FC2ブログ
   
01
1
3
4
5
6
8
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ボヘミアンラプソディー観てきました。

昨年からず~っと気になっていた映画、「ボヘミアンラプソディ」。
ようやく見に行くことが出来ました。
音楽の映画だから、これはDVDじゃなくて映画で見たい!と思っていたので良かった(#^.^#)

私が洋楽にはまっていた頃はちょうど80年代ということで、queenの全盛期だったのかな?特にqueenのファンということではなくて、曲はヒットしていたものは知っていたけどそれ以外は知らないという感じ。
ロック、ポッブス系の雑誌などは毎月買っていたし、洋楽のテレビは必ず見ていたので存在は頭の片隅にあって、フレディについては声量のある歌の上手な人なんだなぁというくらいの認識。

映画では、あんな大成功の陰にコンプレックスを抱えていた事、バンドのメンバーとの信頼関係やフレディの恋愛関係、成功してからの孤独、本当に大切なものを知る過程、音楽への執念を知ることができました。

フレディってこんな人だったんだなぁ…

もちろん、映画なので誇張した表現や、効果的な撮り方をするために事実と違う事もあったかもしれませんが、最後のライブエイドの映像は本当にフレディなんじゃないの??!というような圧倒的なパフォーマンスと臨場感に、本当に自分がタイムスリップで参加してるような気持ちになりました。

ダンナと観に行ったんですけど、最初はあまり興味の無さそうな感じでしたが、終わってから感想を聞くとすごく!!感動したようです。
(私よりもっと感動していたみたい)
帰宅してから「ボヘミアンラプソデイ」やらqueenの曲を聴きまくっていました笑
 


関連記事

2019年明けました。2018年のレッスンの事。

昨年はこのブログをご訪問いただいた皆様、そしてリアルにお会いしていただいた皆様、ありがとうございました。

そして今年もどうぞよろしくお願いいたします(#^.^#)

昨年の私のピアノライフは山あり谷ありで、とてもたくさんの事を考えさせられました。
そしてまだ今も考えています。
これからもしばらくは考えてしまうかも?

でもそれもきっと偶然では無く、私の中では必然の事なのかもしれません。

ただ一つ、言えるのは、

再開した当初、たかが趣味なんだし・・・

そう思っていた私は今はいません。

たった5分の演奏の中に演奏する人のいろいろな想いが詰まっている・・・

その事を身を持って実感することが増えました。

1曲が決して簡単には弾けない事、選曲から舞台に乗せるまでにもたくさんの葛藤がありました。

・・・というわけで2018年は私にとって忘れられない年になりました。

そして迎えた2018年の最終レッスン。

風邪を引いてしまったため、約2週間ぶりになりました。

とにかく、言わなくちゃいけない事がありました。

私「先生、私、どうしても弾きたい曲があるんです。もちろん、スケルツォも憧れの曲ではあるんですけど・・・」

先「あら~、何??」

私「私にとって一番の憧れ曲があるんです。無謀かもしれませんが・・・でも、弾きこなせなくていいんです」

先「うん、弾きこなせなくていいと思いますよ」

私「あの・・・今日は楽譜持ってきました」

先「あ~、そうなのね、弾いた事は無いけど・・・知っていますよ。この曲やるならハノンやってる場合じゃ無いわね(笑)」

そんな事を言いながらも先生は一緒に譜読みしてくれました(;'∀')

まだ全然弾けてないけど、憧れ曲をレッスンで譜読み。


時間が勿体ない??

先生に感謝感謝です。

だってここまでピアノを続けてこられたのは、先生のお陰。

モチロン、ここで交流して下さる方にも感謝しているけど、

こうやって「好きにして良いよ~~」って見守って下さっている先生。

4年間、週1回ずっとお会いしていて不快な気持ちになったことが1度も無いなんて、本当に素晴らしい先生だと思うんです。

私は先生の人格を、そして先生のピアノを心から尊敬しています。

先生に出会えて私の心はとても豊かになったんじゃないかな・・・?

難しい曲を弾きこなす事がピアノの上達では無い事。

そんな事を決して先生はくどくどと説明するわけじゃないし、私が変な事を言っても絶対に否定や批判をしません。

でも、必ず後で気付くんですよね…

自分が何か大きな思い違いをしてる事とか。

今年も先生に見守られながら憧れ曲にチャレンジしていきたいと思っています(*^^*)

関連記事

弾いた曲 まとめ

♪2014年レッスンで弾いた曲♪

ショパン ワルツop.64-2,op.70-1
ノクターンop.9-1,op.32-1,op.72-1
ポロネーズ「軍隊」
メンデルスゾーン 無言歌集より「プレストアジタート」
ベートーベン ソナタ悲愴3楽章
バダジェフスカ「乙女の祈り」
バッハ(後藤丹編曲)「G線上のアリア」

♪2015年♪

メンデルスゾーン 無言歌集より「ベニスのゴンドラの歌op.30-6」「ヴェニスのゴンドラの歌op.62-5」
アンドレギャニオン 「とまどい」「一人のドライブ」「やすらぎの訪れ」
ショパン「ワルツ14番遺作」
バッハ インベンション6番・13番 シンフォニア6番・7番・9番・11番・15番
シューベルト(編曲物)「アヴェマリア」

♪2016年♪

バッハ シンフォニア4番・平均律1巻1番・2番・5番・6番・10番・16番
・パルティータ6番アルマンド
ショパンエチュードop.10-3
バッハ=ケンプ「主よ我汝を呼ぶ」「シチリアーノ」

♪2017年♪

バッハ パルティータ6番 トッカータ・インベンション2番
平均律2巻 3番プレリュード・12番プレリュード・8番フーガ、
パルティータ1番 プレリューディウム
カッチーニ アヴェマリア(編曲もの)
リスト ため息
ツェルニー40番

♪2018年♪

ショパン エチュードOp.25‐12
バッハ フーガト短調
ブラームス 間奏曲Op.117-2
ショパン バラード1番

♪寝かせ中♪(いつか掘り起こすかも?!)

ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」?
メンデルスゾーン無言歌集より「Op.104-2」?
ベートーベン「ソナタ1番4楽章」?
リスト「愛の夢第3番」?
バッハ フランス組曲2番(アルマンド)・5番(ガボット)
モーツァルト ソナタk310 1楽章


※サイドバーにあった過去に弾いた曲を記事に移しました。

チャレンジする気持ちの種を蒔く

散々、迷うとか何が目的なんだろうとか、モヤモヤと悩んでいたわけですが、まだ完全に悩みが払拭されたわけでもないけれど…ちょっと自由にできる時間があって、久しぶりにあれこれと気の向くままに弾いてみたら思いの外楽しかったです。

楽しいな…

ピアノ弾いて楽しい!そう思えるのが久しぶりの感覚だったというのかな…

じっくりこの曲、という訳じゃなく、あの曲この曲、あー、ここが好きかも、なんて思いながらの遊び弾き。

あー。私はこんな時間が必要なんだ…

そして今一度よく考えてみよう、

私は一体何を迷っていたんだっけ。

今弾いてる曲に対しての迷い・・・?

これじゃない気がするとか・・・

確かに憧れだったけど、でも1番の憧れか?という。

そして頭の中にいつもある言葉

「弾きこなせなくていい」

そうっか・・・発表会でひきこなす・・・いつの間にか私はそんな事をまた考えていたんだ。

そして「弾きこなせなくてはいけないんじゃないか?」

ってなぜかまたそう思っていました。

1番の憧れは私にとってこの曲じゃないけど、でもこの曲ならなんとか弾きこなせるんじゃないか?

無意識にそんな事を考えてる自分に今更ですがビックリもしました。

冷静に考えて、弾きこなせなかった場合に一体何が問題なんでしょう?

何か今の自分の地位を失ってしまう?→No

信用を失う?→No

誰かにすごい迷惑をかける?→No

私が曲を弾きこなせない事で、誰にも迷惑は掛からないし、誰かが不幸になったり自分の命が取られたりするわけじゃないし、だったらチャレンジすればいいじゃないの。

よく考えたら失うものは何も無いんですよね。

それなのに、何にこだわっていたのか、私。

カッコ悪くても良いじゃない。

舞台で恥しいって思っても別に良いじゃない。

そんなのは自分の勝手なプライドってやつなんだし、

そんなのは何回か経験してる。

今更何にこだわっているのか。


チャレンジするための種を私の心に蒔いてくれてありがとうございます。

そして、多分私以外にもたくさんの種をあちらこちらに蒔いているんだと思います。

さぁ飛び込もう!

失うものは無いんだから。







関連記事

ピアノの憧れ・現実

何か違う曲が弾きたいな・・・

特に強くそう思ったのは今やってる曲を発表会の曲として先生が考えてるっぽいとわかってから・・・。

何でだろう?
別にいいじゃん、憧れの曲の1つではあったわけだし。
地獄っぽくおどろおどろしいけどカッコいいし、終わり方もビシっとしてるし。
舞台映えする?お得な?曲かもしれない。

ただ一つ気になるのは・・・(もちろん、ちゃんと弾けてないという事を除いて)
割と単調になりがちな曲ではあると思うんですよね。

なんというのか、構成が単純なので

AーB-C-A-B

みたいな・・・・

その辺が聴いてる人にとっては面白くない?
もちろん、同じような部分を変化がわかるように弾く事もテクニックなのだろうけど("^ω^)・・・。

私が弾いてそこまで変化がつけられるのか、そういう難しさもあるし、同じ10分を弾く(聴く)ならば、もっとわかりやすい変化に富んだ曲の方がいいんじゃないか・・・

等々・・・

そんな事も考えてしまったのです。←まずはちゃんと弾けてから言いなさいという事ですが(^^;

そしてもしも曲を変えるのなら今月中か来月の最初のレッスンには言わないと。

体調が良くなってきたのでちょっとあれこれ弾いてみました。

いろいろ考えたんですがまだ決まってません。

考えた中で短い曲2曲はどうかな?とも思ったんですが、やっぱり自分的には1曲に集中したいというのもあり、1曲で考えます。

憧れ・・・

それとも現実・・・?


続きを読む

関連記事

記念日

プロフィール

ね~み♪

Author:ね~み♪
子供の頃習っていたピアノ。
2013年より25年ぶりに再開、
2014年3月より先生について習い始めました。
夫と二人の子供がいるアラ50です。

♪ただいま練習中♪

ショパン ソナタ3番1楽章・4楽章

♪寝かせ中
ショパン スケルツォ1番
ショパン プレリュードop.45

♪密かに練習♪
バッハ 平均律 1巻4番プレリュード&フーガ

※限定記事について
ブロとも・パスワード申請につきましては
お会いした方・ある程度のコメントのやりとりのある方に限定させていただいております。
なお、パスワードは定期的に変更しておりますのでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ピアノのなかまたち

みんなの記事

ありがとう♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる