ってしまうとか…
物覚えの悪さに愕然とする毎日…
毎日最低1時間とか練習しなくちゃダメかも…

レッスンでは最初のアルペジオの上り下りの部分、大好きなところなんだけど、どうも指が転んでしまう(^^;
特にアルペジオの下り。指の運動神経が鈍いんでしょうねー。前の加速する部分からの勢いで弾こうとすると、速すぎて転んだり雑な弾き方になってしまう。
ここ、好きなところなので綺麗に弾きたいんですよね。
指使いを変えてみたりそこだけ少し速度を落としてみたりして練習すること。
コーダの力んでしまうところ、この1週間は力まないように考えながら練習。
先週のレッスンよりは自分比で余計な力を入れずに弾けるようになったつもり。
先生からも『すごく余力があって弾けてますよ』と、言われた。(それはただ単に腕力があるとか、手が大きいとかも関係あると思うけど(^^;(^^;(^^;)
余力はあるけど、技術的に余裕は無いのよね。というか、足りない(-_-;)
まだまだ弾けないところてんこ盛りで練習といってもほとんど通しに近くなる『部分練習』
もちろん、常に歌う、ということを頭に置いてやってる
つもりだけど…まだまだ続きます(^-^)

好きな曲だし、楽しもう!!

しっかし、ピアノって奥深い…

というわけで、レッスン175回目終了です!

レッスン174回目~力まないで弾く

『ため息』の時は最初はすごくゆっくりな練習から始めたのですが、
とにかく曲らしく聞こえるまでの長かったことといったら…(^^;(^^;
なんとなく曲っぽく聞こえるまで優に半年…その後の2か月で必死に暗譜、何とかギリギリ間に合った?!
という感じでした。
そして『バラード1番』…
発表会(に出すとすればだけど)までは正味7か月。
というかそのうち既に2か月過ぎました…時の経つのが速すぎる…
ため息は大体5分くらいの演奏時間だったけど、バラードはどう考えても10分はかかる。
って事は単純に倍の分量の曲って事。
間に合うのか…(^^;(^^;
暗譜まで持っていける自信もないし、そもそもある程度形に出来るのかが大問題。

さて、174回目レッスン。

ハノン スケール
とにかく一通りゆっくり弾く。練習はできておらず、初見状態だけど、ゆっくりならなんとかなった…?
それに速度は求められないのですぐにOKに。

バッハ フーガト短調
一通り弾く。あちこち間違いながらも徐々によくなってきてはいる。間違っても止まらずに弾き続けることができるようになってきた。
納得できるまでやるのかな、これ?←よくわかってない(^^;

ショパン バラード1番
最初に通して弾く。
1週間前、正直練習に行き詰まってしまった感があり、どうやって打破しようかいろいろとヒントを漁っていた。
たくさんの音源を聴いて、何が違うのか?どこがどう違うのか?弾いてる時間より聞いてる時間の方が長かったくらい…
当然全然違うんだけど、決定的に『歌う』という部分が違うことに気がついた。
プロの音源だって三者三様、100人いたら100通りの歌わせ方があると思ったけど、
この人のここが好き!ってところを良いとこ取りして行こうかな…と、思っている。
レッスンでは後半部分、特にコーダから見ていただきました。
まず、『コーダの部分、全体的に力が入りすぎていて疲れるでしょ?』と言われました。
確かに、強く弾かなきゃ!と、何故か思ってしまい、ガツンガツン弾いていたかも。
何回か弾くとメチャ疲れてしまってもう、続けて練習できない…くらいに。
衝撃が大きすぎて(笑)鍵盤の間に爪を引っ掛け、爪が割れた事もありました…(^^;(^^;
『そんなに力入れなくても良いのよ、アクセントのついてる所を出すようにして、後はもっと力を抜いて軽く弾いても良いと思いますよ』(*^^*)
と、先生。
そ、そうかぁ…そうだよね(^^;(^^;
プロの音源聴いてもここは速いけれどそんなにガツガツ弾いてないよね??!
それにそんなに力入れたら手を速く動かせないし(^^;(^^;

というわけで、レッスン174回目、終了です!


レッスン173回目~もぐら叩きかって言う・・・

それにしても羽生選手の演技すごかったですね。(あ、もちろん宇野選手も素晴らしかったです)
私普段はフィギュアスケートファンっていうわけじゃないけど、怪我をして2か月氷上の練習が出来なかったと聞いてすごく気になり見てしまいました。
大丈夫かなぁ、とハラハラしました。
昨日は直前のリハーサルでは最初のジャンプをミスしてしばらく「あー」という感じできっと本人も多少は焦りがあったと思うのに、本番であの演技。
改めてすごいメンタルと集中力…2か月も怪我で練習してない人の本番とはとても思えない、全てが完璧に見えるほどの堂々たる演技でした。

対する(って比べるべくもないけど(^^;)…私のバラード1番、もぐら叩きかっていうくらい、あちらを練習すればこちらが立たず。
私にとっては本当に難しい曲なので、1日休めばなんとなく弾けてたような気がするところも完全に弾けなくなってしまう。
3歩歩いて2歩下がるならいいけど、一進一退状態。もしくはマイナス…
そりゃそうだよね…

そんな中?レッスンに行ってきました。
フィギュアを見てから行ける時間だったんだけど、練習しようと思ってたのに結局テレビを見ちゃって練習せず…(^^;
スケールを各調3回くらい弾いて黒鍵の位置と指を替える音を確認してお終い。
先生に
「いろいろ忙しくて~~」って、テレビ見るのが忙しいのか??!!って突っ込みたくなりますね(^^;

ハノン スケール 
ゆっくり2回ほど弾いてok 次回はト短調。

バッハ フーガト短調
最初通して弾いてそれが案外良かった(私比で)みたいで、
もう一度弾いたら今度は集中力が無くなったみたいで、あちこち穴だらけ。
でも少しずつ間違っても流れを止めずに弾き続ける事ができるようになった。

ショパン バラード1番
選曲する時は全く意識してなかったけど、羽生選手のショートプログラムの曲なんですね~(^^;
すっごく無理やりな編集(仕方ないけど(^^;)でちょっと聞いててモヤモヤしましたが…

一通り弾いて…もちろん改善してない所や、雑になってしまってるところや。
自分としては全体的に始めたころより退化してる気がして気持ちが萎えかけていたんですよね。
でも先生の魔法の言葉で
「前より良くなってきてるよ!」
とかね、頑張ろうと…
「ね~みさんは大きな音が出せるから合ってますよ」とか…大きな音か…煩いだけなのかも…
(先生、それ、褒めるところ…なのかな?…(^^;)

というわけでレッスン173回目終了です!



レッスン172回目~休符も音楽です。タメは呼吸です。

『休符も音楽なんですよ」(#^.^#)

っていつも言われます。
間、呼吸・・・

どうも私は間を大事にしてないみたい。
急ぎ過ぎてしまう傾向があるみたいです。

あと、伸ばす音の時に拍を数えるんですが、これが機械的になっちゃうんですよね。
自分でも頭の中で「1,2,3・・・」と数えてる時に、なんか機械的だなー??変だよなー?
って思うんです。
でもまだ慣れてないから、どうしても数えてしまう。
今回はその事も先生に指摘されました。

ハノン スケール イ短調 ヘ長調
イ短調はゆっくり弾いてOK、ヘ長調はまた次回も。ツェルニーと違い、こちらはどんどん進んでいきましょうというスタンスのよう。
家でほとんど練習してないのでレッスンで初めて弾く…みたいになっている。いけないいけない(^_^;)

バッハ フーガト短調
一通り弾く。これもほとんど練習しておらず、だけどそろそろ終わりにする?何か他に弾きたい曲あったら持ってきて良いよ、と言われる。
どうも最近子供のことと仕事、役員の仕事、やらなにやら(笑)でバタバタしててピアノに触ってない。
他にも何も…という感じ。

ショパン バラード1番
一通り弾く。ヨレヨレ演奏を黙って最後まで聞いてくれる先生に感謝。
『難しい所が弾けてて、そうでもないところが弾けてなかったりしますね?』
と、言われた(^_^;)
多分好きな部分はたくさん練習するので思ったより弾けてるよう。
でも一見なんでもないような?次のテーマに移り変わる部分の演奏があまりに稚拙なんだと思う。
でももちろん大事な部分と大事じゃない部分があるわけないのよね。
すべてを引っくるめてのひとつの作品なんだから。
冒頭のユニゾン部分、初回よりはだいぶ良くなってきたけど、それでもまだまだもっと良くなるはずだよ!と言われました。
ユニゾンからテーマに移り変わる間際の右手だけになるところ、ここは右手を響かせて残す事に意味がある。この右手の残った響きの中から次のテーマが始まることに意味があると。
ここを私は頭の中で拍を数えてしまうんだけど、左手の響きが終わって右手だけになり、右手の響きが残っている…そしてテーマが始まる。ここは1,2,3…と機械的に数えるんじゃなくて、十分に間を取る、呼吸のようなものです、と。
『1234,123,はい、始まります』、みたいな演奏になっていると。
次に右手だけになる部分、ここも急ぎすぎている。もっと次に何か来る予感を感じさせるような弾き方(もっとタメる)で。これ割といつも言われているような…あっさり弾きすぎ。

コーダの右手。特にフレーズの最後の重音。これを次のフレーズの始まりを意識しすぎるからか、おざなりになりがち。ここはしっかりハッキリと弾く。

最後のスケール、ユニゾンのもだけど、次の10度のが難しい。特に左手はやはりどうしても遅れがち。まずは左右別々に要練習。
どうしても速度が上がらなかったら、最初ゆっくり目、後半に速度上げるという方法もある。
プロのようには弾けなくてもいいんですよと。

以上、172回目レッスン終了です!

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ハノン スケール
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(掘り起こすかも?)

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示