06
3
4
5
7
8
9
10
11
13
15
16
17
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

たった1音の衝撃(『ピアニストの脳を科学する』より)

ばんちゃん会前日がレッスンだったんだけど、先生に
「明日仲間内?の発表会があるんですよ~、もう今からドキドキなんですよ~」
と、泣きつき
「あらそうなの?頑張ってね!来週どうだったか報告してね!」(^_-)-☆
なんてやりとりがあったんですよね。

以前の練習会の時、ため息が本当にボロボロで、頭は真っ白、手は(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブルで自分でもコントロールが出来ない状態に陥りました。
ここまでコントロールできなかったのは正直ピアノ再開して初めてで自分でもショックだったんですね。
でも冷静に考えたら緊張の中、元々この曲が実力以上の曲であり、いまだに弾けてない箇所が何か所もあること、
暗譜が完全にものになってない事などあって不安だったこと、しかも楽譜が長い、など正直初めての事が多く
理由はちゃんとあるんですね。

ばんちゃんお父さんも仰ってましたが、「最終的にはどんな曲も人前に出す前に弾きこまなくちゃだめ」と…。
弾きこんでいても人前ではやっぱり緊張があるし焦ってしまってコントロールできなくなるかもしれないですが
今回あちこちつっかえたり違う音をたくさん鳴らしたし、もちろんいまだに弾けてない所もあったけど
最後に以前のメタメタ状況を知ってる周りの方から「前より良くなったよ」とお声を掛けていただき、
少しずつではありますが進歩があったのだなぁと。

先日大人のピアノの緊張について、何人かの方とお話しできましたね。
やはり人前で弾く間隔があくと緊張感が増す・・・と仰った方や
プライドとか見栄もあるんだろうね~、理屈でわかっていてもどうしてもそう思っちゃうね、とか。
でもそれが全く無かったら向上心も無くなってしまうわけで、私自身は適度なプライドや見栄も必要だと思います。

最近また「ピアニストの脳を科学する」という本を読み返しているんですけど
そこに私のずっと知りたかった事が書いてありました。
一部抜粋させていただきます。

たった1音の衝撃

~略~
ピアニストは演奏中、1つ1つの音ではなく、メロディのフレーズをイメージしながら弾いている。
しかし、イメージしてるメロディの音の一部が思いがけないタイミングで聞こえてくると、
「あれ、今どこを弾いているんだろう?」
と記憶が乱れて弾けなくなってしまう。
~略~
記憶が乱されやすいミスというものがあるということです。
演奏中、ミスによって崩れてしまう場合と、ミスをしても気にせず弾き続けられる場合があるのは、恐らくこのためでしょう。
~略~
更に私が行った研究でも、演奏中にたった1音意図しない音が聞こえただけで、
実験に参加したピアニスト6名のうち4名までもがその直後にミスをするという現象が観察されました。
しかしテンポが速い曲では、意図しない音が聞こえてきてもほとんどミスしませんでした。
どうやら、テンポがゆっくりの曲を演奏する時の方が、たった1音のミスでも演奏中の記憶が乱されやすいようです。


この部分を読んでなるほどそうなんだ~
と長年の疑問が晴れた気がしました。

今迄発表会ではずっと楽譜は置いていたけど
でも所々は暗譜みたいな事になってました。
少なくとも発表会に向けて数か月は弾くわけで、暗譜が全然出来ないと思っていたけど
結果的に部分部分は手の動きを覚えていたりするわけです。

そして指回りというか指さばきというか、そういうのに自信が無いため
選ぶ曲も割とゆったり目の曲が多くなります。
ゆったりとした曲でもミスタッチが無いなら問題ないけど、もちろん私はそんなわけにはいきません(^^;

そうかー、だからかー(;^_^A
記憶が乱されるんだ…
弾いてるときのふっと頭が白くなる現象、それはこう言うことだったのかもね。

…で、対処法は??



…対処法…



に、ついての記載は見る限り特に…




…ないみたい?!




…結局弾き込んで自信をつけるしか無いのかな??



どなたか対処法ご存じの方がいらっしゃれば教えてくださいっ!m(_ _)m

関連記事

レッスン143回目~先生のピアノの鍵盤は重い

先週のレッスンです!

タイトル通り、先生のお家のピアノは鍵盤が異常に重いです(^^;
最近練習会などであちこちのピアノを触る機会が増えたけど
正直どこのスタジオ行ってもこんなに鍵盤の重いピアノに出会ったことが無いんですよね・・・(^^;

どうやら新品のピアノって事でまだ馴染むのに時間がかかるっていうことらしいんだけど
先日の調律の時に、私のピアノは先生から譲っていただいたものなので、先生が以前から利用されていた調律師さんにお願いしてるんですけど
その調律師さんはこのピアノの事や先生の事もご存じなので今の先生のピアノの事ちょっとお話したんですよ。
「私のピアノは鍵盤がすごく軽いけど、先生の新しいピアノ、鍵盤がとっても重いので、レッスンで戸惑うんですよね~」って。
そしたら
「このピアノの鍵盤はもちろん正常範囲なんですけど、その中では軽い方ですね。指に負担にならない程度に重くしますね」
と言ってくださり、少し重く設定していただいたんです。
でもその差は私のような素人でも明らかで、確実に重くなったなって感じました。
最初はかなり違和感があったんですが徐々に気にならなくなってきました。
それでも決して重い方ではないと思います。
とにかく先生のとこのピアノは重い(-_-;)

よく同じ教室のSさんと先生のピアノについて話すことがあるんですが
彼女も全く同じ感じを持っているみたいですので一般的なピアノよりかなり重いんだと思うんですよね。

なので家で練習して弾けてるような気になっても、レッスンでは上手くいかないって事はしょっちゅうあります。
(なに?!それ以前の問題っ?!(;'∀'))

特にトリル…や、ppなんて最初に触る時まともに弾けません。(なぬ??それ以前の問.....(;'∀'))

・・・いや、だって鍵盤が重いからっ!!・・・・_| ̄|○

私のせいじゃないしっ!!(←いや、自分のせいだ)

と、結局何が言いたいのかわからないわ、前置きが長すぎるわ、面白くないわの三重苦。

ツェルニー40番~37番
綺麗な曲で久々にヤル気が出ました!!
ま、そうは言っても所詮私クオリティですのでつっかえつっかえゆっくりゆっくり弾きました。
これは当然次回も聞かせてね!となりました。
オクターブ以上の跳躍があるので音をなるべく外さずに。
メロディラインを出す。

バッハ パルティータ1番 プレリューディウム
この曲頻繁にトリルが入るんだけど
↑でかいた通り鍵盤が重すぎて(って事にしたいらしい)上手くトリルが入りません。
くうぅぅ~~~
家だとこんなにあからさまにへたっぴに聞こえないのにっ(;´Д`)
音がすっこ抜ける・・・・(;´Д`)
というわけでもう1回・・・
バッハなら何回弾いても苦にならないからいいわっっ!!頑張る!

バッハ 平均律2巻3番 プレリュード
Allegro部分だよねーーーー
そうだよねーーーー
ま、そこがなかなかねーーーー
もっと練習しなくっちゃ駄目だよねーーーー
わかってるんだよねーーーー_| ̄|○
という事で次回もっす。
バッハなら何回弾いても苦にならないからいいわっっ!!頑張るっ!!・・・・ヨロロロロ・・・・(;´Д`)

リスト ため息

今回私がなぜ、先生のピアノの鍵盤の事を執拗にレポートしたのか?
それはこの曲を弾いていてある気付きがあったからです!!!
しかももうこの曲に取り組んで9か月目に入りますが、
その間何十回もレッスンを受けていたのに気づいたのがこのレッスンで初めてっていう(^^;
それまでただ、「先生のピアノは重くて扱いづらいな、下手さがモロバレじゃん」
としか思えなかった(いや、実際下手ですが(^^;)
でも今回のレッスンでピアノを弾いた時、鍵盤が重すぎて自然とゆっくり、確実な打鍵にならざるを得ない事に気づきました。
自宅練習の時は鍵盤が軽いのでいい加減な打鍵でもさらさら~っと流れてしまう。
で、実はリズムが曖昧になったり指が転んじゃったりしてる。
軽い鍵盤って、実は私にはコントロールが難しい。
気付かないうちに速度が出てしまって雑な演奏になってしまってる。
でも重い鍵盤だと自然にスピードが上がるという事が無い。必然的にゆっくりにしか弾けない。

先生にはそのゆっくりの弾き方が一番丁寧で良いと思う、と言われました。
「その速度を覚えててね、それで家でも練習してね」と。

週1くらいなら重い鍵盤で弾いてみるのも悪くないんだなって思いました。



関連記事

ばんちゃん会とゆかいな仲間たち

ばんちゃん会3(ばんちゃんお父さんのブログ「音に想いをのせて…」をご覧下さいね)に参加させていただきました。
この会に参加するのは3回目ということで
ばんちゃん、ばんちゃんお父さんはじめ、
知ってる方も多かったのですが
初めましての方もいらっしゃり
参加の間隔が空いてたのもあって行く前からドキドキしてました(*^^*)

ふくうめさんと最寄り駅で待ち合わせたのですが、緊張しすぎて眠れなかった反動(笑)で電車の中でウトウトしちゃって(^^;
降りる駅は間違えるわ、目的駅に到着したはいいけど
違う降り口に出てしまって待ち合わせの場所がわからなくなるわと
予想外のハプニングに見舞われながらなんとか合流し、会場に到着(;^_^A
ばんちゃん会では毎回何か必ずやらかしてるような気が…(^-^;(-"-;A ...アセアセ
いつまで経っても会場までの行き方も覚えられない私です(^^;(^^;(^^;
なんちゅうスタートじゃ…(;´Д`)


というわけで会場に着くと、既に先に着いていたkassii3さんがリハーサルしてるのが聴こえてきました。
中に入るといつものばんちゃんとお父さんの笑顔でお迎えくださり(。・∀・。)ホッ-3
昨年11月にばんちゃんのリサイタルでお会いしてから半年経ったんですね~。

20170612160913f45.jpg


お約束の自己紹介タ~イム♪でひとしきり和んだ後、ばんちゃんのソロタイム♪
最初に弾いて下さったのがバッハのG線上のアリアで、その暖かい音色に涙が出そうになりました。
人の心を動かせる演奏って本当に素晴らしいです。
愛の夢第3番・月の光・ショパンエチュード(エオリアン・革命・黒鍵)と弾いて下さいましたが
ご本人は「準備不足で…」と仰っていたけど、どの曲もばんちゃんらしい素直で暖かい演奏でした(#^.^#)

参加された方のソロ演奏の感想を一言ずつ…

とんぼさん、悲愴の第1楽章弾かれました。以前に1度とんぼさんの演奏を聞かせていただいたことがあったのですが
その時もベートーヴェンでした。べートーヴェン愛に溢れた、でもとても丁寧な演奏で、今回の悲愴は私の大好きな憧れ曲でもありましたのでず~っと手元をじっくり拝見させていただきました!スレンダーなお身体から想像できないくらい迫力ある演奏でドキドキでした(#^.^#)(楽譜にベートーヴェンの付箋が貼ってあったのも愛を感じました♪)本当に楽しく弾いていらっしゃるのが感じられてこちらも嬉しくなりました!

のんびりくろねこさん、亡き王女のパヴァーヌ弾かれました。ラヴェルはもう私にとっては手の届かない遠い憧れで、この曲を目の前で弾いて下さるなんてとても嬉しかったです。綺麗な曲だなあって思って弾いてみようとしたことがあったんですが
楽譜を見てえっ?!(;・∀・)・・・・聞いた感じよりずっとずっと複雑な楽譜でした・・・(ので潔く諦めました(笑))
私の中のくろねこさんのイメージは速い系の曲だったのですが、音がとても美しく響くのでこういうゆったり美しい曲もとてもお似合いだなぁと思いながら聞かせていただきました(#^.^#)

ゼロシンさん、ジーグ風フーガト長調を弾かれました。ゼロシンさんの安定感ある力強い演奏でバッハ愛のある演奏でした。
(私もバッハ好きだけど、ゼロシンさんは完全にマニアックな域に入っていますね~(笑))元々はオルガンの曲なのでしょうか。
フーガの楽しさってメロディーの掛け合いと重なり合いかなって思うけれど、それを見事に表現されているなあと納得の演奏でした。弾く前にピアノの向きの事を少しお話しましたが、「聴衆に見られてないと不安」という、逆転の発想がさすが!弾く事が好きで好きでという気持ちが伝わる演奏でした(#^.^#)

いもコンさん、ショパンノクターンop.72-1とかえるの合唱(いもコンさんアレンジ)を弾かれました。ノクターンはちょっと今迄のいもコンさんのオリジナルなイメージと違う新境地かなと感じました。優しくふんわり柔らかく…というタッチでしたね!かえるの合唱はいもコンさんの本領発揮?!「かえるの歌」のアレンジですが、聴き慣れたあの歌が彼女の手にかかるとどんどんゴージャスに変化していきます。これは知ってる人は「お!本領発揮だわ!待ってました!ワクワク!」なんですけど初めて聞く人は目の前で起こってる事がヽ( ;゚д゚)ノアンビリバーボーという気持ちになると思います。今回もとても楽しく聞かせていただきました。

kassii3さん、ラフマニノフの鐘を弾かれました。社会人の皆さんそうですが、仕事や家の事で時間が取れない中での練習状況をある程度知っているのでこの曲を暗譜で弾くというだけでもすごいなって思いました。
力強いタッチでの演奏は迫力満点でした。kassii3さんの今迄の選曲は割とメロディアスな曲だったので今回の鐘はインパクト大きかったと思います。それにこういう曲が似合ってる気がしました。フォルテやフォルテシモって中々出せない人もいらっしゃるらしいですが、バッチリ出せてましたね!

ばんちゃん父さん、星降る山を歌われました。伴奏はばんちゃんさんです。この曲に対する想いをお話された後、素晴らしい歌声で聞かせていただきました。いつも組んでいるお二人なので息はバッチリです。安心して音楽に身を委ねられました。
お父さんの歌っている様子からこの歌をとても大事に大切にされてるのが伝わってきました。想いを伝えられる歌・演奏の素晴らしさを感じさせていただきました。ばんちゃんさんもとてもリラックスされて弾かれてましたね(#^.^#)

まんまるお月さん、「茂のテーマ」「旅立ちの風」を弾かれました。「ゲゲゲの女房」を見たことが無かったのでまんまるさんのブログを拝見するまで知らなかった曲でしたが、優しくて柔らかい美しい曲で素敵なレストランにいるような雰囲気になりました。まんまるさんのお人柄に似合った選曲です。聞いていて癒される、聞き手に立った演奏で素敵でした(#^.^#)いつもブログで真摯に曲と向き合いながらのレッスンや練習の様子を見させていただいて、そのお気持ちが伝わる演奏だと感じました。

ちこpiaさん、ハナミズキを弾かれました。(実は私もこの曲が大好きで同じ楽譜持ってるんです!)歌の曲ってどうしても歌のイメージがあって弾く時もやはりそのイメージで弾くのでテンポや強弱も自分の思い通りに弾けなかったりするんですけど、ちこpiaさんの「ハナミズキ」は歌のイメージ通りでした(#^.^#)間奏の所とか私は苦手なのでその視点で聞いていたのですが、すごくサラッとなんなく弾かれていらっしゃいましたね。バイオリンがメインで習われているとの事でしたが、ピアノもとても素敵でした。

らべんだ~さん、ピアノソナタ「田園」を弾かれました。何度か演奏をお聞きしたことがあって安定の実力は知っていたのですが
今回もさすが…でした。私の座ってる位置から楽譜が見えるんですけどスケール?がたくさん!それを時にダイナミックに時に流れるように高速で(@_@)弾かれる様は圧巻でした。
らべんだ~さんの演奏は1音1音に存在感があるなあ、と感心すると共に、ベートーヴェン特有の急に静かになったり激しくなったり、出だしからくるぞ、くるぞという期待を裏切らない演奏はさすがでした(*^^*)

はるのうさぎさん、ピアノソナタk545,2楽章を弾かれました。初参加とは思えないくらい大変落ち着いた演奏で、お嬢さんであるいもコンさんの指導のもと練習されたという事でした。音が柔らかく気持ちがとても和む演奏で、やっぱりお人柄が演奏に現れるんだなぁと再認識しました。飾らない、とても丁寧でしみじみとした素敵な演奏でした(*^^*)モーツァルトのこの曲の純真な雰囲気とはるのうさぎさんの雰囲気がとても合っていらっしゃいましたね!

ふくうめさん、ピアノソナタ26番1楽章を弾かれました。
「告別」と名のつくこの有名なソナタをいつもながら完璧に弾きこなすのはさすがのふくうめさんです!粒の揃った安定したテクニックで今回もソロのトリということでやはり素晴らしい演奏をお聞かせくださいました(*^^*)弾き終わってみんなそれこそほうーっ、とため息モノでしたね。いつも思うんですけど、とてもお忙しいのに一体いつ練習をされているのやら。
クラシックが好き!と仰っているクラシック愛を感じる演奏でした(*^^*)

BGMタイムに初参加の大友さん、ポロネーズ1番を弾かれました。
リハーサルの時からその安定感に(うわ、上手な方だなあ)って思って聞いていましたが、偶然にもお隣に座らせていただきお話させていただいたら、ピアノの先生だとの事で納得です。見た感じはとても小柄で控えめな可愛らしい方なのに、ピアノを弾くと強靭なフォルテでダイナミックな演奏が印象的でした。席の関係もありましたがたくさんお話させていただけて楽しかったです。
演奏を聞かせていただいてポロネーズやっぱり素敵だなぁ、と再認識できました(*^^*)

これは当日のプログラム
20170611214806171.jpg

ソロタイムのあとはコラボタイムということで皆さん、思い思いに気の合った方とコラボしてました。
その様子がまたとても楽しそうで見てる私もほんわかした気持ちになりましたよ~(*^^*)
堅苦しいことは無いばんちゃん会だからこそ、合わせる楽しみというのもあるんですね。
あ、私も全員で合唱(遠い日の歌)に参加させていただきました。
合唱は他のパートにつられ音痴になるので苦手かも、なーんて思ってましたが
くろねこさん、いもコンさん、とんぼさんという音楽的に超強力な方々と同じパートにしていただいて大船に乗った気持ちで歌えました。
ばんちゃん会の全員合唱は私は初めての体験でしたが(※お父さんより、第1回目の開催の際に全員合唱があったそうです)、ぶっつけ本番なのに皆さん息ピッタリ笑。
男性陣のこれまた素晴らしく響く歌声に思いの外美しくまとまり、私もびっくり。
楽しかったです!
一致団結のハーモニーの美しさ、合わせる楽しさに感動しました(*^^*)この企画、ぜひ続けて欲しいなー。

BGMタイムは雑談OKの気さくな雰囲気のなか、思い思い弾きたい曲を弾く時間。
皆さん緊張もほぐれ楽しみながら弾かれてましたね(^-^)
懐かしいあの演歌とか…素敵なバイオリンの音とか…
私も2曲弾かせていただきました。

本当に皆様の素敵な演奏の数々、とても楽しく聞かせていただきました。
大人のピアノって各々の人生の背景があって日々の生活があって、その上で成り立ってるものですから
そして今回の集まりはみんながその事を理解して楽しもうと言うスタンスなので
聞いていて本当に胸にグッと来るんですよね。

ばんちゃんさんの演奏、今回ご本人は今演奏の根本から見直しをされている最中ということと、この会のために数日前に曲目を決められたということもあり、思うような演奏ができなかったらしいのですが
素人の私が聞く分にはそんな事はほとんどわからないレベルでした。
やはりプロたるもの、自分の演奏には厳しく、常に上を目指すわけですから細かい部分の追求は当たり前なのかもしれませんね。
BGMの時も何曲も弾いてくださって、シューマン=リストの献呈とか加古隆の黄昏のワルツなど、あ、あとリストのため息も!!
どれも本当にばんちゃんさんらしい、素敵な演奏でした!!
ため息の時は私の弾けない部分を、もー、スラスラッと気持ち良く弾いて下さりすごいなぁー!と手元をガン見状態でしたよ!
(参考にしたかったんですけど、いかんせん指が思い通りに動かないという…(^^;(^^;)

ばんちゃんさんのお父さん、いつも思いますが、司会がとっても面白く、でもさりげなくどなたにも平等に気を使っていらして本当に尊敬します。
一人になってる人がいないか、みんなが楽しめているか、ちゃんと見ていて下さって、本当に気遣いの方だなあと毎回思います。
ばんちゃんさんの活動の事もお仕事をされながらということで私などが想像も及ばないご苦労があると思うのですが、
その甲斐があってあのばんちゃんさんとの絆なのだろうなと感じました。
その親子関係を私も見習わなくっちゃです(-"-;A ...アセアセ。

今回、たくさんお話できた方、できなかった方いましたが、次回はまんべんなくお話できますように。
新たにお知り合いになれた方もいて、この歳で新たに交友関係が広がる事も素晴らしいなと思いました。
出会いのきっかけを作って下さったこの会に改めて感謝です。
最初は9時間も?なんて思っていましたが、参加すると「え?もう9時間経っちゃったの?」
って思う、あっという間の楽しい時間でした(#^.^#)
ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。
今回ご一緒できなかった方もまたご一緒できますように。

Expのゼロシンさん、そして陰のExp(ふふふ)の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございましたm(__)m

続きを読む

関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに独学で再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ツェルニー40番-37/38番
バッハ 平均律2巻 12番プレリュード
リスト ため息


2017年レッスン終了した曲

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)


※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
よろしくお願い致します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

QRコード

QR

RSSリンクの表示